お疲れ様です、早川です。

 

今の時代はインターネットの発達により、
多種多様な生き方を実現してる人が増えてきているので、

「会社員以外の生き方をしてる人たちが羨ましい…」

と感じているサラリーマンの方も少なくないと思います。

 

僕も元々、15歳からドカタの仕事をやってて、
そこから車を作る工場で働いてました。

 

しかし、18歳の時にエイヤの気持ちでビジネスの世界に飛び込み、
23歳になる今では無事「独立・起業」を果たしています。

 

要するに人より早く会社勤めの生活を経験し、
人より早くそこから抜け出しているわけですね。

 

ただ、多くの人がご存知の通り、日本はサラリーマン大国です。

 

殆どの人が「会社員」という生き方をしており、
「サラリーマンこそが正義だ」という価値観を、
持ってる人も少なくありません。

 

しかし、先の通り

「今の時代は会社員以外の生き方を送っている人」

も多く、そういった人たちが「やたら自由で楽しそう」なので、
少し「羨ましいな・・」と感じる人も多いと思います。

 

よって、今回はそんな人たちに向けて、
「会社員以外の生き方ってぶっちゃけどうなの?」という疑問に、
メリットやデメリットも併せて答えていきたいと思います。

 

結論から言うと僕の場合は、
1度会社勤めを抜け出したら、
よほどの理由がない限りサラリーマンには戻れません。

 

控えめにいって「会社勤め以外の生き方はサイコー」です(笑)

 

なので、「自分の生き方に疑問を感じている」ような場合は、
ぜひ今回のこの記事を参考に、
「自分自身の生き方」について考えて頂ければと!

 

「会社勤め以外の選択肢〇〇選!」みたいな、
誰でも書けるしょうもない内容ではなく、

「会社勤めと起業家という2つを経験した僕だからこそ話せる内容」

を書いていくので、

「こういう生き方もあるんだな。」
「そういう魅力があれば、そういう苦労もあるんだな」

みたいな感じで何かしらの参考になれば幸いです。

 

僕が「会社員以外の生き方」を目指そうと思った理由。

 

先の通り、僕は15歳の頃からドカタの仕事を始めたので、
同級生が高校生活を送っている時から、
一足早く社会にでた事になります。

(まあ、ドカタ仕事を「社会」と呼んでいいかは知りませんが。笑)

 

・・で、普通の人よりも早く社会に出て仕事をしてきたからこそ、
人よりも早くそこ(仕事)に対して嫌気が差したんですよね(苦笑)

 

それに加えて家庭環境なども少し良くなかったので、
そういった家の借金事情や「お金がない」影響による家庭環境に、
クソほど嫌気が差したのが起業に興味を持ったキッカケでした。

 

だから16、17歳くらいの頃には、
もう「サラリーマンなんかクソ食らえ!!」と思ってましたね(苦笑)

 

そうやって当時の僕が
「サラリーマンなんかクソ食らえや!」
と感じてた1つ目の理由が、

 

給料が安いから

 

です。

 

これは多くの人と「共感」しあえる部分だとは思いますが、
僕は1流の大手企業に勤めてたわけでもないので、
毎月の給料が15万〜20万とかでした。

 

で、そこからスマホ代や家に入れるお金、
日々の生活費などなどを引くと、
まぁー手元には全然残らないわけです。

 

ホント、使えるお金が5万残れば「良い方」で、
基本的に手元にお金が残る事はありませんでした。

 

結婚もしてなくて子供もいない状態で「それ」ですから、
「自分の将来」の事を考えると、
何1つ希望なんて感じられませんでしたね。

 

毎月の生活費やローンの支払いで
「給料が残らない事の歯痒さと虚しさ」は、
分かる人には分かるのではないでしょうか。

 

普通に「サラリーマンとかやってられねぇ。」ってなると思います。

 

また、それに加えて僕は、

 

1日8時間以上×5〜6日もの時間を、好きでもない仕事に費やすのが苦痛だったから

 

