島田紳助の「嫁さんにキャバクラに行く事を許してもらう方法」がコピーライティングでも使える件について。

お疲れ様です、早川です。

以前、何かのテレビ番組で島田紳助さんが、

「嫁さんにキャバクラに行く事を許してもらう方法」

みたいな事を話していました。

で、当時の僕は「なるほどなぁ〜」と思いながら、

その紳助さんの話を聞いてたんですが、

今回はその話をよりビジネス的な視点で解説していきます。

・・で、実はこの紳助さんが言ってた

「嫁さんにキャバクラに行く事を許してもらう方法」

は、凄腕のコピーライターやセールスマンも、

誰にもバレずにこっそり使っているようなテクニックになります。

下記の動画で解説していますので、ぜひ参考にしていってください。

では、以下でその概要とポイントをまとめておきます。

島田紳助さんの「嫁さんにキャバクラに行く事を許してもらう方法」。

で、まずその紳助さんがテレビで話していた、

「嫁さんにキャバクラに行く事を許してもらう方法」

っていうのが下記のような感じ。

紳助さん

「9時半からキャバクラ行く。少し寝るから起こしてくれ」

嫁さん

「なんであんたがキャバクラ行くの私が起こさなあかんの!」

紳助さん

「うるさいな!俺だって疲れてるんや!ええやないか!」

嫁さん

「だからなんで私が起こさなあかんねん!」

・(しばらく口論)

紳助さん

「あー、そうか、 わかった、もうえぇわ!もう自分で起きるわ!!」

・・この話をしていた紳助さんいわく、

このやり取りにどんな意味があるか?と言うと、

論点をどんどんすり替えていって、

キャバクラがどうこうじゃなくて、

“自分で起きるか起きないか”という選択肢にする

という事を言ってたんですね。

つまり、

・キャバクラに行っても良い

・キャバクラに行ったらダメ

という論点、選択肢から、

・自分で起きてキャバクラに行く

・嫁さんに起こしてもらってキャバクラに行く

という選択肢に「切り替えていた」という事です。

ここでの紳助さんの目的は「キャバクラに行く事」です。

でも、基本的に嫁さんからしたら、

旦那がキャバクラに行く事を良くは思わないでしょうし、

「行っていい?」って聞かれたら

「ダメ」って答える人も多いと思います。

だからこそ、ここで先ほどのようなやり取りをわざと行い、

・キャバクラに行っても良い

・キャバクラに行ったらダメ

という選択肢から、

・自分で起きてキャバクラに行くか

・嫁さんに起こしてもらってキャバクラに行くか

という選択肢に自然に「ズラし」ているわけです。

こうなると、結局どちらの選択肢を選んでも、

「キャバクラに行く事」は認めてしまいます。

つまり、

「自分の都合の良い選択肢を相手に与えてスムーズに目的を達成できる」

という事です。

で、実はこの「選択肢の切り替え」テクニックは、

コピーライティングやセールスの世界でもよく使われています。

ここまで解説してきたのが、

「嫁さんにキャバクラに行く事を許してもらう方法」

だったので少し馬鹿らしいなって感じもすると思いますが(笑)、

実際、このテクニックはビジネスにおいて効果テキメンだったりします。

なので、このテクニックに対する理解をより深めてもらうために、

下記で「あるセールスレター」を例に挙げて、

このテクニックを掘り下げていこうと思います。

その「あるセールスレター」っていうのが、

「ウォール・ストリートジャーナル」

のセールスレターになります。

「ウォール・ストリートジャーナル」のセールスレターにおける選択肢の切り替え。

で、このウォール・ストリートジャーナルっていうのは、

アメリカで発行されているビジネス関係の新聞(メディア)で、

「世界一売れたセールスレター」

としてよく取り上げられたりします。

今回はあくまで1つのテクニックを掘り下げるだけなので、

そのセールスレターを全て解説したりはしませんが、

このセールスレターには下記のような文章が書かれてるんですね。

まずは「お試し購読」をしてみてはいかがでしょうか。

13週間購読できて、たったの44ドルです。

これは提供している定期購読でいちばん期間の短いものですが、

この新聞を知るには十分な期間です。

さらにお得な1年間149ドルの定期購読をお選びいただくこともできます。

定価に比べて40ドル以上もお得です。

実は、ここでも「選択肢の切り替え」のテクニックが使われています。

基本的に人の脳みそは多くの選択肢を処理できません。

基本的には、

・購入する、しない

・行く、行かない

・良い、ダメ

などといった「2択」と思ってOKです。

で、このレターを読みながら読み手が抱く選択肢は、

・購読する(お金を払う)

・購読しない(お金を払わない)

の2択ですよね。

そこで、「選択肢の切り替え」の技術を使うとこの2択から、

・13週間購読する

・1年間の定期購読する

という2択に選択肢を切り替える事ができるわけです。

また、このウォール・ストリートジャーナルのレターには、

“ウォール・ストリートジャーナルを読んだ事がなければ、

どれほど役に立つか想像できないかもしれません”

というコピーがあるんですが、こちらも同様です。

こういう言い回しをする事によって、

・役に立つ

・役に立たない

から、

・役に立つことが想像できる

・役に立つことが想像できない

に選択肢を切り替えてしまうわけです。

すると、どっちの選択を選んでも「役に立つ」事は認めてしまいます。

先ほどのコピーでも「購読する」事は認めてしまい、

紳助さんの例も「キャバクラに行く事」は認めてしまう事になります。

だから、このテクニックを上手く使って行く事ができれば、

相手の選択肢を切り替えて目的まで上手く誘導する事ができるわけです。

ビジネスで見込み客に商品やサービスの購入を促す際はもちろん、

異性や友達を遊びに誘ったりする時など、

このテクニックはどんなシチュエーションでも

幅広く使っていく事ができます。

この「選択肢の切り替え」はビジネスだけに限らず、

普段の生活においても使えるテクニックなので、

ぜひ参考にしていってください。

では、今回はこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お問い合わせや相談は気軽にコチラからくださいね。

それでは!

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!