情報発信ビジネスを顔出しせずに匿名で展開していくメリット・デメリットとその戦略について。

お疲れ様です、早川です。

僕達のこのネットビジネス業界っていうのは、
世間一般的に見てもあまり認知されておらず、
どちらかと言えば「アングラ」な業界です。

僕の経験上からしても、
「ネットビジネスで稼いでます。」と言って、
すんなり受け入れてくれる人っていうのは少なく、
多くの人は疑いの目で見てくる傾向にありますからね。

まあ、それは今だからこその話で、
ネットの普及が進んでいくにつれ、
認知度も上がっていくのは間違いないですし、

「ネットビジネス=怪しい」

という間違った風潮も払拭されていく事は間違いないと思います。

現に、ユーチューバーなどは
すでに世間一般的に広く認知されていますし、
ネットビジネスやアフィリエイトなども、
数年前と比べて認知度は上がっていますからね。

まあ

「それらのビジネスは何をどうやって稼ぐのか?」

という仕組みまで把握してる人は少ないですが、

「なんかネットを使えば稼げるらしい。」

程度の認識の人なら増えてきているのは確実です。

ただ、ネットビジネスや情報ビジネス業界などが、
多くの人に「怪しい」と思われてしまうのには、

「顔出しせずに匿名でビジネスを展開している人がいるから。」

という理由も少なからずあると思います。

このブログを見てくれれば分かるとは思いますが、
僕も今は顔出しもせず「早川」という名前で、
情報発信ビジネスを展開しているような状態です。

顔を出して派手な私生活を送り、それを多数のメディアに
載せたりして目立っているような人達とは打って変わって、
水面下で目立つ事なくひっそりとビジネスを展開しているわけです。

まあ、ぶっちゃけ早川という名前は本名で、
プロフィールで語っている生い立ちなども
嘘偽りのない「ノンフィクション」なんですが、
僕が顔も出さず匿名でビジネスを展開しているのには、
実は、「確たる理由と戦略」があるのです。

情報業界が「怪しい」と批判している人達の言い分としては、

・「何か怪しい事をしているから顔を出せないんだろ。」とか、
・「名前も顔も出せないやましい理由があるんだろ。」とか、

そういう意見が目立つ傾向にありますし、
僕もその意見には一理あると思っています。

なぜなら、現にこの業界で、
詐欺まがいの悪質な高額塾や投資案件などを扱っている人は、
そういった上記の理由などから偽名を用いる事が多いからです。

同じ顔なのに以前とFacebookの名前が違う人とかめちゃくちゃ多いですからね(笑)

まあ、だからこそ上記の言い分にも
個人的には「一理あるな」と思うわけなんですが、
それはあくまで「そういった一部の人達限定の話」です。

上記でも軽く触れたとおり、
僕が顔出しもせず匿名で情報発信ビジネスを実践しているのには、
確たる理由と戦略があります。

決して、「やましい事をしてるから。」とか
「顔を出せない理由があるから。」とか、
そんなしょうもない理由ではないんですね。

僕は

・顔や本名を公開してビジネスを展開するメリット・デメリット
・顔出しせずに匿名でビジネスを展開するメリット・デメリット

これらを比較した上で「あえて」顔出しをせず、
匿名でビジネスを展開していてそのメリットを最大限活かしているわけです。

というわけで、今回は、

・顔や本名を公開して情報発信ビジネスを展開するメリット・デメリット
・顔出しせずに匿名で情報発信ビジネスを展開するメリット・デメリット
・早川が顔出しをしない理由とその戦略

について話していきたいと思います。

では、いきましょう。

情報発信ビジネスで稼ぐ上での「顔出し」や「匿名」について。

で、まず僕が声を大にして伝えたい事としては、

「顔出しをする・しないは稼ぐ上でそこまで重要な問題じゃないよ。」

という事です。

僕は今までこのブログで、
ブログとメルマガを活用した情報発信を推奨し、
実際に多くの人に情報発信を教えてきました。

今現在、絶賛教育中のコンサル生も何人もいますが、
多くの人は「どんなキャラで発信していくか。」で、
長時間、頭を悩ませる傾向にあります。

ブログやYouTube、ツイッターなんかを見てみても、
顔出しをして情報発信している人もいれば、
顔出しせずに情報発信している人もいるので、 

「自分は顔出しした方がいいのか、しない方がいいのか。」

で初心者の方は悩んでしまっているわけです。

それに加えて先ほど触れたような、

「ネットの奴らはやましい事してるから顔を出さないんだろ。」

という意見もあったりするので、

「やはり情報発信で稼ぐ上では顔を公開した方がいいのでしょうか?」

という旨の相談も頂く事が多いです。

しかし、僕から言わせて貰えば、 

「顔出ししても稼げない人は稼げないし、顔出ししなくても稼げる人は稼げる」

ので、

「稼いでいく上で顔出しする・しないはそこまで重要じゃない」

という事です。

そもそも、情報発信で稼ぐ上で、 

・顔出しする、しない
・実名を公開する、しない

という部分は稼いでいく上での根本的な本質には関係ありません。

僕たちが情報発信ビジネスで稼ぐ上で重要なのは、

・どうやって見込み客を集めるのか?(集客)
・どうやって信用してもらうのか?(教育)
・どうやって行動してもらうのか?(販売)

