ネットワークビジネス(MLM)とアフィリエイト。「自由」を目指すならどっち?

お疲れ様です、早川です。

ネットワークビジネスもアフィリエイトも、
一般の人からすれば「胡散臭い」と思われがちで、
下手すれば「同じもの」だと思われている場合もあります。

それこそ前回の記事では
「ネットビジネスとネットワークビジネスは全くの別モノだよ」
って事を解説しましたが、

→ネットワークビジネス(MLM)とネットビジネスの違い。【全くの別モノ】

アフィリエイトにしろネットワークビジネス(MLM)にしろ、
実際に稼いでいる人もいれば稼げてない人もいます。

要するに

・1円足りとも稼げてない人
・アホみたいにバコバコ稼いでいる人

がどちらのビジネスにも「実在する」わけですが、僕もたまに

「早川さんはネットワークビジネス(MLM)についてどう思いますか?」
「アフィリエイトとネットワークビジネスはどっちの方が良いですか?」

と聞かれたりするので、
今回はアフィリエイトやネットワークビジネスに対しての
個人的な見解を話していきたいと思います。

先の通りどちらのビジネスにも稼いでる人はいるので、
「どちらが稼げるか?」ではなく「稼ぎ方」にフォーカスしていきます。

そして少し辛口になってしまいますが、僕自身の経験を踏まえた、

「僕がネットワークビジネスをおすすめしない理由」

についても解説していきますので、ぜひ参考にしていってください。

ネットワークビジネス(MLM)はおすすめしないビジネス。

結論から言うと僕は「ネットワークビジネス」を、
1つのビジネスとして取り組んでいく事はオススメしません。

なので、

「早川さんはネットワークビジネス(MLM)についてどう思いますか?」

という質問に対しては「良いとは思わない」という回答になるし、

「アフィリエイトとネットワークビジネスはどっちの方が良いですか?」

という質問には「絶対にアフィリエイトが良い」という回答になります。

なぜなら僕は、

「ネットワークビジネスで稼いでも“豊かな人生”を手に入れられない」

と思っているからです。

ネットワークビジネス(MLM)の何が悪いのか?

ネットワークビジネス(MLM)を実践していくにあたって、
僕が「絶対に無視できない懸念点」がいくつかあります。

まず大前提としてネットワークビジネスは、

マルチ会社に入会して商品販売の権利を手に入れ、
新しい人を勧誘してグループを拡大して儲けていくビジネス

で、その仕組みを図で表すと下記のような感じになります。

ネットワークビジネス(MLM)の仕組み

要するに、

・多くの人をグループに勧誘する事で組織が大きくなって儲かる
・自分のグループに誰も入らなければ組織ができずに儲からない

わけですが、だからこそネットワークビジネスで稼ごうと思ったら、
必ず人を巻き込まなければなりません。

そして「多くの人を自分のグループに引き入れよう」とした場合に、
ネットワークビジネス始めたての初心者がまず考えるのが、

「自分の周り(友人・知人)から巻き込んで行こう」

という事なんですが、それをやってしまうと、
真っ先に友人・知人から「嫌われる」事になります。

ネットワークビジネスに勧誘されて、
良い気分になる人なんていないからです。

ネットワークビジネスは友人・知人に嫌われる?友達なくす?

