流行りのビジネスと、一生生き残り続けるビジネス。

お疲れ様です、早川です。

今回はちょっと、僕達がネットビジネスで稼ぎ続けるために、

「必ず意識しておいて欲しい重要なポイント」

について触れていこうと思います。

今の時代はTwitterやFacebookなどなど、

SNSを活用してビジネスができる時代です。

そして、そういったSNSを活用したビジネスは

初心者にとって難易度が低いという事もあって、

多くの初心者の方が取り組んでる傾向にあります。

ですが、僕がそういった人達を見る限り、

「そこで稼ぐ事がゴールになってしまっている人達」

っていうのが多い印象を受けるんですね。

要は、

「とりあえず今稼げれば何でもいい」

というような人達が多いという事です。

ただ、実際のところ、そういった考えは「非常に危険な考え方」です。

ですから、今回のこの記事では、

「ネットビジネスでこの先一生稼げ続けるために意識すべきポイント」

について解説していくと共に、

「今現在、いずれ死ぬビジネスに依存している人達への注意喚起」

も併せて行っていこうと思います。

実は、僕はこの業界に参入した当初から、

「ただの流行り、すぐに死ぬビジネス」

には、あまり本気で打ち込んでいません。

そのビジネス、市場がいずれ死ぬのなら、

そこに費やした時間はただの時間の無駄であり、

そういったビジネスに「依存」する事は、

非常に「危険」だと考えてきたからです。

“流行りのビジネスに全力になるな!?”

別に、何かしらのビジネスを実践する際に、

ただ一時的に月に数万〜数十万の収入があれば満足で、

いつかそのビジネスで稼げなくなってもいいのであれば、

そういった事は意識しなくてもいいと思います。

しかし、そのビジネスに取り組む目的が、

・「このビジネスで稼げるようになって脱サラしたい。」

・「毎月大きな金額を稼ぎ続けて少しでも裕福な生活を送りたい。」

・「ビジネスで稼いで現状を変えたい。」

などといった目的なのであれば、

必ず意識しなければいけない事だと思います。

僕は、ネットビジネス参入当初から、

この辺は非常に重要視してきました。

なぜなら、僕はネットビジネスをキッカケに、

「数百万単位のお金を稼ぎ、そのまま“長期的”に稼ぎ続けたい。」

と思っていたからです。

つまり、「ネットビジネスで一生食っていこう」と思ってたんですね。

そして、これは僕だけに限った話ではなく、

今現在ネットビジネスに取り組んでる人のほとんどがそうだと思います。

・ネットビジネスで稼いで自由な生活を満喫し“続けたい”

・ネットビジネスで稼いで裕福な暮らしを送り“続けたい”

・ネットビジネスで稼いでサラリーマンから解放され“続けたい”

と、このような何かしらの目的や理想があって、

それを一時的じゃなく「続けたい」はずなんです。

だからこそ、取り組んでるビジネスが、

「ただの流行りや、すぐに死ぬビジネス」

だったら、そういった理想の生活を

「送り“続ける”」事ができないわけです。

いずれ、稼げなくなるようなビジネスであれば、

いつ自分の収入が「0」になるか分かりませんからね。

ですから、そういった点を踏まえても、

「すぐに死ぬビジネスに依存する事は非常に危険

だという事なんですね。

じゃあ、その、僕が言っている「すぐに死ぬビジネス」って何なのか?

それは、「SNSに依存したビジネス」を挙げます。

“SNSに「依存」したビジネスは危険?”

