レペゼン地球DJ社長とジャスミンのパワハラセクハラドッキリが大炎上。この炎上商法は「アリ」か「ナシ」か?

お疲れ様です、早川です。

ここ最近話題になっていた「レペゼン地球DJ社長のパワハラ騒動」ですが、
この騒動が全て「真っ赤な嘘」であり、
新曲プロモーションの為の「炎上商法」だった事が明らかになりましたね。

この一連の出来事にネット上は“てんやわんや”って感じで、
色んなメディアもこぞってこの話題を取り上げてました。

ただ、この一連の騒動に対しての「賛否両論」がすごくて、
ネット上でも色んな著名人やインフルエンサー、
多くの一般人の方が出来事について言及してたりしていました。

・・で、個人的にはこういう騒動は「むっちゃどうでも良い」んですが、
この騒動に対するネット上の意見などを見てて少し思う事があるので、
今回は「いちマーケター視点」で今回の

「DJ社長のパワハラ炎上商法」

について個人的な見解を述べていきたいと思います。

ビジネス的にも参考になる部分は多々あると思いますので、
ぜひ参考にしていってください。

 
 

レペゼン地球DJ社長とジャスミンのパワハラ炎上商法が炎上。その事の顛末は?

まず、今回の騒動の事の顛末としては下記のような感じで、

1、レペゼン地球のDJ社長が所属タレントのジャスミンさんにセクハラ(パワハラ)
2、ジャスミンさんがその事実をLINEのトーク画面付きでTwitterで告発
3、バズって色んなYouTuberがこの件をネタにし、DJ社長も謝罪動画を投稿
4、しかし実際は嘘。騒動がまるまる新曲のプロモーションだった事が判明
5、この炎上商法に対して賛否両論

その際の実際のツイートや画像が下記になります。

要するに、

ジャスミン:「実はDJ社長にパワハラされてる!もう我慢できん!」
ネットユーザー:「それマジ?最悪。DJ社長終わったねw」
メディアやYouTuber:「DJ社長がパワハラだってさ!」
DJ社長:「事実です。ホントすいませんでした。」
DJ社長&ジャスミン「うっそー!新曲のプロモーションでした!w」

という事ですが、
このレペゼン地球及びジャスミンさんの「やり方」について、
ネット上では色々と騒がれているわけですね。

「パワハラ」や「セクハラ」に敏感な女性は、
今回の騒動をあまり良く思ってない印象で、
どちらかと言うと「批判的な意見」がネット上では目立つ傾向にあります。

ちなみに僕はこのパワハラ騒動が「嘘」だと発表された当日、
ビアガーデン(と言っても雨で屋内)でビールをグビグビ飲みまくってて、

ビアガーデンでビール

その時に僕のミーハーな友達ですら
この騒動についてあーだこうだ言ってたので、
「この話題、結構注目されてんだな〜。」と感じてました。

・・で、そんな感じで結構批判されているレペゼン地球や、
この騒動に加担した人達ですが、僕自身、

レペゼン地球DJ社長とジャスミンのパワハラ炎上商法。
いちマーケターとして見るなら「このやり方はアリ」

だと思います。

もちろん、今回のドッキリに関わったレペゼン地球もその周りの人達も、

「ビジネス」
「マーケティングの一環」

として今回のようなプロモーションをやっているわけです。

・・で、結果として今回の騒動の宣伝効果は「バツグン」でした。

色んなメディアやインフルエンサーなどがこの話題を取り上げ、
「レペゼン地球を知らない人」でも、
今回の騒動で認知するキッカケにはなっているわけです。

よって、「ビジネス」や「マーケティング」という観点から、
今回の騒動を見ると、
結果としては認知度も一気に広がって大成功だと思います。

炎上商法(炎上マーケティング)の実態について。

実際、このような「炎上商法」と呼ばれるマーケティング手法は一見、

「炎上した側は叩かれるだけで損しかない」

と思われがちですが、
その炎上で話題になればなるほど多くの人に「拡散」されるので、
結果として「炎上した側はプラス」になる事が多かったりします。

で、それを「あえて狙ってやっているインフルエンサー」とかもいたりして、
極端な話、炎上して80人に嫌われて叩かれまくろうが、
その騒動で20人の「新しいファン」が増えれば「炎上した側はプラス」なわけです。

