コピーライティングとは?その可能性と言葉のチカラをあなたが無視できない理由。

お疲れ様です、早川です。

今回は「コピーライティング」というスキルについて、

僕なりの意見や解釈を交えて解説していきたいと思います。

で、結論から言うとこのコピーライティングは、

僕たちがビジネスで稼いでいく上ではむちゃくちゃ重要なスキルです。

なぜなら、このコピーライティングは、

「ビジネスで得られる収益に直結するスキルだから」

です。

つまり、このスキルが「ある」か「ない」かで、

得られる「結果」が1桁も2桁も変わってくるという事。

それがネットビジネスやアフィリエイトの世界なら尚更で、

ネットビジネスやアフィリエイトで稼いでいこうと思ったら、

このスキルを無視する事はできません。

その具体的な理由は追って解説していきますが、

僕もこのコピーライティングスキルを、

少しだけ「身に付ける事ができた」から、

ネットビジネスやアフィリエイトで「結果」を出す事ができたのです。

そんなコピーライティングの基礎から、

「なぜ、あなたがコピーライティングを学ばなければならないのか?」

「コピーライティングを身に付ける事であなたはどうなるのか?」

について下記の動画で解説しています。

今の時代にコピーライティングを無視する事は、

マジで「賢くない」し「効率が悪い」ですから、

その必要性や重要性をぜひ上記で学んでいってください。

では、以下でその簡単な概要をまとめておきます。

そもそも、コピーライティング(Copywrithing)とは?

で、そんな「コピーライティング」ですが、

「そもそもコピーライティングって何なの?」

って方も少なくないと思うので軽く解説していきますね。

まず、そのコピーライティングの「コピー」っていうのは、

直訳すると「広告文」の事を指します。

そして、コピーライティングの「ライティング」は、

直訳すると「書く事」を指すんですね。

コピー(copy)=「広告文」

ライティング(writhing)=「書く事」

つまり、コピーライティングっていうのは簡単に言うと、

「広告文を書く事」

という風に定義する事ができるわけです。

僕は10代の頃に

この「コピーライティング」の存在を初めて知ったんですが、

当時の僕はこの「コピー」を

コピーアンドペーストのコピーだと思ってました。

だから、

「コピーライティング?人の文章をコピペするのか?」

とか思ってましたがそういう意味ではないので気を付けてください(苦笑)

コピーライティングのコピーは「広告文」のコピーです。

コピー(広告文)の2つの種類と異なる目的。

で、そのコピー(広告文)には大きく分けると2種類あって、

それが「イメージコピー」と「セールスコピー」の2つです。

それぞれの意味合いや目的は下記のような感じで、

イメージコピー→商品や会社の印象付け、イメージアップが目的

セールスコピー→読み手の反応を獲得して商品を売る事が目的

一般的には「イメージコピー」の方がイメージしやすいかもしれません。

テレビCMや看板などの企業や商品のキャッチコピーは、

その殆どがこの「イメージコピー」に当てはまります。

吉野家:はやい、やすい、うまい

JR東海:そうだ、京都行こう

ニトリ:「お、ねだん以上。」

とかが分かりやすい例ですね。

企業や商品の印象付け、イメージアップが目的のコピーです。

対して、「セールスコピー」は、

「読み手の反応を獲得して商品を売る事が目的のコピー」

になります。

で、読者さんはご存知だとは思いますが、

僕は基本的に「ビジネスで稼ぐための知識や情報」などを、

このブログやメルマガなどで発信しているので、

僕が言うコピーライティングは「こっち」の方のコピーになります

つまり、イメージコピーのライティングではなく、

「セールスコピーライティング」だという事。

そしてこのセールスコピーの目的は、

「読み手の反応を獲得して商品を売る事が目的」

なわけです。

ですから、僕が言うコピーライティングスキルとは、

「文章によって読み手の反応を獲得して行動を起こさせるスキル」

という風にイメージしておいてください。

じゃあ、それを踏まえた上で、

なぜ、コピーライティングを学ばなければならないのか?

について解説していきますが、

その理由はいたって単純で、

「セールスやマーケティングに言葉や文章は欠かせないものだから」

です。

要は、言葉や文章を一切使わなかったら、

商品は売る事は難しいという事です。

ジェスチャーだけで商品を売る事はできないし、

商品の写真だけで商品を売る事もできませんよね。

考えてみれば「当たり前」の話なんですが、

文章や言葉を用いずに商品を売る事は難しいわけです。

だからこそ、その文章や言葉によって見込み客の反応を促し、

「商品の購入」などの行動を起こさせていくこのスキルは、

稼いでいく上で「無視できない」し「必要不可欠」だという事です。

また、基本的に「ネット文化は文字の文化」と言われていて、

ネット上のコンテンツの殆どが「文章」で構成されているのが現状です。

・ブログ

・サイト

・広告(セールスレター)

