【コピーライティング】読み手の興味関心を掻き立て「not read(読まない)」の壁を乗り越える方法と文章の書き方。

お疲れ様です、早川です。

今回は、前回の記事で解説した「3つのnot」の、

「not read(お客さんは読まない)」

の壁を乗り越えるための方法と文章の書き方について、

解説していきたいと思います。

前回の記事はコチラ:

→売れるコピーライティングの基礎:「3つのnot」という考え方と早川の失敗。

これら3つのnotを乗り越えていく為の方法は、

コピーライターだけに限らず、

ネットビジネスやアフィリエイトを実践している方にも、

ぜひ知っておいてほしい内容になっています。

その方法やポイントを抑えていけば、

見込み客の反応を絶対に取れるからです。

下記の動画で詳しく解説していますので、

ぜひ最後まで見ていってください。

では、以下でその概要とポイントをまとめておきます。

「not read(読まない)」を克服するためのコピーライティング。

で、さっそく本題に入っていく前に、

コピーライティングの基本的な考え方として、

・そもそも見込み客はあなたの文章や広告を読もうとは思っていない

・「読まれない」とそこから反応を取るどころかスタートラインにすら立てない

という事をまず理解しておかなければなりません。

「広告を見よう!」と思ってネットサーフィンする人はいないし、

読んでもいない広告の商品を購入する事もあり得ませんよね。

つまり、僕たちがコピーを書いて読み手の反応を獲得し、

「商品やサービスの成約」

という目的を達成させていく為には、

“「読もう」と思っていない人にコピーを読ませていく”

事がその1歩目になるわけです。

・・じゃあ、その「読む」「読まない」は“何”で判断されているのか?

それは、

・セールスレターならヘッドコピー(1番最初に目に入る部分のコピー)

・ブログ記事なら記事タイトルや冒頭の文章

・メルマガならメールの件名

・インターネット広告ならそこに書かれているキャッチコピー

・YouTube動画なら動画タイトルやサムネイル画像

などで基本的には「判断」される傾向にあります。

その証拠に、上記のような部分で、

イマイチ興味がそそられないものを、

読んだり見たりする人は少ないと思います。

少なくとも、僕なら読まないし見ないです。

だからこそ、僕たちがコピーライティングを活かし、

アフィリエイトやネットビジネスで「反応」に繋げていく為には、

上記のような「判断基準」となる部分で、見込み客に、

「この先が気になるから読んで(クリックして)みよう。」

と思わせる事が重要になるわけです。。

というか、これ以外の目的をこの段階で持たせる必要はありません。

なぜなら、「信用の壁」や「行動の壁」なんかは、

「その後」

に乗り越えていけばいいだけの話だからです。

まあ「ブログ」や「YouTube動画」などであれば、

SEO的な観点からキーワードを入れ込む事も意識する必要はあります。

でもセールスレターやメルマガではその点は別に意識する必要はなく、

「読み手の興味・関心を高めて読んで(クリックして)もらう事」

だけに注力していけば良いわけです。

だから、この「判断基準」となる部分で、

「この先が気になるから読んで(クリックして)みよう。」

と思わせる仕掛けが必要になるという事。

その仕掛けの事を「開封ギミック」と呼んだりしますが、

特にDRMなんかはメールを呼んでもらってナンボなので、

このメールを開いてもらう仕掛け(開封ギミック)が、

重要な要素の1つになったりするわけです。

→DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とは?分かりやすい事例と莫大なメリット。

見込み客にあなたのコピーを「読んでもらう」ためには?

じゃあ、それを踏まえた上で、

「見込み客にあなたのコピーを読んでもらう為にはどうすれば良いのか?」

なんですが、その際は下記の2つを意識すると良いです。

・コピーで読み手の興味・関心を掻き立てる

・読み手がそのコピーを「読む理由」を与える

では、1つずつ解説していきます。

・コピーで読み手の興味・関心を掻き立てる

コピーで読み手の興味・関心を掻き立てる為には、

下記の「7つのキーワードコンセプト」を意識すると、

反応が取れやすくなります。

・代名詞:あなた、

・新しさ:最新の、これまでに無かった、etc…

・意外性:ありえない、あっと驚く、そんな馬鹿な、etc…

・緊急性:今すぐ、◯日後に、etc…

・希少性:ここだけの、誰も知らない、世界に◯個しかない、etc…

・反社会性:非常識すぎる、非人道的な、合法的に、悪用、etc…

・ベネフィット:無料で、ストレスフリーな、理想的な◯◯を、etc…

人は上記のようなキーワードに「感覚的に反応を起こしてしまう」からです。

ただ、ここで1つだけ注意しておいてほしいのが、

「反社会性」はあくまでスパイスとして活用するという事。

反社会性のあるキーワードは、

多様しすぎると胡散臭さが出てしまうからです。

“【悪用厳禁】元ヤクザが教える非人道的かつ合法的なお金の作り方”

