ネットビジネスって本当に稼げるのか?嘘?儲かる仕組みを徹底解説。

お疲れ様です、早川です。

数年前からツイッターやインスタ、フェイスブックなどのSNSで、
「ネットビジネス系」のアカウントを見かけるようになりました。

そういうアカウントは大抵「羽振りが良さそうな写真」を掲載した上で、

「簡単に稼げる」
「俺(私)はこれで人生変わった」

とかいう文言を並べ、

「興味がある方はDMください。一緒に人生変えましょう。」

などと言ってる傾向にあります。

怪しいネットビジネス系アカウント

で、どのSNSにもこういったネットビジネス系アカウントは大量にあって、
僕の友達なんかも度々

「SNSでネットビジネスネットビジネス言ってくるやつマジうざい」

みたいな事を言ってたりするんですね。

まあ、客観的に見てもそういうアカウントって「胡散臭い」ですし、
そういう人達に限って、

「一体、何をどうやって稼いでいるのか?」

っていう部分が不透明なわけなんですが、それでもやっぱり中には、

「ネットビジネスって本当に稼げんの?」
「ネットビジネスが儲かる仕組みって一体どういうもの?」

っていう事を知りたい場合もあると思います。

なので今回の記事ではネットビジネス初心者の方向けに、
ネットビジネスが儲かる仕組みや何をどうやったらお金が稼げるのか?
という部分を解説していきたいと思います。

結論から言うとネットビジネスは「真っ当なビジネス」で、
ネットビジネスで稼ぐ事は本当にできます。

そしてその儲かる仕組みも他のビジネスと何ら変わらなかったりするので、
ぜひ最後まで見ていってください。

また、この記事ではそれを踏まえた上でSNSに蔓延する、
「怪しいネットビジネス系アカウント」についての、
個人的な見解もあなたに伝えておきたいと思います。

ネットビジネスって本当に稼げるのか?「稼げる」は嘘?

まず先の通りネットビジネスで稼ぐ事は本当に「可能」な事で、
この記事を書いている僕自身も、
ネットビジネスで起業したクチの人間になります。

その具体的な理由や経緯については下記を一読頂ければと思いますが、

→最終学歴「中卒」のド底辺がパソコン1つで起業した「理由」と「経緯」。

そもそも「ネットビジネスの定義」は何なのかと言うと、
「インターネットを使ったビジネス」の事です。

だからあなたが普段からスマホで見ているサイトやブログ、
よく使っているショッピングサイトなんかも、
それらがビジネス目的で運営されているものなら、
立派な「ネットビジネス」になるわけですね。

インターネットを使って行っていくビジネスが「ネットビジネス」であり、
実業(リアルビジネス)とネットビジネスの「違い」は、
「インターネットを使っているかどうか」だという事です。

多くの人にとって「インターネット」は、
「無くてはならないもの」になってきています。

インターネットが無かったら知りたい事を調べる事も、
スマホで動画を見ながら暇つぶしする事も、
家で買いたい物を購入する事もできなくなってしまいます。

それだけ今の時代「ネット」っていうものは普及しており、

「そのインターネットという場所で行われるビジネスがネットビジネス」

なだけなんですね。

だから実際、ネットビジネスの仕組みの多くは
「実業(リアルビジネス)」と何ら変わらなかったりします。

「じゃあ、ネットで一体何をどうすればお金が稼げるのか?」

についてはこの後で掘り下げて解説していきますが、
ここまでの内容を踏まえると、

「別にネットビジネスで稼げるというのは可笑しな話ではない」

という事が理解できるかと思います。

簡単な話、リアルで店舗を構えてそこに人を集め、
商品なりサービスを売っていけば、
「ビジネス」としてお金を稼ぐ事ができますよね。

じゃあ、「インターネットで人を集めて収益化」する事ができれば、

「ネットで稼ぐ事はできる」

し、それは別に不自然で怪しい事ではないという事。

ただ、そのネットビジネスと呼ばれるビジネスの中にも、
様々なビジネスモデル(稼ぎ方)が存在しますので、
ここからは代表的なネットビジネスの
「儲かる仕組み」について触れていきたいと思います。

ネットビジネスが儲かる仕組みは?
各ビジネスモデルごとに徹底網羅。

今も言った通り一口に「ネットビジネス」といっても、
その中には様々なビジネスモデルが存在しています。

そしてその代表的なビジネスモデルが、

・アフィリエイト
・せどり、転売(ドロップシッピング)
・YouTuber
・オンラインショップ

などと呼ばれるもので、あなたが知っている、
もしくは聞いた事のあるビジネスもあると思います。

じゃあまず、

ネットビジネス「アフィリエイト」が儲かる仕組み。

から解説していきますが、アフィリエイトは簡単に言うと、

「他人(他社)の商品をお客さんに紹介して、
その商品が売れたら報酬の一部をもらう事ができる仲介業」

のようなイメージのビジネスモデルです。

だから例えばあなたが3,000の化粧品を友達に紹介して、
その友達がその化粧品を購入してくれたら、
あなたに1,000円とかの報酬が入ってくるわけですね。
(※報酬率は案件によって様々。)

アメブロなんかでよく芸能人の方が
化粧品とか健康食品とかを紹介しているのを見た事ありませんか?