というのも、会社勤め以外の生き方を目指す大きな理由でした。

 

普通のサラリーマンの場合であれば、
ブラック企業でない限りは「土日休み」だと思いますが、
ドカタ仕事は基本的に「休みが日曜日だけ」。

 

しかも朝の6時に迎えが来て、
そのまま工事現場に言って、
家に帰り着くのが7時過ぎ・・

とかもザラにあるので、
「1日あたりの拘束時間が長かった」んですよね。

 

そんな毎日を送っていると、

「休みがたった1日だけ」

じゃ、体の疲れなんて一切とれないし、
こうなると週に1度だけの超貴重な休みでさえ、
満喫することもできません。

 

身体が疲れてずっと動けないまま、
休みが終わることもよくありました。

 

そんな生活を送ってても、
「仕事が好き」なのであれば充実感は感じられるでしょうが、
僕は仕事が好きじゃなかったし、
お金さえあれば仕事なんて一切したくなかったです。

 

仕事よりも、遊んだり趣味に没頭する時間の方が楽しいし好きだからです。

 

共感できる人は「サラリーマンに向かない人」だと思います。

 

まあ、こんな事を言うと、

「好きじゃなくても我慢し続けるのが大人だ。」

とかアホなアドバイスおじさんに言われそうですが、
それが大人の定義なら、
僕は一生、大人になんてならなくて良いですね(笑)

 

「周りから大人だと思われる面白くない人生」よりも、
「周りから子供だと思われても楽しい人生」の方が、
僕の目には魅力的にうつるからです。

 

もし、あなたがこれに「分かる!」と共感できるのであれば、
おそらくあなたも会社員のまま生き続けるより、
そこから抜け出して生きた方が、
人生の満足度は高くなるかもしれません。

 

少なからず僕と価値観が似ている部分があると思うので。

少なくとも僕自身はそうでした。

 

「起業して、会社員以外の生き方を実現してどう??

 

で、上記のような理由などなどから、
僕は「起業」の世界に興味を持ち、
実際にビジネスで独立・起業を果たしました。

 

じゃあ、「その生活ぶっちゃけどうなの?」って話ですが、
普通に最高で人生楽しいです。

 

自分のペースで仕事できるし休める

 

まず会社員であれば

・出社時間
・休憩時間
・退社時間

などが「会社によって決められている」ので、
どれだけ気分がのらずに調子が悪かったとしても、
それに従って働かなければなりません。

 

少し悪い言い方をすれば、
「色々と会社に強制される」わけです。

 

しかし、独立・起業して自分の力で稼げるようになれば、
「自分のペース」で仕事することができます。

 

だから「自分のやりやすいように仕事できる」し、
極端な話、仕事したくない時はしなくても良いんです(笑)

 

この「自由性」が会社勤めでは得られない魅力の1つで、
「クセになる」部分というかなんというか・・

 

僕も仕事したくない時はやらないし、
やりたい時はガッとやります。

 

それを

「誰から強制されるわけでなく『自分で』判断できる」

というのが、僕が会社勤めから抜け出して、
まず感じた魅力の1つですね。

 

自分の頑張りが全て収益に反映される

 

また、会社で働いていると「歩合性の営業」などでない限り、
「自分の頑張りが給料に反映される」事は少ないと思います。

 

殆どの会社が「会社員に与える給料の基準」を、

「その人がどれだけ会社の利益に貢献したか」

ではなく、

「年功序列」

といった利益に直結しない下らないシステムを採用してるからです。

 

だから新卒でバリバリ働いて会社の利益に貢献したとしても、
もらえる給料が「仕事をしてない上司より低い」なんて事は、
よくある話です。

 

これは普通に「理不尽」ですよね。

 

しかし、独立・起業して自分の力で稼げるようになれば、
頑張れば頑張った分「得られる収益が増える」ので、
そのようなアホシステムによる理不尽さを感じることもありません。

 

また、やればやった分の見返りがあるわけですから、
それだけ仕事に「やりがい」も感じれるようになります。

 

