【実話】起業に人脈は必要なし!もっと大事で時間かけるべき事は他にあるよ。

お疲れ様です、早川です。

「起業したいけど自分には無理・・。」

そういう人がよく使う言い訳(というか理由)の1つに、
「自分には人脈がないから」というものが挙げられます。

確かに、僕自身も最初は起業には人脈が必要だと思ってて、

「起業して成功するには同じように成功している人との人脈が必要不可欠」

とか思ってました。

でも、いざ自分が独立・起業して思ったのは、
「起業するのに人脈なんていらねーな」という結論です。

今回はこの結論について実体験をもとに話していくので、
「人脈ないから自分には起業なんて無理だな・・」と考えている場合は、
ぜひ参考に正しい知識を取り入れてみてください。

起業して稼ぐのに人脈なんて必要ない?それが分かった僕の起業実体験。

僕が起業を志したのは17〜18歳の頃。

家庭環境の影響でお金に対するコンプレックスがあり、
そこからインターネットを活用したビジネスを個人でスタートして、
無事に独立・起業を果たす事ができました。

その辺りの証拠や詳しい経緯は下記を参考にして頂ければと思いますが、

→最終学歴「中卒」のド底辺がパソコン1つで起業した「理由」と「経緯」。

簡単に言うと、僕自身「人脈0からスタートして起業している」わけです。

そもそも僕はあまり育ちの良い方ではないので、
当時の僕の人脈なんて、
育ちの悪いやんちゃな友達との繋がりしかありません(笑)

そんな状態から「新たな人脈作り」に励むこともなく、
淡々とビジネスの勉強と実践を繰り返して起業しました。

異業種交流会とか行った事もないし、
セミナーに顔を出して名刺を配り歩いた事もありません。

「勉強目的のセミナー」ならこれまで何度も行った事はありますが、
「交流目的のセミナーや集まり」なんかには一切行った事がないんですよね。

にも関わらず、先の通り僕は起業して稼げているわけですから、
そういう実体験を踏まえると「起業って人脈じゃねーよな」と思うし、

「なんで昔は起業するのに人脈が必要だと“勘違い”してたんだろう」

と思います。

なぜ、多くの人が「起業には人脈が必要」だと勘違いしてしまうのか?

それこそ以前、昔から仲のいい同級生の仕事の相談にのって、
僕のビジネスの話なんかも軽くしていた時に、

「でも、それって人脈がないと無理なんやろ?」

と言われた事があります。

で、僕はそれを聞いた時に「食い気味で否定」したんですが(笑)、
なぜ、それだけ「起業には人脈が必要」という思い込みが、
多くの人に広がっているのでしょうか?

僕がこれまでに見たり聞いたりした
「起業に人脈は必要派」の主な意見としては、

1、人脈があれば「資金調達」がやりやすいから
2、人脈があれば「ビジネスチャンス」が舞い込みやすいから
3、人脈があれば「取引先や顧客」を紹介してもらえるから

という3つが起業に人脈が必要な理由として挙げられてました。

ただ、個人的にこの3つの理由は「間違いだらけ」だと思うので、
下記で詳しく掘り下げて解説していきます。

1、人脈があれば資金調達がやりやすいから

まず人脈があれば「起業時の資金調達がやりやすいから」という意見ですが、
僕は「最初から起業資金を人に借りる前提になってる」時点で、
「あ、ビジネスセンスねーな」って思ってしまいます。

なぜなら、仮にそうやって資金調達が上手くいって起業できたとしても、
それは「失敗したら借金を抱えてしまうやり方だから」です。

というのも、僕のような一般人が、
個人で起業するにあたって「鉄則」と言われるのが、

「最初から大きく始めずに、まずは小さく少額から始めていく」

というものです。

じゃないと、失敗した時に借金などの大きなリスクが伴うからですね。

だから初期費用が大きく必要だったり、
過剰に在庫を抱えてしまうようなビジネスモデルは、
「最初から手を出すべきではない」というのが起業の鉄則で、
これは少しでもビジネスの勉強をしていたら誰だって知ってる事です。