・メール、etc…

そのほとんどが「文章」によって構成されています。

なので、コピーライティングのスキルは、

「ネットビジネスやアフィリエイトで稼ぐ」

という点から見ても「必要不可欠なもの」であり、

このスキルさえ身につければ、

稼いでいく上で強力な武器になると言えるわけです。

実際、動画やセミナーなんかで喋る時も、

結局は台本やシナリオがあってそれに沿って話していくので、

大元は文章、つまりコピーライティングスキルが必要だという事になります。

話す→パブリックスピーキング

書く→コピーライティング

という風に定義される事が多いですが、

細かい点を除けばこれら両者の本質は「同じ」です。

なので、仮にネット上のコンテンツが、

全て「動画や音声だけ」になったとしても(無いと思いますが笑)、

コピーライティングのスキルは必要だし色褪せないんですね。

・・というか、そもそもの話、

言葉の持つチカラは計り知れない

のです。

言葉で人は涙を流すし、笑うし、怒るし、感動します。

つまり、僕たち人間はそれだけ

「言葉(や文章)」

に感情を動かされるという事。

極端な話、いじめられたり「死ね」と言われて、

本当に自殺して死んでしまう人もいるわけですから、

「言葉(文章)にはそれだけのチカラ(パワー)がある」

わけです。

実際、売っている商品ややり方が同じでも、

このコピーの良し悪しで売り上げは1桁も2桁も変わります。

それは同じ媒体(ブログやメルマガ)などを使って、

同じような商品を同じようなやり方で売っていても、

「稼げている人と稼げていない人」

に二分されている現状を見ても明らかだとは思いますが、

それは要するにこのコピー(言葉や文章)が、

稼いでいる人と稼げていない人の「差」だったりするわけです。

ゲイリー・ハルバートという世界的に有名な、

マーケッターでありコピーライターである人は、

こんな事を言っていました。

“コピーライティングで解決しないビジネス上の問題は存在しない”

・・と。

まあこれは少し極端なのかもしれませんが、

コピー(言葉や文章)はそれだけビジネスにおいて、

重要な要素であり役割を担っているという事です。

コピーライティングを習得する事であなたはどうなるのか?

じゃあ、そんなコピーライティングを習得する事で、

あなたはどうなるのか?について話していきますが、

・文章だけで読み手の興味を掻き立て、信頼を獲得し、行動させる事ができる

・文章を書くだけで稼いでいく事ができる(書けば売れる)

・1度書いたコピー(文章)を露出し続ければ放置してても反応を取り続けてくれる(24時間365日)

・収益に直結するスキルなので年収1000万円も現実的に可能(年収数億円のコピーライターも実在する)

・収入面だけではなくて人間関係も変わってくる(人間関係=コミュニケーション=言葉)

というようなメリットを得る事ができます。

文章だけで読み手の反応を促して行動させられるし、

このスキルを身につければ「あなたが書けば商品が売れる」とか、

そういう状況に持っていく事もできます。

それに、1度書いたコピーを見込み客の目が届く場所に露出させておけば、

その間あなたは何もしなくても書いたコピーが勝手に反応を取り続けますし、

このスキルは収益に直結するので、

習得すれば必然的に得られる収入も「跳ね上がり」ます。

また、こういった収入面だけではなくて、

人間関係も良い方向に変える事ができるのも個人的にはメリットですね。

人間関係をスムーズに構築できるようになるとホントに楽ですし、

コピーライティングを習得すれば「恋愛」とかも上手くなります。

分かりやすく言うと「異性にモテる」って事ですね。

人間関係はコミュニケーションで、

そのコミュニケーションの大半は「言葉」によるものですから、

言葉によって相手の反応を促すこのスキルを身に付ければ、

ビジネスだけじゃなくて「そっち」の方でも武器になるわけです。

まあ、コピーライティングはビジネスだけじゃなく、

私生活でもめちゃくちゃ役に立つって事です。

とは言っても、

「いや、私は文章を書く事が苦手で文章力もないし、センスとか才能もないんです・・。」

という懸念点が頭の中によぎっていると思います(笑)

でも、コピーライティングを身に付ける上で、

・文章を書く事が苦手

・文章力がない

・センスや才能がない

とか、こういった要素はマジで一切関係ありません。

なぜなら、コピーライティングスキルは、

生まれ持った能力とかセンス、

才能などで決まるわけではないからです。

以前、とあるコピーライターの方がこんな事を言ってました。

“文章(ライティング)は料理(クッキング)と同じです。”

・・と。

これはどういう事かと言うと、

料理は初心者の人でもレシピ通りに作れば、

プロと同じ味の料理を作る事ができますよね。

コピーライティングもそれと同じで、

・人が行動(反応)を起こす原理原則

・人が反応(行動)を起こす文章の書き方

という「レシピ」を頭の中に叩き込んで文章に落とし込めば、

料理と同じで誰でも「売れるコピーが書ける」という事です。

僕はそれを聞いた時「確かにそうだな」って思ったんですね。

だからコピーライティングを習得して稼ぐのに、

生まれ持った能力や才能、センスなどは関係なく、

重要なのは上記のような「レシピ」を「知っているか知らないか」。

つまり、「学ぶか学ばないか」という事になるわけです。

だから僕は声を大にして、

「コピーライティングを学びましょうよ!」

って事をここであなたに伝えたいわけなんですね。

そんな「コピーライティングスキル」を習得するには?