会社員の大半の人が昔の僕と同じように、
「お金のために働いている」わけですから、

「自分が頑張れば頑張っただけ稼げるお金が増える」

というのは、多くの人にとって魅力的にうつるはずです。

 

僕も1ヶ月で100万以上稼いだり、
たった3日で60万円稼いだりしましたが、
それは会社勤めのままじゃ絶対に無理でしたね。

 

自分で人生のハンドルを握る事ができる

 

会社勤めのサラリーマンでいると、
会社都合で配属する部署などを決められるので、
「自分の興味のない分野」で仕事をさせられる事や、
急に縁のない地域に転勤させられる事もあります。

 

最悪の場合、会社都合でクビを切られて、
露頭に迷ってしまう可能性も考えられます。

 

そんな感じで急に転勤が決まったり、
クビを切られたりする可能性があるというのは、
言ってしまえば、

「人生のハンドルを会社に握られている」

のと同じなわけです。

 

だから会社の判断1つであなたの人生が
大きく変わってしまう事もあり得るわけで、
それは「リスク」以外の何物でもありません。

 

しかし、独立・起業して自分の力で稼げるようになれば、

 

・どれくらい稼ぐか
・どんなスキルを高めるか
・どんなやり方で稼いでいくか
・どういう風に進めていくか

 

などなどを「全て自分本意で決めていける」ので、
「自分で自分の人生のハンドルを握る」事ができます。

 

他者に依存する事なく、

「自分で自分の人生を生きていきたい」

のなら、会社勤め以外の生き方の方が性に合ってる可能性は高いですね。

 

ウザい上司や人間関係に悩まされない

 

独立・起業して自分の力で稼げるようになれば、
「どんな人と付き合うか」を全て自分で選べます。

 

なので人生から「ウザい上司」や「嫌いな人」との
人間関係を排除する事ができます。

 

会社勤めをやっていると、
嫌でも多くの人と関わる必要性が出てくるので、
嫌いな人や苦手な人との人間関係に悩む人も多いです。

 

会社によっては謎の「派閥争い」みたいなものもあったりしますよね。

 

僕も肉体労働時代は、 

「イキったロバ」みたいな顔した、
1個上の人にいちゃもんつけられて仕事中に大揉めしたり、

ネチネチ文句言ってくる
管理職のヒゲおじさんに嫌われて理不尽にキレられたり、

他部署から影で「ゴリラ」と呼ばれている、
怖い人に嫌われてやたら文句言われたり、

・・と、人間関係の部分では、
数えきれないくらいのストレスを感じた経験があります。

 

・会社に嫌いな人や苦手な人がいる
・理不尽なウザい上司がいる
・いじめに遭ってしまう
・どうでも良い派閥争いに巻き込まれてしまう...etc.

 

会社でこういった経験のある人は少なくないと思いますが、
「会社勤め以外の生き方」であれば、
こういった悩みは基本的になくなりますね。

 

会社員から抜け出して感じたデメリットの部分。

 

・・と、こんな感じで僕が独立・起業をしてから感じた、

「会社勤めじゃ得られないであろうメリット」

を話してきましたが、
正直メリットがあればデメリットもあります。

 

まず僕が独立・起業して感じたのは、

 

自己管理を徹底しなければダラけてしまう 

 

という点ですね。

 

会社勤めの場合はいやでも仕事を強制され、
上司や周りの目が常に光っているので、
仕事をサボるのは難しいです。

 

その周りの目が原動力になって、
仕事が進むケースも少なくありません。

 

しかし独立してフリーランスなどになると、
そういった周りの目なんかが無くなる為、
「自己管理」が非常に重要になります。

 

僕も「今日は作業しよう」と思っても、
気付いたらベッドでゴロゴロして、
3時間経ってるとかザラにあるので(笑)、
自己管理は大事ですね。本当に。

 

会社の信用を使えなくなる

 

また、会社をやめると気付く事の1つに、
「会社の持つ社会的信用の高さ」があります。

 

