就職したくないから就活しないで起業?素直で良い選択肢だと思います。

お疲れ様です、早川です。

僕は今22歳でもうすぐ23歳になりますが、
大学卒業して就職した同い年の人達が
「仕事のグチ」を言ってるのをちらほら見かけます。

僕自身、今は独立・起業しているので就職はしてませんが、
そもそも僕が起業を志したのは家庭環境によるお金へのコンプレックスと、
「働きたくない(就職したくない)」という思いが理由にありました。

15歳の頃から現場仕事をやってましたが、
朝目覚ましで起きるのがとにかく苦痛で、

「毎日毎日代わり映えのない、しかも仕事がきつい生活」

に嫌気がさしたわけですね。

で、今現在、大学に通っている人も

・就職したくない
・就活したくない

という思いから「起業したい」と考えている人も多いのではないでしょうか。

なので、今回は「就職したくないから起業ってどうなの?」って
人に向けて僕なりの見解を述べていきたいと思います。

これから就職を控えている大学生の方はもちろん、
今現在、就職している社会人の方にとっても、
役に立つ考えを提供していくのでぜひ参考にしていってください。

結論から言うと「良い選択」だと思います。

大学生の就活を見ていて思う事。

先の通り僕は15歳から現場で働いていたので、
一般的な大学生のいわゆる「就活」は経験した事がありません。

でも、大学生の就活事情を見たり聞いたりすると、

「それ、ただなんとなく周りに流されて就活してない?」

って思うんですよね。

周りが就活してるからとりあえず・・みたいな感じで、
自分自身の軸がないというか、
特に目的や考えを持たずにただなんとなく、
就活してる人が多い印象を受けます。

「大学出たら就職するのが普通だからとりあえず自分も・・」という感じですね。

で、多くの人がそうやって就活に精を出すのは、
やっぱり「良い会社に勤めれば人生が安定する」と思ってるからでしょうが、
実際のところ「大手に勤めれば一生安泰」の時代はもう終わっています。

終身雇用も難しくなり、
大手企業もバンバン潰れていってるのが今の時代だからです。

日本の教育や常識は、

「良い会社に就職することが大事」
「だから良い大学を出て就職に有利な資格も手に入れましょう」

というイメージで、簡単にいうと、

「良い会社に勤めれば終身雇用で一生安泰です」

という主張をエサに多くの人にサラリーマン生活を推奨してきました。

でも、今はそれが変わりだしていて、
それは「副業解禁」や「老後資金は自分でまかないましょう」という、
ここ最近の政府の主張からも見て取れると思います。

・・要するに、今はもう昔とは違い、「時代が変わってる」わけです。

そして今、この記事を読んでくれているあなたや書いている僕は、
その時代の変わり目に生きているわけなんですが、
実際はその変化に気付いてない人がほとんどですよね。

ほとんどの人が、未だに「就職=安泰」という昔の価値観で生きています。

だからまだ時代の変化に気付いていない人は、
特に目的や考えも持たずに「就活」しているわけです。

これからは個人の時代。就職だけが選択肢ではない。

でも、これからの時代は「個人」の時代だと言われています。

これは色んな著名人も口を揃えて言っている事ですが、
要するにこれからは「会社に勤めるのが正義ではない時代」だという事です

ユーチューバーと呼ばれる人達を筆頭に、
会社に雇われず生きていく個人は増えてきています。

ブロガーやインフルエンサー、アフィリエイターなんかもそうですね。

もちろん、パソコン1台で生計を立てている僕自身も
その1人だと思いますが、要するにもう今の時代って、
「就職以外にも生きていく選択肢が豊富にある」んですよね。

だから僕は「就職しないで起業する」というのも「良い選択肢」だと思うし、
もっと言うとその選択は「時代に合った賢い選択」とさえ思います。

就職したくない、就活したくない…だから起業する。

「就職したくない、就活したくない・・だから起業する。」

こんな事を言うとあーだこーだ言ってくる友達や大人は多いと思いますが、
僕は良いと思います。

冒頭でも触れた通り僕も

「働きたくない」

というお世辞にもえらいとは言えない欲求(笑)が起業原点の1つだったし、
ぶっちゃけ起業するのに最初からかっこいい崇高な理念とかいらないからです。

イノベーションで世界を変えたいとか、
そんな理念掲げる必要ないですよ(笑)

