【事例付き】アンカリング効果をビジネス、恋愛、日常の視点で噛み砕いて解説。

お疲れ様です、早川です。

今回は「アンカリング効果」という心理効果をテーマに、
効果的なマーケティングやコピーライティングについて話していきます。

このアンカリング効果はビジネスだけに限らず、
僕たちの身近にある心理効果の1つだったりしますので、
理解する事でより幅広い知識を身につける事が可能になります。

下記で詳しく解説していますのでぜひ参考にしていってください。

「アンカリング効果」とは?

で、今回のテーマであるこの「アンカリング効果」は、

「最初に印象に残った数字やモノがその後の判断に影響を及ぼす効果」

の事を意味します。

そしてこのアンカリングは「アンカー」という言葉から来ていて、
その「アンカー」っていうのは「碇(いかり)」の事ですね。

碇っていうのは下記のような、
船が流れないように水底に沈めておく「おもり」の事で、

最初に印象に残った数字やモノがこのアンカー(基準)になり、
その後の判断に影響を及ぼすから「アンカリング効果」というわけです。

マーケティングやコピーライティングにおける「アンカリング効果」の事例

では、それを踏まえた上で、

・マーケティングやコピーライティングにおける「アンカリング効果」の事例

について解説していきますが、
まず最も分かりやすいのが下記のような事例です。

販売価格10,000円→2,980円

というような感じで販売価格を提示しているこのコピー。

これは、あえて先に「10,000円」という価格を提示して、
通常価格はこの価格であるという事をアンカリング(基準に)し、
そのあとに「2,980円」という価格を打ち出す事によって、
見込み客や読み手に「安い」と思ってもらうテクニックの一例です。

また、商品販売のセールスレターなどにおける、

あなたはこの商品にいくらの価値を付けますか?
私はこの商品には30万円以上の価値があると思っていて、
実際にその価格で提供しようと思ったんですが・・・

というようなコピーも「30万円」という価格を
アンカリング(基準に)するためのコピーだったりします。

要は先にあえて1つのアンカー(基準)を提示する事で、
後からその基準よりも安い価格を打ち出した際に、
相対的に「安い」と思ってもらう事が可能になるわけです。

これが、まず分かりやすい「アンカリング効果」の一例ですね。

「結婚指輪は給料3ヶ月分」という風潮もデビアス社のアンカリング。

また、日本には「結婚指輪は給料3ヶ月分」という風潮がありますが、
これは元々1970年代にデビアス社が打ち出した、
ダイヤモンド広告のキャッチコピーなんですね。

要は、この

「結婚指輪は給料3ヶ月分の価格が好ましい」

という基準は自然に生まれたものではなく、
デビアス社のマーケティングの一環として“作られた”ものなわけです。

つまり、デビアス社は自社のダイヤモンドを売るために、
都合の良いアンカー(基準)を自ら作り出したという事。

その結果「給料3ヶ月分」という比較的高い価格でも、
結婚指輪は飛ぶように売れていったという背景があります。

アンカリング効果っていうのは先ほどの

販売価格10,000円→2,980円

あなたはこの商品にいくらの価値を付けますか?

私はこの商品には30万円以上の価値があると思っていて、

実際にその価格で提供しようと思ったんですが・・・

というような具体的なコピーだけではなくて、
こういった幅広いマーケッティングにも活用できるという事です。

なので・・

アフィリエイトなどの情報発信ビジネスでもアンカリング効果によって有利なマーケティングを図っていく事ができる

わけです。

例えば、

・「アフィリエイト初心者は最も稼ぎやすいトレンドアフィリエイトから」
・「ダイエットを成功させて男性にチヤホヤされるためには体重50kgが最低ライン」
・「海外で問題なく生活していくためにはTOEIC700点が最低ライン」

というようなアンカー(基準)を自ら打ち出す事によって、
見込み客にアンカリング効果を働きかけていく事ができます。

実際、

「アフィリエイト初心者は最も稼ぎやすいトレンドアフィリエイトから」

という風潮はこのネットビジネス界には広まっていて、
個人的にはこの意見には「全く賛成できない」んですが、
それでもトレンドアフィリからスタートする初心者の方は多いです。

また、ネットビジネス系だけではなく他のジャンルでも、

・「ダイエットを成功させて男性にチヤホヤされるためには体重50kgが最低ライン」
・「海外で問題なく生活していくためにはTOEIC700点が最低ライン」

というような基準を上手く作り出していけば、
あなた自身に有利なマーケティングを図っていく事ができるわけです。

なので、ぜひこの辺りのポイントは頭に入れておいてください。

日常、恋愛にもアンカリングは潜んでいる。

ちなみに、もっと身近な日常や恋愛なんかにも、
この「アンカリング効果」は潜んでいたりします。

・家を探している時もまず先に家賃高めなのに微妙な部屋を紹介されて、
 その後に家賃が安いのにいい感じの部屋を紹介されて契約してしまった。

・映画のシーズン1が面白かったから2にも期待していたらあんまり面白くなかった。

・過去に高学歴な人と付き合ってDVなどの辛い経験をした場合、
 高学歴の人を見るとこの人もDVするのかな・・と不安になってしまう。

・合コンでわざとブサイクな人達を連れていって自分の評価を上げようとする

などなど、これらも立派なアンカリング効果によるものだったりします。

不動産屋の例なら「先に紹介された家賃が高いのにビミョーな部屋」が、
映画の例なら「面白かったシーズン1」が、
DV男の例なら「過去に付き合った高学歴男にDVされた経験」が、
合コンの例なら「自分よりもブサイクな人達」が、

1つの基準となってその後の判断に影響を及ぼしているわけです。

こういった様々な事例を見る事で、
アンカリング効果への理解を深める事ができ、
より実践に落とし込んでいく事が可能になります。

ですので、ぜひ今回の内容を参考に、
あなたのビジネスに活かしていって頂ければと思います。

では、今回はこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お問い合わせや相談は気軽にコチラからくださいね。

それでは!

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!