「カクテルパーティ効果」の興味深い実験結果とそれをマーケティングにどう活かすか?

お疲れ様です、早川です。

今回のテーマは「カクテルパーティー効果」です。

下記で詳しく解説しているのでぜひ参考にしていってください。

カクテルパーティー効果とは?

カクテルパーティー効果は、

人は無意識のうちに「自分に関係のある情報」を優先的にキャッチして、
それ以外の情報をシャットアウトしてしまう

現象の事です。

カクテルパーティーのようなざわざわした空間でも、

「自分に関係のある事や自分の話は耳に入ってくる」

事から、カクテルパーティー効果と言われています。

そんな「カクテルパーティー効果」の事例。

例えば、

「人ごみの中でも自分の名前を呼ばれれば反応してしまう」

なんかはカクテルパーティー効果が働いているわけです。

ここ最近、めっきり行かなくなってしまいましたが、
僕は10代の頃はよく「地元の夏祭り」なんかに顔を出してました。

で、そんな夏祭り会場なんかに行くと、
すれ違う人々の喋り声やドンドン鳴り響く太鼓の音、
テキ屋の客寄せの声やチリンチリンうるさいくじ引きの鈴とか、
そんな感じの「騒音」と「人ごみ」でごった返しているわけです。

でも、そんな中で「おーい、早川!」って遠くから呼ばれても、
「耳に入る」し「気付く」んですよね。

また、電車の中で疲れて眠ってても、

「降りなきゃいけない最寄駅のアナウンス」

が流れるとパッと起きる事ができたりとかね。

そんな感じでその場がどれだけうるさくて自分がどんな状況でも、
「自分に関係のある事や自分の話は耳に入ってくる」わけで・・

これがカクテルパーティー効果による現象だと言われています。

それに加えて、

「自分に関係のない事や興味のない話は耳に入ってこない」

のもカクテルパーティー効果です。

例えば、

「読書や勉強に集中している時は周りの喋り声や時計のカチカチ音が聞こえなくなる」

とかは結構「あるある」だと思いますが、
これもカクテルパーティー効果が働いているわけです。

耳や目から入ってくる様々な情報は僕たちの「脳ミソ」が処理しています。

そして、脳は、

「自分に関係のある必要な情報だけを優先的にキャッチする習性」

を持っていて、

「だからこそ自分に関係のない不要な情報はシャットアウト」

しようとします。

それをせずに五感から受け取る全ての情報をキャッチしようとすると、
僕たちの脳ミソはパンクしてしまうからですね。

要するに僕たちの脳は自分に関係のある情報を選別して、
それらを効率的にキャッチしてくれるわけです。

だからこそ、

「人ごみや喧騒の中でも自分の名前はハッキリと聞こえる」

し、

「読書や勉強に集中している時は他の音が聞こえなくなる」

という事です。

カクテルパーティー効果を提唱したコリン・チェリー氏の「3つの実験」から分かる事。

このカクテルパーティー効果は1953年に、
コリン・チェリーという人によって提唱されたものなんですが、
その時の実験結果が面白いので軽く紹介します。

その実験の内容と実験結果が下記。

【実験A】

まず最初にコリン・チェリー氏は被験者にヘッドフォンを装着させ、
「左右で別々の音声」を流し、「片方の音声のみに集中」するように指示。

【実験Aの結果】

すると注意を向けた方の音声のみが被験者の耳に入り、
もう片方からの音声は全く耳に入らなかった。

【実験B】

実験Aで行なった実験方法と流れは同じ。
しかし今回は「集中するように指示した方とは逆の音声」に「被験者の名前」を入れ込んだ。

【実験Bの結果】

すると集中するように指示された方とは逆の、
「被験者の名前が入れ込まれた音声」のみが被験者の耳に入り、
もう片方の音声は耳に入らなかった。

【実験C】

男女を2人で15分間会話させ、

1.普通に15分間会話した場合
2.相手の名前を入れ込んで15分間会話した場合

という2つのパターンで「相手が抱いた印象」を検証。

【実験Cの結果】

普通に15分間会話するよりも「相手の名前を入れ込んで15分間会話」した方が、
「より親近感や社交性を感じ、好意を持っている場合が多い」という事が分かった。

要するにこの実験によって、

1.人は注意を向けた音声はハッキリ聞き取れるが、それ以外の情報はシャットアウトしてしまう
2.2つの音声があった場合、「自分の名前」が入れ込まれた音声の方に人は注意を向けてしまう
3.人は「自分の名前」を呼ばれる事で、相手に対してより親近感や好意を抱く

