ネットビジネスの集客方法(有料・無料)まとめとそれぞれの特徴や強みについて。

お疲れ様です、早川です。

ネットビジネスだけに限らずどのビジネス(商売)でも、
「稼ぐ」ためには人を集める必要があります。

店舗を構えた小売店にしても飲食店にしても、
インターネットで商品やサービスを売っていくにしても、
そこに人が集まらなければ商品が売れることはないからです。

とは言っても、いくら多くの人を集める事ができたとしても、
その商品の売り方や戦略によっては、
商品が全く売れずに稼げなかったりします。

それこそ下記で事例を紹介している「Yさん」だって、
ブログにアクセスはあったにも関わらず、
商品が全く売れないという経験をしている1人です。

→企画に参加した初月からブログアフィリエイトで「19,800円」の報酬を稼ぎ出し、そこから副業で累計報酬「458,815円」を稼ぎ出した「Yさん」の実践事例。

要するに「集客はできてたのに稼げてなかった」という事。

なので僕はどちらかと言えば、

「集客さえできれば稼げるから集客を徹底!」

みたいなネットビジネス業界に多いタイプではなく、
「成約率重視」のタイプで、

・少ないアクセスからでも「成約」を取るべくして取るマーケティング戦略と仕組みの構築

を得意とし、クライアントさんには、

「集客はその戦略や仕組みを完成させた後に注力していきましょう」

という教え方をしています。

普通に考えて

「売れない仕組みにアクセスを流してもそのアクセスは無駄になる」

ので、その辺りの効率面を踏まえた上で、
僕はそういう考えを持っているわけですね。

とは言っても逆に、

「いくら売れる仕組みがあってもそこに人が来なかったら売れない」

というのも事実なので、ネットビジネスにおいて、
「集客」っていうのは無視できない要素である事は間違いありません。

そしてネットビジネス実践者の多くが躓くのも、
この「集客」についてだったりします。

なので、今回は「ネットビジネスの集客方法」について解説していくと共に、
それぞれの集客方法についての個人的な見解も、
併せて解説していきたいと思います。

ネットビジネスの集客方法【無料】

・検索エンジン集客(SEO集客)

まず無料の集客で代表的なのがブログやサイトを構築して、
検索エンジンから集客していくSEO集客になります。

ブログやサイトの1つ1つの記事タイトルに「キーワード」を入れ込み、
そのキーワードで検索上位に表示させる事ができれば、
検索してきた見込み客からのアクセスが見込める事になります。

で、この検索エンジン経由で訪れる見込み客っていうのは、
他の集客方法で訪れる見込み客よりも「質が高い」傾向にあります。

見込み客の質が高いっていうのは要するに、
それだけのあなたの商品やサービスを購入する可能性が高いという事。

なぜなら「検索エンジンにキーワードを入れて検索する」という事は、
その見込み客はそれだけその事柄や悩みに対して、
深い関心を抱いているという事になるからです。

また、1度ブログやサイトを検索エンジンで上位表示させる事ができれば、
わざわざこちらから見込み客にアプローチしなくても、
検索エンジンから勝手に見込み客が集まるようになります。

だからあなたが遊んでいようが寝ていようが、
その間にも集客を図っていく事ができる事になります。

なので検索エンジン経由のSEO集客っていうのは、

「訪れる見込み客の質も高く、それでいて労力がかからない」

ので、

「ネットビジネスにおける集客の王道」

という感じですね。

SEO集客はそれだけメリットが多い集客方法なので、
僕自身もこの「検索エンジン経由のSEO集客」が、
メインの集客方法の1つになります。

・SNS集客(Twitter、Facebook、YouTubeなど)

また、「SNSを運用してそこから集客を図っていく」のも、
無料でできる集客方法の1つです。

この記事を書いている2019年時点では、

・Twitter(ツイッター)
・Facebook(フェイスブック)
・YouTube(ユーチューブ)

などのSNSが使われている事が多いですね。

SNSの特徴としてはやはり、
無料でアカウントを作成・運用する事ができ、拡散力も高く、
他のユーザーとのコミュニケーションが簡単に取れる点にあります。

なのでSNSからの集客は、
やり方を間違えなければ非常に有効な手段の1つですね。

ただし、SNSの運用には絶対に無視できないデメリットもあって、
それが「常に規約変更やアカウントの凍結などのリスクがある」という点です。

その辺りの詳しいメリット・デメリットについては、
下記で詳しく解説しています。

→【ソーシャルメディアマーケティング】SNSをビジネス活用する際のやり方と絶対に無視できないメリットデメリット。

・無料レポートスタンド集客

また、無料レポートを作成して無料レポートスタンドから集客する方法も、
昔からよく行われている集客方法の1つです。

代表的な無料レポートスタンドは下記のメルぞうなんかが有名ですが、

メルぞう

無料レポートスタンドのメルぞう

こういった無料レポートスタンドにあなたの無料レポートを掲載する事で、
その無料レポートをダウンロードした人の
リスト(メールアドレス)を取得する事ができます。

また、この無料レポートは、
アフィリエイターを使って紹介してもらう事もできるので、
その場合は「1件あたりいくら」という報酬を払っていく有料集客になります。

ただし、無料レポート集客に総じて言える事は、
「集まる人の質が低い」という事です。

いくらレポートダウンロード時にメールアドレスが取得できると言っても、
殆どの人が無料レポート用の「捨てアド」を用意してたりするので、
そこにメルマガを送ってもあまり読まれる事がありません。

