情報発信で稼ぐ為にSNSの活用は必要か不要か。

お疲れ様です、早川です。

先日、情報発信で結果を出している

コンサル生の方とスカイプ通話をしていました。

「今後、さらに収益を大きくするにはどうするべきか?」

をメインテーマに、その為の戦略、

仕組みづくりなどについて話してたんですね。

で、その際に、そのコンサル生の方から、

「SNSの活用ってどうなんですか?」

という事を聞かれたので、それに対する僕の意見を、

この記事で公開していきたいと思います。

情報発信で稼ぐためにSNSの活用は必要か不要か。

結論から言うと、僕は情報発信におけるSNSの活用は、

「できるのならした方が良い。」と思っています。

Twitter、Facebook、YouTube、

今や上記のようなSNSが盛んになってきて、

アカウント1つで誰でも情報発信できる時代になりました。

ですから、それらを活用していくのはアリです。

ただ、上記のようなSNS“だけ”では弱いのも事実です。

もちろん、上記のようなSNS単体でも収益は上げる事ができます。

が、やはりSNSを情報発信に最大限活用するのであれば、

あくまでブログをメインに活用していく方が、

得られる効果は大きいのです。

ソーシャルメディアは単体では弱い?

TwitterやFacebookなどのSNSの投稿は、

基本的に「流れて」いきます。

投稿して間もない時は多くの人の

目に止まるかもしれませんが、

時間が経つにつれ他の人の投稿に埋もれていくので、

それは「非常に効率が良い」とは言えません。

その部分の効率の良さ、合理性を考えると、

やはり情報発信におけるメディアの優位性は、

「ブログ」に軍配が上がります。

情報発信にブログを用いる優位性と合理性について。

ですから、決してSNSを活用していく上で

得られるその効果をバカにしてるわけでは無いんですが、

それでもやはり「ブログとメルマガ」、

この2つの方が優先順位は高いです。

僕は、これまでこのブログやメルマガで、

「SNSなどの特定のサービスに依存する危険性」

についても言及してきました。

流行りのビジネスと、一生生き残り続けるビジネス。

そのような特定のサービスに依存する事で、

一瞬で足元を救われる可能性があり、

大げさでもなく今まで月に100万稼げていたのが、

突如として「0」になる危険性があるからです。

SNSなんてものは、時代によって移り変わっていくモノです。

現に、数年前にSNSといえば、

モバゲー、GREE、mixiなどが代表格でしたが、

今では見かける事はありません。

それが何よりの証拠です。

今、Twitterにユーザーがいるから

Twitterが活用できるだけであって、

そこに人がいなくなれば活用する術も意味もありません。

それは、Twitter以外の他のSNSでも同じ事です。

だからこそ、そういった要因に左右されない

「ブログ」は必須のメディアだと考えていますが、

SNSにおいては「活用できるのならした方が良い。」

という依存しない考えを持っているのです。

しかし、こんな事を言うと、

「じゃあ別にSNSは活用しなくても良いんですか?」

と聞かれるのは目に見えているので先に言っておきますが、

「活用しないよりかはした方が良い。」に決まってます。

やらないよりかはやった方が、確実に結果は付いてきますよ。

そこは勘違いしないでくださいね。

つまり、僕が考える情報発信に必要なものは、

・ブログとメルマガ←必須

・SNSの活用←できるのならした方が良い

という事になります。

ですが、そんな「単体では弱いSNS」ですが、

それをブログと組み合わせていく事で、

「相乗効果」が生まれる事もまた1つの事実です。

現に、僕のお客さんの中には、そういったSNSを経由して、

お客さんになってくれた方もいます。

ですから、SNSを活用する事によって「効果はある」のです。

特に、ブログを開設した直後などの

まだブログが育っていない時期には、

上手くSNSを活用する事によって、

スムーズに収益化する事が可能です。

そして、SNSの活用は十分にブログが育った後でも、

その使い方によっては強い武器になります。

活用するならどのSNSを活用すべきか。

で、情報発信を行っていく上で、

「活用するならどのSNSを活用すべきか」

というと僕はその筆頭に「Twitter」を挙げます。

なぜなら、僕はTwitterを様々な方法で、

思考錯誤しながら活用してきましたが、

「Twitterは単体でも収益を上げられる数少ないソーシャルメディア」

だからです。

さらには、そのTwitterとブログを組み合わせる事により、

集客や収益面における「相乗効果」を発揮できるのです。

つまり、少しネタバレになりますが(笑)、

単純にTwitterからブログへアクセスを流し

アクセスアップを図っていくというだけではなく、

・そのブログで収益化していく仕掛け

・Twitter から収益化していく仕掛け

をそれぞれに構築しておきながら、

・ブログから Twitter へアクセスを流す仕掛け

・Twitter からブログへアクセスを流す仕掛け

を施していく事によって、

・資産ブログのユーザーを Twitter に誘導していく

・Twitter のユーザーを資産ブログに誘導していく

という事が可能になり、

本来、Twitterやブログ単体では不可能な集客や収益の仕組みを

構築していく事が可能になるという事です。

しかし、なぜ「Twitter」なのか?

