「Jetpack」の設定方法と使い方。WordPressに約30種類もの機能を追加するプラグイン。

お疲れ様です、早川です。

今回は「Jetpack」というプラグインについての解説です。

下記で詳しく解説しているのでぜひ参考にしていってください。

「Jetpack」とはどんなプラグインなのか?

Jetpackは一言で「これができます」という感じのプラグインではなく、
これ1つインストールする事で様々な機能が拡張できる、
非常に「オールマイティ」なプラグインになります。

このJetpackでできる事をザッと挙げるだけでも、

・アクセス解析
・SNS共有
・お問い合わせフォームの設置
・サイトパフォーマンスの最適化
・セキュリティ対策.etc…

などなどといった機能が約30種類ほどあり、
これら1つ1つをあなたのブログに応じて設定していく事ができます。

また、それらの中にはブログを運営していく上で便利な機能も多く、
WordPress.comの公式プラグインでもあるので信ぴょう性も高いです。

今回はそんな「Jetpack」の設定方法や使い方を解説していきたいと思います。

※プラグインをインストール・有効化する方法をコチラを参考に。

→WordPressの「プラグイン」とは?インストール・停止・削除する方法も併せて解説。

Jetpackの設定方法。

まず、「Jetpack」をインストール・有効化すると、
ダッシュボードの左メニューに、「Jetpack」という項目が追加されますので、
こちらをクリックしてください。

そして、「Jetpackを設定」ボタンをクリックして設定していきます。

すると、すでにWordPress.comに登録・ログインしている場合は、
下記のようなページになるので「承認する」をクリックしてください。

WordPress.comに登録・ログインしていない場合はユーザー登録が必要なので、

・メールアドレス
・ユーザーネーム
・パスワード

を入力して下部のボタンをクリックしていきます。

上記いずれかの手順をこなして認証が完了すると、
下記のような「料金プランの案内」に移りますので、
下部にある「無料プランでスタート」をクリックします。

すると「Jetpackサイトの準備ができました!」と表示されるので、
これでJetpackを使っていく事が可能になりました。

(「おすすめ機能の有効化」をクリックするとJetpackのおすすめ機能が1発で有効化されます。)

上記の手順を踏むとダッシュボード左の「Jetpack」の項目に、
「設定」という欄が追加されますので、
この設定をクリックすると様々な設定を施していく事が可能になります。

その設定項目には、

・セキュリティ
・パフォーマンス
・執筆
・共有
・ディスカッション
・トラフィック

という6つの項目がありますが、その中の「パフォーマンス」と、
SNSを活用するのであれば「共有」を設定しておけば、
基本的には問題ありません。

やっておきたいJetpackの「パフォーマンス」の設定。

この「パフォーマンスの設定」は、
あなたのブログパフォーマンスを向上させる為のものです。

具体的にはブログ内の画像などを最適化する事で、
あなたのブログが読み込まれる速度を早め、
訪問ユーザーがスムーズにブログを利用できるようにします。

ここで、

・サイトアクセラレーターを有効化
・画像の読み込みをスピードアップ
・静的ファイルの読み込みをスピードアップ
・画像の遅延読み込みを有効にする

をそれぞれ「有効」にしておくと、
あなたのブログの表示速度を早めていく事ができます。

SNSを活用するならやっておきたいJetpackの「共有」設定。

また、ブログと併せてSNSも活用していくのであれば、
「共有」項目も設定しておいた方が便利になります。

・投稿をソーシャルネットワークに自動共有

を有効にして、「ソーシャルメディアアカウントと接続する」をクリックします。

するとSNSとの連携ページに移動しますので、
FacebookやTwitterなどといった、
あなたが連携したいSNSの「連携」ボタンをクリックして、

それぞれのログイン情報の入力や認証許可をすれば、
SNSとの共有設定が完了します。

この共有設定を施しておけば、
記事を更新した時のSNSへの共有がラクになるわけですね。

この項目から投稿に「SNSの共有ボタン」を追加する事もできます。

Jetpackの「サイト統計情報」の使い方。

また、Jetpackが使用できる状態になると、
左メニューの「Jetpack」項目に「サイト統計情報」が追加されます。

ここでは

・PV数
・リンク元
・コメント数
・検索キーワード
・記事ごとの表示数
・リンクのクリック数

などを一目でチェックしていく事ができるので非常に便利です。

(※上記はプラグイン解説用のテストブログのものなのでアクセスはありません)

Googleアナリティクスなどのアクセス解析を利用している場合でも、
WordPressのダッシュボードから直でアクセス解析が見れるのは便利なので、
この機能は使っていく機会が多いと思います。

解説するまでもないかもしれませんが一応それぞれの項目の意味合いは、

・PV数(ブログが表示された数)
・リンク元(どこからアクセスが流れてきたか)
・コメント数(ブログに寄せられたコメントの数)
・検索キーワード(どんな検索キーワードでブログに訪れたか)
・記事ごとの表示数(どの記事がどれだけ表示されているか)
・リンクのクリック数(ブログ内でクリックされたリンクとその回数)

という感じになりますので、
これら1つ1つのデータを見ていけば、
あなたのブログのパフォーマンスを「数字」で見ていく事ができるわけですね。

そういった1つ1つの数字を参考にブログの改善などを繰り返していけば、
必然的にブログのパフォーマンスは向上していくので、
ぜひこういった機能も使い倒していって頂ければと思います。

まとめ

というわけで、
ここまで「Jetpack」の設定方法や機能について簡単に解説してきましたが、
このプラグインはブログで情報発信をやっていくなら、
ぜひ入れておいてほしいプラグインの1つです。

もちろん、便利なプラグインを入れたからと言って稼げるわけではありません。

ブログで「稼いでいく」際の本質は“そこ”にはないからです。

ただ、操作性や利便性が向上すれば、
それだけ「実践」が捗(はかど)流のも事実ですので、
入れておいた方が「良い」のは間違いないと思います。

ですので、そういった部分も踏まえた上で今回の内容を参考に、
あなたのビジネスに取り入れていって頂ければと思います。

では、今回はこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お問い合わせや相談は気軽にコチラからくださいね。

それでは。

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!