情報商材アフィリエイトはいずれ稼げなくなる?市場が「飽和」する可能性について。

お疲れ様です、早川です。

僕のブログやメルマガの読者さんは、

・今からアフィリエイトに取り組んでみようと思ってる人

・今現在アフィリエイトに取り組んでいて結果を出せていない人

という2種類の人達が多いんですが、ここ最近、

そのどちらの方々からも多く寄せられている質問があります。

それが、

「情報商材アフィリエイトっていつまで稼げるんですか?」

「知人がもうすぐ情報商材業界が無くなるって言ってました…。」

「今から情報商材アフィリエイトに参入するのは遅いでしょうか?」

というような内容の質問です。

僕自身、このブログやメルマガを介して、

「アフィリエイトは物販よりも情報商材の方が稼げる。」

という事を発信し、情報商材を扱った

「情報発信型ブログアフィリエイト」

という稼ぎ方を提唱してきました。

現に、僕はその情報商材を扱った

「情報発信型ブログアフィリエイト」

で、決して少なくはないアフィリエイト報酬を毎月稼ぎ出しています。

それは、僕のブログやメルマガ読者さんの方々は

もうすでにご存知だとは思いますが、実際のところ、

「情報商材」というものは世間一般的に見ても

「怪しい」と思われている事の方が多いと思います。

現に、

「情報商材なんて全部詐欺だ!」

「情報商材を推奨しているアフィリエイターは詐欺師だ!」

とか言っている人もよく見かけますし、

詐欺に近い低レベルの情報商材なんかもこの業界には蔓延っているからです。

おそらく、そういった

「情報商材=詐欺・怪しい」

という風潮が業界で目立っているからこそ、

「情報商材アフィリエイト業界の将来性」

に懸念を抱いて

「情報商材アフィリエイトっていつまで稼げるんですか?」

「知人がもうすぐ情報商材業界が無くなるって言ってました…。」

「今から情報商材アフィリエイトに参入するのは遅いでしょうか?」

という内容の質問が、僕の元に多く届いてるんだと思います。

確かに、いくら「情報商材アフィリエイトが稼げる」と聞いても、

・その市場が今後無くなる可能性が高い

・売っていく商品(情報商材)が無くなる可能性が高い

ような稼ぎ方であれば、誰だってそんな稼ぎ方に

自分の貴重な時間や労力を割きたくはありませんからね。

自分が参入する市場の「将来性」や「飽和」の可能性っていうのは、

その市場で稼いでいこうと思えば誰もが気になる事だと思います。

ですので、今回のこの記事では、

「情報商材アフィリエイトの今後」

について僕なりの意見や見解を述べていきたいと思います。

まあ、あくまで僕個人の見解にはなりますが、

・いずれ情報商材アフィリに挑戦しようと思っている人

・今現在、情報商材アフィリを実践している人

にとっては学べる部分も多いかと思いますので、

ぜひ、最後まで目を通して頂ければと思います。

では、いきましょう。

情報商材アフィリエイト業界は無くなるのか?

まず、結論から言うと、僕は

「情報商材業界が無くなる可能性は限りなく低い」

と思っています。

なので、当然ですがその情報商材を売って、

アフィリエイト報酬を稼いでいく

「情報商材アフィリエイト」

も無くなる事、稼げなくなる事は無いと思っています。

なぜ、僕はそう思うのか。

その理由は至って単純で、

「情報や知識に対する“需要”が無くなる事はないから」

です。

需要が無くならないという事は、

その需要を求めるお客さんもいなくならないわけですから、

その需要がある限り「ビジネス」が成り立つ事になります。

「需要」に対して「供給」していけば、

ビジネスっていうのは成り立ちますからね。

であれば、その需要があり続ける限り、

その市場も存続し続けるのは当たり前の話です。

そして、僕たち人間の「情報」や「知識」に対する需要っていうのは、

今後、一生無くなる事はありません。

その理由はこれから解説していきますが、

そもそも「情報商材」っていうのは、

その名の通り「情報をパッケージ化したもの」になります。

・ビジネスで稼げるようになるための情報

・異性にモテるようになるための情報

・スポーツが上手になるための情報

・健康な身体を手に入れるための情報

などなど、その内容は様々ではありますが、

そのどれもが人々の需要を満たすための商品です。

そして、

稼ぎたい人はそのための情報と知識を求め、

モテたい人はそのための情報と知識を求め・・

というようにそれぞれの人はそれぞれの需要に合わせ、

それぞれの情報や知識を求めているわけです。

あなたは、これらの「需要」が無くなると思いますか?

