【今すぐ簡単】タイピング(ブラインドタッチ)の練習・上達方法。

お疲れ様です、早川です。

今回のテーマは「タイピング(ブラインドタッチ)の上達法」です。

下記で詳しく解説しているのでぜひ参考にしていってください。

ネットビジネスにおいてタイピングは必須スキルの1つ。

パソコンのキーボードを叩いて文字を入力する事を「タイピング」。

そしてそのタイピングをキーボードを見ずに、
画面だけを見ながら行う事を「ブラインドタッチ」と言いますが、
パソコンを使って稼いでいくネットビジネスは
どうしてもこのタイピングのスキルが必要になってきます。

なぜなら、早いタイピングやブラインドタッチができるようになると、

・ブログ記事などのコンテンツを作成するスピードが上がる(時短になる)
・画面を見ながら文字入力ができるので作業効率が上がる

事になり、逆にタイピングができないと、
文章を入力する際に“余計な”時間もストレスもかかってしまうからです。

「歩いている人」と「車に乗っている人」とでは、
目的地まで到着する時間に「差」が生まれますよね。

それと同じでタイピングが「遅い人」と「早い人」とでは、必然的に、
1つの作業(ブログ記事作成など)が終わるまでの時間に「差」が生まれるわけですから、
だったら「タイピングは早いに越した事はない」わけです。

僕自身も元々は「ネットビジネスを実践するため」にパソコンを買ったので、
ネットビジネス始めたての頃はブラインドタッチはおろか、
まともにタイピングする事すらできませんでした。

でも、後に解説していく「正しい指の使い方」などの
タイピングのコツを意識して取り入れていく事で、
今では「それなり」にタイピングがスムーズにできるようになりました。

それに伴って1つの作業にかかる時間なども減っていったのが事実なので、
こういう側面を踏まえるとタイピングのレベルは、
ある程度まで高めておいた方が良いわけです。

また、キーボードを見ずにタイピング(ブラインドタッチ)ができるようになると、
PCの画面で何かの資料などを見ながら文字を入力していく事もできるので、
作業効率が上がります。

とは言ってもタイピングは「極める」必要はなく、
あくまで「ある程度」高めれば大丈夫です。

僕たちが忘れてはならない「目的」は

「ネットビジネスで稼ぐ事」

なわけですから、タイピングを極める事に時間を割くよりかは、
実際に記事を書いたりなどの作業をした方がその目的には近づいていきます。

なのでタイピングに関しては「ある程度のレベル(4回/秒くらい)」まで達したらOKですね。

タイピングスキルを上達させる3つの練習方法。

そしてブラインドタッチやタイピング速度を上達させるために僕は、

・ホームポジションと正しい指の使い方を覚えて守る
・母音(あいうえお)の位置を完璧に把握する
・タイピングソフトでタイピングに慣れる

という3つの方法を用いてタイピングスキルを磨いていきました。

・ホームポジションと正しい指の使い方を覚えて守る。

まず、パソコンのキーボードには、
「ホームポジション」と呼ばれる「指を置いておく位置」があり、
「早く文字を打つ為の指の使い方」があります。

下記の画像が非常に分かりやすかったので引用させて頂きますが、

引用元:https://nomadicwood.com/archives/1181

ホームポジション(常に指を置いておく位置)は上記の赤枠部分で、
「どの指でどのキーを押せば良いのか」がそれぞれの色で区切られています。

そして、この配置と指の使い方がタイピングにおける「セオリー」で、
まずはこの「指の配置と使い方」を覚えて守る事で、
タイピングスピードを早める事が可能になります。

この配置と使い方が最もスムーズにキーボードを打てる指の配置と使い方だからです。

特に「どの指でどのキーを押せばいいのか」については、
「我流」でやっていくよりも上記の画像通りにやっていった方が、
確実にタイピングは早くなります。

それこそ僕のようにパソコンを扱った事がない方は、

「自分の打ちやすい指で打ちやすいキーを入力する」

傾向にありますが、そうなると使っていく指も自然と限られてきます。
(人差し指と中指しか使わない・・など)