例えば引っ越しで部屋を借りる時などは、
サラリーマンの方であれば大体審査が通りますが、
個人事業主などは審査が通りにくくなったりします。

 

不動産屋からすれば、
会社勤めのサラリーマンの方が信用しやすいからです。

 

引っ越しの時やクレジットカードを作る時なんかに、
こういった「会社勤めならではのメリット」に気付かされますね。

 

なので今現在、会社員で「いずれ独立したい場合」なんかは、
会社員のうちにクレジットカードなどは
作っておいた方が良かったりします。

 

「会社勤め」だけが正しい生き方ではない。

 

こんな感じで「会社勤めにもメリットはある」し、
「会社勤め以外の生き方にもデメリットはある」のが実際のところ。

 

とは言え、やはり僕は先ほども触れた通り、

「好きでもない仕事に人生の大半を捧げるのが苦痛」

で、

「できる事ならストレスなく好きな事だけして生きていきたい」

ので、

・会社勤めのサラリーマン
・それ以外の生き方(起業家やフリーランスなど)

を比較すると、圧倒的に

「会社勤め以外の生き方(起業家やフリーランスなど)」

の方が性に合ってるし幸せを感じられます。

 

この記事では色々と僕の価値観や考えを織り交ぜてきました。

 

そういった部分に少しでも「共感」できるのであれば、
ぜひあなたも「会社勤め以外の生き方」に挑戦してみてほしいな、
と思います。

 

僕がこの記事を通して伝えたかったのは、

「今の時代はサラリーマンだけが生き方の選択肢じゃないよ」

って事です。

 

「サラリーマンになるのが普通で、それだけが人生の選択肢」
だと思って生きてる人がいます。

 

しかし実際はサラリーマンだけが正しい生き方ではありません。

 

ユーチューバーとして生きている人もいれば、
フリーターでも幸せそうに生きてる人もいます。

僕のように独立・起業している人もいれば、
投資家としてお金を増やしながら生活している人もいる。

 

生き方なんて色々あるんですよ。

 

だから、会社勤めのサラリーマンだけに、
選択肢を囚われる必要はありません。

 

それは日本の義務教育の弊害(へいがい)で、
あなた自身の価値観というより、
日本という国に植え付けられた価値観です。

 

その義務教育の「裏側」については下記の記事でも触れてますが、

 

→自分でお金を稼ぐ為にはまず日本の「洗脳教育」から抜け出さなければならない絶対的な理由。

 

今現在、サラリーマンとして生きている場合でも、
1度、自分の心の声を聞いてみて欲しいんです。

 

本当に心から望んでサラリーマンになって、
心から今の生活を理想的だと感じるでしょうか?

 

その問いかけに対する答えが「NO」なのであれば、
1度きりの人生ですから、自分の本当の心の声を聞いて、
ぜひ前向きに理想とする生き方を実現させてほしいと思いますね。

 

ちなみに僕が何もかも0からパソコン1台で起業して、
どうやって稼いでいったのか?は全て下記のメルマガ講座で、
「無料」かつ「ストーリー形式」で知る事ができます。

 

→早川の公式メールマガジン&無料プレゼントのご案内。

 

このメルマガ講座では、

・ストーリー形式のメール講座
・0からWebマーケティングが学べる有料級の教科書
・読者限定の案内やプレゼント

を全てタダで受け取れますので、
僕という人間の「生き方」に興味が出たら、
ぜひこの機会に受け取ってみてください。

 

また、

「自分には起業なんてハードル高いし・・」
「起業って失敗率が9割を超えるんでしょ?ムリムリ」

という方のために、下記では起業に対する正しい真実を話しています。

 

→起業失敗の末路は借金まみれで失敗率9割は大嘘!ビビる真実を教えます。

 

ぜひこちらも参考にしていって欲しいと思います。

 

では、今回はこの辺で。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

お問い合わせや相談は気軽にコチラからくださいね。

 

それでは。

 

 

 

公式メルマガ&無料プレゼントも大好評です!

オススメの記事