という事が証明されたわけですね。

以前、何かのバラエティ番組で心理学者が、

「人間が最も好きな言葉は自分の名前」

と言っていましたが、
この実験結果を見るとそれはあながち間違いではないのかもしれません。

それだけ多くの人が「自分の名前に反応する」わけですから、
恋愛でも「積極的に相手の名前を呼んであげる」事で、
その相手があなたに抱く印象を良くしていく事ができる事になります。

そんな「カクテルパーティー効果」をマーケティングに応用するには。

さて、そんなカクテルパーティー効果ですが、
この心理現象はマーケティングにも活かしていく事ができます。

ここまで解説してきたように、

「人は無意識のうちに自分に関係のある情報を優先的にキャッチする」

わけですから、

“見込み客に「これは自分にも関係のある話だ」と認識してもらう”

事でそこから得られる反応率も変わってくる事になります。

例えば何かしらの商品やサービスを売っていくのであれば、
見込み客の抱いている悩みや不安にフォーカスしたり、
見込み客に関係(興味)のある情報を発信したりする事で、
自然と見込み客に「これは自分に関係のある話」だと認識してもらう事ができます。

また、

「この話はあなたにも関係のある話です。」
「この話は日本に住んでいる人なら決して無視できるものではありません。」

というような感じで、
こちらから「当事者意識」を抱かせる言い回しも有効になります。

そうやって

「あ、これは自分にも関係のある話なんだ。」

と認識してもらう事ができれば、
そこから「反応」を得るハードルはグッと下がります。

ここまで再三解説してきた通り、

「人は自分に関係のある情報を優先的にキャッチしようとするから」

です。

逆に言えば、「この話は自分に関係ない」と思われてしまえば、

「人は自分に関係のない情報をシャットアウトしてしまう」

ので、普段僕たちが自分に関係のない話が全く耳に入ってこないのと同じで、
発信していく情報や読んでほしいコピーが「読まれなくなる」わけです。

要するに、

「僕たちが見込み客に伝えたいメッセージが伝わらなくなる」

わけで・・そうなればそこから反応を得る事は難しくなってしまいますよね。

「読んでくれない」「メッセージが伝わってない」

そんな相手から商品やサービスの「成約」を獲得するのは、
誰だって難しいと思います。

インターネット上に様々な商品や情報が溢れている今の時代に、

「この商品や情報は自分には無関係だ」

と思われてしまえば、その見込み客に、
人ごみの中で周りの会話が耳に入ってこないのと同じ事が起こります。

だからこそ、

“見込み客に「これは自分にも関係のある話だ」と認識してもらう”

っていうのは稼いでいく上で意識しておくべきポイントの1つになるわけです。

また、先ほどの

2.2つの音声があった場合、「自分の名前」が入れ込まれた音声の方に人は注意を向けてしまう
3.人は「自分の名前」を呼ばれる事で、相手に対してより親近感や好意を抱く

という実験結果を見ても分かるように、

「人は自分の名前に強い反応を示し、
 呼んでくれた相手に対して親近感や好意を抱きやすい」

わけですから、

「相手の名前を積極的に呼んであげる」

事でマーケティングを有利に進めていく事ができます。

「ブログ」や「広告」で個人の名前を入れ込んでいくのは難しいですが、
「対面」や「通話」、「メールマガジン」であればこの方法は使えます。

「対面」や「通話」の際に相手の名前を呼ぶ事は簡単ですし、
メールマガジン(ステップメール)でも特定のタグを入れれば、

「登録時の名前」

をそのメールの文章内に入れ込んでいく事ができます。

例えば僕が今使っている「アスメル」というスタンドなら、

###name###
###name1###
###name2###

というタグを文章内に入れ込めば、
その部分に相手の登録時の名前を入れ込む事が可能になります。

やはり「あなた」と言われるよりも、
「○○さん」と名前を投げかけられた方が親近感は感じやすいし、
「当事者意識」も抱きやすいわけですからこれも1つ簡単なポイントですね。

兎にも角にもここまで解説してきたカクテルパーティー効果は、
「僕たちの身近に潜んでいる現象」であるにも関わらず、
マーケティングに有効活用する事ができる心理効果になります。

だからこそ、抑えておいて損はないと思いますので、
ぜひ参考にあなたのビジネスに活かしていって頂ければと思います。

では、今回はこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お問い合わせや相談は気軽にコチラからくださいね。

それでは。

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!