お疲れ様です、早川です。

 

世の中の99%以上は凡人で、
天才は1%以下の存在だと言われていますが、
その比率通り、言わずもがな僕も「典型的な凡人タイプ」でした。

 

何かに初めて挑戦する時は総じて上手くいかないケースが多く、
何かに挑戦して最初から上手くいった試しがありません。

 

ビジネスも全て「失敗」から始まっています。

 

僕は今23歳で独立・起業しているので、
たまに天才っぽく見られる事がありますが、
実際は全くそんな事ないんですよね(苦笑)

 

で、先の通り、世の中の99%以上は凡人で、
天才なんて1%以下の存在なわけですから、
この記事を見てくれているあなたも僕と同じように、
おそらく凡人なのだと思います。

 

でも、そんな天才ではない凡人の中でも、
何かで成功を掴める人もいれば、
凡人のまま人生を終える人もいるわけで・・

 

言ってしまえば「ビジネスで稼ぐ」「起業で成功する」なども、
「凡人が凡人のままではなし得ない事の1つ」だと思います。

 

よって今回は、僕自身のそんな経験も活かしながら、
「凡人で終わる人」と「そうでない人」の違いを解説し、

“あなたが凡人のまま終わらない為のヒント”

を与えていけたら・・と思います。

 

下記で詳しく解説していきますので、
ぜひ最後まで読んでいって頂ければと。

 

 

①凡人で終わらない人は「自分軸」で動く。

 

①「自分軸」で動くかどうか。

 

大前提として、凡人とは普通の人の事です。

 

つまり、周りの風潮や常識に合わせて、
大半の人が抱いている普通の価値観を持って生きてても、

「凡人になり、凡人のまま終わる可能性が高い」

という事になります。

 

大学を出るのが「普通」。サラリーマンになるのが「普通」。ボーナスは貯金するのが「普通」。結婚するのが「普通」。マイホームを持つのが「普通」。...etc.

 

こういった一般的に「普通」とされる価値観を持ち、
自分の進路や生き方を決めるときも、
同級生が・・親が・・親戚が・・兄弟が・・と、
周りの顔色を伺って決める傾向の人は多いですよね。

 

でも、そんな普通の風潮に従って、
周りに合わせて生きてたら、
凡人になって、そのまま人生を終えてしまうのは至極当然なんです。

 

周りの普通や風潮に合わせて生きていくという事は、
「自分から凡人になりにいってる」のと同じだからです。

 

よって、凡人になり、凡人のまま人生を終えてしまう人は、
「なるべくしてそうなっている」と僕は思います。

  

ここで大事なのが「自分軸」で動く事。

 

だからこそ、周りではなく、

・自分はどうなりたいのか?
・何をしたいのか?
・どんな人生を送りたいのか?

で動いていく事が「凡人のまま終わらないため」には必要です。

 

凡人から抜け出し、何かで成功を掴む人は、
決して「周りがそうするから」「それが普通だから」で、
自分の進路や生き方を決めません。

 

あくまで「自分を軸」に考えていった結果、

・あの会社に入る
・あのビジネスで起業する
・あの学校で勉強する
・あの人の元で下積みする

などを決めていく傾向が強いです。

 

そうする事で、普通(凡人)から外れていく事ができ、
その結果、普通(凡人)ではない結果を掴めるからです。

 

僕の場合も、学歴も資格もお金も人脈もない・・。

そんな状態から「成り上がりたい」と思ってたので、
学歴や資格が必要ないビジネスの世界に飛び込みました。

 

そして、お金がないからこそ、初期費用や固定費がかからず、
人脈がないからこそ、個人で稼げるネットを使ったビジネスに挑戦し、
独立・起業を果たしました。

 

その一連の流れや経緯は下記で詳しく解説していますが、

 

→最終学歴「中卒」のド底辺がパソコン1つで起業した「理由」と「経緯」。

 

要するに、

凡人は「普通」に合わせて生きていくから、
凡人になるべくしてなってしまう。

一方、凡人で終わらない人は「自分」を軸に生きていくから、
普通から外れていく事ができる。

 

というわけですね。

 

義務教育は「凡人(普通の人)」を生み出す機関だという事を知ろう。

 

そもそも、僕たちが子供の頃に受ける「義務教育」は、

普通であれ、周りと違う事をするな、皆と同じ事をしろ、
という感じで、とにかく協調性を用いられ、枠からはみだすな!

