お疲れ様です、早川です。

 

アフィリエイトなどの情報発信ビジネスを始めるにあたって、
「自分のキャラクター」を表に出すような稼ぎ方(ブログなど)を
やっていく場合に必要になってくるのが「ハンドルネーム」です。

 

アフィリエイトにおけるハンドルネームっていうのは要するに

「どんな名前でアフィリエイト活動を行なっていくのか?」

という事ですが、ブログ上でもSNS上でもやっぱり
「名前」がある事で人に覚えてもらいやすくなります。

 

ごく稀に

「名前(ハンドルネーム)を公開していないブログ」

なんかも見かけますが、情報発信で稼いでいく場合は、

「読み手にあなたの存在を覚えて(認知して)もらう事」

が重要になってくるので名乗る名前は用意しておいた方が良いです。

 

ネットではないリアル(現実)の世界でも、
やっぱり人を覚える時には「名前」は重要な要素の1つになりますからね。

 

なので、この記事ではそんな「ハンドルネームの決め方」について、
僕なりの見解やポイントを解説していきたいと思います。

 

アフィリエイト活動は「本名」か「ハンドルネーム」か。

 

まず「アフィリエイト活動を行なっていく名前」を決めようとした際は、

「本名を公開してやっていくかハンドルネームでやっていくか」

で迷うと思います。

 

で、結論から言うと本名の方が読み手の信頼っていうのは獲得しやすいし、
それに加えて「顔出し」なんかもしていると、
より信頼を感じてもらいやすくなります。

 

やっぱり

・ハンドルネームで活動して顔が見えない人
・本名で活動して顔も出している人

とでは後者の方が最初は信頼性を感じやすいですからね。

 

ただ、「副業」でアフィリエイトを実践している場合なんかは、
会社にバレたらまずいという人もいますし、
リアルでの友人知人にもバレたくないという人もいますので、
そのような場合はハンドルネームで活動していくと良いです。

 

上記では「本名、顔出しの方が信頼されやすい」と言いましたが、
ハンドルネームで顔出ししてなくても、
発信していく情報の内容や文章の書き方1つで信頼は得られるし、
そこから結果(利益)に繋げていく事は可能なのでハンドルネームでも全然OKです。

 

僕も今はまだ顔出しもしてないし、
「早川」という名前も本名の名字をとっただけのハンドルネーム。

 

それでも信頼して頼ってくれる人は(ありがたい事に)数多くいるし、
そこから商品を買ってくれたりコンサルを受注する事もできてるので、
本名ではないハンドルネームでのアフィリエイト活動も、
稼いでいく上で全然「マイナス」になる要素ではないですね。

 

それを踏まえると

「じゃあ名前とかハンドルネームなんて適当でいいんじゃないの?」

と思うかもしれませんが、ぶっちゃけその通りです。

 

ハンドルネームなんてアフィリエイトの収益に直結する部分ではないので、
何日も考え込む必要は全くありません。

 

サクッと決めてしまってOKです。

 

ただし、ハンドルネームは基本的に、
後から変更したくてもできない場合があるので
(すでにクライアントやある程度の影響力を持ち合わせている場合など)、
後悔しないいくつかのポイントは抑えておいた方が間違いありません。

 

そしてその抑えるべき3つのポイントが下記になります。

 

アフィリエイトのハンドルネームを決める際に抑えておくべき3つのポイント。

 

1.一目で読み方が分かるようなハンドルネームにする

 

まずは一目で読み方が分かるようなハンドルネームにしておいた方が良いです。

 

「読み方もスペルもややこしい名前」にしてしまうと、
読者があなたにメッセージを送るときにめんどくさいですし、
単純に「あなたの事を覚えてもらいにくく」なります。

 

例えば「允彪」みたいな読み方がそもそも分からない漢字とか、
「東海林太郎兵衛宗清」みたいな読みにくい名前とか、
そういったものは基本的に避けてシンプルにするのが好ましいですね。

 

アーティストとかだったらオシャレな
ハンドルネームにした方が良いのかもしれませんが、
アフィリエイトなどはオシャレなハンドルネームにする必要はありません。

 

横文字やローマ字を使っていくのは全然良いんですが、
その際も「一目で分かる」くらいシンプルにするのがベストですね。

 

そしてそれに加えて、

 

2.名乗っても恥ずかしくないハンドルネームにする

 

というのもポイントです。

 

アフィリエイトなどの情報発信ビジネスを実践していくと、
メールや通話、セミナーの場やリアルでの対面の際などに、
「自分の名前を名乗る機会」が多いです。

 

また、「○○さん」と名前を呼ばれる機会も多いのでそれを踏まえると、
「名乗っても恥ずかしくないハンドルネーム」が好ましいです。

 

それこそ恥ずかしいハンドルネームで活動してて、
大勢の前で名前を呼ばれた時なんかは周りから

「あの人○○だって・・ププッ」

と笑われてしまいますので(僕もコソッと笑います。笑)、
普通に呼ばれたり声に出して恥ずかしくない名前にしておくと良いですね。

 

3.他の人と被らないハンドルネームにする

 

そして、「稼いでいく」際に意外に重要なのが、
「他の人と被らないハンドルネームにする」というポイントです。

 

それも、「有名なアフィリエイター」や、
「著名人」なんかと被る名前は極力避けていってください。

 

そういった「有名なアフィリエイター」や「著名人」と、
活動していくハンドルネームが被ってしまうと、
その人達の下にあなたの名前が埋もれてしまうからです。

 

アフィリエイトや情報発信を続けていくと

「○○(あなたの名前)+アフィリエイト」

みたいなキーワードで検索される事も増えてきます。

 

そうなった場合にすでに同じ名前で活動している影響力の高い人がいれば、
あなたは「その人の下に埋もれてしまう」わけですから、
このポイントは抑えておくべきポイントになります。

 

基本的に「田中」とか「山本」とかそういった名字なんかは被りやすいので、
そういったハンドルネームも避けていくのが無難ですね。

 

僕の「早川」という名字は「いそうでいない」のでそのまま使ってますが、
「ハンドルネームが被る」っていうのは、
稼いでいく上ではぜひ避けておきたいポイントの1つになります。

 

特に「アフィリエイト」や「ネットビジネス」といった、
狭い業界でハンドルネームが被ってしまうと良い事ないので、
その辺りは注意して決めていくと良いですね。

 

アフィリエイトのハンドルネームの決め方 まとめ。

 

というわけで、アフィリエイトのハンドルネームに関しては、
ここまで解説してきた内容に加えて、
上記の3つのポイントさえ抑えておけばOKです。

 

他のアフィリエイターの方は別に抑えなくても良いポイントまで
「これ重要です!」って言って丁寧に解説してたりしますが、
結局のところ稼いでいく上で重要なのは

「発信する情報や記事の内容」

になりますので、ぜひその本質を見失う事なく実践していって頂ければと思います。

 

また、下記の公式メルマガではアフィリエイトで稼ぐための、
“仕組みづくりと技術の本質”を完全網羅した、
100本以上、1,200分超えのコンテンツを無料プレゼントしていますので、
興味があればぜひ1度手にとってみてください。

 

→早川の公式メールマガジンのご案内。

 

では、今回はこの辺で。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

お問い合わせや相談は気軽にコチラからくださいね。

 

それでは。

 

 

公式メルマガ&無料プレゼントも大好評です!

オススメの記事