例を挙げるなら、下記。

・Twitter

・Facebook

・インスタグラム

・LINE(LINE@)

・無料ブログ

などですね。

もっと分かりやすく、幅を広げるなら、

「特定のアカウントを作ってそのサービスに依存したビジネス」

の事を指します。

ですから、上記で挙げたもの以外にも、

当てはまるものは多々あると思います。

と、こんな事を言うと、

「SNSが無くなるなんてありえない。」

と考える人もいると思いますが、確かにそれにも一理あります。

今現在、ネットやスマホの普及により、

爆発的に進化を進めているのはSNSです。

ですから、

SNS自体が無くなるという事は確かに考えにくいですが、

それはあくまで一般ユーザーとしての考え方なんですね。

これを「ビジネス視点」で捉えていくと、

それとこれとは全く別の話になってきます。

例えば、何年か前までは、

・モバゲー

・GREE

・mixi

がSNSの代表格でしたが、今ではその名前すら聞く事もありません。

SNSって言うのは、

「その時代によって移り変わるもの」

だからです。

驚くかもしれませんがあのTwitterですら、

2011年に株式上場して以来、

「1度も黒字になった事がない」のです。

(赤字続きのTwitter…)

大げさでもなく、本当に、“いつ死ぬか分からない状態”なんですね。

僕はメルマガの登録特典で

「Twitterマーケティングマニュアル」なんかも配布していますが、

それはあくまで「今」Twitterが稼げるからです。

ただ「活用」しているだけで、「依存」はしていないのです。

「ずっとTwitterで飯食っていけ!」なんて言っていません。

実際に、僕の「Twitterマーケティングマニュアル」を手にとって、

それをキッカケに、それなりの収益をたたき出した方もいます。

ですが、その報告を受けた時に僕は、

「絶対に依存しないでくださいね!」

と釘を刺したのです。

過去のモバゲーやGREEの事例を見ると、

いつ足元を掬われて稼げなくなるか分からないのは、

目に見えてますからね。

ですから、今現在有名なSNSなんかでも、

過去のモバゲーやGREEのように2年後3年後には、

「名前すら聞かなくなった。」

という可能性もあるわけです。

そういった可能性や危険性があるからこそ、

そのような特定のサービスに「依存」するのは、

「ビジネスでこれから先稼ぎ続ける事」

が目的なのであれば、絶対にやめた方がいいわけです。

そのサービスが無くなる可能性がある限り、です。

“「依存」と「活用」は違います。”

確かに、SNSを活用すれば、

比較的スピーディに収益化する事も可能ですし、

そのメディア単体で稼ぐ事も可能になってきます。

さらに、自分の既存のメディアと組み合わせれば、

「相乗効果」で、既存のメディアとSNSの「両方」から、

それなりの収益を得る事も難しくない状態です。

それこそ、さきほど軽く触れた、

僕の「Twitterマーケティングマニュアル」で結果を出された方なんかは、

その「両方」からの収益を得ているわけなんですね。

この「Twitterマーケティングマニュアル」については、

下記の早川のメルマガに登録してみてください。

早川のメルマガ登録フォームはコチラ。

で、繰り返しますが、僕があなたに伝えたいのは、

「これから先稼ぎ続ける上で何かのサービスに依存するのは危険」

だって事です。

先ほど上記で挙げたSNS。

Twitterにしろ、Facebookにしろ、YouTubeにしろ、

それら「単体」でも稼げる事に間違いはありません。

そして、そのやり方によっては、

月100万以上の収益を叩き出す事も可能です。

でも、それじゃダメなんですよね。

なぜなら、そのメディアに「依存」してしまっていて、

「いつ何があって稼げなくなるか分からない」からです。

1つのメディアに「依存」したビジネスを行っていると、

そのメディアが無くなった時、

そのメディアにあなたが嫌われた時などに、

「一瞬」で「全て」無くなります。

そうなると、それまで積み重ねてきたものが、

また1から振り出しに戻るので一貫の終わりですよね。

依存対象であるメディアも結局は「ビジネス」で運営してます。

ですから、ユーザーの需要によって仕様を変えたり、

あるいは自社の利益の追求のためにシステムを変えたり、

という事が十分にあり得るわけです。

「ありえない。」というならなぜですか?

「依存する事は危険ではない。」と思うのならその理由は何ですか?