という教育がされる場所です。

 

上記のような教育に心当たりがある方も少なくないと思いますが、
そういった「事実」を踏まえると、
日本の義務教育は主体性のある人材ではなく、

「主体性がなく、協調性があってルールを守る従順な労働者」

を育てる機関だと言えます。

 

その「驚きの事実」や「義務教育の裏側」については、
下記の記事でぶっちゃけてるので、
こちらも併せて参考にして頂ければと思いますが、

 

→自分でお金を稼ぐ為にはまず日本の「洗脳教育」から抜け出さなければならない絶対的な理由。

 

これまで日本はそうやって育ててきた従順な労働者タイプの人材を、
「終身雇用」というエサを使って、
「会社で働く(いわゆる普通のサラリーマン)」にしてきたわけです。

 

しかし、今はそのエサ(終身雇用)が維持できない状態になり、

 

経団連会長が宣言する終身雇用の崩壊

トヨタの社長が宣言する終身雇用の崩壊

 

その結果、お金について何も知らない大人が増え、
自分の力でお金を稼ぐ事ができず、
会社に依存する事でしか稼げない残念な人が増えてしまってます。

 

資本主義社会においてお金について知らないという事は、
ルールを知らずにゲームをプレイしているようなものです。

 

でも不思議なことに義務教育で、
僕たちはお金の教育を受ける事はありません。

 

っていうか、三大義務に「納税」を掲げるくらいなら、
義務教育で税金について教えろよと思いませんか?

 

税金について教えられてないばっかりに、
大損こいた事業者の人とか多いのです。

 

そこに少しでも「矛盾」を感じるのなら、
日本の教育や常識、風潮なども改めて疑ってかかるべきだと思うし、
一般的に「普通」とされている価値観や風潮こそが、

「あなた自身を凡人のまま終わらせてしまう原因」

だと僕は考えます。

 

だからこそ、先ほど伝えた通り、

「周りではなく自分の軸を持って考え、行動していく事」

が、凡人から抜け出す為にはまず大事になってくるんです。

 

そして凡人で終わる人とそうでない人のもう1つの「違い」が、

 

②凡人で終わらない人は成長意欲があり、学ぶ事に対して前向きである。

 

②凡人で終わらない人は成長意欲があり、学ぶ事に対して前向きである。

 

という点です。

 

僕が昔どこかで聞いて今でも覚えてる言葉に、

「凡人が天才になる事はできない。でも学べば秀才にはなれる。」

というものがあるんですが、その言葉の通り、

「凡人でも“学ぶ”という事さえやっていけば凡人から抜け出せる」

わけです。

 

ありがたい事に知識やスキルっていうのは、
学ぶ事で後天的に身につける事ができます。

 

つまり、凡人だろうがセンス0のド素人だろうが、
誰だって学べば今からでもすごくなれるという事。

 

ビジネス、投資、セールス、営業、コミュニケーション、スポーツ、恋愛、料理、プログラミング...etc.