というプロセスにあるのであって、
匿名だろうが実名だろうが、顔を出そうが出すまいが、
この部分を徹底していけばいくらでも稼げるものなんです。

顔出しをして本名で活動していようが、
上記の部分を徹底できていなかったら稼ぐ事は出来ませんし、
逆に、匿名で顔出しをしなくても、
上記の部分を徹底さえしていれば稼ぐ事は可能なのです。

ですから、情報発信で稼いでいく上で、

・顔出しする、しない
・実名を公開する、しない

はそんなに重要ではないって事です。

そんなところに時間と労力を使うぐらいなら、
マーケティングやライティングのスキルを磨いた方が賢いです。

どう考えたってそっちの方が自分の収益に直結しますからね。

顔出しなしの匿名じゃ「信用されない」は大ウソ。

また、 

「本名で顔出しした方が信用は得られるんじゃないですか?」
「顔出しなしで匿名だと信用されないと思うんですが・・。」

と考える人も多いとは思いますが、
実際は顔出しせずに匿名で情報発信やってたとしても、
発信している情報に信憑性があれば余裕で信用されます。

「信用されない。」のであればただ単純に
発信している情報そのものが信用されていないのであって、
そこに顔とか実名がどうとかは一切関係ないからです。

あなたが仮に顔出しして実名を公開していたとしても、
それだけで見込み客からの信用が得られるわけありません。

ブログでもYouTubeでもツイッターでも同じですが、
情報発信ビジネスにおいて「あなたの信頼」を左右させるのは、
あなたの顔でも名前でも姿形でもなく、
そこであなたが発信していく情報だからです。

まあ、要するに情報発信を行っていく以上、
稼ぐ上で重要になるのは「顔」とか「名前」ではなく、

「発信していく情報の内容や質」

が重要になってくるという事であり、だからこそ、

「情報発信は実名で顔出しすれば信用が得られる。」
「顔出ししていない=信用できない。」

とか、そういうレベルの話ではないって事ですね。

早川が顔出ししない理由とその戦略。

で、僕の読者さん達はご存知でしょうが、
僕はブログやメルマガ、その他SNSなどでも顔を出さずに、
情報発信ビジネスを展開しているような状況です。

そして、

「いかに少ない労力で大きな効果を得るか。」

という部分を最も重要視していて、
先ほど説明した、稼ぐ上で重要な、

・どうやって見込み客を集めるのか?(集客)
・どうやって信用してもらうのか?(教育)
・どうやって行動してもらうのか?(販売)

という一連のプロセスをほぼほったらかし、
半自動で実現させる仕組みを構築しています。

まあ、この仕組みについては下記を参考にしていただければと思いますが、

→【DRM】ネットビジネス仕組み化(自動化)の全体像と利益最大化のヒケツ。

僕がこれらの仕組みを顔出しせずに展開している1番の理由としては、 

「顔出ししない方が自分の価値が上がるから。」

という理由があります。

これはどういう事かと言うと、
あえて顔出しをせず、自分の姿形を表に出さない事で、 

「早川の素性や姿形を簡単には知る事が出来ない。」

という状況を作り出しているわけです。

そして、自分に近いコンサル生の方達だけや、
特定の企画のみ僕と対面できる機会を設ける事によって、 

「簡単には会う事が出来ない人と会う事ができる」

事になるので、それだけ僕の企画やコンサルの価値も上がってくるわけです。

いつでも会える人や素性を知っている人に
会う事にそこまで価値は生まれませんが、
姿形も知らず、中々会う事ができない人に
会えるのであればそこに価値は生まれますよね。

ザックリ言うと、好きなアーティストを、
生で見れるライブに価値があるのと似たような感じです。

この状態を意図的に、戦略的に作り出している・・という事です。

そうすると、結果、僕の利益も上がる事になるので、
僕はそういった理由から「あえて」顔出しをせずに、
ビジネスを展開していく事をチョイスしたわけですね。

ただ、実際のところこういった戦略を持って、
あえて顔出しをしない人っていうのは少なく、
顔出しをしない人の大半は先ほども触れた通り、

・「やましいことをしてるから。」
・「自分のやってる事が正しいという自信がないから。」
・「顔を出せない理由があるから。」

という理由の人が大半だと思います。

ネットビジネス業界は特に、
自分の利益のことしか考えられずに、
何の価値もない高額塾などを売りまくる人が多いので、
僕自身もその点は否めません。

まあ、その辺を見極める方法としても下記の記事で解説している通り、

「発信している情報の内容や質」

を見れば誰がホンモノで誰がニセモノなのかは「一目瞭然」だと思います。

→多くの人がアフィリエイトで稼げない「理由」と信用できるアフィリエイターの判断基準。

…と、少し話が逸れてしまいましたが、
結局、信用なんて顔出しすれば得られるような簡単なものじゃないし、
たとえ、匿名でも発信する情報の質と内容によっては、
余裕で信用を得る事は可能だという事です。