あれも一種のアフィリエイトで、
そうやって商品を紹介したり、そこで紹介した商品が売れたりすると、
紹介した側に報酬が入ってくるわけです。

そしてそのアフィリエイトをブログで行えば「ブログアフィリエイト」、
YouTubeなら「YouTubeアフィリエイト」というような感じで、
「使っていくメディア」によって「〇〇アフィリエイト」と区別される事が多いです。

もう少し詳しい仕組みや稼ぎ方の種類なんかは、
下記で掘り下げて解説していますが、

→【図解説】そもそもアフィリエイトとは?その仕組みと稼ぎ方をサクッと解説。

「他社の商品を販売して報酬をもらうビジネス」は、
リアルの世界でも「販売代理店」というような形で行われてたりするので、
それがネット上で行われているだけになります。

ネットビジネス「せどり・転売」が儲かる仕組み。

そしてネットビジネスの中には「せどり」や「転売」と
呼ばれるビジネスがあり、このビジネスは、

「商品を安く買って、価格を上乗せして販売して利益を得る」

という仕組みのビジネスモデルになります。

Amazonや楽天といった一般的な「ショッピングサイト」は、
個人でも商品を出品できたりするので、

「商品を仕入れてそれをネット上で売っていく」

事で稼いでいけるわけですね。

ビジネスモデルが非常に「シンプル」なので理解はしやすいかと思います。

簡単な話、あなたが近所のスーパーで100円で購入したものを、
友達に200円で売れば「100円儲かる」わけですから、
それをもう少し規模をでかくしてネット上で行なっていくイメージです。

それを無在庫で行なっていく「無在庫転売(ドロップシッピング)」や、
海外から商品を仕入れたり海外で売っていく「輸入・輸出転売」など、
様々な稼ぎ方がありますね。

ネットビジネス「YouTuber」が儲かる仕組み。

上記の「転売」という稼ぎ方もネットビジネスでは結構メジャーな方で、
ビジネスモデルがシンプルなだけに知ってる人も多いかもしれませんが、
今の時代知ってる人が多いのが「YouTuber(ユーチューバー)」だと思います。

ユーチューバーは簡単に言うと「ネットアイドル」みたいなもので、
YouTubeに動画を投稿してその再生回数に応じた「広告収入」や、
「企業案件の受注費用」で稼いでいくビジネスモデルですね。

YouTubeの動画投稿が儲かる仕組みとしては、
「Googleアドセンス」と呼ばれる「クリック型広告の広告収入」が主になります。

Googleのサービスの1つに「Googleアドセンス」という、
クリック型広告をメディアに掲載できるサービスがあり、
それをYouTubeと紐付ける事でYouTube動画からお金を稼げる・・
という図式ですね。

また、このGoogleアドセンス広告はYouTubeだけでなく、
「ブログ」や「サイト」なんかにも掲載できるので、
こういう「クリック型広告を使った稼ぎ方」も、
ネットビジネスでは非常にメジャーな手段になりますね。

ネットビジネス「オンラインショップ」が儲かる仕組み。

「オンラインショップ」っていうのはAmazonや楽天市場のような、
「オンラインでショッピングができるサイト」の事です。

Amazon

Amazon

楽天市場

楽天市場

このようなオンラインショップを立ち上げて、
色んな商品を扱って商品を売っていく事ができれば、
「販売手数料」という形でオンラインショップ側はお金を稼ぐ事ができます。

僕たちの身近にあるものでこのオンラインショップの
稼ぎ方がイメージしやすいのは「コンビニ」でしょうか。

コンビニは様々な会社の様々な商品を店内で扱っているわけですが、
「その商品が1つ売れるごとにいくら」という形で、
利益を出していくビジネスモデルです。
(というか「小売業」と呼ばれるビジネスは全部そう。)

なのでその「お店」をリアルではなく、
ネット上に立ち上げているバージョンが、
オンラインショップなわけですね。

・・と、代表的なネットビジネスの
「儲かる仕組み」についてはこんな感じです。

ここまであくまで簡単にですが、それぞれのビジネスで、

「一体、何をどうやってお金を稼ぐ事ができるのか?」

を解説してきて、人によっては

「あれ、ネットビジネスって意外にちゃんとしたビジネスなんだな。」

と思われたかもしれません。

ただ、その認識は結構正しくて、この記事の冒頭でも触れた通り、

「ネットビジネスはビジネスをインターネット上で行うもの」

なだけで、「どこからか勝手にお金が生まれる」とかそういうものではないのです。

それはリアルでもネットでも「同じ」で、やっぱりビジネスは、

・企業が広告費を払ったり、
・お客さんが商品やサービスを購入したり、

などという感じで「実際にお金が動く」事でお金が稼げるわけですから、
そこに特別なカラクリや裏技みたいなものは何もありません。

だから「ネットビジネスで稼ぐ」っていう行為そのものは、
知ってしまえば別に怪しいわけでも不自然なわけでもなく、
「真っ当な稼ぎ方」だと言えるわけです。

じゃあ、なぜ多くの人の認識は「ネットビジネス=怪しい」みたいな認識なのか?

