お疲れ様です、早川です。

 

今回はアフィリエイトで独立・起業した僕自身が、
これまで経験したアフィリエイトの失敗談を紹介していきます。

 

それに加えて「その失敗から何を学んだのか?」もシェアしていきますので、
ぜひ参考にしていってください。

 

アフィリエイトでの起業は失敗してもリスクが少ない?

 

で、まずそもそもの話、「アフィリエイトの起業における失敗」は、
他の実業などのビジネスと比べるとリスクがめちゃくちゃ低いです。

「起業で失敗した」と聞くと真っ先にイメージしてしまうのが、
「借金を抱えて返済地獄・・」という典型的なパターンですが、
通常、アフィリエイトで起業しても他の実業などとは違って、
「失敗」しても借金などのリスクを可能性は低いです。

 

なぜなら、アフィリエイトは初期費用や固定費が極端に少ないからです。

 

実業なんかであればまず起業する際に初期費用がかかるし、
そこから毎月の固定費が多くかかる事も珍しくありません。

 

そして、

「それらの経費(費用)以上の売り上げ」

を上げる事ができなければ、
資金繰りがショートして起業が失敗するわけです。

 

で、その初期費用などを銀行などに借りていれば、
その借金だけが残って・・っていうのが、
起業における失敗の代表例になります。

 

しかし、アフィリエイトは先の通り、
初期費用や毎月の固定費が少なくて済むので、
失敗しても借金を抱えるリスクが限りなく低いです。

 

なのでそういう意味ではアフィリエイト起業で失敗しても、
大ダメージを受けてしまう事は少ないんですが、
やはりそれでもアフィリエイトをやっていると「失敗」してしまう事は多々あります。

 

それこそ僕はアフィリエイトで独立・起業していますが、
「今」に至るまでに大きな失敗から小さな失敗まで、
数多くの失敗をしてきました。

 

でも、

「その失敗があるからこそ今の僕がある」

というのも紛れもない事実なんですね。

 

アフィリエイトで独立・起業した早川の「失敗談」とは?

 

1.最初に投資する場所(相手)を間違えた。

 

その失敗談としてまず真っ先に思い浮かぶのが、
アフィリエイトに興味を持ってから1番最初に、
投資する場所や相手を間違えてしまった事が挙げられます。

 

当時18歳だった僕は東京の工場で働きながらも現状を打破する為に、
よくネットで「起業」とか「ビジネス」について調べてました。

 

そうやってあれこれ調べていく内に

「ネットビジネスならパソコン1台あれば挑戦できる」

という事を知り、

「中でもアフィリエイトがリスクも少なくて大きく稼げるビジネスモデル」

だという事を知りました。

 

それに加えてネットビジネスやアフィリエイトで稼ぐ為には、
「学歴」や「資格」なんかも一切関係ないとの事だったので、

「学歴や資格が“皆無”でも稼げる手段」

を探していた当時の僕は必然的にそこに興味を持つようになります。

 

で、そんな中、ある時ツイッターでネットビジネスや
アフィリエイトで稼いでいる「起業家集団」の1人を見つけて、
興味を抱いた僕はその人にDM(ダイレクトメッセージ)を送りました。

 

僕が「どんなお仕事をされてるんですか?」と送ったところ、
「起業家を輩出する活動をしています。」みたいな返信がきて、
渋谷で待ち合わせて話す事になったんですね。

 

そしてそこでの話は結局、

「32万4千円で僕たちがビジネスを教えます」

みたいな話で、僕はその32万4千円を「投資」しました。

 

結果、そこで教わったのは再現性のない無在庫転売(ドロップシッピング)や、
PPCアフィリエイトのノウハウで、
どれだけ愚直に実践してもそこで得たノウハウで稼ぐ事は出来ませんでした。

 

そのノウハウのマニュアルもペラッペラで何の再現性もなく、
その人達にノウハウについて質問しても「マニュアル見てください」で終わり。

 

いやこっちからしたらマニュアル見ても分からないから聞いてるのに、
それを「マニュアル見てください。」で片付けるほどテキトーなサポート。

 

平気で質問を「無視」されたりとかありましたし、
案の定、そこで稼げている人なんて誰一人いませんでした。

 

この時の僕は「お金」も「時間」も「労力」もドブに捨ててしまいましたね。

 

そんな「投資する場所(相手)を間違えた失敗」から学んだ事。

 

これは後から自分なりに色々と調べて分かった事ですが、
「起業家」を気取っていたその連中が言っていた事や、
SNS(僕の場合はツイッター)などで掲げていた実績は、
全て「嘘」だという事が分かりました。

 

っていうか、蓋を開けてみればただのネズミ講でしたからね(苦笑)

 

という事はネットビジネスのネの字も知らないような連中が、
ドヤ顔で「アフィリエイト」とか言ってたわけです。

 

どうりでその人達のノウハウを実践しても全く稼げなかったわけで・・

 

この時に僕は

「正しい人から正しい事を教わらないと絶対に稼ぐ事はできない」

という事を強く学びました。

 

上記のようなニセモノから学んでも得られるものは何1つない・・。

 

っていうかそもそもサポートすらまともにしてくれない人に、
それだけのお金を払う価値なんて無いので、
そこから僕は「本当に信頼できる人やモノだけに投資する」ようになりました。

 

そのおかげで信頼できる正しい人を見極める目も育ったし、
そのような人達に教えを乞うて独立・起業に至ったという形です。

 

2.ビジネスをなめてた。

 

また、アフィリエイトを実践し始めた当初の僕は「ビジネスをなめて」ました。

 