だからこそ、ネットワークビジネスを始めて、
周りの人たちを勧誘しまくっている人は、
必然的に周りの人たちからの「信用」をなくします。

で、この周りからの「信用」や「友人」といった人間関係は、
「お金よりも大事なもの」であり、
「お金で買えるもの」ではありません。

ネットワークビジネスを始めた人が、
手当たり次第に周りを勧誘しまくって悪評が広がるのは、
結構「あるある」だとは思います。

・・が、個人的にはそういう話を聞くたびに、

「わざわざ周りの友人・知人を巻き込んでまで稼がないといけないの?」

って思うわけです。

僕は、友達は家族と同じくらい大事な存在だと思っています。

お金だけあっても友達いなかったら楽しく遊べないし、
友達がいない人生なんて「豊かな人生」とは呼べないと思うからです。

逆に言うとお金がなくても、友達がいれば楽しい時間は過ごせますよね。

実際、僕が家庭環境などの影響で辛かった10代の頃は、
友達がいたからなんとか耐えられてました。

ホント、周りの友達がいなかったらどうなっていたか分かりません。

僕は人生を豊かにするために仕事よりもプライベートを優先するタイプで、
それは1人の人間として、「人間らしい正しい価値観」だと思います。

だから

「プライベートよりも仕事が大事」

という日本の風潮は大っ嫌いだし、
それを社員に強要する会社なんかも、
反吐(へど)が出るほど嫌いなんですね。

でも、ネットワークビジネスの人は、
やたら「自分の周りを巻き込みたがる」んです。

別にその会社の商品が本当に良いと思っているのであれば、
その友達のために勧誘してると言うのであれば、

「じゃあ、自分のグループ(ダウン)に入れる必要ある?」

って話になりますよね。

実際、

「グループに入らなくて良いから商品だけ使ってみなよ。」

みたいなネットワーカーは見たことがないので、その時点で

「友達や知り合いを自分のお金儲けに巻き込んでいる」

事になるわけです。

別にお金儲け自体を否定する気はないし、
友人や知人からの信用を捨ててまで、
やりたい人はやれば良いと思います。

ネットワークビジネス自体は違法じゃない合法なビジネスモデルですし、
冒頭でも言ったように稼いでいる人も実在するわけですからね。

ただ、

「お金よりも大事な人間関係を、平気でお金儲けに利用する精神」

が個人的には気に食わないんですよね。

要するに僕は、

「ネットワークビジネスそのもの」というより、「ネットワークビジネスをやってる人」の稼ぎ方が良くない。

と思うわけです。

わざわざ

「この商品は他の会社の商品と比べてこんなにも効果が違う!」

みたいな事をあらかじめ用意した実演キット?で実演される時点で、
こっちからしたら、

「あ、こいつは最初から勧誘する気満々で誘ってきたんだ」

って感じになりますよね。

僕もやたら「ア○ウェイのサプリ」を勧められた事がありますが、
「肌荒れにも良い」とか言いながら、
言ってる本人が肌荒れしまくりという、
突っ込みどころ満載な場面にも遭遇した事があります(笑)

結局、ネットワークビジネスをやってる人って、
その商品をオススメしているその人自身が、

「その商品の良いところを身を以て把握してない」

のに、全部「又聞き」で「テンプレート化」された
売り文句ばっか並べるからキモいと思われるんです。

僕はそういう勧誘に雰囲気で流されるタイプじゃないので、
勧誘されるたびに「あ、興味ないんで大丈夫です」と断ってきました。

・・で、断ると嫌な顔をする人も多いですよね。

僕も10代の頃に、情報発信で繋がった人と名古屋で会った時、
ア○ウェイの勧誘をされて丁重に断ったら、

「なんだ。名古屋の空気汚しに来ただけかよ」

みたいな捨てゼリフを吐かれた事があります(僕が「喫煙者」なため)。

その時は本当そのセリフにカチンと来て、
マジでチョーパンぶっ込んで泣かしてやろうかと思いましたが、
その感情を「グッ」とこらえてプルプル震えてたんですよね。

その時は我ながら大人になってたと思いますが(笑)、
結局、そんな感じでネットワーカーの人たちって、
そのほとんどが「自分の利益最優先」で勧誘しているわけです。

そしてどっかの誰かがスピーチかなんかで言ってた知識を、
理解してもないのに又聞き&ドヤ顔で語ったりするから、
「ペラい人が多い」んですよね。

そのくせ、やたら大きなビジョンとか語りたがるし、
ホント、ご苦労様ですって感じ。

これは僕の持論ですが、本当にやる人は、
そんなビジョンをカフェで語る前にガンガン行動してますからね。

結局、

ネットワークビジネスは会員そのものが客になるビジネス

なんです。

ネットワークビジネスの大きな特徴は、
グループの人間の働きによって収益が大きく左右される事です。

よって、得られる収益のコントロールが難しく、
自分の組織を大きくして稼ごうと思ったら、
リーダーシップの発揮や、
グループのやる気をアップさせる工夫などが必要になります。

こういう組織の管理を経営の世界では「マネジメント」と呼んだりしますが、
マネジメントは凄腕の経営者でさえ頭を悩ませる難しい課題の1つです。

実際に僕もドラッカーの「マネジメント」を読んだ事ありますが、
難しすぎて内容が全く頭に入ってきませんでした(苦笑)

やっぱりそれだけ、

・リーダーとして1つのグループをまとめ上げて引っ張っていく
・そのためのフォローや工夫を行っていく

っていうのは難易度が高いと思うので、
「それができなきゃ大きく稼げない」時点で、
ネットワークビジネスは初心者向きではないと思うわけです。

ネットワークビジネスは人間関係がチョーめんどくさい。

先の通り、ネットワークビジネスは、
新しい人を自分のグループに勧誘したり、
勧誘した人に新しい人を勧誘させなければ、
自分のグループを拡大して大きく稼ぐことはできません。