でも、そうやって

「特定の指しか使わない」

っていうのはめちゃくちゃ効率が悪いので、
早いうちから上記の画像通りに、
「全ての指を正しく使うクセ」をつけておく事をオススメします。

タイピングが上手い人はなぜキーボードを見ずにタイピングができるのかと言えば、
このホームポジションと指の使い方を徹底的に守り、マスターしているからです。

なので、タイピングを上達させブラインドタッチをマスターする為には、
まずはこのホームポジションと指の使い方を「守る」事から始めていってください。

・母音(あいうえお)の位置を完璧に把握する

そして上記のホームポジションと指の使い方を踏まえた上で、
「母音(あいうえお)の位置を完璧に把握する」事ができれば、
タイピングスピードを短期間で早める事が可能です。

なぜならキーボードではどんな文字を入力する場合も、
「あいうえお(aiueo)」という母音は必ず使用する事になるからです。

お疲れ様です:otukaresamadesu
ブラインドタッチ:buraindotatti
アフィリエイト:afirieito

上記の赤字部分を見て頂ければ1つ1つの文字入力の際に、
「必ず母音(aiueo)を入力している」事が分かると思いますが、
要するにローマ字で日本語を入力する場合に、
最も多用するキーはこの「母音(aiueo)のキー」なわけです。

だからこそ、まずはその「母音(aiueo)の位置を覚えるだけ」で、
タイピング全体の速度を早める事が可能になるんですね。

よって、まずは「a」「i」「u」「e」「o」のキーの位置を完璧に覚えていきましょう。

その為には適当に「メモ帳」や「word」などを開いてから、
「狂ったように『あいうえお』と入力し続ける」のがオススメです。

これは僕もタイピング速度を早める為に実際に取り入れた上達法で、
これをすれば10分間くらいで、
「a」「i」「u」「e」「o」の位置を体が勝手に覚えてくれます。

なので、先に解説したホームポジションや正しい指の使い方を意識しながら、
まずは「あいうえお」とカタカタ入力しまくるのが良いですね。

・タイピングソフトでタイピングに慣れる

あとは「タイピングソフト」を使ってタイピングに慣れていく事で、
タイピング速度を早めたりブラインドタッチをマスターする事に近づけます。

僕がよく遊んでたタイピングソフトが「寿司打」という無料ソフトで、
流れてくる回転寿司に書かれてある文字をタイピングしていく・・という無料ソフトです。

寿司打 – SushiDA –

こういったタイピングソフトを使えば「ゲーム感覚」で
遊びながら練習していく事が可能になるのでぜひやってみてください。

ちなみに僕の寿司打のスコアは下記のような程度で別に凄くも何ともないですが、

この程度のスコアが出せるようになったら、
基本的にタイピングはストレスなくスムーズにやっていく事が可能になります。
(記事冒頭の動画では僕が実際に寿司打をやってます。笑)

まとめ

というわけで、ここまでネットビジネスを実践していく上での
「タイピング」について解説してきましたが、
ブラインドタッチをマスターしたりタイピングを早くする為には、

・ホームポジションの位置や正しい指の使い方
・キーボードを見ずに文字を入力する

などを日頃から「意識」していかないと絶対に無理です。

ただし、日頃から意識さえしておけば自然と身についてくるようになるので、
パソコンを触る時は極力それらを「意識する」ようにしてください。

また、先の通りタイピングなんかは「ある程度」できればOKです。

タイピングスピードを早める事にこだわりすぎて、
そこに時間を割きまくっても「結果」には直結しないので、
ある程度上達したら後は「ネットビジネスで稼ぐ」という目的に向かって、
ガンガン作業(実践)をしていって頂ければと思います。

では、今回はこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お問い合わせや相談は気軽にコチラからくださいね。

それでは。

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!