なので、無料レポートをネットビジネスの集客に活用していく場合は、
メインメルマガのリストと無料レポートのリストを分けておいて、

「無料レポートからのリスト」→「メインメルマガ」

という感じでリストを「抽出」した方が良いですね。

そうしないとメインメルマガの方に、
質が低い見込み客が紛れ込んでしまう事になります。

ネットビジネスの集客方法【有料】

ネットビジネスにおける集客には、
ここまで触れたような「無料」でできるものから、
「有料」でやっていく方法もあります。

そして基本的には

「無料でできるものは時間と労力がかかる」

のに対して、

「有料のものはお金はかかるが時間と労力はあまりかからない」

というイメージです。

で、そんなネットビジネスにおける有料の集客方法としては、まず

・PPC広告

からの集客が代表的な方法の1つになります。

PPC広告は主に検索エンジン上に表示される広告で、
例えば下記のような特定のキーワードの
「検索結果」に表示される「スポンサードサーチ」や、

ppc広告

(上記の赤枠部分が広告・・)

特定のサイト内にバナー広告が表示される、
「YDN(ヤフーディスプレイアドネットワーク)」があります。
(Googleで広告を出稿する際は「GDN」と呼ばれます)

参照元:https://promotionalads.yahoo.co.jp/service/ydn/

少し前まではこのPPC広告を使った
「PPCアフィリエイト」というアフィリエイト手法が存在しましたが、
今(2019年6月)はもうyahoo!プロモーションの規約変更により、
PPC広告をアフィリエイトで使う事はできなくなりました。

僕はPPCアフィリエイトがyahoo!の規約変更の影響をモロに受け、
どんどんと規制が厳しくなっていた時点で、

「将来性がなさそう(継続的に稼げなさそう)」

と判断して、完全に撤退していました。

今考えるとその判断は「正解」で、
PPCアフィリエイトをメインで実践していた人は今、
大ダメージをくらっていますね。

その人達はそこから急に稼ぎ方の方向転換を余儀無くされた形になります。

ただしPPC広告でのアフィリエイトは禁止されても、
そこからの「メルマガリスト獲得」などは禁止されてないので、
PPC広告はまだまだネットビジネスの集客には使っていく事が可能です。

・SNS広告

上記のPPC広告は「検索エンジン上での広告」でしたが、
SNSにも広告を出稿する事ができます。

「Twitter広告」や「Facebook広告」なんかは、
特定の投稿をタイムライン上に出稿する事ができるので、
そこからの集客を図っていく事ができます。

ツイッター広告の例

(Twitter広告の例・・)

このSNS広告を使えば、

「人が多く集まっている場所に自分の広告を露出できる」

ので、無料でSNSを運用していくよりも早く集客していく事ができます。

ネットビジネスではよくメルマガを使っている人が、
「登録すると〇〇を無料プレゼント!」というような形で、
広告を出稿していますね。

ネットビジネスの集客方法(有料・無料)のまとめと意識しておきたい事。

さて、主にここまで解説してきた、

・検索エンジン集客(SEO集客)
・SNS集客(Twitter、Facebook、YouTubeなど)
・無料レポートスタンド
・PPC広告(スポンサードサーチやYDNなど)
・SNS広告(Twitter広告やFacebook広告など)

という5つの方法がネットビジネスにおける集客の代表的な方法になります。

で、

「ネットビジネスで長期的に稼ぎ続けたい」

という事を考えた場合、やはり集客の柱は1つだけではなく、
いくつか構築しておく必要があります。

1つの集客口に依存してしまうと、
その集客口がダメになった時に収益が一気に減ってしまうからです。

例えば検索エンジン集客のみに依存したアフィリエイターは、
Googleのアップデートで自分のブログやサイトがダメージを受けた時に、
ものすごく大きな影響を受けます。

だからGoogleが大きなアップデートを施すたびにTwitterでは、
やれ「アフィリエイトはもうオワコン」だ、
やれ「もう僕(私)は引退します」というような、
「ネガティブなツイート」がバンバン投稿されてたりします(苦笑)

・・で、本当に立ち直れなくなって、
ネットビジネスの世界から身を引いたりします。

1つの集客口に依存しない方が良いっていうのは、
このような例が良い例だと思うんですよね。

ぶっちゃけ、PPCにしろサイトアフィリエイターにしろ、
規約変更やアップデートの影響がキッカケでやめる人も多いですが、
これってただ単に「集客口を1つだけに依存していた」からなる事です。

普段からそのようなケースを想定してリスクを分散していれば、
上手くいってる時に他の集客口を構築していれば、
そのような事態にはならなかったと思うからです。

なので、「集客口を1つだけに依存しない」っていうのは、
どの集客方法を実践していく上でも常に頭に入れておきたいですね。

ちなみに集客の本質というか、
人が集まる場所に共通する要素は「悩み」と「楽しさ」の2つにあります。

→どんなビジネスにも通用する「集客のコツ」とその根本的な原理原則について。

それについては上記の記事で事例を交えて解説しているので、
興味があればぜひこちらも参考にしていってください。

では、今回はこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お問い合わせや相談は気軽にコチラからくださいね。

それでは。

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!