どんなビジネスにも通用する「集客のコツ」とその根本的な原理原則について。

お疲れ様です、早川です。

ネットビジネスの売り上げは、 

「アクセス数 × 成約率 × 報酬単価」

で決まるという話を前回の記事の中で少しだけしました。

そもそもアクセスが少ないのなら集客を改善し、

成約率が悪いのならライティングを改善し、

それでも稼げないのなら扱う商品の単価を改善する。

そうすれば必ずネットビジネスで

結果が付いてくる、という話でしたね。

参考:早川の友達がネットビジネスをゲーム感覚で実践して成功した話。

まあ、この記事の中ではその事については、

ほんの少ししか触れていなかったんですが、

この記事を見てくれた読者さんの方達から、

「集客ができなくて悩んでます…。」

という旨の声を多数頂きました。

僕の元には常日頃からお問い合わせや、

こういった相談などのメールが届くんですが、

その中でも多いのがこの「集客」についての相談です。

ブログへの集客やYouTube動画への集客など、

集客先となる媒体は様々ですが、

多くの人がこの「集客」に躓き、

そして結果を出せていない状況なわけです。

まあ、「集客」は必ず誰もが1度はぶつかる壁です。

僕も、自分のメディアにアクセスが集まらなかったりして、

それなりに頭を抱えていた時期もありました。

ただ、そういった時にも外に出てみて、

繁盛してる店とか人が多い場所とかを

注意深く観察してると得られるモノがあるんですね。

そこら中にあるお店やサービスが全て

ビジネスである以上そこから得られるモノは

自分のビジネスにも必ず活かせるからです。

参考:「視点によって見える世界が変わる。」 それを用いたビジネス脳の作り方。

集客というと多くの人は「SEO対策」などを学びがちです。

まあ、僕もそうだったし、

SEOは確かに重要な要素ですが、

「集客の本質」はそこにはありません。

先ほども軽く触れたとおり、

人が集まっている場所などをビジネス視点で観察してみると、

集客の本質や原理原則などが見えてきます。

そして、その「集客の原理原則」っていうのは、

集客先の媒体が何であろうと同じなのです。

人間が行動を起こすのにも原理原則があるように、

人が集まる場所、つまり集客にも原理原則があります。

つまり、その集客先がブログだろうがYouTubeだろうが、

他のメディアだろうが実店舗を構える店だろうが、

「そこに人が集まる原理原則は根本的には同じ」 

だという事ですね。

だからこそ、僕もそこらのお店や施設、

サービスなどからヒントを得られたわけですが。

ですから、この原理原則さえ理解でき、

そして自分のモノにしてしまえば、

どんな媒体を用いても「集客」は余裕で出来ますし、

新しい手法なんかにも普通に対応する事ができます。

現状、多くの人は、

ブログにはブログの集客のコツがあり、

YouTubeにはYouTubeの集客のコツが、

実店舗には実店舗の集客のコツがある、

という勘違いをしてしまっています。

しかし、実際はそうではありません。

根本的に見ると、それらの場所に

人が集まる「原理原則」は全て同じなのです。

集客さえできればネットビジネスだけに限らず、

どんなビジネスでもある程度稼げます。

極端な話、どれだけ良いコンテンツを作ろうが、

どれだけ価値のあるサービスを提供していようが、

そこに人が集まらない限り稼ぐ事はできません。

人が集まらなければそのコンテンツや

サービスにお金を払う人がいないわけですし、

それらを評価する人もいないわけですから。

「集客」っていうのはそれだけ重要な要素なんですね。

という事で、今回のこの記事では、

その「集客」について僕なりの見解や

本質を書いていきたいと思います。

あまり表面上の小手先のテクニック

みたいな話はする気はありませんが、

「人が集まる根本的な理由とその原理原則」

について話していこうと思うので、

この知識はネットビジネスだけじゃなく、

ビジネス全般に応用できる知識になります。

では、早速いきましょう。

人が集まる根本的な理由とその原理原則

まず、日常世界の中で人が集まっている場所

といえばどんな場所を思い浮かべますか?

