「メール=1つのオファー」だと考えればアフィリエイトは成功する?絶対に稼げない人のメールの共通点。

お疲れ様です、早川です。

僕は、24時間お問い合わせを受け付けていて、

尚且つメルマガでもよく感想をもらうので、

色々な人のメールを見る機会があるんですね。

で、そうやってお問い合わせをくれる方の中にも、

もちろん稼いでる人と稼げない人がいるわけで、

そうやって多くのメールを貰っているうちに、 

「稼げる人と稼げない人のメールの違い」

というものがなんとなく分かるようになってきました。

本当に、

「こんなメール送ってくるのか…。」

ってレベルのメールも多いですし、

それと同時に、

「こんなんじゃこの人一生稼げないな。」

って思う事も多いんですね。

というわけで、今回は

「稼げる人と稼げない人のメールの違い」

というテーマで話していきたいと思います。

ネットビジネスで稼いでいく上で

相当重要になるマインドの話もするので

ぜひ、最後まで読んでくださいね。

では、いきましょう。

稼げる人と稼げない人のメールの違い

まず、僕達がネットビジネスを実践していくにあたって、

「メール」っていうのは非常に大事な

コミュニケーションツールになります。

お客さんと連絡取り合うのもメールだし、

同業者の方との情報交換もメール、

購入者のサポートなども基本的にはメールです。

で、僕はそういったメールの文章などを見ると、

「書き手のスキルの有無」 

がある程度分かるようになってきました。

つまり 、

「稼げる人と稼げない人のメールの違い」

という事ですね。

稼げない人の特徴としては、

・そういったメールの文面が雑だったり、 

・最低限のマナーがなってなかったり、

・改行などがめちゃくちゃ読みにくかったり、

パソコンの画面の向こう側に「人」がいる事を

忘れてしまっているケースが多いです。

いくらネットビジネスがネット上だけで

完結して稼げるビジネスだったとしても、

自分にお金を払ってくれるのは1人の人間なのです。

ですから、結局は「人と人」の繋がりが重要で、

ここを疎(おろそ)かにする人は稼げないんですね。

誰も、失礼な人やマナーがなってない人、

自分よがりで一方的な考え方の人に、

お金を払いたくはありませんから。

店員さんの態度が悪かったお店に、

もう二度と行きたくないのと同じです。 

あなたがメールを送ればそのメールを読むのは「人」で、

あなたが記事を書けばその記事を読むのは「人」です。

そして、あなたがそのメールや記事で何かしらの

オファーをした場合、そのオファーを受け入れ、

お金を払ってくれるのも「人」なのです。

いくらネット上でビジネスをやっていて、

ネット上だけの繋がりだからって、

相手は「人」である以上、そこに、

最低限のマナーは必要なはずなんですよ。

だから、メールにしろ1つの記事にしろ、

「読みやすさ」とか「マナー」とかは、

最低限意識するべきなのです。

まず、「改行」や「行間」は最低限意識しましょう。

これは、ブログやメルマガを用いたアフィリエイトを

やってる人には特に気をつけて欲しいのですが、

例えば、こんな感じのメール。

「早川さんこんにちは。いつもメルマガを楽しく読ませて頂いてます。◯◯◯と申します。早川さんのメルマガを見て、ネットビジネスに挑戦する事を決めました!これからも勉強させていただきますので、宜しくお願い致します。」

…と。

こういった改行がないメールは、読みにくいですよね。

それに、改行をしないと、受け取り側のメールソフトによっては、

メールの文章がかなり横長になってしまう場合もあります。

ですから、改行を入れて行間を意識するだけで、

このように、めちゃくちゃ読みやすくなります。

「早川さんこんにちは。

いつもメルマガを楽しく読ませて頂いてます。

◯◯◯と申します。

早川さんのメルマガを見て、

ネットビジネスに挑戦する事を決めました!

これからも勉強させていただきますので、

宜しくお願い致します。」

こんな感じですね。

「別に、ブログやメルマガを書く時だけ意識すればいいんじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、

普段のメールで気を付けておかないと、

いざメルマガやブログで書く時もついやってしまいます。

ですから、無意識に自然と意識できるようになった方がいいです。

メールを貰った相手も、その方がはるかに読みやすいですしね。

自分のメッセージを受け取った相手の事を考えてみよう。

で、僕に来るメールで最低なのが、挨拶もせず、

名前も名乗らずに自分の要件だけを伝えてくる人。

「〜を教えて下さい。」 

と、たった一言だけ書いてる人とかですね。

大抵、そういう人達は要望に答えてもお礼のメールもくれません(笑)