そして、そのコピーライティングを「習得」するには、

「正しいインプットと正しいアウトプットを繰り返す」

という事が非常に大事になってきます。

ここで言うインプットとアウトプットは下記のような感じで、

インプット→読む、聞く、学ぶ

アウトプット→書く、話す、実践する

言い換えるなら、

「正しく学んで正しく実践する事を繰り返す」

という事です。

そうする事で1つ1つの知識や原理原則を、

あなた自身の「血肉」にして「モノ」にする事ができるからです。

とは言ってもこれはコピーライティングだけじゃなく、

料理やスポーツ、マーケティングなどなど、

何のスキルを身に付ける上でも「共通」する事ですよね。

いくら学んだからと言って「実践」しなければ、

そこで学んだ知識を心の底から「理解」する事はできません。

それと同じでコピーライティングの本を100冊読んでも、

それを1文字も実践に落とし込まなかったら意味がないわけです。

どれだけ膨大な知識を持っていようが、

「1文字も書いた事がないコピーライター」

なんて「ハナクソ以下」だと思います。

だから、スキルを身につけていく上では、

「学んで」「実践する」という、

インプットとアウトプットを繰り返していく必要があるという事です。

コピーライティングの知識はどうやってインプットすれば良いの?

コピーライティングのノウハウや知識なんかは、

「書籍」や「教材」などでも学べますし、

ネット上から取り入れていく事もできます。

僕も、

・ライティングノウハウやテクニック

・行動心理学の知識

・人が反応を起こす原理原則や文章の書き方

なんかはそういったところから取り入れてますし、

・テレビ通販

・大統領などの演説

・ネットやリアルの広告、看板

などにもそういったテクニックや要素が使われてたりするので、

こういったところをリサーチしてみるのも面白いと思いますね。

ちなみに僕はコピーライティングを学びまくって、

狂ったようにインプットとアウトプットを繰り返してた時に、

コピーライティングの夢を見た事があります(笑)

なんか、「ヘッドコピー」とか「3つのnot」とか「ブレット」とかが、

白い空間から襲いかかってくる夢なんですが、

その夢は結構「強烈」だったので今でも覚えています(苦笑)

(上記の単語が何なのか?は今後解説するのでご安心を!)

僕は元々金なしコネなし知識なしの3重苦でしたが、

10代の頃にコピーライティングに可能性を感じ、

「雑草魂」を振り下げて泥臭くインプットとアウトプットを繰り返してきました。

ホント、元々地頭が悪かったので亀のようなスピードでしたが、

そのおかげで今では「それなり」の文章が書けるようになって、

文章だけで商品を売って稼いでいく事ができています。

なので、この記事をここまで見てくれたあなたが、

仮に何の能力やセンスがなかったとしても安心してください。

先ほども解説した通りコピーライティングを習得し、

そこから「結果」に繋げていく上でそんなものは「いらない」です。

こんな僕みたいな国語の成績が「1」のクソ野郎でも、

「書けてる」し「稼げてる」ので、

ぜひその可能性を信じて学んで頂ければ思います。

コピーライティングとは?その可能性と言葉のチカラをあなたが無視できない理由。まとめ

というわけで、少し長くなってしまいましたが、

今回の内容を簡単にまとめると、

・コピーライティングは文章によって読み手の反応を獲得して行動を起こさせるスキル

・ビジネスで稼いでいく上で「言葉(文章)は欠かせないもの

・だからこそ、その言葉(文章で)相手の反応を促すコピーライティングスキルは必須えあり強力な武器になる

・仮にネット上から文章がなくなってもコピーライティングスキルは必要になる

・コピーライティングは文章力や才能がなくても習得し、結果に繋げていく事ができる

・そのためには、「正しく学んで正しく実践」を繰り返す事がポイント

という感じになります。

これを機に、

「僕が培ってきたコピーライティング(行動心理学)関連の知識やノウハウ」

をこのブログの方でも吐き出していくつもりなので、

興味があればぜひそれらもインプットしていってください。

→「コピーライティング(行動心理学)カテゴリ」の記事。

今回の記事や動画を見てくれたあなたが、

コピーライティングの可能性や重要性を、

理解して頂けたのであれば幸いです。

では、今回はこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お問い合わせや相談は気軽にコチラからくださいね。

それでは!

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!