祭りとか、遊園地とか、ライブ会場とか、

テーマパークとか、夜の繁華街とか、

こういった場所を思い浮かべると思います。

じゃあ、これらの共通点は何だと思いますか?

…そう。

これらの場所は全て「楽しい」のです。

人が集まっている場所っていうのは沢山あり、

それらの場所に通ずる共通点を見つければ、

「楽しいところに人は集まる」 

という事が分かります。

しかし、僕達が生きている日常の世界で、

人が集まっているのは「楽しい場所」だけではありません。

病院や介護施設、脱毛サロンや美容エステなどにも

多くの人が集まっている事から、

「悩みを解決できる場所」

にも需要がある事が分かります。

病気を治したかったり、

スタイルを良くしたかったり、

薄毛を改善したかったり、

人によって悩みは様々ですが、

その悩みを解決できる場所にも人は集まっていくのです。

つまり、人は、 

  • 楽しい場所
  • 自分の悩みを解決できる場所

に集まるという事ですね。

ですから、ビジネスで集客をする際は、

「お客さんを楽しませる工夫」だったり、

「お客さんの悩みを解決する術」が必要になってくるわけです。

ですから、

読み手の悩みを解決する事ができるブログには、

そこに需要を感じる人が自然と集まってきますし、

視聴者を楽しませる事ができる動画には、

自然とユーザーが集まってくると言う事です。

楽しい場所と悩みを解決できる場所とでは、集まる人の属性が変わってくる。

ちなみに、楽しい場所には様々な人が集まり、

悩みを解決できる場所には「絞られた属性」の人が集まります。

これも、稼ぐ上では重要になってきます。

遊園地やテーマパークには老若男女問わず

様々な種類の多数の人が集まります。

しかし、その一方、病院や介護施設には年配の方が、

サロンやエステには女性の方が、という風に、

悩みを解決できる場所には、

その悩みによって集まる人が変わってきます。

これは、ネット上でもリアルでも変わらないので、

ビジネスで稼いでいくのであれば、

この辺も意識しておくべきですね。

この2つの要素が欠けている場所に人が集まる事はない

まあ、ここまで読んでくれれば分かると思いますが、

楽しくもなければ悩みも解決できないような場所に、

人が集まることはまずありません。

その理由はただ単純に、

そのような場所には需要がないからですね。

しかし、ネット上でそのような場所を

作ってしまっている人は非常に多く、

だからこそ「集客」で悩んでしまうわけです。

例えば、自分の言いたいことだけを言って、

売りたいものをひたすら売り込むだけのブログ。

まず、こんなブログには人は集まりませんよね。

ですから、ブログに人を集めるためには

ジャンルやターゲットを選定する必要があり、

そのジャンルやターゲットの人達が集まるように

記事を書いていかなければいけません。

参考:【実績不要】初心者でもすぐに稼げるブログアフィリエイト戦略を暴露します…

他にも、ただニュースを転載しただけの動画や、

ただの静止画に文字を打ち込んでるだけの動画。

このような動画にもアクセスは集まりませんし、再生回数も稼げません。

YouTube動画などで稼いでいくには、

再生回数を稼ぐことが重要になってくるので、

視聴者を楽しませる動画を作らないといけないのです。

参考:YouTubeでお金を稼ぐ具体的な方法と7つのポイント

つまり、繰り返しますが、 

「いかにお客さんを楽しませるか?」

「いかにお客さんの悩みを解決するか?」

というのを意識することが重要になってくるわけです。

どの方向性に進んでいくべきかは手法やジャンルによって変わる

しかし、楽しいコンテンツを作っていくのか、

悩みを解決できるコンテンツを作っていくのかは、

自分が実践している手法やジャンルに左右されます。

先程も軽く触れたとおり

楽しい場所に集まるのは様々な人達で、

悩みを解決できる場所に集まるのは限られた人達です。

ですから、楽しい場所に集まる人達は、

