情報発信ビジネスで希少性の法則を活用し、「唯一無二」になる方法。

お疲れ様です、早川です。

ここ最近、僕の元に、

「情報発信を実践してるんですけど、いまいち結果が出ないんです。」

という内容の相談が後を絶ちません。

以前にもそういった内容の質問が「殺到」して、

その「原因と解決策」について触れた事もありましたが、

参考:情報発信型ブログアフィリエイトで稼げない人に多い共通点と「リサーチ」の重要性について。

その類の質問や相談がまた多くなってきましたので、

「これは記事にしておいた方が良さそうだな」

という事で、今回は1つ、

「簡単に“あなた自身”の価値を底上げする方法」

について解説します。

ちなみに、この方法は1円もかけずにあなたの価値を底上げでき、

応用すれば情報発信以外のビジネスでも活用していく事ができます。

これは結構、僕の個人コンサル生の方とかには教えていて、

「効果実証済み」の方法になりますので、

ぜひ取り入れて頂ければと思います。

情報発信ビジネスで簡単に“あなた自身”の価値を底上げする方法

で、まず僕が情報発信ビジネスを教えていく上でよく言うのが、

「他の人じゃ真似できない唯一無二の存在になろう」

という事です。

そもそも、そのモノ(商品やサービス)の価格や価値っていうのは、

需要と供給によって定まり、珍しいものの価格は高くなっていきますよね。

オークションなどで商品の値段がせり上がっていくのだって、

その商品は1つしかないのに欲しい人が何人もいて、

入札価格をどんどん高くしていくからです。

ダイヤモンドなどの宝石が高いのも「珍しい」からで、

そこら辺の道端にダイヤモンドが落ちまくっていたら、

別に珍しくも何ともありませんから、価格が高くなる事はないですよね。

つまり、珍しいっていうのは1つの価値の形なわけです。

供給が限られているにも関わらず、

「そこ」に対する需要が大きいわけですね。

で、これは希少性の法則と言って、

コピーライティングでもよく言われる法則の1つになります。

例えば、商品の販売数を「あえて少なく」したり、

「限定品」っぽい感じを打ち出している商品とか、

よく見かけると思います。

それは、そうやって販売数を少なくしたり限定品っぽく見せていく事で、

その商品の「希少性」をアピールして、

価値を底上げしているわけなんですね。

そうすれば、珍しくも何ともない商品よりも、

多くの人達の心を掴み、売っていく事が可能になるからです。

そして、僕が提唱している情報発信では基本的に、

「自分独自の価値観や考え方、体験」

などをブログなどの媒体で発信し、

そこからビジネスを展開していきます。

つまり、「他の誰も真似できない」という事です。

なので、

「発信していく情報やコンテンツ(コンサルやサポートなども含め)」

などに、この希少性の法則がめちゃくちゃ働くんですね。

情報発信ビジネスには「希少性の法則」がめちゃくちゃ働く?

