ニートやひきこもりがアフィリエイトで稼ぐってぶっちゃけどうなの?アリ?

お疲れ様です、早川です。

ニートや引きこもりの人がお金を稼ぐ選択肢として、
アフィリエイトを検討するのは良くある話です。

それこそアフィリエイトは、

「自宅にいながらでもパソコンとネット環境さえあれば実践できる」

ので、だからこそ

「引きこもりニートでもアフィリエイトなら稼げるんじゃ・・?」

という感じで、アフィリエイトに可能性を感じるわけですね。

で、結論から言うとこの判断は「合理的」だと思っていて、
アフィリエイトというビジネスモデルは、
引きこもりやニートの人に適した稼ぎ方の1つだと思います。

自宅にいながら、しかも“文章ひとつ”で稼ぐ事ができるので、
正しい方法を正しく実践することができれば、
アフィリエイトはニートやひきこもりの人でも稼ぐことができます。

ただ、ニートや引きこもりの人が
アフィリエイトを実践するにあたっての「懸念点」や、
「稼げること以外の大きなメリット」などもありますので、
今回はその辺りにフォーカスを当てて色々と解説していきたいと思います。

ニートやひきこもりの人がアフィリエイトを実践するにあたっての懸念点。

実は、ここ最近のアフィリエイト市場の白熱化によって、

「引きこもりがアフィリエイトで稼ぐのは難しくなってきているのでは?」

という意見が出てきています。

その理由が、

「良いコンテンツ作るなら自分の足で現場に出向いてナンボ!」
「家にいて勝てるほどアフィリエイトはもう甘くない」

という理由からで、
一部のアフィリエイター達は上記のような意見を持っています。

ただ、実際のところは、「文章だけでも他と差別化はできる」ので、
例え引きこもっていても、ネットからの情報集だけでも、

「良いコンテンツを作り、そこからアフィリエイト報酬に繋げる事」

は十分に可能です。

それこそ1つ1つの記事(コンテンツ)で、
あなた自身の主義主張や伝えたいメッセージをバンバン発信していけば、
必然的に「差別化」は図れますし、
そこに共感してくれた人からの反応も獲得していく事ができます。

もちろん、外に出て取材しまくって、
オリジナル性の高い記事を作るのも素晴らしい事ですが、

「それをしないとアフィリエイトは稼げないのか」

と言うと、

「決してそんな事はない」

というのが僕の答えです。

よって、個人的には、
「家にいて勝てるほどアフィリエイトはもう甘くない」とか、
そういう意見には賛成できないですね。

先の通りアフィリエイトというビジネスモデルが、
自宅にいながら、しかも“文章ひとつ”で稼ぐ事ができ、

「それが紛れもない事実」

である以上、ニートや引きこもりの人でも
「稼ぐ」ことができるのは間違いありません。

今現在、ニートや引きこもりの人にとって、
アフィリエイトは可能性を感じられる良い選択肢の1つだと思うので、
僕は大いに推奨します。

常日頃から言ってるように、
アフィリエイトやネットビジネスで稼ぐ上で、
「経歴」や「肩書き」はそこまで関係ありません。

稼ぐ知識とスキルさえ培ってしまえば、
僕のような社会不適合者だって稼ぐことができます。

なので重要なのは今のあなたの状況うんぬんではなく、
「これからのあなたの行動次第」だと思いますね。

要するに今現在ニートや引きこもりという状況の人でも、
「アフィリエイトで稼ぐ事はできる」わけですが・・

・・ただ、です。

個人的にはニートや引きこもりと呼ばれるような、
「内向的で人との関わりがあまり得意ではない人」が、
アフィリエイトを実践することには他のメリットもあると感じてますので、
最後にその辺りのメリットにも言及していきたいと思います。

