【コピーライティング】読み手の「感情」を揺さぶる3つの要素【GDTの法則】

お疲れ様です、早川です。

今回はコピーライティングにおいて非常に重要である、

「読み手の感情を刺激するコピー」について解説していくと共に、

その為に抑えておくべき「GDTの法則」を解説していきます。

で、このGDTの法則っていうのを知れば、

人間の本質というか、そういった部分に対しても理解が深まります。

なので、ビジネスで稼いでいく場合には、

覚えておいて損はない知識の1つですね。

下記で詳しく解説していますので、

ぜひ参考にしていってください。

なぜ、「感情」を揺さぶっていく必要があるのか?

まず、その「GDTの法則」について触れる前に、

「なぜ、読み手の“感情”を揺さぶっていく必要があるのか?」

について軽く触れておこうと思います。

で、基本的に人は「理性」ではなく、

「感情」で行動を起こす生き物だと言われています。

例えば、ダイエット中についつい好きなものを食べてしまうのは、

「痩せなければいけない。ダイエットしなければいけない。」

という理性より、

「それを食べたい!」

という感情を優先して行動を起こしているわけです。

そして、人はそうやって「感情」で行動を起こし、

その後に「理論」でその行動を正当化する傾向にあります。

上記のダイエットを用いて一例を挙げると、

「食べたい!」という感情で好きな食べ物を口にしてしまっても、

「でも明日から頑張れば良いよね。今日は今まで頑張ってきた分のご褒美!」

という理論で自分の行動を正当化する傾向にあるという事です。

こういったダイエットの失敗話は実際に耳にする事が多いですし、

もしかするとあなたにもこういった経験があるかもしれません。

ダイエットだけに限らず、

「理性よりも感情を優先して行動を起こした事」

って誰しも必ずあると思います。

先ほども触れた通り、

人は「理性」ではなく「感情」で行動する生き物だからです。

だからこそ、

その行動の「引き金」となる「感情」を揺さぶる事ができれば、

ビジネスやコピーライティングにおいて強い武器になるという事です。

なので「そこ(感情を揺さぶる事)」に注力していく事に、

メリットはあってもデメリットはないわけなんですね。

「GDTの法則」とは?

そして今回解説していく「GDTの法則」っていうのは、

そんな人の「感情」を大きく動かす3つの要素の事を表します。

その「G」「D」「T」が何を意味しているのかと言うと、

・Goal(ゴール)→目標

・Desire(デザイア)→欲望

・Teaser(ティーザー)→本性

を表していて、これらが人の感情を突き動かす3つの要素になります。

そして、これらはさらにそこから「3つずつ」に細分化する事ができるので、

GDTの法則っていうのは「合計9つの要素」を表す事になります。

なので、これら9つの要素をコピーに入れ込んでいけば、

読み手の「感情」を刺激して、

より高い反応を得ていく事ができるわけですね。

【GDTの法則】の「Goal(ゴール)」を構成する3つの要素。

じゃあ、「その9つの要素って何なのか?」って事なんですが、

まず1つめの「Goal(ゴール)」を構成する3つの要素が下記で、

■Goal(目標)を構成する3つの要素

・Time(時間)

・Money(お金)

・Effort(努力)

それぞれの意味合いとしては下記のような形になります。

人は何かしらの目標を達成しようとした場合に・・

・Time(時間)→時間を使いたくない

・Money(お金)→お金を使いたくない

・Effort(努力)→努力したくない

というような感じですね。

これに関しては「それ分かる分かる!」って感じで、

心当たりがある場合が殆どじゃないかなと思います。

人は極力、お金をかけずに(Money)、

素早く(Time)、簡単に(Effort)、

何かを成し遂げたいという性質があるという事です。

【GDTの法則】の「Desire(デザイア)」を構成する3つの要素。

そして「Desire(デザイア)」を構成する3つの要素は下記で、

■Desire(欲望)を構成する3つの要素

・Gleed(貪欲)

・Lust(色欲)

・Comfort(快適)

それぞれの意味合いとしては下記のような形ですね。

人は・・

・Gleed(貪欲)→富、名声、力が欲しい

・Lust(色欲)→モテたい、美しくなりたい

・Comfort(快適)→苦痛を避けたい

という強い欲望を持ち合わせているという事です。

この辺りもまあ、納得できる部分が多いですよね。

誰だってお金や権力が欲しいし(貪欲)、

モテたいし美しく(カッコよく)ありたいし(色欲)、

苦痛を避けて快適な生活を送りたい(快適)わけです。

だからこの辺りの欲求を刺激するようなコピーを書けば、

読み手の感情を揺さぶって反応を得ていく事ができるという事になります。

【GDTの法則】の「Teaser(ティーザー)」を構成する3つの要素。

また、3つ目の「Teaser(ティーザー)」を構成する3つの要素は下記で、

■Teaser(本性)を構成する3つの要素

・Scarcity→(希少性)

・Curiousty→(好奇心)

・Controvesy→(反社会性)

それぞれの意味合いとしては下記のような形ですね。

人は・・

・Scarcity(希少性)→珍しい、希少性が高いものが気になる

・Curiousty(好奇心)→好奇心や興味がそそられるものが気になる

・Controvesy(反社会性)→社会に反するような過激なものが気になる

という本性(性質)を持っているという事です。

以前、読み手の興味・関心を掻き立てるには、

・希少性(限定性)

・反社会性

を入れ込んだコピーが効果的だという話をしましたが、

→【コピーライティング】読み手の興味関心を掻き立て「not read(読まない)」の壁を乗り越える方法と文章の書き方。

それはここから来ている形になります。

一応、上記の英語それぞれの読み方を書いておくと、

・Scarcity(スケアシティー)

・Curiousty(キュリオシティー)

・Controvesy(コントロバーシー)

というような感じです(合ってますよね?笑)。

いかんせん僕は中学すらまともに行ってないので、

こういった「見慣れない横文字」には弱いんですが、

ぜひ、こういった人の本性も抑えておいてください。

「GDTの法則」のまとめとそれぞれの傾向の「強弱」について。

というわけで、一応ここでGDTの法則の、

それぞれの要素や意味合いについてまとめておくと、

■Goal(目標)を構成する3つの要素

・Time(時間)→時間を使いたくない

・Money(お金)→お金を使いたくない

・Effort(努力)→努力したくない

■Desire(欲望)を構成する3つの要素

・Gleed(貪欲)→富、名声、力が欲しい

・Lust(色欲)→モテたい、美しくなりたい

・Comfort(快適)→苦痛を避けたい

■Teaser(本性)を構成する3つの要素

・Scarcity(希少性)→珍しい、希少性が高いものが気になる

・Curiousty(好奇心)→好奇心や興味がそそられるものが気になる

・Controvesy(反社会性)→社会に反するような過激なものが気になる

というような感じで、人はこれらの要素に、

「感情」が揺さぶられる傾向にあるという事を知っておいてください。

そしてこれらは「G」→「D」→「T」の順番で、

感情が揺さぶられる傾向は強くなると言われています。

つまり、それぞれを「弱」「中」「強」という、

扇風機のボタンみたいな感じで表すと、

弱:Goal(目標)を構成する3つの要素→お金、時間、努力

中:Desire(欲望)を構成する3つの要素→貪欲、色欲、快適

強:Teaser(本性)を構成する3つの要素→希少性、好奇心、反社会性

という形になります。

なので、ぜひこれらの要素を入れこめる場合は、

積極的にコピーに入れ込んでいって頂ければと思います。

では、今回はこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お問い合わせや相談は気軽にコチラからくださいね。

それでは!

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!