正直な話、僕は全く思いません。

僕の家族や友人、以前の会社の同僚などなど、

僕が今まで出会って付き合ってきた人達は総じて、

・お金持ちになりたい

・異性にモテたい

・健康な身体になりたい

などなどの、様々な「悩み」や「欲求」を抱いていたからです。

つまり、多くの人はその悩みや欲求を満たすための

「知識」や「情報」を求めているという事。

だから、僕の友人は「稼げる副業があるよ」と言えば飛びついてくるだろうし、

僕のばあちゃんは「すぐに痩せるサプリがあるよ」と言えば飛びつくと思います(苦笑)

まあ、上記の例は少し極端かもしれませんが(笑)、

おそらく上記のような悩みや欲求を抱いているのは

僕の周りの人達だけではありません。

あなたの周りの人達、そしてあなた自身も例外ではないと思います。

そもそもの話、資本主義の社会で生きていれば、

誰だって「お金」に対する欲求を持っていますし、

人間の本能に「性」が組み込まれている以上、

誰だって「異性にモテたい」と思うのは当然だと思います。

また、スポーツをやってれば

誰だってそのスポーツを上手くなりたいし、

誰だって健康な身体を手に入れて長生きしたいんです。

つまり、そういった様々な欲求がある限り、

その欲求を満たす情報や知識に常に需要は生まれるわけです。

であれば、それらの需要を満たしていく市場も、

必然的に飽和する事はないという事ですね。

人間の「悩み」や「欲求」を満たす情報や知識の需要が無くなる事はない。

一口に「情報商材」と言っても、

そこには様々なジャンルがあり様々な商品があります。

ネットビジネスを実践している人であれば、

「情報商材」と言えば「ネットビジネスで稼ぐ系」を

真っ先に思い浮かべてしまうとは思いますが、

・投資系

・ギャンブル系

・恋愛系

・健康系

・スポーツ系

・語学系

などなど、情報商材のジャンルは多岐に渡ります。

当然、そのジャンルが変わってくれば、

市場も変わってくるしターゲットも変わってくるわけですから、

それぞれのジャンルの市場が全て飽和しない限り、

情報商材アフィリエイトも飽和する事はないわけです。

そして、先ほども伝えた通り、

それぞれのジャンルにはそれぞれの悩みや欲求があり、

必然的にそれらを満たす情報や知識に需要は生まれます。

また、それらの需要は簡単に無くなるものではありません。

よって、そういった点を踏まえていくと、

「情報商材アフィリエイトはいつまでも稼げる」

し、

「情報商材アフィリエイトが飽和する事はない」

という結論に至るわけなんですね。

つまり、「市場の将来性」からみても、

「市場が飽和する可能性」からみても、

情報商材アフィリエイト業界に心配する問題はないという事です。

むしろ、一般的にネットビジネスが認知されるようになれば、

この業界はさらに拡大していく可能性が高いので、

「将来性の高い市場」だと思って良いと思います。

そもそも、アフィリエイトで稼いでいく上で重要なのは「そこ」じゃない。

また、仮に何かの拍子に情報商材業界がなくなったとしても、

僕はそれが「死活問題」だとは思いません。

なぜなら、僕は必ずしも売るものが

「情報商材でなければいけない」

とは思っていないからです。

物販よりも情報商材の方が

「1回の成約における報酬額が高く、特典戦略も使える」

ので、僕は

「アフィリエイトで最も大きく稼ぐなら情報商材」

だと判断し、情報商材を売っているに過ぎません。

要は、僕は個人的にそこまで情報商材に固執していないのです。

僕が、それよりも重要視しているのは「モノを売るスキル」です。

それさえ培っていれば情報商材の業界がどうなろうが

売っていくモノさえあれば稼ぎ続けられるからですね。

人々の「悩み」や「欲求」を満たす商品がある限り、

その商品を売って稼いでいく事は可能になります。

極端な話、この業界から情報商材というものが完全に無くなっても、

違う商品を売っていけば良いだけなんです。

よって、ネットビジネスで長期的に稼ぎ続けていく上で重要なのは、

「売っていく商品そのもの」ではなく、

「いかに見込み客を集め、いかに商品の成約を獲得していくか」