それには様々な理由がありますが、

Twitterを活用していく上で大きなメリットは、

下記のようなものが挙げられます。

Twitter には Twitter ならではのユーザーがいる→集客の「幅」 を広げ Twitter ユーザーを取り込んでいく事ができる

運用上で労力対効果面での活用メリットが高い→手間を掛けずに 合理的にアカウント育成、量産ができる

ターゲットの属性を絞り込みやすい→アカウント毎に特化して量産できる

他のソーシャルメディアとの相性が良い→キュレーションサイト や Ameba ブログ、facebook との相性が良い

などなど…

では、それぞれを詳しく説明していきますね。

TwitterにはTwitterならではのユーザーがいる

Twitterというプラットフォーム内には、

Twitter「ならでは」のユーザーが多数存在します。

そしてそんなTwitterならではのユーザーを取り込む事で、

よりターゲットの属性を絞り込み、

より集客の幅を広げていく事ができるわけです。

Twitterアカウントを「あなたの情報発信ブログ」と

同じジャンルに特化して構築していけば、

そこに興味のある Twitter ユーザーを

「フォロワー」として抱えていく事ができます。

そんなフォロワーが閲覧するタイムライン上で、

興味のあるジャンルの記事に誘導するようなツイートをしていけば、

そのユーザーは高い確率であなたの記事を読む事になります。

それを、実現できるのが、Twitter なのです。

Twitter を運用していく上でのメリット

Twitterは他のSNSとは違い、

基本的にアカウントの複数所持を禁止していないので、

他のSNSよりも簡単に複数のアカウントを

量産して運用していく事が可能になります。

また、アカウント作成後の設定項目も、

  • プロフィール文
  • プロフィール画像

さえ設定すればすぐにでも活用していく事が可能です。

また、行っていく情報発信についても、

140文字のツイート文(画像や動画)

のみである事から、

労力という労力を掛けずに複数のアカウントを構築し、

活用していく事が可能になるわけです。

さらにTwitterは、ブログやメルマガ、他のSNSに比べて

「文章(コピー)のスキル」や「集客スキル」がなくても

活用しやすいと言うメリットもあります。

通常、他のメディアで何かしらの商品やサービスを

売り込んだり誘導していく際は、

基本的にそれなりのライティングや、

マーケティングなどのスキルが必要になります。

その点、Twitterでは発信していく情報に

「140文字」という制限があるので、

文章で反応を取っていく事が重要になる事もありません。

そもそも、先ほども軽く触れた通り、

Twitterはユーザーが「暇つぶし」感覚で利用しているサービスですから、

「そこに卓越したライティング力は必要になりにくい」というのが実情です。

とはいっても、その「発信した情報」を「読む(見る)相手」を集める、

つまりは集客ができなければ話になりません。

メルマガであればメルマガリスト。

ブログであればアクセス(訪問者)などがそれに当たりますが、

初心者にとってこれらの情報の読み手を獲得していく事はそう簡単ではなく、

この時点で挫折してしまうケ ースも少なくありません。

ただ、Twitterはその点においての敷居も低く、

「フォロワー」を獲得していく事でユーザーに対して

容易に情報を発信していく事が可能になります。

Twitterには、

「フォローされるとフォロー返しをする」

という独自の習慣があり、

それなりのアカウントを構築して、

こちらからフォロ ーしていけば、

普通にフォロワーを増やしていく事ができるからです。

また、その際に、キーワードなどによって属性(テーマ)を定め、

ター ゲットを絞りながらフォロワーを集めていく事も重要です。

つまり、

  • プロフィール文
  • プロフィール画像

を特定の属性(テーマ)に特化してカウントを構築し、

発信していくツイートもそのテーマに一貫する上で、

その属性(テーマ)に 興味のある Twitter ユー ザーをフォローしていくと、

より高い確率で属性を絞り込んだ

質の高いフォロワーを獲得していく事ができます。

そして、その属性を絞り込んだフォロワーに対して

属性に沿ったアプローチを掛けていく事で、

効果的にTwitterを運用していく事が可能になるわけです。

つまり、Twitter は、

  1. 属性(ジャンル)を絞り込んだアカウントを
  2. 容易に作成・構築・量産し、
  3. 宣伝スキルや集客スキルを必要とせずに
  4. .狙ったターゲットに効果的にアプローチを掛けていくという事が可能になる為、

他の媒体に比べて労力対効果が高いSNSだという事ができます。

ですから、情報発信を行う上で、

SNSを活用していく場合は、

ぜひTwitterを活用してみましょう。

ここで少し解説した「Twitterマーケティングマニュアル」は、

僕のメールマガジンに登録する事で手に入れる事ができます。

さらには、他にも3つのマニュアルと1つのツール

プレゼントしていますので、興味がある場合はぜひ、

手に取ってみてください。

早川のメルマガはコチラ。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

お問い合わせはコチラから気軽に送ってくださいね。

それではまた!

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!