これはどういうことかと言いますと、

例えば、僕には僕にしかしていない経験があり、

僕にしか発信できない情報や僕にしか話せない話があります。

つまり、

「それらを供給できるのがそもそも僕1人しかいない」

わけです。

だから、僕の発信する情報や僕のコンサル、

サポートなどを欲しがる人達が増えていけば、

先ほどのオークションのように価値が底上げされ、

どんどん僕自身の価値が上昇していくわけですね。

僕も、ありがたい事にブログやメルマガを見た方から、

「早川さんの個人コンサルっていくらでしょうか?」

「コンサルしてくれませんか?」

という内容のメッセージを頂く事が多いです。

でも、コンサルティングっていう仕事は決して楽ではなく、

結構、大変なんですよね。

コンサルって相手を本気で稼がせようと思ったら、

どうしても1人1人の人達と正面から向き合っていかなければなりません。

でも、その1人1人が躓いている事も「バラバラ」だし、

その人達のスキルや知識量なども人によって「バラバラ」、

性格とかタイプとかももちろん「バラバラ」です。

だから、

「この人は何を改善してどうしていくべきなのか?」

っていうのも様々なケースが大半だし、

「この人にはどういう教え方が適しているのか?」

っていうのも必然的に変わってくるわけです。

なので、コンサル生1人1人に対して、

時間も労力もそれなりに費やしていかなければなりません。

「人に教える」っていうのはそれだけ難しく、

片手間でこなせるほど簡単な事ではないからです。

だから、1人1人の人達と「密」に関係を持って、

「直」にビジネスを教えていくコンサルティングは、

人数も絞って価格もそれなりに高くしないと、

1人1人に丁寧な対応やサポートをする事ができなくなってしまうんですね。

「早川さんのコンサルを受けたいです!」

って人がどれだけ多くても、僕の体は1つしかありません。

それは、僕以外の人でも同様です。

ですので、ある程度の影響力があって、

ファンが付いてる人の個人コンサルティングとかは、

どうしても高くなるわけです。

でも、それは逆に言ってしまうと、

情報発信というビジネスを実践していけば、

あなたの情報やあなた自身にもこの希少性の法則が働いて、

価値が高くなっていく。

という事です。

僕はこれまで、「情報発信が最強だ。」と、

このブログやメルマガでも再三言い続けてきました。

理由は下記の記事でガッツリ解説していますが、

参考:僕が「情報発信型ブログアフィリエイトが最強だ。」と断言する理由と実践者の事例公開。

その意見や考えは今でも変わりません。

今でも僕は、どんな人もまずは情報を発信して、

人を集めるという事をやるべきだと思っています。

そこで、ブログを構築したりするのが難しいと感じるなら、

ツイッターやフェイスブックなどのSNSを活用していけば、

お金も手間もかけずに簡単に情報発信を始める事ができます。

また、実際にそこスタート(SNS発信)から、

大きな影響力を持てるようになり、

稼げるようになったような方も少なくありません。

ですので、個人が行っていくビジネスの中では、

「やっぱり情報発信って最強だな〜。」

と思いますね。

あなたが今はまだ他の手法を実践していても、

最終的にはやはり「ここ(情報発信)」を目指してほしいのが本音です。

それは下記の記事でも解説している通り。

参考:【重要】アフィリエイト初心者が全くの「0」から月収100万稼ぐための具体的なステップとは。

しかし、いくら情報発信が最強だと言っても、

あなた自身が「ただの一般人」のまま、

情報を発信してもそこに希少性が生まれる事はありません。

そんな人が発信する情報やコンテンツは、

珍しくもなんともないからです。

でも、あなた自身が持っている様々な要素や肩書きを掛け合わせていけば、

希少性を演出し、「唯一無二の存在」になっていく事が可能になるのです。

様々な要素や肩書きを掛け合わせれば「唯一無二の存在」になる事が可能

例えば、「アフィリエイター」という肩書きは珍しくも何ともありません。

アフィリエイト関係のキーワードで少しググれば、

アフィリエイターなんて腐るほど見つける事ができます。

それが、

「月収50万円稼ぐアフィリエイター」

とかになれば少し希少性は増すかもしれませんが、

それでもやはり上には上がいますからそこまで珍しくはないですよね。

しかし、それが、

「月収50万円アフィリエイター×サラリーマン」

になればどうでしょうか?