だからビジネスを学んで知識がある人だったら、

「最初から資金調達が必要なビジネスなんてやらない」

し、

「人脈を作って資金調達しようとしている時点」

で、

「この人は無知でビジネスセンスがないんだな」

と感じるわけですね。

起業で失敗したら借金漬けになってしまうとかよく言われますが、
小さく始めれば借金漬けになる事はまずないので、
この辺りは理解しておいた方がいいと思います。

そしてその次が、

2、人脈があれば「ビジネスチャンス」が舞い込みやすいから

という意見ですが、そもそもの話、
成功は自分で掴むもので他人に掴ませてもらうものじゃありません。

なので、これまた他人にチャンスを恵んでもらおうとしている時点で、
「ちょっとな・・」と感じます(苦笑)

確かに人脈があれば「ウマい話」は転がってくるかもしれませんが、
「他人に頼らないと(話をもらわないと)起業できない時点」で、
その人は起業しない方がいいと思います。

独立・起業っていうのは文字通り

「独りで立って事業を起こす」

わけですから、

「最初から他人をアテにするってどうなの?」

と個人的には思いますね。

で、これは次の

3、人脈があれば取引先や顧客を紹介してもらえるから

も同様で、簡単な話、
「人から紹介してもらわないと取引先やお客さんを掴めない時点」で、
その人は起業しない方がいいと思います。

っていうかそもそも、

「自分に実力がないのにお客さんを紹介してもらえる事なんてない」

ですからね。

実力が見合ってない人を紹介するという行為は、
その紹介する側も相手からの信頼を失うことになるからです。

粗悪な商品をアフィリエイト(紹介)するアフィリエイターが、
紹介先のお客さんからの信頼を失うのと同じです。

結局、今回のテーマである「起業には人脈が必要」っていう考えは、
「他人をアテにしてるから生まれてくる考え」に他なりません。

でも、独立・起業してビジネスで稼いでいくんだったら、
いつまでも「他人」をアテにして“おんぶにだっこ”じゃダメなんです。

まずは自分自身の実力を高める必要があります。

なので異業種交流会に行って人脈広げる事に精を出すくらいなら、
その分、ビジネスを学ぶことに費やした方が、
より確実に起業して成功できるようになると思います。

あなたが起業して稼ぐために本当に必要なモノは「人脈」以外にある。

あなたがこれから起業して稼ぐために
本当に必要なのは「人脈」なんかではなく、

「売っていく商品」
「商品を買ってくれるお客さん」
「お客さんに商品を買ってもらうための戦略」

の3つです。

もっと言うなら

「どうすれば見込み客に商品を売って稼げるようになるのか?」

という知識とスキルですね。

僕がこのブログやメルマガでいつも言ってる事です。

人脈なんて無くてもこれがあれば稼げます。

僕はここに注力したから、人脈0でも独立・起業して稼げてます。

だから異業種交流会とかセミナーとかに行って、
名刺配って人脈作りに励んでる人より、
家で黙々と本読んで勉強してたりする人の方が強かったりするんです。

人脈しか武器のない人は「自力」がないので、ぶっちゃけ「弱い」です。

そしてそういう人は本当に実力のある本物にはあまり相手にされません。

やっぱり

「自分の“耳と耳の間”に稼ぐための知識とスキルがある人」

は強いですよね。

誰をアテにする事もなく自分自身で稼げるわけですから、
そういう人が「長期的に大きく稼ぎ続けられる人」だと思います。

独立・起業は文字通り「独りで立って事業を起こす」ので、
「自分自身の実力を培わないとダメですよ」って事です。

少なくとも起業して稼ぐのに「人脈なんていらない」し、
僕みたいに「人脈0から稼いでる人」なんてゴロゴロいるので、

「人脈がないから起業は無理かな…」

と感じてた場合はぜひ参考にして頂ければと思います。

ちなみにお金も人脈もないけど起業して稼ぎたい場合、
僕は「アフィリエイト」というビジネスモデルを推奨しています。

僕が起業したのも紛れもなく「アフィリエイト」ですので、
興味があればぜひこちらも参考に。

→【図解説】そもそもアフィリエイトとは?その仕組みと稼ぎ方をサクッと解説。

→なぜアフィリエイトなのか?合理的すぎる莫大なメリットの数々を解説。

では、今回はこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お問い合わせや相談は気軽にコチラからくださいね。

それでは。

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!