稼ぎたいなら抑えるべき、あなたのインプットを邪魔する2つの「敵」とその倒し方。

お疲れ様です、早川です。

さて、前回、前々回の記事では「インプット」をテーマに、

→【目的のない学習はムダ】あなたのインプットを「無駄」にしない2つの意識と簡単なコツ。
→ネットビジネスで勉強・インプットの速度と質を上げる2つの簡単な学習法。

について解説してきましたが、今回はこれらの内容とは「逆」の観点から、

「あなたのインプットを邪魔する2つの敵」

について解説していきます。

この「インプットを邪魔する2つの敵」は本当に厄介で、
知っておかないと学習スキルが著(いちじる)しく下がってしまうので、
ぜひ参考にしていってください。

あなたのインプットを「邪魔」する2つの敵とは?

まず、僕たちが何かを学んで(インプットして)いく際には、
様々な「思考」が生まれてくると思います。

例えば1冊の本を読んでいるときにも、その本を読みながら、

・「あ、これ面白いな。」
・「これは○○に役立ちそうだ。」
・「なるほど、これってそういう事なんだ。」

みたいな感じで様々な思考が生まれてくる事ってあると思うんですよね。

・・で、実はこのような「思考」があなたのインプットを邪魔してしまう事があります。

じゃあ、それはどんな思考なのか?と言うと、

・「これはもう既に知ってる。」
・「これは間違ってる。」

という2種類の思考なんですね。

「これはもう既に知っている。」という思考があなたのインプットを邪魔する理由。

例えば、何かを学習している時に、

・同じ材料を繰り返しインプットする時
・どこかで聞いた事のある内容などがある時

なんかはついつい「これもう知ってる!」と思ってしまいますよね。

ただ、そうやって「あ、これもう知ってる!」と思った時点で、
僕たちの脳ミソはそこから先のインプットをブロックしてしまう習性があります。

つまり、

「この音声は前にも聞いたから内容を全部知ってる。」
「この内容は前にもどこかで聞いた事あるからもう知ってる。」

と、そう思った時点で何も頭に入ってこなくなるという事です。

これは脳の「網様体賦活系(もうようたいふかつけい)」と呼ばれる部分の働きで、
「脳科学的にも明らか」にされているれっきとした事実の1つです。
(網様体賦活系は別に覚えなくていいです。笑)

そもそもの話、例え同じ本や同じ音声などといった、

「同じインプット材料」

からでも、

「前に学んだ時と今学んだ時とで、得られる学びが変わってくる」

なんて事は少なくありません。

昔見た映画やドラマ、本などを再び見返した時に、
そこから得られる学びや気付き、印象が変わったりした経験って、
誰でも1回はあると思います。

これは、これまでにインプットに励んできた場合は「わかる」と思いますし、
これからインプットに励んでいく場合はこれから経験すると思いますが・・

それはその映画やドラマ、本などを見た時のあなたの「視点」が、

「昔と今とでは異なるから」

で、そういう時の学びや気付きほど重要なものだったりするのです。

僕たちの脳は基本的に「その時に必要な情報」が、
アンテナに引っかかるからです。

・・にも関わらず、そういったインプットの際に、

「これもう知ってるわ」

って思ってしまうと、
僕たちの脳ミソの働きによってインプットが「邪魔」されてしまい、
当然、そこから新しい学びや気付きを得られる事はなくなります。

よって、

・1つ1つのインプットを「無駄」にしたくないのなら
・常に新しい気付きや学びを取り入れて成長していきたいのなら

「俺、これもう知ってるゼ!!」と、
思わないように意識するべきなんですね。

僕自身もこれまでに何回も1度学んだものを違う時に再び学ぶ事で、

「これ、こんな事言ってたんだ・・。」
「これってこういう事だったんだな・・。」

って感じでものすごい気づきや学びを得られる事があります。

だから、1度聞いただけの事を知っていると思って、
インプットをブロックしてしまうのは、
個人的には非常に「もったいない」と思ってしまうわけですね。

また、そういった思考は歳を重ねるたび強くなっていく傾向があって、
それは、それだけ長く生きていると思考が固まってしまうからです。

でも、僕の経験上それなりに年を取ってる方でもビジネスの話をしてて、

「へ〜!」
「それは知らなかった!」

とかいう感じで、目をキラキラさせて輝かせている人に限って、
めちゃくちゃ色んな事を知ってたりするんですよね(笑)

こういう柔軟な思考を身につける事ができれば、
いくつになっても色んな学びや気付きを得られると思うので、
こういった部分はぜひ僕も見習っていきたいと思っています。

「これは間違っている。」という思考があなたのインプットを邪魔する理由。

そして、インプットを邪魔する2つ目の思考が、

「いや、それは間違ってるだろ!」

というような感じでやたらと反対意見を打ち出してしまう思考になります。

先ほどと同様、こちらもそういう思考が生まれた時点で、
インプットがブロックされてしまうので注意が必要です。

なので、このような思考をしないようにするには、

そもそも物事に正解や不正解などはなく、
どんな物事にも反対意見なんか探そうとすれば必ず1つは存在する

という事を理解しておく事が重要になります。

もちろん、何もかも「鵜呑み」にしてしまうよりかは、
そういう「反対思考」を持っておいた方がいい場合もあるかもしれません。

でも、常にそういう「それは違う!」みたいな反対思考を持ってると、
相手の人が100の物事を教えてくれた時に、
あなたが粗探ししてそのうちの1つに反対意見を見出した時点で、
残りの99個の物事が頭に入ってこなくなるわけです。

そういう人は反対意見をぶつける事で、

「勝った!いえい!」
「論破!ざまあw」

とか思うかもしれませんが、
実はそうやって反対意見をぶつける事で損しているケースは多いんですね。

先の通り、すべての意見を鵜呑みに信用するよりも、
こういう反対意見を持ち出す事がいい場合もあるかもしれませんが、
あまりそこをガチガチに固めすぎると学びが得られなくなるという事です。

ですので、あなたがこれから様々な書籍や教材などを参考に、
インプットして知識とスキルを培っていく時は、ぜひ、

・「これはもう既に知っている。」
・「これは間違っている。」

という2種類の思考に注意していって頂ければと思います。

では、今回はこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お問い合わせや相談は気軽にコチラからくださいね。

それでは。

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!