上記のコピーは「遊び半分」で

反社会性のキーワードを盛り込んだものですが、

確かに興味はそそられるけど胡散臭いとも感じますよね(笑)

つまり興味は惹けるけどその次の「信用」はされにくくなるわけです。

なので、反社会性のあるキーワードはあくまで「スパイス」として、

盛り込み過ぎないようにしていくと良いと思います。

・読み手がそのコピーを「読む理由」を与える

で、こちらに関しては簡単に言うと、

「そのコピーを読む事で自分(読み手)がどんなメリットを得られるのか?」

を読み手にハッキリと伝えてあげるという事です。

・知りたい情報が得られる

・役に立つ情報が得られる

・無料で商品を手に入れる事ができる

・無料で参加できる、etc…

などなど、

「これを読む事であなたはこんなメリットが得られますよ」

って事をハッキリと伝えてあげるわけですね。

「自分にメリットが得られる」→「だから読もう」

っていう考えはごくごく自然で当たり前の流れです。

なので、読み手の興味関心を高めていく際は、

こういったポイントも意識してみてください。

読み手の興味・関心を掻き立てる「開封ギミック」の事例。

また、具体的な数字を入れ込んだコピーや、

あえて「謎」を残すようなコピーも、

見込み客の興味を惹きやすいです。

例えば、

「多くの女性がダイエットに成功した方法とは?」

というコピーよりも、

「41人の女性がたったの28日で平均3.7kg痩せたダイエット方法」

の方が「おっ」となってしまいやすいですよね。

また、上記のコピーを

「たったの28日で97.4%の女性が平均3.7kg痩せた◯◯とは?」

というような感じにして「謎」を残す事で、

「この◯◯を知りたいが為に読ませていく事」

も可能になるわけです。

こういった開封ギミックは僕もたまに使うんですが、

何の工夫もしていないコピーよりかは、

明らかに「反応」が取れるので覚えておいて損はないと思います。

ただ、

「誇大な開封ギミックは逆効果になってしまう」

という事も必ず覚えておいてください。

あからさまに「釣り」のようなコピーを書いて、

内容がそのコピーに伴っていなかったら、

読み手の「信用」を損ねてしまうからです。

それに似た「事例」として下記のような事例があります。

■芸能BANGというテレビ番組が打ち切りになった事例

同番組は5月4日放送の2時間特番で、お笑いコンビ「オセロ」の中島知子と占い師の同居騒動を特集した。新聞のテレビ欄に「騒動の占い師が謎の同居生活全貌激白」などと、占い師本人がスタジオに来るかのように掲載し、放送中も同様の告知を繰り返した。

しかし実際に出演したのは、この占い師と同居したことがある別の占い師。同局には視聴者から多数の苦情が寄せられ、放送後に公式サイトに謝罪文を掲載した。

参照元:Yahoo!ニュースhttps://news.yahoo.co.jp

つまり、誇大なキャッチコピーを用いて、

多くの視聴者の興味・関心を集めたは良いものの、

そのキャッチコピーが嘘だったが為に、

多くの視聴者の反感を買ってしまったという事。

この「芸能BANG」という番組は、

そういった事が原因で打ち切りになってしまったのです。

いくら読み手の「興味」を集めたとしても、

そこから「信頼」に繋げなければ、

「行動」に繋げる事も難しくなってしまいます。

という事は、結果的に「稼げなくなる」という事。

なので、信頼や行動といった「次」の反応に繋げていく為にも、

開封ギミック(読み手に読んでもらう仕掛け)のやりすぎには、

注意しておいて頂ければと思います。

読み手の興味関心を掻き立て「not read(読まない)」の壁を乗り越える方法と文章の書き方。まとめ

というわけで、ここまでの内容をまとめると、

・コピーが読まれなければそこから反応を取るどころかスタートラインにすら立てない

・だから「この先が気になるから読んでみよう」という興味や関心を掻き立てる必要がある

・逆に「not read(読まない)」の壁を越えるためにこれ以外の目的を持たせる必要はない

・「7つのキーワードコンセプト」をコピーに入れ込めば読み手の興味を高めていく事ができる

・それと併せて読み手に「そのコピーを読む理由」を与えていく事も効果的

・ただ、誇大過ぎる開封ギミックは読み手の信頼を損ねる可能性が高いので注意が必要

というような感じになります。

この記事の冒頭でも触れた通り、

「コピーを読んでもらう事ができなければその次はない」

ので、ぜひ今回解説した内容を参考に、

あなたのビジネスに活かしていってください。

では、今回はこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お問い合わせや相談は気軽にコチラからくださいね。

それでは!

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!