僕は基本的にメールを無視したりしないので、

嫌々返しますが、そんなメールは、

本来なら無視されても仕方ないと思います。

だって、こんなの街を歩いていて見ず知らずの人にいきなり、

「〜を教えて下さい。」

と言われているのと同じ事ですからね。

このように、 

「このメールを送って相手はどのように感じるだろうか?」

という部分が考えられない人は、

自分の記事やメールを読んだ読み手の気持ちも

考える事が出来ないので、結果、稼げないわけですよ。

「メール=1つのオファー」です。

上記のように何かを教えて欲しいのであれば、

その要望(オファー)に答えてもらえるように、

工夫するべきなんですよ。

教えてもらって当たり前ではなく、

教えてもらえるように工夫するべきなのです。

「メール=1つのオファー」だと考える。

ネットビジネスだって簡単に言ったら、

「自分からこの商品を購入してください。」

という1つのオファーなわけです。

それはアフィリエイトにしろ転売にしろ同じです。

自分から商品を購入してもらわないと稼ぐ事は出来ないわけですから。

だからこそ、そのオファーを受け入れて貰う為に様々な工夫が

必要になってくるのであってそれも1つのスキルなわけです。

それなのに、上記のメールのように

たった一言「これを購入してください。」とか

言ったところでそのオファーが通るはずがありません。

ネットビジネスで稼いでいく際には必ず、

「パソコンの向こう側には結局人がいて、お金を払ってくれるのは人。」

という事を忘れてはいけないのです。

作業する時には目の前のパソコンしか

見えないのでつい忘れがちなんですが、

その画面の向こう側には結局人がいて、

その「人」がお金を払ってくれるから稼げるわけです。 

まあ、僕も実践当初はこの事をつい忘れてしまいがちでした。

でも、これを常に意識していかないと、

良いコピー(文章)も書けないし良いコンテンツも作れません。

先ほど例に挙げたメールのように、

一方的で自分よがりなメッセージに、

気付いたらなってしまっているのです。

読み手の気持ちを第一に考えた文章や、

読み手の要望を汲み取ったコンテンツは、

ネットビジネスで稼いでいく上で必須です。

読み手の気持ちを考えずに、

ただ自分の書きたい事を書いて、

ただ自分の作りたいものを作っても、

誰からも喜ばれる事はありません。

そんな自分よがりで一方的な文章や

コンテンツは誰も求めていないからです。

ですから、ネットビジネスで稼ぐためには、

「目の前にあるパソコンの向こう側にいる人を意識する」

事が非常に重要な要素になってくるわけですね。

これが、たった1つのメールに顕著に現れてしまうんです。

稼げるノウハウ云々よりもまずはこれを意識する方が、

結果、早く稼げるようになりますよ。

自分の目の前にあるのはただのパソコンで、

僕達のビジネス相手はそのパソコンではなく、

その向こう側の「人」だって事です。

ネットビジネスも結局は「人と人」の繋がりが大事。

繰り返しますがネットビジネスと言っても、

結局は行動を起こしたりお金を払ってくれるのは人です。

ですから、僕達は常に、その向こう側の「人」を意識して、

ビジネスを実践していかないといけないのです。

ネットビジネスで稼いでる人って、

だいたいこのマインドを無意識に持ってるか、

途中で訓練して養ってきた人達です。

自分にお金を払ってくれる相手が人であり、

自分にビジネスを教えてくれるのも人だという事を、

言われなくても把握してます。

でも、ネットビジネス始めたての頃って

とにかく必死で目の前にはパソコンしか見えないから、

どうしてもこのマインドを忘れてしまうんですよね。

まあ、でも、これは意識すれば改善できるので大丈夫です。

僕も一応ビジネスを教える側の人間で、

実際、色々な人に教えてきたんですが、

大体の人は訓練すれば良くなりますから。

皆、最初のうちは読み手の事なんて考えず、

文章の改行もめちゃくちゃ読みづらかったり、

やたらと文字色がカラフルで文章が読めなかったりします。

それこそ、先ほど挙げたメールのように、 

「自分の事しか考えていないメッセージ」

を送ってくる人もいますし、

そのような記事を書いてしまう人もいます。

でも、「画面の向こう側にいる人」を

意識するだけで物凄く良くなりますし、

それだけで売り上げなんて変わってきますよ。

そして、さらに売り上げを伸ばしたいなら、

その意識する「パソコンの向こう側の人」を

「細分化したターゲット」にできれば完璧です。

性別、年齢、住んでいる場所、職種や趣味、

生活パターンまで出来るだけ細かく思い描き、

その「人」に向けて書いていく。

というイメージです。

これを「ペルソナ設定」といってアフィリエイターはもちろん、

大手企業なども実践しているターゲティング手法です。

このように細分化した1人の人物像を作り上げ、

その人に向けてメッセージを書く事によって、

ユーザー視点の考え方が出来るようになったり、 

ユーザーの求めてるものが分かるようになったり、

ユーザーに何が響くのか、が分かるようになります。

そうすれば読み手の求める情報が分かるし、

良いコンテンツが作れるようになります。

ですから、この記事を読んでくれたあなたも、

誰かにメールを送る時などは最低限のマナーをしっかり守り、

改行を工夫して読みやすくしたり、

相手が知らない用語を使わないようにしたりと、 

「パソコンの向こう側にいる人」

の事を意識してみてくださいね。

また、これらの記事も参考にしてみてください。

アフィリエイターはなぜアフィリエイト以外のビジネスでも稼げるのか?

アフィリエイト業界で信用できる人の見分け方。「実績画像」で判断するのは危険?

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

お問い合わせは気軽にコチラからくださいね。

それでは!

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!