アフィリエイトを継続する目標設定のコツをアドラー心理学から紐解いてみる。

お疲れ様です、早川です。

アフィリエイトはその参入ハードルの「低さ」なども伴って、
参入した人の9割近くが数ヶ月で挫折してしまうと言われています。

それこそ僕はこのブログやメルマガを介して
「アフィリエイトを人に教えたりサポートする事」も多く、
その中の大半は初心者の方だったりします。

だからこそ

「新しくアフィリエイトにチャレンジした人の動向」

なんかはこれまで数多く見てきたわけなんですが、
やはり残念な事にそのうちの大半は数ヶ月も作業が続かない場合が多かったです。

なので、今回は大好評?な久しぶりの「○○から学ぶシリーズ」として、

「アドラー心理学から学ぶアフィリエイトを継続するたった1つのコツ」

について解説していきます。

下記で詳しく解説しているのでぜひ参考にしていってください。

【アフィリエイト挫折あるある】アフィリエイトで挫折する人に多いパターンとは?

さて、先の通り僕はこのブログやメルマガなどを介して、
アフィリエイト関連の情報なども発信しているので、

「アフィリエイトを人に教えたりサポートする機会」

が多いです。

だからこそ、

「どんな人が伸びてどんな人が挫折しやすいのか」

っていうのは感覚的にある程度分かるようになってきたんですが、
中でも特に「すぐに挫折した人」に多かった特徴の1つが、

「自分はいついつまでに○○万円稼ぎます!それを目標に頑張ります!」

というような目標を打ち立ててるケースでした。

その「期間」や「金額」は人によってバラバラですが、
それでも早く挫折した人の殆どは、
そのような「結果目標」を打ち立てている傾向にあったんですね。

結局これはどういう事かと言うと、

「いついつまでに〇〇万円稼ぐぞ!」

と意気込めば意気込むほどその目標が達成できなかった時のダメージが大きく、

「そのストレスで挫折してしまう・・」

という事なんですね。

これ、人によっては「分かる分かる!」と頷いている場合も少なくないかと・・。

だからこそ、挫折を回避し、アフィリエイトを継続するコツは、

「いついつまでに○○万円!」

という結果目標ではなく、

「いついつまでに○○記事更新する!」

というような行動目標を打ち立てていかなければなりません。

なぜなら、「いついつまでに○○万円!」という結果目標は、
あなたがコントロールできる目標ではなく、
「いついつまでに○○記事更新!」という行動目標は、
あなたがコントロールできる目標だからです。

アドラー心理学の「課題の分離」という考え方。

有名な心理学者である「アドラー」という人が
提唱した考え方に「課題の分離」というものがあります。

アドラー心理学のこの「課題の分離」という考え方は、

予測やコントロールが不可能な相手の気持ちや行動を「他者の課題」とし、
予測やコントロールが可能な自分の気持ちや行動を「自分の課題」として分ける。

そして、「他者の課題はコントロールできないんだから無視」して、
「コントロールできる自分の課題に注力」していこう。

という事を提唱したもので主に「人間関係の改善」に役立てられています。

例えばあなたが相手の人に何かを言った際にその相手が

「何を感じ、何を思い、どういう印象を抱くか」

というのはその相手の問題であり、
それをあなた自身が100%コントロールする事はできませんよね?

「だったらそのようなコントロールできないものに対して、
 あなたが長時間悩んだり考えたりする必要はないよね?」

「っていうか、コントロールできないものをコントロールしようとして、
 悩んだり考えたりするのって無駄じゃね?」

っていう事を提唱したのがこの「課題の分離」という考え方になります。

アドラー心理学「課題の分離」をアフィリエイトの目標設定に応用する。

じゃあ、この「課題の分離」という考え方を先ほどの、

・「いついつまでに○○万円!」という結果目標
・「いついつまでに○○記事更新!」という行動目標

に当てはめるとどうなるでしょうか。

まず、アフィリエイトにおける結果とは「アフィリエイト報酬」の事で、
基本的にはあなたが紹介した商品なりサービスなりを見込み客が購入してくれ、
その報酬としてアフィリエイト報酬が得られる形になります。

であれば、

「その商品を購入するか否かは見込み客の問題」

であり、それは「他者の課題」だと言えるわけです。

もちろん、その商品の紹介の仕方やマーケティング次第で、
購買意欲を高めて成約率を上げる事はできますが、
基本的には「商品を買うか買わないか」は見込み客が決める事です。

また、そのほかにも市場の動向やライバルの存在などにもよって、
そこから得られる「売り上げ」っていうのは変わってきます。

つまり、これらは、

「あなた自身が100%コントロールできるものではない」

という事なんですね(それが「初心者のうちなら尚更」だと思います)。

対して、

「あなた自身の行動は全てあなた自身がコントロールできる」

事になります。

「その商品が売れるのか売れないのか」は少なからず他者が介入しますが、

「あなたが作業をするのかしないのか」
「あなたがどんな行動を起こすのか」

に他者は全く関係なく、全て自分(あなた)の問題になるからです。

だからこそ、先ほど解説したアドラー心理学の課題の分離における

「他者の課題は無視して自分の課題に注力する」

という考えを踏まえると、

「結果ではなく自分の行動を目標にしていく事」

で余計なストレスを減らせる事になります。

そして余計なストレスが減るからこそ、
アフィリエイト作業を継続できる可能性が上がり、
その継続した作業がアフィリエイト報酬という結果に繋がってくるわけです。

結局、

「いついつまでに〇〇万円!!」→「達成できなかったから諦めよ・・」

みたいな先ほど紹介した“アフィリエイト挫折あるある”は、

「コントロールできない事をコントロールしようとして生じるストレスが原因」

なわけです。

だからこそアフィリエイトで立てる目標も、

・いついつまでに○○万稼ぐ
・半年以内に○○PV突破する…etc.

という“コントロールできない結果目標”ではなくて、

・いついつまでに○○記事更新する
・今の自分ができる最大限の価値提供をする
・○○さんに教わった事をいついつまでにアフィリエイトに活かす…etc.

みたいな“コントロールできる行動目標”にしていく事が好ましいという事になります。

もちろん「○○万円稼ぎたい!」という強い思いは持っておいて良いです。

ただし日頃の目標はそのような「結果」ではなくて、
日々の「行動(作業)」に設定する事。

これが典型的なアフィリエイト挫折あるあるを回避して、
作業を継続させるための目標設定のコツになります。

ちなみにこの挫折を回避するための目標設定法はアフィリエイト以外にも使えます。

ダイエットだったら

「目指せ!半年以内に○○kg!」

じゃなくて

「週に○回はジムに行く」

とか、筋トレとかでも同じで、
そういう目標設定の仕方をする事でより「継続する」事が可能になります。

アフィリエイトにしてもダイエットにしても筋トレにしても、
そこから結果を掴むにはやっぱり「継続してナンボ」なので、
ぜひここまでの内容を参考にあなた自身のアフィリエイトに活かしていってください。

では、今回はこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お問い合わせや相談は気軽にコチラからくださいね。

それでは。

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!