もちろん、「ファンがつかない悪質な炎上」も中にはありますが、
今回の騒動はどちらかと言えば「アンチもファンも増える炎上の仕方」で、
実際に今回の騒動をキッカケに、

・「レペゼン地球すげー。」
・「やっぱ天才だな。」
・「こりゃ真似できない。さすがだわ。」

とか言っている人もネット上では見かけます。

そのような意見が正しいのか正しくないのかはさておき、実際に、

・レペゼン地球の認知度が爆上がりした
・プロモーションした新曲も多くの人の目に止まった
・新しいファンが増えた

わけですから、ビジネス目線で言うと、
「レペゼン地球は得している」わけですね。

また、プロモーションした新曲の中にもこのような歌詞があるので、

炎上!炎上!炎上商法だ!
あれも!これも!全部プロモーション!
メディアは食いつき記事を書き全国に配信してくれる

ビジネスにおける「炎上」っていうのは、
やってる側は意外に美味しかったりするわけです。

だから僕は今回の「炎上商法」及び一連の騒動に関しては、
マーケターとしては「別にアリ」だと思います。

レペゼン地球DJ社長とジャスミンのパワハラ炎上商法の「良くない点」について。

ただ、今回の一連の騒動、
“いちマーケターとして”見るなら「アリ」ですが、
僕個人が“人として”見るならちょっと「微妙な部分」もあります。

それこそ、今回の一見は、

「パワハラ」
「セクハラ」

という少し繊細なテーマが絡んでいるので、
ガチのパワハラ・セクハラ被害者からすれば「良い印象は抱かない」と思います。

なので結局のところ、
今回の騒動が本人達にとって「良い」のか「悪い」のかは、

「やった本人達(レペゼン地球側)が今回の1件をビジネスに振り切るかどうか」

で変わってくると思いますね。

ビジネスに振り切るんだったら結果としては「良かった」だろうし、
そこに「人としてどうなの?」って部分を持ち込めばぶっちゃけ微妙。

僕はレペゼン地球の「ファン」でも「アンチ」でもないですが、
今回の騒動に関してはこんな感じの印象を抱きましたね。

現在、レペゼン地球はプロモーションした新曲を削除している?

ちなみにDJ社長は今回の炎上騒動でそこに加担した
「マキシマムザホルモン」にも炎上の火が飛んでしまった事を悔いて、
現在はその新曲の動画は削除しているみたいです。

ただしその後に公開した曲の概要欄に下記のような事を書いており、

レペゼン地球の新しい曲の概要欄

昨日の炎上商法が大炎上しております。

そのことにより

・マキシマムザホルモン様
・マキシマムザホルモンのファン(腹ペコ)の皆様
・レペゼン地球のファンの皆様

本当に本当に不快な思いをさせて申し訳ありませんでした。

ここまで炎上するとは流石に思っていませんでした。
次からもっと考えて行動します。

上の3つに当てはまらない人たちはどうでもいいので
ぜひこの動画のバッドボタンを連打して
悪口のコメントいっぱい書いて日頃のストレスをここで発散してください。

・マキシマムザホルモン
・マキシマムザホルモンのファン
・レペゼン地球のファン

以外の「外野」に対しては興味なしって感じですね(笑)

僕自身もいちいち「他人」の考えややり方についてわーわー言及して、
匿名でストレス発散する奴は「好きじゃない」ので、
「そんな事するくらいなら自分の事に注力しろよ。」って思います(苦笑)

というわけで、「DJ社長のパワハラ炎上商法」に関する個人的な見解でした。

それでは。

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!