売れるコピーライティングの基礎:「3つのnot」という考え方と早川の失敗。

お疲れ様です、早川です。

今回はコピーライティングの基礎的な考え方である、

「3つのnot」

という考え方を解説していきたいと思います。

下記の動画で詳しく解説していますので、

ぜひ参考にしていってください。

では、以下でその簡単な概要をまとめておきます。

コピーライティングの「3つのnot」とは?

まず、この「3つのnot」って何なのか?と言うと、

「コピーライターが超えなければならない顧客心理の3つの壁」

の事です。

要は、僕達が文章で何かしらの商品を売っていく際、

その文章や広告を読んでいるお客さんの心理には3つの壁があり、

その3つの壁の事を「3つのnot」という風に定義されているわけです。

で、その「3つのnot」っていうのが下記の3つで、

・not read(お客さんは「読まない」)

・not believe(お客さんは「信用しない」)

・not act(お客さんは「行動しない」)

とにかくお客さんは読まないし、信用しないし、行動しないという考え方です。

言い換えるなら、

・not read(お客さんは「読まない」)→「興味」の壁

・not believe(お客さんは「信用しない」)→「信用」の壁

・not act(お客さんは「行動しない」)→「行動」の壁

という3つの壁をコピーライターは超えなければならないという事ですね。

だから、コピーライティングで商品を売っていく時は、

「これら3つの壁を1つ1つ「順番」に乗り越えるためのコピー(文章)」

を書く必要があり、そこで初めて、

「商品の購入という行動」

をお客さんに起こしてもらう事が可能になるわけです。

これがコピーライティングの「3つのnot」という基礎的な考え方です。

コピーライティングの「4つのnot」とは?

また、この3つのnotに「もう1つのnot」を加えて、

「4つのnot」

という風に解説されていたりします。

4つのnotの場合は「not read(お客さんは読まない)」の前に、

「not open(お客さんは開かない)」を加えていく形ですね。

■コピーライティングの「4つのnot」

・not open(お客さんは「開かない」)

・not read(お客さんは「読まない」)

・not believe(お客さんは「信用しない」)

・not act(お客さんは「行動しない」)

要は、その広告やセールスレターなどを「読む」前に、

「お客さんはその広告やセールスレターすら開かない」

というような考え方です。

ただ、この「not open(お客さんは開かない)」も、

「not read(お客さんは読まない)」も総じて、

「興味の壁」

になるので今回はあえてベーシックな「3つのnot」を、

解説させて頂いた形になります。

コピーライティングの「3つのnot」を乗り越える際のポイント。

そして、これら3つの壁を乗り越えていく際は、

1つ1つ「順番」に超えていく必要があります。

要は、

1.「興味」の壁(開かない、読まない)

2.「信用」の壁(信用しない)

3.「行動」の壁(行動しない)

という順番で上から順に乗り越えていく必要があるという事。

「興味」を持たせていく前に「信用」させるとか、

「行動」を起こさせる後に「興味」を掻き立てるとか、

そういうちぐはぐな順序じゃダメだって事ですね。

見込み客が商品を購入するプロセス(過程)も、

1.商品に「興味・関心」を抱く

2.書いてある内容を「信用」する

3.「行動」を起こして商品を購入する

という順序だからです。

なので、その順序に沿ってコピーを書かなければ、

「最終的な目標(商品やサービスを購入してもらう事)」

を達成する事ができなくなってしまうわけですね。

実際、1度コピーを書いてみると痛感するんですが、

本当にお客さんは読まないし信用しないし行動しないんですね。

これは、僕が初めて商品販売を促すセールスレターを書いてみて、

肌で感じて学んだ事の1つです。

「読んでくれるだろう」って思っても読まれない・・

「信用してくれるだろう」って思っても信用されない・・

「行動してくれるだろう」って思っても行動してくれない・・

当時のコピーライティングの「コ」の字も知らなかった僕は、

「信用して」って言ったら信用してくれると思ってたし、

「買ってください」と言えば買ってくれるだろうって思ってたんですね。

でも、実際はそんな事なくて、商品の購入どころか、

僕が書いたそのセールスレターは読まれてすらなかったのです。

まあそれは今考えれば当たり前の話で、

当時の僕はその3つの壁を乗り越える為の努力や、

コピー(文章)を書いていなかったからなんですが・・

そうやって「失敗」してしまった経験があるからこそ、

僕はこの「3つのnot」の重要性を痛感しているわけなんですね。

「売れるコピー」と「売れないコピー」

つまり、この「3つのnot」という考え方を踏まえると、

「売れるコピー」っていうのは、

■「売れる」コピー

・「読んでみよう」という興味、関心が湧く

・書いてある内容が信用できる

・行動を起こす理由がある

そんなコピーこそが「売れるコピー」であり、

■「売れない」コピー

・「読んでみよう」という興味、関心が湧かない

・書いてある内容が信用できない

・行動を起こす理由がない

ようなコピーは「売れないコピー」になるわけです。

なので、あなたが「売れるコピー」を書いて、

文章で商品を売って稼げるようになる為には、

・読み手の「興味・関心」を掻き立てる方法や文章の書き方

・読み手の「信用」を獲得する方法や文章の書き方

・読み手に「行動」を起こさせる方法や文章の書き方

などを「抑えていく必要がある」という事になります。

これらを抑えないと上記のような、

「売れないコピー」

しか書けないという事になってしまいますからね。

なので、ぜひ今回解説した「3つのnot」という考え方は、

コピーを書く際は頭の中に入れておいて頂ければと思います。

そして上記のような、

・読み手の「興味・関心」を掻き立てる方法や文章の書き方

・読み手の「信用」を獲得する方法や文章の書き方

・読み手に「行動」を起こさせる方法や文章の書き方

などはこのブログやYouTubeの方で解説していくので、

興味があればぜひそちらの方も参考にしていってください。

→【コピーライティング】読み手の興味関心を掻き立て「not read(読まない)」の壁を乗り越える方法と文章の書き方。

→読み手の信用を勝ち取り、「not believe(信じない)」の壁を乗り越える方法と文章の書き方。

→読み手の行動を駆り立て、「not act(行動しない)」の壁を乗り越える方法と文章の書き方。

では、今回はこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お問い合わせや相談は気軽にコチラからくださいね。

それでは!

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!