おそらく、説明できないと思います。

現に、昔は利益目的で利用可能だった「アメブロ」は、

ある日を境に急に規約を変え商用目的での利用を禁止しました。

この影響で、アメブロだけに依存して稼いでいた人は、

一瞬で毎月の収入が「0」になり、大ダメージを受けています。

YahooプロモーションのPPC広告だって、

昔は情報商材を出稿して稼ぐ事が出来てましたが、

今では禁止されて稼ぐ事ができなくなっています。

その影響で、その時に情報商材PPCで稼いでいた人達は、

こぞって違うビジネスに参入するしかなくなりました。

ですから、そういった特定のメディアや

サービス上でビジネスを展開している以上、

「そのメディアやサービスがダメと言ったらダメ。」

なわけですから、僕達は従うしかないんですね。

例え、それが急な規約変更だったとしても、

僕たちは黙って従うしかないわけですし、

そこに依存したビジネスを展開していて、

そうなった時に大ダメージを受けるのは自分です。

自分の大事な収入源が、

「他人のメディアやサービスの状況に左右される状態」

わけですから、そんな状態で、

「この先、一生稼ぎ続ける」

なんて難しいわけなんですね。

ですから、SNSなどの特定のメディアやサービスは、

「依存するのではなく活用する」

ぐらいの心構えでやっていくべきなのです。

実際、そういった特定のメディアやサービスに

依存せずにリスクの分散を怠らなかった人達は、

今現在でも稼ぎ続ける事ができています。

これは、先ほどのアメブロを例に挙げると、

アメブロが商用目的の利用を禁止した際に、

「その影響をモロに受けた人と軽いダメージで済んだ人」

の2つに分かれた事があります。

この2つの人達の違いは何なのかというと、

前者のその影響をモロに受けた人達は、

アメブロを用いてアメブロ上だけで稼いでいた人達です。

そして、後者の軽いダメージで済んだ人達は、

そのアメブロから自分独自のブログに誘導して、

自分独自のリストを確保していた人達です。

つまり、後者の人達の「稼ぎの土台」は別にあって、

アメブロに依存せずに活用していたわけです。

自分独自のブログやメルマガリストなんかは、

何かのサービスやメディアの影響を受けることはありませんし、

急に消える事も凍結される事もありません。

自分のメディアを構築して、自分のファンを獲得して、

自分のリストにアプローチしていくわけですから、

何にも「依存」していないんですね。

だからこそ、急にアメブロの規約が変更されて、

多くの人の収入が突然0になったりしても、

その人達だけは「軽いダメージ」で済んだわけです。

ですから、あなたがこの先ネットビジネスで、

一生稼ぎ続けていきたいのであれば、必ず、

「何のメディアやサービスにも影響されない自分独自のメディア」

というのを構築する事をオススメします。

今現在、結果を出していれば出しているほど、

そういった自分独自のメディアを構築しないと、

「いつ何があって収入が0になるか分からない」

わけですから。

例え、「入口」がSNSを活用した手法だったとしても、

やはり最終的にはここを見据えておく必要があるわけですね。

結局、その時代の流行りでたまたま稼げたとしても、

その稼ぎ方が今後出来なくなるのであれば、

それは単なる「時間の無駄」ですし「リスク」以外の何物でもありません。

ですから、ビジネスでこの先稼ぎ続けたいのであれば、

ぜひ、この記事で解説した事を意識してみてくださいね。

また、自分独自のメディアやリストを獲得して、

「何をどうやって稼いでいけばいいのか?」

については下記の記事を参考にしてみてください。

早川は「何」を「どうやって」稼いでるのか?

そして、この記事で解説した

「単発的な利益より継続的な収入を得る事の重要性」

についてはコチラで理解を深めてみてくださいね。

理想的な人生リタイアの道筋とそれを可能にする継続的な収入を得る仕組みについて。

あなたがこの先ネットビジネスで稼ぎ続ける上で、

そのための明確な道筋が理解できると思いますので。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

お問い合わせは気軽にコチラから送ってくださいね。

それではまた!

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!