脳科学に基づく「男女の違い」を踏まえた適切なコピーライティングの考え方。

お疲れ様です、早川です。

実は、男性の脳みそと女性の脳みそには違いがあって、
その影響で考え方や言動に男女で「すれ違い」が起きたりします。

なので、今回はその「男女の違い」をテーマに、
男女がすれ違う理由や事例を解説し、
よりコピーライティングで反応を獲得するための考え方を解説していきます。

下記で解説していますのでぜひ参考にしていってください。

 

さて、あなたにはこういった経験がありませんか?

・彼女と買い物に行ったら何時間も歩き回って心身ともにクタクタ・・
・彼氏と買い物に行ったらずっとつまんなそうな顔をされた・・
 
・彼女と口喧嘩になった時に全く関係のない話まで持ち出してきた・・
・彼氏と口喧嘩になった時に屁理屈ばっかでイライラした・・

こういった経験誰しも1度は経験していると思いますが、
僕たちは普段生活していると、
こういった「男女の違い」を体感する事がありますよね。

上記で挙げた例なんかはホントに「あるある」だと思うんですが、

「じゃあ、それはなぜなのか?」

っていうと「男性と女性とでは脳の構造が異なるから」なんですね。

男女の脳みその「違い」とは?

まず、男性は基本的に脳梁(のうりょう)と呼ばれる部分が細く、
女性はその脳梁(のうりょう)と呼ばれる部分が太いと言われています。

その脳梁(のうりょう)っていうのは下記の赤い部分の事で、


(※Wikipediaから引用)

「右脳と左脳をつなぐ神経の束」の事を指します。

で、男性はその「右脳と左脳をつなぐ神経の束」が細いから、

「主に論理を司る左脳を使う」

傾向にあって、女性はそれが太いから、

「感覚を司る右脳を含めた脳みそ全体を使う」

傾向にあると言われています。

だから、男女で言い争いになった場合は、
男性は話の論理性を重要視する傾向にあるのに対し、
女性は感情的になって全く関係のない話を持ち出したりするのです。
(どちらが正しいとかではなくてこれは脳の構造上仕方のない事)

ちなみに僕もつい先日女の子と電話していた時に、
僕が目薬をさしてたらその子が

「目薬はあんまりさしすぎないほうがいいよ」

って言っていたので、

「なんで?その理由と根拠は?」

って言ったら、

「ほんと理屈っぽいね!!」

って少し怒られたんですけど(笑)、
それもこの男女の考え方の違いが現れていると言えます。

その時の僕は素直に

「目薬をさしすぎない方がいい理由」

を知りたかったわけなんですが、
その子からするとそれが「理屈っぽく」聞こえてしまうわけです。

まあ、こんな僕の話はどうでもいいんですが(笑)、
先ほど例に挙げたようにこのような「男女の違い」は、

「普段の買い物」

なんかにも顕著に現れますよね。

男性のする買い物はただの「目的」なのに対して、
女性のする買い物は「快楽」を求めている傾向にあります。

だから男性は、その商品の性能やスペックなどを重要視して、
納得感のある買い物をする事が多く、
お目当の買い物が終われば速攻で店を出ますよね。

僕も紛れもなくそのタイプなんですが、
女性は「買い物でストレス発散」する傾向にあって、
買い物という行為そのものを楽しんでいる事が多いです。

だから、買い物だけで2〜3時間経つ事も多いし、
買い物に「快楽」を求めてない男性からすれは、
それがただただ辛かったりするわけですね。

つまり、ここでも男性は「論理性」を重視するのに対して、
女性は「感覚」を重視している事が少しは見て取れるかと・・。

・・なので、

男は理論で女は感覚(感情)を重視する

という事を抑えておけば、

それをビジネスやコピーライティングにも活かしていく事ができます。

だから、

・ターゲットが男性ならしっかりと論理立てた納得感のあるコピー
・ターゲットが女性なら感覚的な感情を刺激するコピー

というような感じでコピーの性質を使い分けていけば、

「それぞれ(男女)により効果的なアプローチを図っていく事ができる」

という事です。

ただ、ここで1つ注意しておいて欲しいのが、
もちろん男性でも感覚を司る右脳を使う事もあるし、
女性でも論理を司る左脳を使う事もあります。

つまり、結局はそのどちらも意識していく事が、
反応率の高いコピーを書いていく事に繋がってくるわけなんですが、
ここまで解説してきた事は絶対的なものではなく、
あくまで「そういった傾向にある」という風に抑えておいてください。

「男性は絶対にこう!」「女性は絶対にこう!」と決めつけてしまうと、
柔軟性のない頭の固いコピーしか書けなくなってしまいますからね。

その点はぜひ抑えておいて頂ければと思います。

ちなみに、僕のクライアントさんは意外に女性の方も多く、
比率的には大体「男性6の女性4」って感じなんですが、
それは僕が上記の2つとも兼ね備えたコピーを意識しているからなんですね。

つまり、

・しっかりと論理立てた納得感のあるコピー
・感覚的な感情を刺激するコピー

の両方ともを意識しているという事です。

確かに、

・ダイエット系の商品やジャンルなどであれば女性だけ
・筋トレなどの商品やジャンルなどであれば男性だけ

にフォーカスすればいいんですが、
僕がやってる「ビジネスで稼ぐ系」などのジャンルは、
男女の両方にアプローチしていく事ができます。

だから、「論理」だけじゃなく「感覚」的な部分も意識して、
1つ1つのコピーを書いているわけなんですね。

そういった部分もぜひ、参考にして頂ければと思います。

ちなみにこの

・納得感のあるコピーを書くためにはどうすればいいか?
・感情を刺激するためにはどうすればいいか?

についてはすでに下記で解説していますので、
興味があればぜひこちらも参考にして頂ければと思います。

→読み手の信用を勝ち取り、「not believe(信じない)」の壁を乗り越える方法と文章の書き方。

→【コピーライティング】読み手の「感情」を揺さぶる3つの要素【GDTの法則】

では、今回はこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お問い合わせや相談は気軽にコチラからくださいね。

それでは!

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!