カイジの動画から学ぶコピーライティングと人間の行動心理。

お疲れ様です、早川です。

ちょっと今回はある動画を題材に、

コピーライティングについて話していきたいと思います。

この動画は6〜7分程度の動画なので、

まずはサクッと見てみてください。

…見終わりましたか?

で、なぜ急にこのカイジの動画を見せたのかというと、

このたった6〜7分の動画にコピーライティングの

要素がふんだんに使われているからです。

一見、ただカイジがビールを美味しそうに飲むだけの動画ですが、

違う「視点」で見ていけばまた違った面白さが出てきます。

では、解説していきますね。

僕達が注目すべきはカイジではなく「班長」?

まず、僕がこの動画で注目して欲しいのは、

カイジではなく、「班長」です。

そうです。

やたらと鼻がでかいこのおっさんです(笑)

この班長、実はチンチロ(サイコロを使った賭け事)で、

イカサマを駆使して儲けまくってる悪いやつです。

ですが、この「班長」を見習って欲しいのです。

班長はこのたった6〜7分の間に、

数々のテクニックを駆使してカイジの「行動」を操っています。

そこに、着目して、もう1度動画を見てみてください。

1回目に見たときより得られるモノが多いはずです。

では、具体的に解説していきますね。

まず、冒頭でカイジが、

ビールを飲みたいけど我慢しているシーン。

そこで班長が、

・「外出券だろ?考える事は一緒だ。そうなるとこんなところで使ってられねえよな。」

・「自分を適度に許す事が長続きのコツさ。」

と言って、カイジにビールを1本プレゼントします。

そして、カイジはそのビールを飲み干し、

「犯罪的だ…!」という名言を残します(笑)

実は、既にここにも、僕このブログで解説している、

ビジネスの要素が含まれています。

その要素とは、「無料戦略(フリー戦略)」です。

少し前に下記の記事で

この「無料戦略(フリー戦略)」について解説しています。

DRMと情報発信アフィリエイト、そしてリストとコンテンツ。あなたは結局何をするべきなのか?って話です。

僕のメルマガやソフトバンクを例に挙げて話した、

まずは無料で提供し、

そこに価値を感じてもらえれば、

自然とお客さんはお金を払ってくれる

という戦略の事です。

まず、班長はこの時点でこの無料戦略を上手く使っています。

そして、その際にカイジの心の中を読み、

「外出券だろ?考える事は一緒だ。そうなるとこんなところで使ってられねえよな。」

と言って「共感」させ、

そしてビールを提供しています。

つまり、見込み客(カイジ)の考えている事を先に言って、

「それそれ!この人は分かってくれてる!」

という「共感」を得ているわけです。

これはコピーライティングでも非常に重要な要素ですね。

そして、無料でビールを提供する。

すると、カイジは我慢できずにビールに飛びつきます。

そりゃ無料(タダ)でくれたわけですから誰でも飛びつきますよね。

しかし、問題なのはこの後。

カイジは1本目のビールを飲んだ事により火がつき、

売店の目の前まで足を運んでしまいます。

そして、ついにビールを購入してしまいました。

さらには、その売店の販売員にそそのかされ、

仕方なくつまみに柿ピーを選ぼうとします。

すると、ここでも班長が登場。

班長の凄腕が炸裂します(笑)

・「下手だなカイジ君〜。下手っぴさ。欲望の解放のさせ方が下手。」

・「カイジ君が本当に欲しいのはコレ(焼き鳥を手に取りながら)。

これをチンしてほっかほかにしてさ。冷えたビールで飲りたい、だろ?」

と、ベネフィットを上手く想像させる、

強烈なコピーをぶち込んできます。

「人はイメージしないと行動できない。」

「人はその商品自体ではなく、その商品を手に入れた後の未来を想像してお金を払っている。」

という人間の行動原理はコピーライティングでも重要な要素です。

ベネフィット(未来)をイメージさせればお客さんは簡単に行動を起こす。

そして、

「逆にイメージ“さえ”させてしまえば、人は簡単に行動を起こす。」

という話も上記の記事で解説しましたね。

それと同じように、班長はカイジに、焼き鳥をつまみに

ビールを飲んでいる未来(ベネフィット)を、

上手く想像させたわけです。

さらに、その際に、

「せっかく冷えたビールでスカッとしようって時に、

それじゃかえってストレスがたまる。

食えなかった焼き鳥がちらついてさ、全然スッキリしない。

贅沢ってやつはさ、小出しにしちゃダメなんだよ。

やる時はきっちりやった方がいい。

それでこそ、次の節制の励みになるってもんだ。」

と説得します。

ここでも班長は、主張の後には根拠を述べ、

その根拠が納得できるものを提示しています。

班長、めちゃくちゃコピーライティング上手いんですね(笑)

班長は、人を行動させる能力がズバ抜けて高いのです。

で、班長のこういうところを見習って欲しいわけです。

現に、カイジはこの後、

「言われてみれば確かにそうかも…。じゃあ…。」

と、班長に説得され、ついに焼き鳥、

さらにはポテチまで購入してしまいます(笑)

1番最初に無料(タダ)で貰った1本のビールがキッカケで、

カイジは豪遊してしまったわけです。

この戦い、「無料戦略(フリー戦略)」と

「コピーライティング」を駆使して、

カイジの行動を意のままに操った班長の勝ちです。

そして、班長はその豪遊しているカイジを見ながら、

「食べ終わったら、やつは満足してこう考えるだろう。

『明日から頑張ろう。明日から節約しよう。』と。

でも、その考え方がダメ。

明日から頑張るんじゃない。

今日、今日“だけ”頑張るんだ。

今日頑張ったものにだけ明日が来るんだよ。」

と、嘲笑います。

でね、僕はこれも、

「ネットビジネスやってる人は見習って欲しいな〜。」

と思うんですよ。

特に、稼げていない人には絶対に意識して欲しいです。

大体、ネットビジネスで稼げてない人って、

作業を後回しにしがちなんですよね。

それこそ、先ほどの班長の言葉のように、

「明日から頑張ろう。明日から作業しよう。」

っていう感じで。

でも、それじゃダメなんですよ。

今日“だけ”やりましょう。

今日“だけ”頑張りましょう。

それを一ヶ月もすればそれが「習慣」になり、

作業をする事が「当たり前」になります。

9割の人が勘違いしているアフィリエイトの「核心」について。

そうなると、作業する事が全然苦じゃなくなりますから。

僕はこの動画を通じて、こういう部分を、

あなたに学んで欲しかったわけです。

後は、ビールを飲む時にこの動画を見るだけで、

めちゃくちゃ美味しく感じます(笑)

「キンキンに冷えてやがるっ…!」って感じで(笑)

結構、癖になって何回も見に来てしまうので、

その度に、このメールの内容を思い出しながら見れば、

コピーライティングの復習になりますよ。

これだけ短い動画でこれだけ学べるモノが

多い動画はなかなか珍しいですからね。

ぜひ、有効活用していただければ、と思います。

また、下記の記事も参考にしてみてくださいね。

コンビニのトイレから学ぶ「社会的証明の原理」をあなたのビジネスに用いる方法。

ベネフィット(未来)をイメージさせればお客さんは簡単に行動を起こす。

人間が行動を起こす原理原則を解説した、

早川オススメの教材はコチラ。

扇動マーケティング(だいぽん)の評判は?詐欺?【特典付きレビュー】

あなたが今すぐThe Million Writing(ミリオンライティング)を熟読すべき理由【特典付きレビュー】

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

お問い合わせは気軽にコチラからくださいね。

それでは!

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!