読み手の信用を勝ち取り、「not believe(信じない)」の壁を乗り越える方法と文章の書き方。

お疲れ様です、早川です。

今回のテーマは、

「読み手の信用を勝ち取り、not believe(信じない)の壁を乗り越えるコピーライティング」

です。

下記の動画で解説していますので、ぜひ参考にしていってください。

では、以下でその概要とポイントをまとめておきます。

「興味の壁」を超えた後は「信用の壁」を越える必要がある。

で、まず大前提として「興味の壁」を超えた後は、

「信用の壁」を越える必要があります

信用されなければ見込み客は、

「行動(つまり商品の購入)」

を起こしてくれないからです。

そして、読み手の興味関心を掻き立てて、

「not read(読まない)」の壁を超えたとしても、

その段階の見込み客は読んではくれても、

まだあなたの事を信用してはいません。

だから、「not read(読まない)」の次は、

この「not believe(信じない)」を克服していく必要があるわけです。

そしてその「not believe(信じない)」は、

・セールスレターならレター内のコピー

・ブログ記事なら記事の本文

・メルマガならメール本文

・YouTube動画なら動画内

などの読んでもらった「次」の段階で克服していく形ですね。

じゃあ、その「信用」は何から生まれる?

そして、読み手の「信用」を獲得していく上で、

「誠実さ」っていうのは大前提になるわけなんですが、

今回のテーマである「信用」っていうのは「共感」から生まれ、

その「共感」は「理解」から生まれます。

つまり読み手の立場に立つと下記のような順序ですね。

「理解」→「共感」→「信用」

だから信用を獲得していく上では共感が必要であり、

その共感を得ていく上では言ってる事を理解してもらう必要があるという事。

そしてそれに加えて「言葉(文章)の説得力」っていうのも、

あなたの信頼性を高めていく上で非常に重要なポイントになります。

なので、ここからは僕が普段から使っている「効果実証済み」の、

「読み手の信用を獲得する7つのテクニック」

っていうのを下記で掘り下げて解説していきたいと思います。

読み手の信用を獲得する7つのテクニック

で、その「読み手の信用を獲得する7つのテクニック」というのが下記。

・理由付けの原則

・証拠の提示(エビデンス)

・一貫性の原理

・何事も具体的に描写する

・自信を感じさせるような文章を意識する

・ハロー効果(権威性の主張)

・反論→論理

これら7つのテクニックはそこまで難しいものではなく、

なおかつ非常に効果の高いテクニックになりますので、

ぜひ参考にしていってください。

では、これらを1つ1つ解説していきます。

・理由付けの原則

これは簡単に言うと、

「どんなに小さな主張や物事にも必ず理由を一緒に提示する」

というテクニックです。

なぜなら、人は主張や物事に「理由」があるだけで、

信用してしまいやすい傾向にあるからです。

その事例として下記のような面白い事例があります。

■コピー機で下記のようなお願いをした(「影響力の武器」より引用)

 「5枚なんですけど先にコピーを取らせてください。」

コピー機を譲ってもらえた確率:60%

「5枚なんですけど“急いでいるので先にコピーを取らせてください。」

コピー機を譲ってもらえた確率:94%

「5枚なんですけど“コピーを取らなければならないので”先に取らせてください。」

コピー機を譲ってもらえた確率:93%

この事例は「影響力の武器」という本で紹介されていたものですが、

上記の事例を見ると、

「お願いに“理由を添えるだけ”でコピー機を譲ってくれる確率が上がっている」

という事が分かります。

そしてそれだけでも十分面白いんですが、

さらに注目して欲しいのが、

3つ目の“理由になっていない理由”でも、

コピー機を譲ってもらえた確率が上がっているという事です。

「コピーを取らなければならないので」

という理由はよくよく考えてみれば、

「コピー機を譲ってもらう理由」にはなりません。

だって、コピー機を譲ってくれた人も、

“コピーを取らなければいけない”わけですからね。

にも関わらず多くの人がコピー機を譲ってくれたわけですから、

この事から、

「人は主張や物事に“理由”があるだけで信用してしまいやすい」

という事が分かるわけです。

だからこそ、どんなに小さな主張や物事にも、

必ずその理由や根拠を一緒に提示していく事で、

「信用」を積み重ねていく事が可能になり、

それが読み手の「行動」に繋がってくるという事ですね。

私はこう思います→なぜ?

この商品はオススメです→なぜ?

私はこういう事をします→なぜ?

