情報発信で稼げない人にぜひ知ってほしい差別化の重要性と1つの事実。

お疲れ様です、早川です。

まず、僕はこのブログやメルマガで、

主に「情報発信」を行って稼いでいます。

「情報発信って何よ?」

という方は下記の記事を見てから、

この記事に戻ってきてくださいね。

早川は「何」を「どうやって」稼いでるのか?

で、今でも多くのアフィリエイターが、

最終的に目指すのはやはりこの「情報発信側」であり、

僕も、あなたには、

「いち早く消費者を抜け出して情報発信側に回ってほしい。」

というのが正直な本音です。

なぜなら、「情報受信側」にいる限りこれから先も

「消費者」としてくすぶっていく可能性が高いからです。

ですから、

僕はそのようなブログを用いた情報発信を、

直接コンサルする企画などもやっており、

それなりに実績者を出しているような状態を、

作り上げてきているわけです。

【ふとクラブ】早川の独自アフィリエイトコンサル企画を遂に解禁します…!

ですが、僕がこの企画を通して、

様々な人をコンサルしていくうちに、

「自分の考えを固定している人」っていうのが、

思ったよりも多い事に気がつきました。

「早川さん、この意見は間違ってないでしょうか!?」

って事をよく聞かれるようになってきて、

なんか「みんな頭固いな〜。笑」って感じです。

この記事を読んでいるあなたも、

もしかするとそうかもしれませんね。

ですから、この記事では、

僕たちが情報発信を行っていく上で、

知っておいてほしい事実を、

徹底的に解説していきたいと思います。

では、早速いきましょう。

物事には正解など存在しない

まず、僕たちが情報発信で稼いでいく上で、

あなたに気づいて欲しいのが、

「物事に答えなんて無いんだよ。」って事です。

そう、物事に正しい答えなんてないのです。

誰かが「これはこうだ!」と言って、

また別の誰かが「いや違う!こうだ!」と言ったとします。

じゃあ、どっちが正しいのか?

いや、どっち“も”正しいのです。

なぜなら、それがお互いの視点によって導かれた

1つの答えでありそれぞれに一理あるからです。

よく考えてみてください。

どんな物事にも必ず1つの正解があるのなら、

絶対に争いなんて起きないはずです。

A君にはA君の視点があり、

そこからA君なりの答えが導き出されます。

B君にはB君の視点が、

CちゃんにはCちゃんの視点があるわけです。

そして、そこから導き出される答えは、

それぞれ全て「正解」なのです。

でも、A君にとっては正解でも、

B君にとっては不正解かもしれません。

B君にとっては正解でも、

Cちゃんにとっては不正解かもしれません。

だから、「物事に正解なんて存在しない」のです。

物事の答えには正しい一面もあれば、

必ずそうでない一面もあるわけです。

それは、その人の環境とか条件とか、

そういった要素によって変わってくるんですね。

ですから、「誰かが言ってたからこう」って、

人の意見を丸々鵜呑みにして欲しくないのです。

1つの側面だけを捉えて、

そこに答えを固定して欲しくないのです。

そんな事して自分の意見を殺してしまうのはもったいないですから。

物事の答えなんて人それぞれ

僕も、このブログとか、メルマガとかで、

色んな主張をしていると思います。

僕自身、それが「正解」だと思ってるからです。

でも、その主張に対して、反論できる視点も持ってるわけです。

例えば、僕はブログでもメルマガでも、

「情報発信」を推奨してます。

でも、その主張に対して、

「それは間違ってる!」

ということもできるのです。

で、それも「正解」なのです。

「手っ取り早く1万円だけ稼ぎたい!」

って人に、情報発信をオススメするのはどうかと思います。

そういう人には、自己アフィリとか、

僕が普段オススメしない転売とかが正解になるわけです。

でも、「アフィリエイトで長期的な収益を!」

って人には、情報発信は正解なのです。

つまり、繰り返すようですが、物事に正解っていうのはなく、

それは、その人の環境や条件によって変わってくるのです。

じゃあ、なぜ中立的な立場で意見を言わないのか?