その理由について下記で個人的な見解を述べていきたいと思います。

ネットビジネスが「怪しい・胡散臭い」と思われる2つの理由。

ここまで解説してきた通りネットビジネスは真っ当なビジネスの1つです。

にも関わらずなぜ「ネットビジネス=怪しい」みたいな認識が、
多くの人に生まれてしまうのか?

それは、

・知らない事は怖いと思ってしまう人間の心理傾向
・ネットビジネスで稼ぐ系のアカウントの影響

という2つの理由による影響が大きいと思います。

・知らない事は怖いと思ってしまう人間の心理傾向

まずそもそもの話、
僕たち人間は「知らないものを怖い」と思ってしまう傾向があります。

知らないものを食べるのは怖いし、知らない国に行くのも怖い。

知らない人から喋るかけられるのも怖いし、知らない事をするのも怖いです。

で、これは僕たち人間の遺伝子に組み込まれているプログラムの1つで、
知らないものに近づいたり知らないものを食べたりして、
死んだり痛い思いをしてきた僕たち人間の「先祖」から、
受け継いでいるものなんですね。

要するに知らないものに安易に近づいて痛い思いをしないように、
僕たち人間には、

「知らないものを怖いと思う遺伝子プログラム」

が搭載されているという事。

そして「ネットビジネス」という稼ぎ方はネットと共に普及してきて、
その仕組みや具体的な内容を「知らない人」が多いわけです。

で、「知らない」から怖く感じるわけで・・。

だからこそ「ネットビジネス=怪しい」という認識の人も、
必然的に多くいるわけなんですね。

ただまあ、個人的にはYouTuberという職業が、
もうすでに世間に受け入れられているように、
「ネットビジネス」という職業もこれから先は、
どんどん受け入れられてくるようになると思います。

なのでこちらに関しては「時間の問題」かもしれません。

・ネットビジネスで稼ぐ系のアカウントの影響

ただし、この記事の冒頭でも触れた、

「ネットビジネスで稼ぐ系のSNSアカウント」

なんかもネットビジネスのイメージダウンに繋がっていると思います。

僕のリアルな友人・知人の中でもやっぱり、

「ネットビジネス?ツイッターのあの怪しい奴らがやってるやつでしょ。」

みたいな認識が多いからです。

ただ、この際この場でハッキリ言っておくと、

そういう怪しいSNSアカウントが言ってる「ネットビジネス」はただの“引き合い”で単なる客寄せの口実

な場合が多いです。

要するに「ネットビジネス」や「アフィリエイト」という
文言やビジネスを引き合いに出し、
それをエサにしてお金をもらう口実を作っているだけだという事。

実際、僕も「アフィリエイト」を教わるために、
30万以上の起業家コミュニティ?に入った事があるんですが、
そのコミュニティの中にアフィリエイトで稼げてる人なんて皆無でした。

人によってはパソコンすら持ってなくて、
でもその人達はTwitterでやれ「アフィリエイトがどうたら」とか、
ドヤ顔で言ってたんですよね(笑)

だからそういう連中のそういう行動が

「ただでさえ怪しいと思われているネットビジネスをさらに怪しくさせている」

わけです。

そういう、自分は稼いでもないくせに、
ネットビジネスなどを引き合いに出している連中の特徴としては、
その人の発信している情報を見ても

「一体、どんなビジネスで何をどうやって稼いでるのか?が不透明で見えない」

ケースが多いです。

その辺りの「どんな人が信用できてどんな人が信用できないのか?」については、
下記で解説しているので興味があればぜひ参考にして頂ければと思いますが、

→多くの人がアフィリエイトで稼げない「理由」と信用できるアフィリエイターの判断基準。

まあ、「当の本人が稼いでない」からこそ、
「何をどうやって稼いでいる」とか、
そういう具体的な情報は発信できないわけですね(苦笑)

・・で。

そのような一部の連中の影響で、
ネットビジネス全般が「胡散臭い」と思われているという事。

これ、真っ当にネットビジネスやってる人からすれば「完璧な風評被害」ですからね(笑)

まあ、少し長くなってしまいましたが、
結局何が言いたかったのかというと、

「ネットビジネスは真っ当なビジネス」

であり、

「儲かる仕組みも知ってしまえば怪しいものではない」

という事。

それをこの記事ではネットビジネスを
怪しく感じている人に伝えたかったです。

兎にも角にもこれを機にあなたのネットビジネスに
対する印象が1mmでも良くなったのであれば幸いです。

ぜひ、参考にしていってください。

では、今回はこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お問い合わせや相談は気軽にコチラからくださいね。

それでは。

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!