【人の欲求の根源】マズローの欲求5段階説とその賢い使い方。

お疲れ様です、早川です。

さて、今回は「マズローの欲求5段階説」について解説していきます。

この理論は高校とか大学でも教えられるらしいんですが、

ここを抑えておけばビジネスにおいても役に立つし、

日常生活においても自分自身の生活を見つめ直したりだとか、

そんな感じで幅広く役立てていく事が可能になります。

兎にも角にもビジネスで稼いでいく上では、

「人はどんな欲求をどんな時に抱くのか?」

を知っておくと強いのでぜひ参考にしていってください。

マズローの欲求5段階説とは?

で、まずこのマズローの欲求5段階説っていうのは、

「人の持つ欲求を5つの段階に分けた理論」

の事で、マズローさんという人が提唱したものになります。

そして、その5段階説を図で表すと下記のような感じで、

1.生理的欲求

2.安全欲求

3.社会的欲求

4.尊厳の欲求

5.自己実現欲求

という5つの種類の欲求を人は抱えている、というわけですね。

では、それぞれの欲求について軽く解説していきたいと思います。

1.生理的欲求

まず、マズローの欲求5段階説の1段階目である生理的欲求は、

「生命を維持するための生理的な欲求」の事を表します。

「食べたい」「飲みたい」「眠りたい」とか、

そういった生命の維持に必要な本能的な欲求の事で、

・性欲

・排泄欲

などもここにあたります。

2.安全欲求

そして、その次の安全欲求っていうのは、

「身の安全を求め、危険から逃れようとする欲求」

の事を指します。

「雨風がしのげる安全な場所に住みたい」とか、

「経済的な安定が欲しい」とかそういった感じの欲求で、

「健康体でいたい」などもこの欲求に当たりますね。

3.社会的欲求

この社会的欲求っていうのは、

「集団やコミュニティに属そうとする欲求」

の事で「所属と愛の欲求」と表される事もあります。

「家族が欲しい」とか「恋人や仲間が欲しい」とか、

そういった感じの欲求がこの社会的欲求にあたります。

4.尊厳の欲求

そしてこの尊厳の欲求っていうのは、

「他人に認められたい、尊敬されたいという欲求」

の事で、「承認欲求」とも言われます。

とにかく自分の事を

「他人に認めてほしい」「尊敬されたい」という欲求ですね。

5.自己実現

最後の自己実現欲求っていうのは、

「自分の価値観や人生観に基づいた“自分”を実現したい」

という欲求の事です。

簡単に言うと「あるべき自分になりたい」という感じですね。

つまり、ここまでの内容をまとめると下記のようになります。

1.生理的欲求→生命を維持するための生理的な欲求

2.安全欲求→身の安全を求め、危険から逃れようとする欲求

3.社会的欲求(所属と愛の欲求)→集団やコミュニティに属そうとする欲求

4.尊厳の欲求(承認欲求)→他人に認められたい、尊敬されたいという欲求

5.自己実現欲求→自分の価値観や人生観に基づいた自分を実現したい

ただ、実はこのマズローの欲求5段階説には、

後から「自己超越」という「6段階目」が、

5段階目の自己実現の後に追加されています。

なので、それを踏まえて、

「マズローの欲求6段階説」

と言われる事もあるんですが有名なのは今回の5段階説ですね。

マズローの欲求5段階説のポイントと使い方。

で、ここで抑えておいてほしい重要なポイントが、

「これら5つの欲求は“段階”で分かれていて、

ピラミッドの下の欲求が満たされて初めてその次の段階の欲求が生まれる」

という点です。

先ほど紹介したピラミッドは下記のような感じですが、

1.生理的欲求

2.安全欲求

3.社会的欲求(所属と愛の欲求)

4.尊厳の欲求(承認欲求)

5.自己実現欲求

簡単に言うと、

「1(生理的欲求)」が満たされて初めて

その次の「2(安全欲求)」が生まれ、

その「2(安全欲求)」が満たされると「3(社会的欲求)」が生まれる

という事です。

なので、極端な話「生理的欲求」が満たされてない人に、

それより上の段階の欲求を満たすものをあげても響かないわけです。

例えば、まともにご飯にありつけてないスラム街の子供に、

「この時計を付けたら周りの人達にチヤホヤされてモテますよ?」

とか言って承認欲求を刺激するものや言葉を投げかけても、

その子からしたら「そんな事より飯をくれ」ってなるわけです。

だからこそ、僕たちがビジネスで稼いでいく上では、

このマズローの欲求5段階説を踏まえた上で、

「自分のビジネスのターゲットはどの段階に属するのか?」

っていうのを把握しておかなければなりません。

そうする事で相手の望んでいるものを提供して、

そこに価値を感じてもらう事ができるからです。

言い換えれば、

「その人に響くコピーやコンテンツを作成していく事ができる」

という事ですね。

そうすれば、あなたが作成していくコピーやコンテンツと、

見込み客の間に“ズレ”が生じてしまう事もなくなるので、

ぜひ、このマズローの欲求5段階説は抑えておいて頂ければと思います。

では、今回はこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お問い合わせや相談は気軽にコチラからくださいね。

それでは!

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!