 

今はどんな分野でも、その道で結果を出しているプロがいて、
本、ブログ、メルマガ、YouTubeなどの媒体で、
簡単にその人たちの知恵に触れていく事ができます。

 

だったら、凡人から抜け出して成功したいなら尚更、
「そういう人達から学ぶしかないでしょ。」って話なんです。

 

凡人のまま人生を終わてしまう人は、成長意欲がなく、
大人になってから学ぶという事を一切しなくなる傾向にあります。

 

確かに「学ぶ」とか「勉強する」と聞くだけで、
体が「拒否反応」を起こしてしまう気持ちは分かります。

 

僕だって学校の勉強が大っ嫌いで、一切やってこなかったからです。
(確か分数の計算くらいから僕は学校で勉強してません。苦笑)

 

でも、そんな僕でさえ、
ビジネスやお金の勉強は「楽しい」と感じる事ができたんです。

 

自分の興味のある分野を学ぶ事で知識が増えて、
それが結果(や理想)に繋がるのなら、
やっぱり「楽しい」と感じるもんなんですよね。

 

僕のメルマガの方では、
より具体的なビジネスの講座やコンテンツを提供しているんですが、
つい先日もメルマガ読者さんから
「勉強してて楽しいって珍しいです。」という声をもらったばかりです。

 

本当にそう思います。

 

学校で無理やりさせられた勉強は、
確かにクソほど面白くありません。

 

・・が、

「それを学ぶ事であなたの望む結果や理想に繋がってくる」

のであれば、

「学べば学ぶほど望む結果や理想に近づく」

わけですから、

「楽しい(面白い)と感じられる」

わけですね。

 

よって、それを踏まえると、

「今はできないけど、学んでできるようになろう!」

という意識が、

・凡人から抜け出して成功を掴めるか
・凡人のまま人生を終えてしまうか

の明暗を分けると思ってます。

 

なので、やっぱりガンガン学んでガンガン実践していくのが強いですし、
天才ではない僕たち凡人が成り上がるには、
「そうやっていくしかない」のが実際のところ。

 

「僕たちは天才にはなれずとも、学ぶ事で秀才にはなれる」ので、
ぜひ、これから前向きに学んでいきたいですね。

 

僕もビジネスだけに限らず、
まだまだ色んな人から色んな事を学んでいく所存です。

 

起業で成功して分かった凡人とそうでない人の「違い」。のまとめ。

 

というわけで、ここまで、

凡人で終わる人とそうでない人の「違い」

として、

1、「自分軸」で動くかどうか。
2、成長意欲があり、学ぶ事に対して前向きかどうか。

という点について、それぞれの重要性を解説してきました。

 

今回のこの記事で、僕があなたに伝えたかったメッセージを簡単にまとめると、

 

凡人で生まれ、凡人のまま終わってしまう人は、
そうなるべくしてなっている側面が強いので、
周りの常識とか風潮に縛られず「自分」の軸を大切にして、
ガンガン学んでレベルアップしていきましょう!

 

というメッセージになります。

 

僕たちは凡人ですが、確かにこの世にはマジもんの天才が存在します。

 

そういう人達は「才能」や「感覚」だけで成功できるチートっぷりです。

 

でも、そこで「天才に生まれたかった・・」と嘆いても仕方ありません。 

僕たちは持ってるモノで戦っていくしか方法はないからです。

 

そもそも広い世界の中で、
僕たちは日本に生まれただけで相当ラッキーだと思います。

 

食べ物にも困らない、治安は良い、仕事もある・・。

羨ましがる国いっぱいありますよ。

 

だったらもう欲張らずに、
その後くらいは自力で成長して、
結果を掴んでいくべきだと僕は思いますね。

 

ちなみに僕が何もかも0からパソコン1台で起業して、
どうやって稼いでいったのか?は全て下記のメルマガ講座で、
「無料」かつ「ストーリー形式」で知る事ができます。

 

早川の公式メールマガジン&無料プレゼントのご案内。

 

このメルマガ講座では、

・ストーリー形式のメール講座
・0からWebマーケティングが学べる有料級の教科書
・読者限定の案内やプレゼント

を全てタダで受け取れますので、
興味があればぜひこの機会に受け取っておいてください。

 

凡人以下のボンクラが0から稼いで
成り上がった「手段」や「思考」を全てさらけ出し、
あなたに「正しい知識」と「可能性」を与える事をお約束します。

 

では、今回はこの辺で。

 

それでは。

 

 

 

公式メルマガ&無料プレゼントも大好評です!

オススメの記事