ニートや引きこもりの人に伝えたい、アフィリエイトで得られる「稼げる」以外の大きなメリット。

僕は引きこもりやニートの人が、
アフィリエイトを実践するにあたっての最大のメリットは、

「そのままの状態で自宅で大きく稼ぐことができる」

という部分ではなく、

「アフィリエイトを通して自身の人間性も昇華させることができる」

という部分にあると思っています。

「根暗」「コミュ障」「人見知り」「内向的」・・

そういう性格の人がアフィリエイトを皮切りに、
コミュニケーション能力が向上して、
コミュ力が高くなるのは良くある話だったりします。

僕は生きていく上で「コミュニケーション能力」は重要な能力であり、
培うべき1つの武器だと考えています。

人生においてコミュニケーション能力は、
ないよりかはあった方が絶対に得をするからです。

僕たちは生きている以上、必ず「人と関わっていく」と思います。

仕事やプライベートの人間関係はもちろんですが、
誰とも関わらずに1人で生きていくっていうのは難しいし、
そういう生き方は幸福度が下がってしまう傾向にあります。

円滑な人間関係っていうのは、
人生の幸福度を左右させる大きな要素の1つですからね。

・・で、アフィリエイトを含めた情報発信ビジネスは、
「文章や言葉を武器として稼いでいくビジネス」になります。

なので、そういったビジネスを実践すること自体が、

あなた自身のコミュニケーション能力の向上に繋がる

わけですね。

要するに、アフィリエイトやネットでの情報発信を実践する事で、
ネット上でコミュニケーションの練習ができるわけです。

例え、人と直接会って話すのが苦手でも、
メールやチャットの返信なんかは難易度が低くなりますよね。

また、ブログ記事にしても、
1つ1つの文章を書いては消して・・を繰り返す事ができるし、
YouTube動画だって噛んだ部分やドモってしまった部分を
カットする事ができます。

ネットに文章を投稿するのも、
頭の中の言葉を整理して吐き出す行為なわけですから、
それが上手くなれば、
リアルでのコミュニケーション能力も自然と向上していくわけです。

リアルでのコミュニケーションも、
ネット上でのライティングやスピーキングも、
頭の中の言葉を整理してアウトプットするという原理は同じなので。

僕自身もアフィリエイトで稼ぐために学んだ
行動心理学やライティングスキルが、
日頃のコミュニケーションに役立った場面は、
これまで数えきれないほどありました。

なので、結局僕はこの記事で何を伝えたいのか?と言うと、

「アフィリエイト」はニートや引きこもりの人にとって、人生を豊かにする最適な手段なのでは?

という事です。

ニートや引きこもりでコミュニケーションが苦手な人でも、
アフィリエイトや情報発信は難なくこなせる稼ぎ方になります。

そしてアフィリエイトや情報発信を通して、
ライティング(文章)やスピーキング(話術)を磨いていくうちに、
それがリアルでも大いに通用するコミュニケーション能力の向上に繋がる・・。

だからこそ、アフィリエイトを実践することによって、
「あなたという人間」がより魅力的になるわけです。

そうやってコミュニケーション能力が身について、
人との関わりが苦でなくなったとしたら、
わざわざ引きこもる必要もないと思うので、
人とのコミュニケーションを大いに楽しんでいけば良いと思います。

アフィリエイトや情報発信ビジネスで有名な人でも、
元々は「内向的でコミュニケーションが苦手」みたいな人って、
結構いますからね。

アフィリエイトを通して知識やスキルを身につけ、
望んだ結果を手に入れる・・。

そうなれば自然と「自信」も身につくわけですから、
胸張って人生を生きていく事ができます。

なので、単なる「お金稼ぎの手段」というよりも、
「人生をより良くする為の手段の1つ」として、
ニートや引きこもりと呼ばれる人にも、
僕はアフィリエイトはオススメですね。

僕はずっと家に引きこもっていると頭がおかしくなるタチなので、
定期的に遊びに行かないとダメなんですが、
部屋でネットフリックス見ながら
ゴロゴロ引きこもっている時間も幸せではあります。

結局、アフィリエイトで稼げるようになって、
お金だけではなく時間も確保する事ができると、

「自分が本当に送りたいライフスタイルを送る事ができる」

ので、その辺りは本当に、

「アフィリエイトや情報発信ビジネス“ならではの強み”だよな〜。」

と実感しますね。

この記事で少しでも可能性を感じられたのであれば、
ぜひ他の記事やメルマガなども参考に、
色々と学んで頂ければと思います。

→早川の公式メルマガ&無料プレゼントのご案内。

では、今回はこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お問い合わせや相談は気軽にコチラからくださいね。

それでは。

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!