お疲れ様です、早川です。

 

今現在の日本はインターネットの普及により、
有名人でも何でもない一般の人でも自分専用のメディアを持ち、
そこで情報を発信していけるようになりました。

 

ネットが普及する以前はそういった情報発信をできるのは、

「大きな影響力を持ったメディア(テレビ局や新聞社など)だけ」

でしたが、ネットの普及により時代が変わり、
それが「個人」でもできるようになってきたんですね。

 

そのおかげで、今では何の知名度も権力もないただの一般人の方でも、
ネット上でビジネスを展開する事が可能になったわけですが、
ネットビジネスやアフィリエイトについて調べていると、

「情報発信ビジネス」

というワードをちょくちょく目にする事があるかと思います。

 

・・で、初心者の方からすれば

「情報発信ビジネスってなんぞや?」

ってなると思うので(僕も最初はそうなりました)、今回は、

「情報発信ビジネス」

という稼ぎ方について掘り下げて解説していこうと思います。

 

僕はこの記事を書いている現時点で、
情報発信ビジネスを「生業(なりわい)」にして、
独立・起業してますのでぜひ参考にしていってください。

 

 

そもそも情報発信ビジネスとは?どういう仕組みで稼げるの?

 

まず、「情報発信ビジネス」っていうのは簡単に言うと、

「ブログやSNSなどの媒体を用いて情報を発信し、見込み客を集め、商品を売っていくビジネス」

とイメージして頂ければOKです。

 

例えば、英語が喋れなかったあなたが、
たったの3ヶ月で英語がペラペラになったとします。

 

日本では「英語を喋れる」という事に憧れを抱く人も多いですし、
そういった人を求めている会社なんかも多いので、

「英語が喋れなかったあなたが3ヶ月で英語をマスターした方法」

やそのノウハウ、勉強法などを知りたい方は大勢いるわけです。

 

そして、インターネットを介してブログを開設したり、
SNSアカウントを開設したりして、

「英語をマスターするための効率の良い勉強法」

などといった情報を発信し、その媒体に訪れた人達に、

「あなたが実際に短期間で英語ペラペラになったノウハウや商品」

などを売って収益を稼いでいく・・というイメージです。

 

情報発信ビジネスとは?

 

上記の例はあくまで「一例」に過ぎませんが、
言ってしまえばあなたが呼んでくれているこのブログも、

「学歴も資格もないただのボンクラがPC1つで独立・起業して人生を謳歌」

という、僕の経験や知識に基づいた情報を発信し、
見込み客を集めて商品を売っている情報発信ビジネスになります。

 

情報発信ビジネスとは「ネットの普及」により個人でも稼げるようになったビジネス。

 

冒頭でも軽く触れたとおり今現在はネットの普及により、
有名人でも何でもない一般の人でも自分専用のメディアを持ち、
そこで情報を発信していく事が可能になっています。

 

ですから、例え僕のように中学すら行かず、
人に誇れるような学歴や資格、職歴すらないボンクラでも、

「見込み客の求める情報を発信し、そこに集った人に商品を売っていく」

という事を徹底していけば「お金を稼ぐ事ができる」わけです。

 

「インターネット」が普及する前は、

「メディアを持ってそこで情報を発信していく」

という事をできるのは大きな影響力や資金力を持ったメディアだけでした。

 

例を挙げるとテレビ局や新聞局、ラジオ局や雑誌の出版社などなど、
そういった「ごく一握りだけ」がメディアを持って、
人々に向けて情報を発信し、ビジネスを展開できていたわけです。

 

今は個人でもメディアを持って情報を発信する事が可能

 

でも、今ではテレビや新聞、ラジオや雑誌以外でも、
スマホ1つでネットを使えばGoogleやYahooなどの検索エンジンで、
知りたいことについて検索すれば答えが見つかる時代です。

 

つまり、昔は僕達が情報を取り入れるための「手段」は、
「テレビ」や「新聞」などのメディアしかなかったのに、
今では誰でも簡単に「ネット」を介して情報収集できるので、

「テレビや新聞などのマスメディア」

よりも、

「インターネット」

に対する需要が高まっているわけですね。

 

だからこそ、

「ネット上で情報を発信していく」

という行為にも「価値」が生まれ、

「そのようにネットで情報を発信して稼いでいくビジネス」

が「情報発信ビジネス」だという事です。

 

よってまずは、

 

情報発信ビジネスは「自分のメディアを持つ事」がスタートライン。

 

になりますね。

 