「月収50万円アフィリエイター」も「サラリーマン」も、

その肩書き単体で見れば別に珍しくも何ともありません。

しかし、それらを「掛け合わせ」ていけば、

少し希少性は増しますよね。

「この人はサラリーマンをしながらアフィリエイトで50万円稼いでるんだ!」

って感じで、ただの月収50万円アフィリエイターより珍しい存在になります。

じゃあ、ここに、

「月収50万円アフィリエイター×サラリーマン×低学歴」

という要素を掛け合わせても、

さらにまた珍しい存在になってくるわけです。

要は、こうやって様々な要素や肩書きを掛け合わせていけば、

どんどん珍しい存在になって、価値が底上げされていくわけです。

実は、これはホリエモンさんも「多動力」という本で、

「人は誰でも肩書きを3つ組合わせれば“レアカード”になれる」

と、同じような事を言っています。

この本は下記の記事でも紹介していて、

本当に面白いので読んで欲しいんですが、

参考:福沢諭吉から学ぶ「知識」の重要性と「消費」と「投資」の違いについて。

本著のホリエモンさんの言葉を紹介すると、

繰り返すが、肩書きを掛け算する事であなたはレアな存在になり、結果的に価値が上がる。

仕事を掛け算する時、似通ったワラジ同士より遠く離れたワラジを掛け合わせたほうが、その希少性は高まる。

僕の活動や肩書きを思いつくまま列挙するだけでも「実業家×コンサルタント×プログラマー×作家×コメンテーター×クイズタレント×エンターテイメント・プロデューサー×ロケット開発者×飲食店プロデューサー×マンガ事業×オンラインサロン主催者×アプリプロデューサー×予防医療普及協会×Jリーグアドバイザー大阪万博特別顧問×映画プロデューサー×服役経験者×…」など、数え切れないほどある。

僕の代わりをしてくれる人はどこにもいない。だからおもしろい仕事があちこちから舞い込む。

※著書「多動力」から引用

というような感じで、この、

「様々な肩書きや要素を掛け合わせる事で希少性が増す」

という事を解説しています。

つまり、こうやって様々な要素を組み合わせて、

他の誰にも真似できない“あなた”という存在や、

あなた独自のオリジナルの世界観というものを構築していくわけです。

これがハマれば、嫌でも自分の価値を底上げしていく事が可能になります。

そして、そのフィルターを通して情報を発信していく事で、

他の誰にも真似できないビジネスを展開していく事が可能になるわけです。

ネットビジネス業界では最も有名であろう新田祐士(みんてぃあ)さんも、

「京大中退×ネットビジネス×コミュニティビジネス×

 医学×数学×コピー(ストーリー)ライティング×…」

という感じで様々な要素を組み合わせて「唯一無二」になっています。

だから、まず情報発信で結果を出すには、

「何か他の人にはない自分だけの経験や要素はないだろうか?」

と今までの人生を振り返ってみて、

そこから様々な要素やステータスを洗い出し、

組み合わせていくのが良いと思います。

要は、あなたというキャラクターや

世界観をデザインしていくイメージですね。

「自分にはそんな人に誇れる要素なんて無いんです…。」

と思われるかもしれませんが、その心配は必要ありません。

そもそも何の特徴もない人なんて存在しませんし、

あまり珍しくないようなステータスでも、

魅せ方や掛け合わせる事によっては魅力的にする事が可能だからです。

ですので、まずはノートなどに思いつくまま、

自分のステータスや肩書きなどを殴り書きしてみるのが良いと思います。

ただ、ここで1つだけ注意点があります。

いくら

「様々な要素を掛け合わせる事で希少性が増し、唯一無二になれる」

と言っても、あなたがビジネスを展開していく業界で、

ありきたりな掛け合わせを打ち出していっても、

珍しい存在になる事はできません。

例えば、年収5億円コピーライター系列の人達は、

「アフィリエイト×コピーライティング×DRM」で、

「コピーライティング至上主義!」って感じの人が多いと思います。

確かにこれらは稼いでいく上で非常に重要な要素ですし、

僕自身もそれらの重要性は痛いほど理解しているつもりです。

ただ、それを同じように主張している人が増え、

「当たり前」になってくると、どうしても、

そこの価値は下がっていってしまうんですね。

だから、今更そのような掛け合わせを

打ち出したところで何も珍しくないわけです。

ですので、その点は注意が必要です。

しかし、アフィリエイト業界ではそのような感じで、

「ありきたりな組み合わせ」でも、

そこに集まる見込み客の属性によっては、

唯一無二になる事は可能だったりします。

ネットビジネス業界やアフィリエイト業界では、

「アフィリエイター」という肩書きは珍しくも何ともありません。

でも、「アフィリエイター」っていう肩書きは、

一般の人からすれば珍しかったりするわけです。

現に、一般の人達のアフィリエイトや

アフィリエイターに対する認知度はまだまだ低いですからね。

だから、そこに集める人達によっては、

ありきたりな組み合わせでも十分に稼げる可能性はあるわけですね。

まあ、ここら辺は、

「どんな人をターゲットにしてどこでビジネスを展開していくか?」

によりますが、ぜひ参考にして頂ければと思います。

ではでは、今回はこの辺で。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

お問い合わせや相談は気軽にコチラからくださいね。

それでは!

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!