「アクセスの母数は多いけどその分購買意欲が低い」

のが特徴で、

逆に、悩みを解決できる場所に集まる人達は、

アクセスの母数は低くなりがちですが、

悩みを解決できるのならお金を払うので、

「アクセスの母数は少ないがその分購買意欲が高い」

のが特徴になります。

このように集まる人達の特徴を踏まえた上で、

自分のコンテンツの方向性を決めていくと、

自然と自分のコンテンツとそこに集まる人達の

属性がマッチするので稼ぎやすくなります。

まあ、簡単に言うとYouTubeアドセンスなどの、

多くのアクセスが収益に繋がってくるビジネスは、

お客さんを楽しませる事がそのまま収益に繋がります。

自分の提供するコンテンツが楽しければ、

お客さんは長い間滞在しますし、

その分、色んな動画や記事を見てくれるので、

結果、稼げる金額も多くなる、という事ですね。

そして、情報商材や物販などの、

「商品を売る事で稼げるビジネス」は、

購買意欲の高い限られた属性の人達を、

集めるほうが稼げるわけです。

薄毛に悩んでいる方には、

育毛剤や育毛サプリが売れやすいですし、

自分の体型に悩んでいる方には、

ダイエット系の商品や筋トレ関係の商品

などが売れやすいわけです。

お互いのエッセンスを上手く取り入れる事も大事

まあ、だからと言って、

「悩みを解決する場所でお客さんを楽しませたらいけないのか?」

と言われるとそれは違います。

多くの人は、

「楽しい場所では楽しませる事だけ。」

「悩みを解決する場所では悩みを解決する事だけ。」

という風に考えてしまっています。

でも、それじゃ少し勿体ないんですね。

お互いのエッセンスを自分のコンテンツに

取り入れる事で周りと差別化できるのであれば、

全然やっていいんです。

別に、病院や介護施設などの悩みを解決する場所に、

お客さんが楽しめる娯楽やゲームを用意する事は

患者さんの暇つぶしなどにもなるので全然アリです。

逆に、楽しい場所で、

悩みを解決するのもいいじゃないですか。

僕のブログやメルマガは基本的に悩みを解決する場所ですが、

読み手を楽しませる事は常に意識しています。

僕が、少し変わった動画を題材にビジネスの話をしたり、

いつも見ている日常の風景や世界から、

ビジネスの本質やヒントを発見したりするのは、

「読んでくれる人を楽しませたいから」に他なりません。

同じような物事を伝えるにしても

その伝え方を少し工夫するだけで、

楽しくビジネスを学ぶ事ができるので、

僕はそれを意識しているわけです。

今回のこの記事も遊園地や病院を題材に、

日常で人が集まっている場所を取り上げ、

「集客の原理原則」を解説しているわけですから。

ただ、淡々と集客について話すより、

楽しみながら理解できたんじゃないかなと思います。

(勘違いだったらすいません。笑)

同じ、悩みを解決できる場所でも

「楽しみながら悩みを解決できる場所」

「ただ悩みを解決できるだけの場所」だったら、

確実に前者のほうが強いですからね。

まあ、あくまで悩みを解決する場所では

悩みを解決する事をメインにするべきですし、

楽しい場所では楽しませる事をメインにするべきですが。

そこは勘違いせず、しっかり意識してみてくださいね。

ということで、

「人が集まる原理原則やその本質」

については理解できたかと思います。

楽しくもなければ悩みも解決できない場所に

人が集まる事はまずありませんから、

「集客」に悩んでいる場合はこれらを意識してみてください。

ちなみに、僕も最近ステップメールを改造し、

さらに楽しみながらビジネスを学べるようにしたので、

興味がある場合はぜひ登録してみてください。

早川の公式メールマガジン 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

お問い合わせは気軽にコチラからくださいね。

それでは!

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!