先の通り、情報発信ビジネスで稼いでいくためには、

「自分の情報発信メディアに人を集め、その集まった人達に商品を売っていく」

必要があるわけなので、
その情報を発信する媒体(メディア)がないと始まらないわけです。

 

そしてその際に使っていくメディアは主に下記の3つで、

 

・ブログ
・メルマガ
・SNS

 

これらのメディアはただの個人でも今すぐ開設する事ができ、
その運用も少資金(もしくは無料)でやっていく事ができます。

 

よって、情報発信ビジネスを実践していく際は、
上記のようなメディアを使っていくのが好ましいわけですが、
ブログにしろメルマガにしろSNSにしろ、
そのメディアを開設して運用していく事は難しくありません。

 

あなた独自のブログ開設方法は下記の手順でできますし、

 

→【動画アリ】WordPressを用いた独自ブログ作成の全手順を0から図解説。

 

SNSの開設やメルマガスタンドの契約だってやろうと思えば今すぐできます。

 

そして実際にそれらのメディアを運用し、
そこで情報を発信していく事で「それがビジネスになる」という事です。

これ、実践するハードルは「相当低い」と思いますよ(苦笑)

 

極端な話、今からビジネス用のツイッターアカウントを作成すれば、
今すぐそこで情報発信していけるわけですからね。

 

まあ初心者の方がそれで今すぐ稼げるかはともかくとして、
たったそれだけの事でビジネスのスタートラインが切れるわけですから、
「ホント、良い時代だな〜」と思います(笑)

 

情報発信するなら「ブログ」は絶対に使っていこう。

 

ちなみに僕はこのブログの他にも、
メルマガやYouTube等のSNSで情報発信やってますが、
情報発信ビジネスで稼いでいく際に、
使って欲しいメディアの1つが「ブログ」です。

 

なぜなら、「ブログ」は「検索エンジンからの集客」が見込めるからです。

 

検索エンジン経由でブログに訪れる人っていうのは基本的に、
検索エンジンの検索窓にキーワードを入力し、
何かしらの疑問や悩みに対する答えを求めて訪問してきます。

 

対して、SNSを使っているユーザーっていうのは、
その大半が「暇つぶし」感覚でゆるく活用している事が多いんですね。

 

ですから、SNSを活用しているユーザーよりも、
検索エンジン経由で訪れたユーザーの方が「質が高い」わけですから、
必然的に売っていく商品の成約も獲得しやすくなるわけです。

 

・わざわざ自分から検索窓にキーワードを入力して訪れた見込み客
・SNSでなんとなくゆるい感覚であなたの発信を見ているフォロワー

 

「どちらの方がお金を出して商品を購入してくれやすいか?」

は明白だと思います(言うまでもなく「前者」の見込み客です)。

 

つまり、「ブログ」を介して情報発信ビジネスを展開し、
検索エンジン経由の見込み客を集めていった方が稼ぎやすいわけですから、
メインの情報発信媒体としては、
SNSよりもブログの方がオススメだという事になります。

 

ちなみに情報発信ビジネスで得られる「利益を最大化」させる為には、
ブログとメルマガを使って「DRM」の仕組みを構築するのが最強です。

 

DRMというマーケティング手法については下記で解説しているので、
ぜひこちらも併せて参考にしていってください。

 

→DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とは?分かりやすい事例と莫大なメリット。

 

情報発信ビジネスで売っていく商品について。

 

ただし、いくら自分のメディアを持ってそこで情報発信しても、

「売っていく商品(キャッシュポイント)」

がなければお金を稼いでいく事はできません。

 

なので情報発信ビジネスで「稼ぐ」為には、

「売っていく商品を用意する必要がある」

わけです。

 

で、そのようなキャッシュポイントとなる商品に関しては、
扱っていくテーマに合わせてあなた独自の商品を売っていっても良いですし、
他の人の商品をアフィリエイトしていっても良いと思います。

 

何の知識も経験もない方がいきなり自分独自の商品を作成し、
それを売っていくのは少しハードルが高くなりますので、
初心者の方はまずアフィリエイトから初めてみるとハードルが下がりますね。

 

※「アフィリエイト」について分からない方は下記の記事を参考に。
そもそもアフィリエイトとは何なのか?その仕組みと稼ぎ方を公開

 

ちなみにあなた独自で商品を売っていく場合も、
PayPal(ペイパル)を使えば簡単に独自商品を販売する事ができます。

 

→「PayPal(ペイパル)」の登録方法と使い方。独自コンテンツの販売はこれ1つで完結?