というような感じで「なぜ?」の部分に理由や根拠を添えていく。

そして、その理由や根拠が納得できるものであればあるほど、

あなたの文章の「説得力」が増し、

それが「信用」に繋がるという事です。

ただ、ここで1つだけ注意しておいて欲しいのが、

上記のコピー機の事例のような理由になっていない理由は、

コピー(文章)で信用を獲得していく上ではあまり有効ではありません。

特に、ネット上でのコピー(文章)なんかであれば読み手は、

「この理由が正しいのか間違っているのか?」

を考えて判断する事ができるからです。

なので、主張に対する理由や根拠を提示していく際は、

極力「納得できるようなもの」を提示していく事が好ましいですね。

・証拠の提示(エビデンス)

「百聞は一見にしかず」という言葉もある通り、

「証拠があるならその証拠を画像や資料で見せる」

という事も信用を獲得する上では重要なポイントです。

・データ

・画像(写真なども含め)

・テスティモニアル(お客様の声)

・etc…

などなど、打ち出せる証拠はどんどん打ち出していった方が良いです。

「読み手の信用を得る」という事においては、

どんな言葉や文章よりもこういった「証拠」や「資料」などが、

効果を発揮する場合もあるからです。

「こんな結果が出ました」って言うんだったらそのデータを。

「◯◯に行ってきました」っていうんだったらその写真を。

「この商品は多くの人に満足してもらってます」

って言うんだったらそのお客様の声を実際に提示するって事ですね。

・一貫性の原理

これは簡単に言うと、

「言っている事に一貫性を保つ(コロコロ変えない)」

って事です。

(心理学用語の「一貫性の原理」はまた少し違った意味合いです)

よく、ネット上には「言ってる事がコロコロ変わる人」がいます。

やれ「仮想通貨」だやれ「アフィリエイト」だ、

こんな感じでただ単にその時のブームに乗っかって、

言ってる事が“ブレブレ”な人とかがそうですね。

で、これはネットだけに限らずリアルの世界でもそうですが、

「言ってる事がコロコロ変わる人」

って基本的に信用できないですよね。

それと同じです。

仕事とかでも、

「いやいや、コイツこの間と言ってる事違うやんけ!」

みたいな経験あると思います。

そんな事をやってしまうと簡単に読み手の「信用」を損ねてしまうので、

僕たちがコピーライティングで読み手の「信用」を勝ち取り、

そこから「結果」に繋げていく為にはこの点には注意しておきたいですね。

ただ、勘違いしないで欲しいのが、これは、

「過去に1度言った事を変えてはいけない」

というわけではない、という事です。

自分自身が成長していく事で過去の自分と、

言いたい事や意見が変わってくる場合もありますので、

その辺は勘違いしないようにして頂ければと思います。

・何事も具体的に描写する

基本的に、何事も具体的に描写すればするほど、

現実味(リアリティ)が増します。

例えば、

僕はただの普通のサラリーマンだったんですけど、

ひょんな事からネットビジネスを始めて、

そんなこんなで月収100万円突破しました。

という人と、

僕はこういう風に育ってこういう会社に就職して、

こういった経緯でこんな出来事があってネットビジネスを始めました。

そして、こういう事をこういう風にやったら、

これくらいの期間で月収97万円を突破しました。

という人。

「どちらの人のエピソードの方が信用できるか?」

は明白ですよね。

明らかに「後者」の人の方が信用できると思います。

で、それはなんでかって言うと、

前の人に比べて「話が具体的だから」ですよね。

実際、ネットビジネス業界には、

僕はただの普通のサラリーマンだったんですけど、

ひょんな事からネットビジネスを始めて、

そんなこんなで月収100万円突破しました。

みたいな事をブログやSNSに書いてる人がいるんですが、

ハッキリ言って「胡散臭い」と感じると思います。

それって簡単に言うと「具体的じゃない」から、

「怪しい」とか「胡散臭い」とか思うわけです。

仮に上記の月収100万円エピソードが本当だとしても、

それを具体的に描写しなければ、

そのエピソードを信用してもらう事は難しいです。

だからこそ、

「何事も具体的に描写する」

っていうのは読み手の信用を獲得していく上で、

非常に重要なポイントであり有効なテクニックになります。

・自信を感じさせるような文章を意識する

また、「曖昧な表現ではなく断言する」事によって、

自信が感じられるような文章を意識するのも1つのポイントです。

例えば、

「コピーライティングは絶対に必要です。」

「多分、コピーライティングは必要だと思います。」

上記のコピーを見比べれば分かるように、

「曖昧な表現」っていうのを避けて「断言する(言い切る)」事で、

そこから自信が感じられて文章の説得力が増します。

だからこそ、何かに対する意見を述べる時とか、

そういった場合は自信を持って断言すると、

説得力のあるコピーを書いていく事が可能になります。

・ハロー効果(権威性の主張)