だからこそ必然的に「リアルでの人間関係」にまで、
ビジネスが介入してくる事になります。

常にカフェで誰かを勧誘してたりだとか、
自分のグループ(ダウン)のアフターフォローだとか、
そういった活動をリアルでずーっと行っていく必要があるわけです。

ネットワークビジネス勧誘時の「売り文句」として、

「グループを大きくできれば権利収入(不労所得)が得られます」

というものがありますが、ハッキリ言って、
ネットワークビジネスで不労所得とか不可能に近いです。

仮にある程度自分のグループが育ってきて、
自分自身は勧誘しなくて良い状態になったとしても、

「自分のグループのアフターフォロー」

は常にしていかないといけないからです。

それをしなければグループはどんどん廃れていって、
収益も減っていきます。

でも先ほども解説した通り、
リーダーとして自分のグループ(ダウン)を
引っ張っていく事は簡単ではありません。

ここで1つ、僕の知り合いの実例を紹介します。

元ネットワーカー現アフィリエイターの知人から聞いた話

僕の知り合いのアフィリエイターに、
元々とある会社でネットワークビジネスやってて、
数百人規模のグループを持ってた人がいます。
(グループの人達に握手とか求められるレベルの人です)

でもその人は

「ネットワークビジネスの人間関係がめんどくさすぎてアフィリエイトを始めた人」

なんですよね。

その人いわく、グループが大きくなればなるほど、
グループ内でいざこざとかも起き始めるらしいので、
その辺りの管理が非常にめんどくさいんだとか・・。

時にはそういうグループのフォローで、
丸1日潰れる事もあったと言います。

なので結局、ネットワークビジネスで不労所得なんて幻想に近いわけです。

だからそんな売り文句を真に受けても、
その理想が現実になる事はないんですよね。

もちろん、そういう環境に身を置く事で、
コミュニケーションや営業スキルは身につくかもしれません。

そしてそれはビジネスにおいて非常に大事なスキルだとは思います。

でも、僕がこれまで見てきたネットワークビジネスをやってて、
そこそこ大きいグループを持っている人たちは、
そういう「過剰なまでの人との関わり」のせいで、
皆「人間関係に疲れてた」んですよね。

結構、ネットワークビジネスから
アフィリエイトに流れてきた人って多かったりします。

実際にそういう人は僕の周りだけでも何人もいます。

そしてその人達は

「ネットワークビジネスで上手くいかなかったらアフィリエイトに流れてきた」

わけではなく、

「ネットワークビジネスで稼いでたにも関わらずアフィリエイトに流れてきている」

んですね。

そして僕が聞いたその理由がここまで解説してきた、
「人間関係のめんどくささ」によるものでした。

普通に「割りに合わない」らしいです。

でも、アフィリエイトで稼いでからネットワークビジネスに流れた人は、
現在進行形で僕の周りには誰1人としていません。

そのたった1つの事実からも、

「多くの人にとってネットワークビジネス(MLM)よりアフィリエイトの方が優れている」

という事は分かるのではないでしょうか。

結論:「自由」を目指すならネットワークビジネス(MLM)よりもアフィリエイト。

ネットワークビジネスは特定の会社の商品のみ扱うのに対し、
アフィリエイトは自分個人が扱っていく商品を選べます。

また、セミナーやミーティングを強要される事もなければ、
当然上から下されるノルマなんてものもありません。

全て自分本位で自由性が高いわけです。

ネットワークビジネスあるあるの1つである、

「ポイント稼ぎのために借金してまでマルチ会社の商品を買い込む」

とか、

「ノルマ達成のために借金する、ブラック営業会社で働いてるサラリーマン」

としか思えないですからね(苦笑)

仕事する時間も場所も、扱う商品も「自分本位」に自由に選べる。

そして他人に収益が影響される事もなく、自分自身でそれらをコントロールできる。

めんどくさい人間関係に振り回される事もない。

だからこそアフィリエイトは、
自分が頑張らないと絶対に結果はでないわけですが

「自分の人生を豊かにする為にビジネスをやる」

のであれば、どちらを頑張った方が良いのか?は明白ではないでしょうか。

「自由」の定義は「縛られない事」だと思うので、
会社やグループ、人間関係に縛られてしまうネットワークビジネスは、
個人的にはオススメできません。

少なくとも周りの人間(友人や知人)の信頼を捨ててまで
「お金儲け」に走っても「豊かな人生」は手に入らないと思いますね。

ぜひ、参考にして頂ければと思います。

では、今回はこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お問い合わせや相談は気軽にコチラからくださいね。

それでは。

P.S.

昔、僕の友達がネットワークビジネスのセミナーに参加した時、大声で

「なんちゃらアンバサダー(めっちゃ上の階級)になります!!」

と宣言して、えらいおばちゃんに

「まあ!こんな子初めて!!」

と言われた話が今になってじわじわきています(笑)

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!