という「スキル」の方だという事ですね。

スキルっていうのは、

1度自分の手に培ってしまえば一生無くなる事はありません。

英語を喋れる人が突如英語を喋れなくなる事はないし、

泳げる人が急に泳げなくなる事はないのです。

それと一緒で「人にモノを売るスキル」も、

1度培ってしまえば急に無くなる事はありません。

それが「スキル(技術)」というものだからです。

確かに、スキルは一朝一夕で身に付くものではありませんが、

反対に一朝一夕で無くなるものでもありません。

だから、情報商材アフィリエイトを実践し、

「モノを売るスキル」さえ培っていれば、

例え情報商材そのものが無くなったとしても何も怖くないという事です。

もちろん、先ほども伝えた通り、

僕は情報商材が無くなる可能性も限りなく「低い」と思っています。

でも、仮に情報商材が無くなったとしても、

あなたの手に「スキル」があれば、

0から何度でも稼いでいく事は可能になるわけです。

簡単な話、売るものを変えていけば良いだけの話ですからね。

つまり、

情報商材アフィリエイトが無くなる可能性は低く、

仮に無くなったとしてもスキルさえあればあなたは稼ぎ続けられる。

という事。

なので、これから情報商材アフィリエイトに取り組んでいきたい方は、

ぜひ今回の記事で解説した内容を参考にして頂ければと思います。

情報商材アフィリエイトは報酬単価が高いので、

商品の成約を1日1つ獲得していく事ができれば、

会社を辞められる程度の収入なら余裕で稼ぎ出していく事ができます。

それも、仕事終わりの空いた時間を活用し、

コツコツと作業を積み重ねていけば着実に、

前へ前へと進んでいく事ができますから、

「副業スタート」で稼いでいく事ができます。

現に、学歴や資格、まともな社会経験すら

「皆無」の僕のようなボンクラでも、

「副業スタート」で参入して稼ぐ事が出来ていますからね。

また、1件の成約につき1万円の報酬が入ってくると仮定した場合、

1日1つ売れば1ヶ月で30万円。

1日3つ売れば1ヶ月で90万円の収入になります。

日本のネット人口は1億46万人と言われているので、

引用元:http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/kids/internet/statistics/internet_02.html

そんな莫大な人数の中から、

毎日ほんの数人に振り向いてもらう事は決して難しい事ではありません。

なので、そのためのポイントを抑えて実践していけば、

情報商材アフィリエイトは初心者だろうが誰だろうが、

誰だって稼いでいく事が可能なビジネスモデルなんです。

そんな中、

「情報商材はいずれ無くなるかもしれない」

「情報商材アフィリエイト業界は飽和するかもしれない」

なんて間違った思い込みをして、

足踏みしてしまうのはもったいなさすぎます。

そうやって色々と考え込んで足踏みしている最中にも、

そこに可能性を見出して参入している人達が大勢いるわけですから、

単純に「損している」とさえ言えるわけです。

ですので、

・いずれ情報商材アフィリエイトに挑戦しようと思っている方

・情報商材アフィリエイトに不安を感じて踏み出せなかった方

には間違った思い込みは捨てて頂き、

ぜひ前向きに取り組んでいってほしいと思います。

ちなみに、下記の記事では、

「0スタートの初心者が限りなく低いハードルの下で

一撃1万円越えの情報商材をザクザク成約させていくノウハウと戦略」

について解説しています。

参考:情報発信型ブログアフィリエイトの懸念点を全て「払拭」し、メリットだけを勝ち取っていく戦略と案内。

さらに、上記の記事だけの「特別な案内」もあるので、

興味がある場合は上記の記事にも目を通してみてくださいね。

あなたが情報商材アフィリエイトで

「大きく稼ぎ続けるための最大のキッカケ」

を提供できると思いますので。

では、最後まで読んで頂きありがとうございました。

お問い合わせは気軽にコチラからくださいね。

それでは!

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!