また、人は「権威のある人の意見」っていうのを、

盲目的に受け入れやすい(信じやすい)傾向にあります。

白衣を着た人の言う事であれば、

どんな人も聞き入れてしまうみたいなイメージですね。

例えば、「有名な◯◯さんが言ってたよ」とか、

「あの人もオススメしている」とか、

そんな感じで権威ある人の言葉や意見を借りれば、

あなたの主張や根拠の「信頼性」を高めていく事ができるわけです。

また、誰もが知っているような権威ある人だったり、

その業界において有名な人の言葉や意見を借りれば、

より強い「説得力」をあなたのコピーに持たせていく事ができます。

特に日本人はこういった権威に「弱い」傾向にあるので、

上手に使えばこのテクニックは非常に効果的なものになりますね。

・「反論」→「論理」

そして、この「反論→論理」っていうのは、

「読み手が抱くであろう反論をあえて打ち出し、それを打ち消す論理の提示する」

テクニックです。

要は、「これを言ったら読み手はこう思うだろうな」という事を、

あえて自分から打ち出してそれを論理で打ち消していくわけです。

そこで納得させる事ができれば、

読み手により強い「信頼感」を与える事が可能になります。

例えば、僕は以前の記事で、

「コピーライティングは習得するべきだ!」

という事を書きましが、

→コピーライティングとは?その可能性と言葉のチカラをあなたが無視できない理由。

ただ、僕はその時、

「これ書いたら『文章力や才能が必要なんじゃ・・』って思われるだろうな」

って思ったんですよ。

だから、

コピーライティングには文章力や才能とかが必要と思うかもしれません。

でも、実際そんなのは必要ありません。

なぜなら、ライティングとクッキングは同じだから〜・・。

というような感じであえて反論意見を自分から打ち出し、

後からそれを打ち消す論理を提示していったわけです。

このテクニックも身に付ければ、

「より強い納得感を読み手に与えてそこから信用を勝ち取っていく」

という点において非常に使えます。

もちろん、その為には、

「これを言ったら相手はどう思うだろう?」

って事に気を配りながらコピーを書かなければいけません。

ただ、多くの人がそんな「読み手に寄り添ったコピー」ではなく、

「自己中心的なコピー」を書いている以上、

そういった部分に目を向けて気を配っていくだけで、

低レベルなライバルなんかは「ぶっこ抜く」事ができます。

ぜひ、参考に実践してみてください。

読み手の信用を勝ち取り、「not believe(信じない)」の壁を乗り越える方法と文章の書き方。まとめ

というわけで、ここまで色々と解説してきて、

主に僕が普段から使っている効果実証済みの、

「読み手の信用を勝ち取る7つのテクニック」

についてあれこれ解説してきました。

一応、そのテクニックを軽くおさらいしておくと、

・理由付けの原則

→どんなに小さな主張や物事にも必ず一緒に理由を提示する

・証拠の提示(エビデンス)

→百聞は一見にしかず、証拠や資料を提示する事で信頼性を高める事ができる

・一貫性の原理

→言っている事に一貫性を保ち、意見をコロコロ変えないようにする

・何事も具体的に描写する

→そうする事によって信頼性の高いコピーを書く事ができる

・自信を感じさせるような文章を意識する

→何事も曖昧ではなく断言する事によって文体から自信を感じさせる事ができる

・ハロー効果(権威性の主張)

→権威ある人の意見や言葉を借りる事であなたの主張や根拠の「信頼性」を高めていく事ができる

・反論→論理

→「これを言ったらこう思うだろうな」という事をあえて自分から打ち出し、それを論理で打ち消していく

という感じになります。

そして、これらの信用を勝ち取るテクニックは、

普段の生活におけるコミュニケーションでも、

大いに活用していく事が可能です。

例えば、仕事や恋愛、友人知人との付き合いなどの際に、

・言っている事を信用してほしい

・言ってる事に説得力を感じさせたい

というようなシチュエーションがあると思いますが、

こういった場合にはもってこいのテクニックです。

ですので、今回ここまで解説してきた内容は、

ぜひビジネスだけに限らずあなたの私生活においても、

存分に活かして頂ければと思います。

では、今回はこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お問い合わせや相談は気軽にコチラからくださいね。

それでは!

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!