【iMovie(アイムービー)】で収録した音声や動画コンテンツを編集・保存する方法。

お疲れ様です、早川です。

前回、前々回と立て続けに「スライドの作成方法」や
「PC画面と音声の収録方法」を解説してきました。

→【PowerPoint】初心者でも簡単にアニメーション付きスライドを作成する方法。

→【QuickTime Prayer】パソコンで画面を録画してスライド動画や音声コンテンツを収録する方法。

なので、上記の内容を参考にして頂く事で、
スライドを動かしながら解説を加えていく「スライド動画」や、
「音声コンテンツ」を収録する事ができるわけですが、
今回はそうやって収録した動画や音声を「編集する方法」について解説していきます。

収録した動画や音声は「編集」する事によって、
完成度を高める事ができますので、
ぜひ参考にしていってください。

今回はMacの標準アプリである「iMovie」を使った方法を、
僕が動画投稿の際に実際に行なっている手順で解説していきますね。

iMovieで収録した動画や音声を編集する方法。

「iMovie(アイムービー)」はMacに標準装備されている動画編集アプリで、
僕自身も収録した動画や音声の編集はこのiMovieで行なっています。

このiMovieは「アドビプレミアプロ」や「カムタジア2」などといった、
有料の動画編集ソフトに比べると使える機能は少ないですが、
収録したスライド動画や音声を編集するくらいならこれ1本で十分です。

情報発信で動画を活用していく場合は、
そこらのユーチューバーのように凝った編集をしていく必要もありませんので、
高度な編集技術は基本的には必要ありません。

それこそ僕のような動画を作っていくだけであれば、

・動画素材の取り込み
・取り込んだ動画のカット
・BGMの挿入
・作成した動画の保存

という4つの方法と流れさえ抑えてしまえば、
問題なく完成度の高いコンテンツを作成していく事が可能になります。

では、早速それら1つ1つの方法を一連の流れで解説していきますね。

step.1:動画素材の取り込み

まずiMovie上で収録した動画を編集していくためには、
iMovieに収録した動画を取り込んでいく必要があります。

iMovieを起動させてから「プロジェクト」→「新規作成」をクリックし、

「ムービー」をクリックします。

すると下記のような動画編集ページが表示されるので、

画面左上の「↓」ボタンをクリックしてファイルを読み込む事で、
収録した動画をiMovieに取り込んでいく事ができます。

そして、取り込んだ動画にマウスを合わせた状態で、
「+」マークをクリックするか画面下にドラッグする事で、
取り込んだ動画を編集していく事が可能になります。

Step.2:取り込んだ動画をカットする

では、お次は取り込んだ動画を編集していくわけですが、
収録したスライド動画や音声の編集は、
基本的には「カット」がメインになると思います。

逆にいうと、それ以外の編集技術などは基本的には必要ありません。

先の通り情報発信のコンテンツとして動画や音声を活用していくのであれば、
そこらのユーチューバーのような凝った動画を作る必要がないからです。

そしてこのカットができるようになると例えばその動画や音声の収録中に、

・噛んでしまった。
・どもってしまった。
・いらない事を喋ってしまった。
・電話がかかってきた。

という事が起きたとしても、その部分を「カット」する事で、
完成度の高いコンテンツを作成していく事ができるわけですね。

僕自身も動画を収録している最中に噛んでしまったり、
言葉が出てこなかったりする事があるので、
そういった場合はその部分をカットしています。

iMovieで動画をカットする方法は簡単で、
まず先ほどの手順で編集できる状態にした動画にカーソルを合わせ、
カットしたい部分の両はしを「右クリック」→「クリップを分割」していきます。
(「⌘コマンドキー+B」でもクリップを分割できます。)

そしてカットしたい分割したクリップを選択して、
「右クリック」から「カット」をクリックすれば、
その部分をカットしていく事ができます。

もしくはカットしたい分割したクリップを選択して、
「deleteキー」をクリックしてもカットする事が可能です。

なのでカットしたい部分を「⌘コマンドキー+B」でチョキチョキ分割して、
分割したクリップを「deleteキー」でカットしていけば、
スムーズにいらない部分のカットを行なっていく事ができます。

ちなみに間違って必要な部分をカットしてしまった場合は、
「⌘コマンドキー+Z」で復元する事ができます。

Step.3:BGMの挿入

そして、上記の手順でカット編集を完了させたら、
僕は動画にBGMを挿入しています。

BGMの挿入はコンテンツ作成の上で必要不可欠ではないですが、
個人的にBGMがあった方が動画内の声が聞きやすかったりするので、
一応、ここで併せてその方法も解説しておきます。

まず、動画にBGMを挿入する際はそのBGMの音源が必要になります。

また、そのBGMに著作権があると動画で使えない場合もあるので、
著作権フリーのBGMを予め用意しておく必要があるわけですね。

こういった動画のBGM素材をダウンロードできるサイトは、
検索してみると色々ありますが、
僕は下記の「YouTubeオーディオライブラリ」からダウンロードしています。

■「YouTubeオーディオライブラリ」

上記のようなサイトからBGMの音源をダウンロードしたら、
先ほどと同様そのBGMファイルをiMovieに取り込んでいきましょう。

そして、取り込んだBGMファイルにマウスを合わせた状態で、
「+」マークをクリックするか画面下にドラッグする事で、
取り込んだBGMを動画に挿入していく事が可能です。

このBGMも先ほどの手順で「カット」する事ができ、
挿入位置や終了位置なんかも調整していく事ができるので、
この辺りはあなたの動画に合わせて設定していくと良いです。

ただし、BGMの音量が大きすぎると動画内の音声が聞こえにくくなったりするので、
そういった場合はBGMを選択した状態で右上の「ボリューム」ボタンをクリックして、

下記赤枠部分の調節バーで音量を調節していく事が可能になります。

Step.4:作成した動画の保存

さて、ここまでの手順で収録した動画や音声コンテンツを、
世に出せる状態にまで編集していったら、
そのコンテンツをあなたのパソコンに保存していきます。

編集・作成した動画を保存するためには右上の「共有」ボタンをクリックして、
「ファイル」をクリックしてください。

すると動画のフォーマットや解像度などを設定できるので、
それらを設定して「次へ」をクリックします。

ここでの設定は基本的には

フォーマット:ビデオとオーディオ(音声のみの場合は「オーディオのみ」)
解像度:1080p
品質:
圧縮度:高速

で問題ありません。

そして「次へ」をクリックするとファイル名の設定や保存先の選択ができるので、
それらを入力・選択して「保存」をクリックすれば、
作成した動画の保存は完了になります。

まとめ

というわけで、ここまでの手順を踏んでいけば、
収録した動画や音声を編集して保存していく事が可能になります。

あとはその保存した動画や音声をYouTubeにアップロードするなり、
サーバーにアップロードするなりなどをすれば、
そのコンテンツを世に出していく事ができるわけですね。

ブログ記事を書いたりメルマガを書いたりするのと違って、
動画や音声形式のコンテンツは「収録」や「編集」の手間がかかったりします。

しかし、文章よりも動画や音声の方が、
見込み客にあなたの「感情」や「熱意」が伝わりやすかったりするので、
結果としてそこから得られる反応に「差」が生まれたりするのも事実です。
(だから胡散臭いローンチをやってる人は動画を多用したりするわけです。)

ですので、ぜひここまでの内容を参考に、
動画や音声コンテンツを作成できるスキルを身につけて頂ければと思います。

では、今回はこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お問い合わせや相談は気軽にコチラからくださいね。

それでは。

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!