その答えはそんなことしても、

誰の心にも響かないからです。

少し前の記事で、

「自分の熱狂的なファンこそがいいお客さんになる」

という話をしたと思います。

参考:アフィリエイトで稼ぎたいなら全員から好かれようとするな。

それと一緒で、尖った意見、

どちらかに偏った意見を言うからこそ、

読み手の心に深く刺さっていくわけです。

「う〜ん、僕は何とも言えません…。」

っていう人に、誰が心を動かされますか?って話です。

「自分の意見を言えよ!」

ってなりますよね。

ですから、情報発信をやっていく上では、

自分の意見をガンガン発信していって良いんです。

「僕はこう思うんですけど、早川さんはどうですか?」

とか、そこに僕の添削(フィードバック)を

求める必要なんてありません。

「この意見正しいかな…。」

とか不安になる必要もありません。

物事に正解なんて無いからです。

情報発信の面白いところは、

それぞれの人が、それぞれの視点で、

それぞれの意見を、それぞれの根拠をもって、

発信できるところなのです。

ですから、お客さんを奪い合うこともありません。

だから、思ったことはどんどん発信していってください。

面白いと思ったらそう言えばいいし、

間違ってると思ったらそう言えばいいです。

もし、僕の意見を「いや違うな。」って思うのであれば、

そう言ったらいいです。

その意見は全て「正解」ですから、

何も怖がることはありませんよ。

誰もやらないから「こそ」やる価値がある

で、僕たちのこの情報業界って結構、

皆同じことやってる傾向があります。

よく見かけませんか?

ただ、「これはオススメ。これはダメ。」

みたいな事ばっかり書いているブログ。

見てて面白いですか?

退屈ですよね?

でも、皆そんな事ばっかりやってるんですよ。

周りと同じような事をだらだら書いて、

周りと同じような事を発信する。 

こういう人達が稼げていないのは、

目に見えて分かると思います。

なぜなら、周りと同じような情報に、

誰も価値を感じないからです。

その点、僕は結構、周りと違う事をやってます。

周りのアフィリエイターがこぞって、

「ブログのテーマは賢威一択だよ!」

って同じ事言ってる中、

僕は「Simplicity」という無料テーマを使っています。

周りのアフィリエイターが、

「この教材はオススメ!」って同じ事言ってる中、

僕はその教材を否定したりします。

で、これは「わざと」やってるのです。

周りと違う意見をわざと発信してみよう

周りと同じ事をやって同じ事を言ってても、

そこに価値を感じてくれる人はいません。

周りと違う事をやるだけで、

周りと「差別化」する事ができ、

そこに「価値」が生まれます。

そして、「こういう見方もあるよ!」

と教えてあげれば、読み手も、

「そうだったのか!」と納得します。

例えば、

「賢威買うぐらいならそのお金で濃い情報をインプットして

 アウトプットしたほうが収益に直結するよ!」

って言えば、読み手は「確かに!」ってなるのです。

現に、その点に賛同してくれて、

僕にお金を払ってくれる人は実在します。

こうやって、1つの物事を違う視点で見る事によって、

周りと「差別化」する事もできるのです。

そして、その為には、先ほど話した、

「物事に正解はない」

という事を強く理解しておく必要があります。

これを理解できていれば、

周りが推奨している事をあえて否定する事もできるし、

周りが否定している事を推奨する事もできます。

すると、周りとの「差別化」ができ、

そこに「価値」が生まれてくるわけです。

読み手に価値を感じてもらえるようになれば、

嫌でもお金は稼げます。

ですから、周りと同じような事をして、

同じような事を言ってるだけじゃダメなのです。

情報発信で稼げない人にぜひ知ってほしい差別化の重要性と1つの事実 まとめ。

では、この記事の内容をまとめると、

1.物事に1つの答えなんてない 

2.それぞれの環境や条件によってそれぞれの「正解」がある

3.周りと違う事をする事によって、そこに「価値」が生まれる

ということになります。

また、情報発信で稼ぎたいのなら下記の記事も参考になります。

情報発信で稼ぎたいなら全員から好かれようとするな。

「視点によって見える世界が変わる。」 それを用いたビジネス脳の作り方。

「初心者の方でも限りなく低いハードルの下で、

一撃1万円越えのアフィリエイト報酬をザクザク稼ぎ出す戦略」

は下記の記事を参考にしてみてください。

参考:情報発信型ブログアフィリエイトの懸念点を全て「払拭」し、メリットだけを勝ち取っていく戦略と案内。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

お問い合わせはコチラから気軽に送ってくださいね。

それではまた!

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!