とりあえず3年働くべきは古い危険な考え方。3年あれば人生は変わるよ!

お疲れ様です。

新しい紅茶花伝のうまさにテンションが上がっている早川です。

僕の読者さんの中には

「今の仕事をやめたい(脱サラしたい)」
「そのためにビジネスを学んで実践している」

という人が多いと思いますが、
「仕事をやめたい」と会社の上司や友人・知人に相談すると、
よく言われるのが「とりあえず3年は働くべき」という意見です。

これ、日本に生まれ育った人なら何回も聞いた事があると思いますし、
実際に僕も「とりあえず3年」というセリフは
これまでに何度も聞いてきました。

ただ、個人的にはこの「とりあえず3年」という風潮には全く賛成できません。

なぜなら、「3年」という月日は、
「とりあえず」で費やして良い月日ではないからです。

「とりあえず3年働くべき」という根拠なき風潮に物申す!

以前、僕が福岡で仲良くさせて頂いてる、
アフィリエイトでも稼いでる経営者の方と、
その息子さん、息子さんの友達、ブランド品転売で稼いでいる方、
というメンツで会食した事があります。

その会はアフィリエイトでも稼いでる経営者の方が、

「自立してない僕の息子に早川君を会わせたい」
「同世代でもこういう子がいる事を息子に知ってほしい」

という事で僕を誘って頂いたんですが、
その時はその息子さんの友達も一緒に来てたんですね。

分かりにくいので、その息子さんの友達を「K君」としましょう。

で、K君は前々から「起業」に興味があるらしく、
色んな本とかを読んでビジネスの勉強をして、
「これからビジネスやっていきたい」という事でその場に来てました。

ただ、

「今すぐビジネスを始めるか、とりあえず3年間は就職して社会経験を積むか」

で迷ってたんですよね。

・・で、「それについてどう思いますか?」って事を、
僕や他のメンバーの方に相談してたわけなんですが、
この時、あなたなら何てアドバイスするでしょうか?

僕はその時、

「結局ビジネスで独立して食っていきたいんだったら3年間働く意味ある?」
「僕だったらやりたくもない仕事とか3日でやめて自分のやりたい事するけどね〜。」

って事をアドバイスしました。

要するに

「とりあえず3年働くとかフルシカトして今すぐ自分のやりたいビジネスをやるべき」

って事ですが、そのアドバイスでK君は「目が点」になってましたね(笑)

「目が点になるってこの事言うんだな」って感じのリアクションでしたが、
今回のテーマもまさにそれで、
「とりあえず3年は働くべき」とか一体誰が言い出したんだろうと思うわけです。

3年という月日は「とりあえず」で費やして良い月日ではない。

冷静に考えて、3年間という月日は膨大です。

当たり前ですが0歳の子どもは3才になるし、
中学や高校も入学してから卒業する事ができます。

3年間は1日に換算しても「1095日」なわけですから、
それだけ膨大な月日を“とりあえず”で済ませる事自体が、
個人的には「意味不明」なんです。

しかもそれがK君のように

「自分のやりたくない事に費やす」

のであれば尚更で、

「嫌な事もとりあえず3年間やってみてから・・」

とか考えてるとあっという間に人生終わってしまいます。

だから僕は昔からの友達に「仕事やめたい」と相談されても、

「本当に仕事をやめたいなら今すぐやめるべき」
「そして自分が本当にやりたい事をやるべき」

という風にアドバイスしています。

間違っても「とりあえず3年頑張ってみな」なんて事は言えません。

そんな無責任なアドバイスで他人の3年間を奪えないからです。

大げさでも何でもなく、「3年」あれば人生を変えるのには十分すぎます。

僕だって「0」からネットビジネスの世界に飛び込んで、
そこから独立・起業するのに3年かかってません。

1万時間の法則

「1万時間の法則」と呼ばれるものがありますが、これは
「何事も1万時間費やせばプロレベルになれる」という有名な法則です。

これを3年という月日に当てはめてみると、
「1日9時間」を3年間続ければ、
あなたは何かの分野でプロレベルになれるというわけです。

もちろん、それで今からプロスポーツ選手になれるかと言われれば、
それは現実的ではないかもしれません。

ただ、僕がやっているような情報発信ビジネスだったり、
webマーケティングやコピーライティングの世界で、

「プロレベルの実力を身につけてバコバコ稼ぐ」

くらいだったら「3年」というのは非常に現実的な数字だと思います。

実際、僕の周りのネットビジネスを3年以上続けている人は、
総じて稼いでいる人達ですからね。

よって、「とりあえず3年」っていう日本の風潮は、

「あなたが何かでプロレベルになれる程の時間を奪っている」

とも言えるわけです。

その「3年」という数字に明確な根拠があるならまだしも、
ただなんとなく「3年続けろ」っていうのはちょっと違うと思いますね。

だからこそ僕は「とりあえず3年間働くべき」とか、
そういった風潮は間違ってると思うし、
「やりたくない事は今すぐやめても良い」と個人的には考えています。

ですので、これを読んでくれているあなた自身も今一度、

「自分は“何”に貴重な時間を費やしていくべきか?」

を考えてみてください。

そしてもし、あなたが今現在、

“「とりあえず3年」とかいう「何の根拠もない風潮」”

に縛られているような状況なのであれば、そんな風潮フルシカトして、

「あなたが本当にやりたい事」

に本気でフォーカスして頂ければと思います。

そっちの方が確実にあなた自身の人生が
良い方向に進み始めると思いますので、
ぜひこの辺りの考え方も参考にしてみてください。

では、今回はこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お問い合わせや相談は気軽にコチラからくださいね。

それでは。

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!