実名・顔だしのメリットデメリットと顔出しせずに匿名でビジネスを展開するメリットデメリット。

もちろん顔出しをした方が相手に自分の顔が見えるので、
読み手は安心しやすいと思いますし、

「どんな人がこの情報を発信しているのか?」

がイメージできるので共感も得やすいと思います。

ただ、実名・顔出しで、
ビジネスを展開していくにあたってのデメリットについてなんですが、

・主張を途中で変える事が難しい
・何か失敗してしまった時のダメージが大きい

というものが挙げられます。

例えば、同じ顔同じ名前で複数のメディアを用いて、
様々な情報を発信していた場合、
そこにちょっとした「ズレ」が生じるだけで、
それが「矛盾」になり、信頼を下げる事になります。

「あっちのブログではこう言ってたのに、
こっちのブログでは反対の事を言ってるじゃないか!」

というような反発が起きてしまった場合、
信頼度をガクッと下げてしまうわけですね。

で、実名・顔だしの場合は1度失敗して多くの人から反感を買ってしまった場合、
自分の名前や顔が世間に出回って批判されるわけですからダメージも大きくなります。

仮に、粗悪な商品を紹介してしまったり、
お客さんとトラブルを起こしてしまった時には、
自分の顔と悪評が同時に広まってしまうかもしれません。

芸能人が1度炎上すると再起するのが難しいように、
そうなると自分のビジネスを立て直すのは難しい場合がほとんどです。

もちろん、そういったトラブルなどを、
起こさなければいいだけの話ですが、
仮に、何かあった場合のリスクも高くなるという事です。

その点、匿名で顔出しせずに情報発信をやってると、
自分の姿形や素性がさらされる事もないわけですから、
批判に対してあまり大きなダメージを受ける事がありません。

まあ、こうやって見ると実名・顔だしの場合は
非常にデメリットが多いように思えますが、
先ほども説明した通り、第一印象で顔が見えると、
読み手も安心できるし共感も得られやすいです。

ただ、その点は「発信する情報の内容と質」次第で、
匿名の場合でもどうにでもなるのが実情というだけで、

「どちらが良くてどちらが悪い」

というものではありません。

でも、個人的には顔出しして自分の姿形もメディアに打ち出していった方が、
色々とやりやすいかも・・と思ってしまう事がしばしばあります。

例えばビジネス系のYouTubeなんかでは、
ホワイトボードの横で喋ったりカメラの前で喋ったりする、

「実写タイプの講義動画」

の方がただスライドを録画するだけの動画よりも反応が取りやすかったりします。

そういう「実写タイプの動画」が撮れるようになると、
色々と動画の幅が広がるというか、
ユーチューバーのような企画なんかも打ち出せたりするので、
作成していくコンテンツの幅が必然的に広がります。

また、ブログやSNSで自分自身のライフスタイルを打ち出す際も、
自分の姿形と同時にそれを打ち出していった方が、それだけ、

「この人はこんなライフスタイルを送ってるんだな」

と読み手にイメージしてもらいやすくなるわけです。

僕もここ最近YouTube動画のネタなんかを考える時も、

「顔出しするとこんな事もできそうだな・・」

と思うことがよくあります。

僕は今の所顔出しする予定はありませんが、
そういった部分なんかも踏まえると、
顔出し「する場合」も「しない場合」も、
それぞれにメリットデメリットがありますね。

なので、結局はあなたのキャラクターや考え方次第というか、

「あなたがどのような情報発信で稼いでいきたいのか?」
「あなたが情報発信でどういう稼ぎ方をしたいのか?」

によって、適切な選択は変わってくる・・という事になります。

情報発信ビジネスを顔出しせずに匿名で展開していくメリット・デメリットとその戦略について。のまとめ。

まあ、ここまで長くなってしまいましたが、一応、両者の特徴をまとめると、

顔出し・実名の場合 
・顔が見えるので読み手が安心できる
・「どんな人か?」がイメージしやすいので共感が得られやすい
・主張を途中で変える事が難しい
・何か失敗してしまった時のダメージが大きい
・作成していくコンテンツの幅が少し狭くなる

匿名で顔出しをしない場合 
・複数のキャラクターの量産が可能
・失敗して晒されても大したダメージを受けにくい
・実名顔出しに比べて最初の信用は得にくい(結局は発信する情報次第なので大して問題では無い)
・作成していくコンテンツの幅が広がる

という感じになります。

まあ、何回もしつこいようですが結局は、

「発信する情報の内容と質」が重要であり、
「顔出しするかしないか。」は稼ぐ上では本質ではない。

という事ですね。

ぜひぜひ、参考にして頂ければと思います。

また、僕自身が、

「実名や顔出しをせず、完全匿名で稼ぎ“続けている”手法」

に興味がある場合は下記の記事で解説しているので目を通してみてください。

→僕が「情報発信型ブログアフィリエイトが最強だ。」と断言する理由と実践者の事例公開。

色々と参考になる部分があると思いますので。

では、今回はこの辺で。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

お問い合わせは気軽にコチラからくださいね。

それでは!

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!