 

情報発信ビジネスで売っていく商品について

 

情報発信ビジネスで売っていく商品は発信するテーマに合わせていこう。

 

ただし、情報発信ビジネスで売っていく商品は必ず、

「あなたが発信していく情報にマッチした商品」

を選んでいく必要があります。

 

その理由は至って単純で、

「発信している情報と何の関連性のない商品を打ち出しても売れないから」

です。

 

例えば先ほどの「英語」に関する情報を発信していく場合、
その情報を発信しているメディアには、

「英語を喋れるようになりたいと思っている人」

が集まります。

 

そんな「英語」に興味のある人達が集まっている中で、
「ダイエット」とか「ビジネス」とか、
そういった類の商品を打ち出していっても売れるはずがありません。

 

まあ、当たり前っちゃ当たり前の話なんですが、
情報発信ビジネスで稼いでいく為には
この点についても注意しておく必要があります。

 

初心者の方であればあるほど、
発信している情報と何の関連性もない商品を売ってしまったりと、
そういった「間違い」を犯してしまう事は意外にあるあるです。

 

なのでこの辺りについても一応抑えておいてください。

 

情報発信ビジネスで稼ぐためのやり方・始め方は?

 

そして、情報発信ビジネスのやり方・始め方ですが、
先の通り「情報発信そのもの」はメディアを開設すれば、
今すぐにでも始める事ができ、実践する事が可能になります。

 

しかし、

「そこからお金を稼いでいこう」

と思ったら実際にそこで情報発信していく前に、

「あなたはどんな人にどんな情報を発信し、何を売っていくのか。」

という部分を明確にしなければなりません。

 

なぜなら、そういった部分を明確にせずに、
情報発信を実践したところで「稼げない」からです。

 

その、

「どんな人にどんな情報を発信し、何を売っていくのか」

という部分が固まらないまま情報を発信しても、
当たり障りのないありきたりな情報しか発信する事ができません。

 

そういったありきたりな情報っていうのは、
ネット上に溢れていますから、
そんな情報を発信して稼いでいこうと思っても難しいのです。

 

それは下記の記事でもガッツリ解説している通りです。

 

→情報発信型ブログアフィリエイトで稼げない人に多い共通点と「リサーチ」の重要性について。

 

なので、予め、

「どんな人にどんな情報を発信し、何を売っていくのか」

といった部分を明確に固めてから、
実際にメディアを立ち上げて情報発信していく・・。

 

そうすれば、見込み客が本当に求めている情報を発信し、
そこから商品の成約に繋げていく事がよりスムーズになります。

 

ここがふわふわしたまま情報発信を行っても、
誰にも響かないし誰からも興味を持たれる事はありませんので、
その辺りの重要性は上記の記事で学ばれてみてください。

 

ただなんとなく

「英語に興味のある人に英語関係の情報を発信し、英語系の商品を売っていこう」

と思って情報を発信していっても、

・英語に興味のある人

にも様々な動機やジャンルの人達がいますし、

・英語関係の情報
・英語関係の商品

といっても様々なジャンルの様々なものがあります。

 

よって、そこら辺も抽象的ではなく“具体的”に掘り下げ、
明確に固めていった方がより見込み客に響く情報を発信でき、
そこから「利益」に繋げられる・・という事になります。

 

 

兎にも角にも「情報発信で稼ぐ」ためには、
そのための知識や情報をあなたが取り入れる事から始まると思います。

 

稼ぐための知識や情報をあなた自身が持ち合わせてなかったら、
稼げるものも稼げなくなってしまうと思うからです。

 

このブログではそのような「情報発信で稼ぐための知識やノウハウ」を、
色んな「事例」や「経験」をもとに赤裸々にアウトプットしてますので、
興味があればぜひ下記のカテゴリから色々と記事に目を通してみてください。

 

→「情報発信ビジネス(DRM)」カテゴリのコンテンツ一覧。

 

また、

・実績なしの初心者が情報発信ビジネスで稼ぐ具体的な方法
・初心者はどんなネタ(内容)を発信して稼いでいけば良いのか?

については下記でガッツリ解説していますので、
初心者の方はぜひこちらも併せて参考にして頂ければと思います。

 

→情報発信ビジネス、実績なしの初心者が稼ぐ方法や記事ネタの【Q&A】

 

では、今回はこの辺で。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

お問い合わせや相談は気軽にコチラからくださいね。

 

それでは。

 

 

公式メルマガ&無料プレゼントも大好評です!

オススメの記事