具体的にどのように舐めてたかと言うと、
「読んでください」と言えば見込み客は読んでくれるし、
「行動してください」と言えば見込み客は行動してくれると思ってたんですね。

 

だから「1万円くらいすぐ稼げる」とか思ってたんですが・・

 

この意識が間違っている事に気付いたのは、
「健康食品を売る1枚モノのwebページ」を作成して、
そこに広告を打って大量にアクセスを集めたにも関わらず、
成約率が「驚異の0%」だった時です(笑)

 

当時の僕はその健康食品を売るページを丸1日以上かけて作り込み、
ドヤ顔で広告打ってアクセスをかき集めてました。

 

でも、そこから何の「反応」も得られなくて、
その健康食品が1つも売れる事はなかったんですね。

 

なので、当時の僕は普通に「赤字」になってしまって、
そこで初めて「商品は簡単に売れない」という事に気が付いたのです。

 

そんな「ビジネスをなめていた失敗」から学んだ事。

 

だから僕はこの失敗を経験して、
見込み客はそもそもあなたの文章を「読まない」し、
「信用しない」し、「行動しない」という、
まさに「コピーライティングの3つのnot」と呼ばれる要素を痛感しました。

 

それに加えて

「商品やサービスを売る事の難しさ」

と同時に、

「商品やサービスを購入してもらえるありがたみ」

も感じられるようになりました。

 

で、それを感じるようになってから「金銭感覚」も少し変わりましたね。

 

現場仕事で働いてた時とかは1万円とか何も考えずに使ってましたが、
この経験で1万円稼ぐ難しさを知ってからは、
変なお金の使い方はしなくなりました。

 

当時は「赤字」をくらって1人で「は!?」とか言ってましたが(笑)、
今考えるとこの失敗をしたからこそライティングを磨けたし、
クライアントさんのありがたみを感じれるようになったのだと思います。

 

3.グレーな手法に手を出してしまった。

 

また、僕は一時期(ほんの一時期ですが)、
グレーなアフィリエイト手法を実践していた事があります。

 

それが

「商標キーワードで出稿してはいけない案件で商標出稿するPPCアフィリエイト手法」

なんですが、これで稼げたか稼げなかったかと言えばそこそこ稼げました。

 

ただ、そういう禁止事項を犯していると、
すぐに運営側にバレて広告の出稿が停止されます。

 

なので、広告の出稿が停止されたら、
またバレないような小細工をして出稿して・・という

「イタチごっこ」

をやってたわけですが、この時に費やした時間とか労力って、
今考えるとホントに「無駄」だったなと思います。

 

そんな「グレーな手法に手を出してしまった失敗」から学んだ事。

 

結果、そういうグレー(というかブラック)な手法で稼いでいても、
いつかはアカウントが停止されたりするわけですから、
いくら稼げてたとしてもその報酬は「一時的なもの」なわけです。

 

僕の場合はアフィリエイトやネットビジネスで、
「単発的ではなく“長期的に大きく稼ぎ続けたい”」と思っていました。

 

「一生この仕事で食っていこう」と思っているのであれば、
そんなの誰だってそうだと思いますが、
だからこそ「お金は単発的に稼いでも意味がない」んですよね。

 

結果、そういうグレーな方法で稼げてたとしても、
その方法がいずれ通用しなくなるのは目に見えています。

 

そういうアフィリエイターを監視する人達も実在するし、
そういう方法には必ず「対策」が生まれてくるからです。

 

また、いくら単発的に大きな収益を得られたとしても、
その先継続的に稼げないんだったら生活はジリ貧になり、
極端な話「その月暮らし」みたいな生活になってしまう可能性も高いわけです。

 

なので、僕はこういった失敗から、

「ビジネスは単発的ではなく長期的に稼げなきゃ意味がない」

と“痛感”したので、ブログアフィリエイトやDRMという、

「長期的に大きく稼ぎ続けられるビジネスモデル」

を実践するに至ったわけなんですね。

 

この経験が無かったら今頃も、
変な「単発収入型の労働ビジネス」をやっていたかもしれません(笑)

 

「早川が学びを得たアフィリエイトの失敗談3選」のまとめ。

 

というわけで、ここまで僕がアフィリエイトで
経験してきた失敗談を紹介してきましたが、
ここまでの内容を見て頂ければ分かる通り、

「失敗から得られるものはある」

ので、失敗にビビる必要は全くありません。

 

むしろその失敗があなたに大きな気付きや学びを与えてくれるので、
初心者の頃はどんどん失敗していってほしいと思います。

 

そしてその失敗を忘れずに「次」に活かしていけば、
それがあなた自身の「成長」に繋がるわけですから、
考え方1つで失敗なんてものはあなたの人生の「糧(かて)」になるのです。

 

僕が経験した失敗は「30万以上ものお金」をドブに捨ててしまったり、
調子に乗ってドヤ顔で広告打ったページで「赤字」を被ったりと、
はたから見れば「痛そうな失敗」だと思われるかもしれませんが、
ぶっちゃけ今ではただの「笑い話」です。

 

その1つ1つの失敗があったからこそ「今」の僕があるわけですし、
こうやってその失敗が「ブログのネタ」にもなってるので、
ぜひ参考に何事にもどんどんチャレンジしていってください。

 

チャレンジしないと「結果」を掴み取る事はできませんので。

 

では、今回はこの辺で。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

お問い合わせや相談は気軽にコチラからくださいね。

 

それでは。

 

 

公式メルマガ&無料プレゼントも大好評です!

オススメの記事