働きたくない、モテたい、稼いで遊びまくりたい・・。

スタートは何でも良いんです。

僕も起業してから色んな稼いでる人に会ってきましたが、
僕が会ってきた人のほとんどが、
最初はそういう欲求から起業をスタートさせてました。

「モテたいから」とか「働きたくないから」とか、

「それってどうなの?」

と人によっては思うかもしれませんが、
僕は普通にそういう人の方が、
変にかっこつけてない「人間らしい人だな」と思うんですよね。

むしろ、本当は働きたくないのに自分を騙してまで
周りの常識とか風潮に合わせる人の方が「おかしい」と思うし、
そういう人ほど幸福度が低いイメージです。

そりゃそうですよね。

自分の欲求を大事にしている人と、
自分の欲求を殺してまで常識に合わせる人だったら、
絶対に前者の方が「楽しい人生」を謳歌できると思います。

だから、

「就活・就職してサラリーマン生活を送りたくない」

んだったら、素直にその気持ちを受け入れて、
「起業」という選択肢を選んだ方が後悔は少ないと思います。

「就職したくないのに就職する」方が後で後悔しそうだと思いませんか?

僕はそう思います。

ただ、「起業」が全ての人にとって最適な選択肢ではない。

ただ、1つ注意があるのが、「起業は目的ではなく手段」だという事です。

僕はこのブログやメルマガ、YouTubeなどで、
基本的には「起業する事」に大賛成してますし、
その為のサポートやコンサルなんかもやってます。

でも、

「全ての人にとって起業という選択肢が最適なのか」

と言われると全くそんな事はありません。

その人自身が「どんな人生を送りたいのか?」という目的によって、
最適な選択肢は変わってくるからです。

なので、起業を目指す場合も就職を目指す場合も、
まずは「自分がどんな人生を送りたいのか?」という目的をよく考えてみて、
そこから手段を逆算した方がいいです。

極端な話、

「頭を使わず、苦労もせずに生活できる分だけ稼げれば十分」

なんだったら、その人は起業じゃなくて就職した方がいいです。

どう考えても起業向きじゃなくサラリーマン向きの考えだし、
その目的や考えは「就職」という選択をとった方が達成できるからです。

僕は就職する事やサラリーマンになる事が悪い事だとは一切思ってません。

上記は極端な例ですが、実際僕もこれまで、
「この人は企業よりも就職した方が幸せになれそう」
と感じる人は多くみてきました。

だから結局のところ、

「就職すべきか起業すべきかなんて人それぞれ」

なんです。

ただ、ここまで解説してきた通り、
周りの常識とか風潮とかに左右されず、
強い意志があって「起業したい」と思うんだったら、
僕は就職よりも「起業」という選択肢をオススメします。

下記の記事でも触れているように、
今はインターネットの発達で僕のような中卒でも起業できる時代なわけですから、
前向きにチャレンジしていく人は応援したいですね。

→中卒でもネットを活用すれば稼げるしお金持ちになれる時代が今【年収1000万も夢じゃない】

上記の記事でも解説していますが、
今の時代はホントに起業するハードルが下がっているので、

「自分で頑張ってお金を稼いでいきたい人」

はぜひ前向きに起業を志して頂ければと思います。

また、僕自身が0から起業した理由や経緯は、
下記のページで赤裸々に書き殴っているので、
興味があればぜひこちらも参考にしてみてください。

→最終学歴「中卒」のド底辺がパソコン1つで起業した「理由」と「経緯」。

「こんなヤツでもできるんだから自分も・・!」と感じられると思います(笑)

では、今回はこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お問い合わせや相談は気軽にコチラからくださいね。

それでは。

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!