副業アフィリエイトが会社にばれない確定申告の方法を分かりやすく解説!

お疲れ様です、早川です。

僕のブログやメルマガ読者の方々は現在進行形で、

アフィリエイトを副業で実践している方が多いです。

(かく言う僕も元々は副業スタートでアフィリエイトを実践してきました。)

それは多くの人が「会社に雇われている事が安定ではない」と気付いて、

「自分自身でいつでもお金を稼げるスキルを身につける事」

こそが本当の「安定」をもたらしてくれると気付いているからなんですが、

そうやって副業でアフィリエイトを実践していると、

必ずと言っていいほど気になるのが「会社に副業がバレる事」です。

「会社に副業でアフィリエイトををやっている事を知られたくない!」

という方はホントに多いと思います。

今では徐々に副業OKの会社も増えてきていますが、

もし副業禁止の会社に勤めていて副業がバレてしまえば、

痛い目に遭ってしまう可能性も少なくありません。

最悪の場合は「クビ」になる事もありえます。

まあ、いずれ独立しようと思ってアフィリエイトを実践していれば、

「いずれアフィリエイトで独立して会社を辞めよう。」

と考えている人は多いとは思いますが、

まだまともに稼げていない状態なのであれば、

副業がバレて会社からクビを切られるのはリスクが大きいわけです。

それが、家族などがいれば「尚更」で、

極力会社にはアフィリエイトを実践している事を隠していきたいですよね。

ですので、今回のこの記事では

「副業アフィリエイトが会社にバレない確定申告の方法」

を解説していきたいと思います。

今回解説していく内容はある程度報酬が発生している場合はもちろん、

今現在全く報酬が発生していない方も「無関係」ではありません。

副業でアフィリエイトを実践していくなら必ず知っておくべき事なので、

ぜひ最後まで目を通していってください。

では、早速。

副業アフィリエイトは「所得が20万円以上」の場合は確定申告をしなければならない。

まず、そもそもの大前提として副業の年間所得が20万円以上ある場合は、

必ず確定申告を行わなければなりません。

「所得」っていうのは売り上げから経費を差し引いた額、

つまり「利益」だと考えれば分かりやすいかと思います。

年間所得が20万円以上あるにも関わらず確定申告をしない場合は、

税務調査が入る可能性もあります。

また、確定申告をしないと、

・追徴課税や重加算税などのペナルティ

が課せられる場合もありますので、

いくら副業アフィリエイトと言えど、

確定申告は必ずやっておくべきなんですね。

・・ただ、です。

素直に確定申告すると、会社に副業がバレるんですよね(汗)

その理由を下記で解説していきます。

アフィリエイトの副業が会社にばれる最大の理由。

そもそも、なぜ、アフィリエイトなどの副業が会社にバレるのか?

その第一の理由は「住民税」の通知が会社にいくからになります。

基本的に、会社は社員の毎月の給料から住民税を差し引いています。

給与明細を見ても、しっかり記載されていると思いますが、

要は、会社が従業員の代わりに住民税を納めているわけです。

(住民税の徴収イメージの一例…)

この事を「特別徴収」って言います。

で、副業アフィリエイトをしていなければ、

「その従業員の住民税は給与所得分だけになる」んですが、

副業アフィリエイトで得た収入を確定申告していれば、

会社があなたに支払っている給料に加えて、

「アフィリエイトの所得分も考慮された額の住民税」

が税務署から通知されます。

つまり、副業アフィリエイトでの収入を申告する事で、

その分の収入が考慮された額の住民税の額が会社に通知され、

会社が「あれ、おかしいぞ?」ってなるわけですね。

その結果、副業している事が会社にバレる・・・。

これが、副業で実践しているアフィリエイトが、

会社にバレてしまう1番の原因なんですね。

ただ、とある方法を使えば、会社にバレずに、

副業アフィリエイトで稼いでいく事が可能になります。

それがコチラです。

副業アフィリエイトの収入が会社にばれない確定申告の方法。

その方法っていうのは知ってしまえば非常に簡単で、

まず、確定申告書類の「住民税・事業税に関する事項」の中の

「住民税の徴収方法の選択」という欄を確認します。

そして、ここで住民税を自分で納付するか、

会社に納付してもらうかを選択する事が出来るので、

「自分で納付」

にチェックをすれば簡単に会社にバレる事なく、

副業アフィリエイトで稼いでいく事が可能になります。

ですので、アフィリエイトで年間20万円以上の所得があり、

尚且つ会社に副業の存在をバレたくない場合は、

ぜひこの方法を参考にしてみてください。

・「自分で住民税を納付する」

・「アフィリエイトの収入を申告する」

となると少し面倒臭いかもしれませんが、

先ほども触れた通り所得が20万円を超えているのに申告しなければ、

「税務調査の対象」となります。

そして、その税務調査がキッカケで会社に副業がばれ、

さらに追徴課税などのペナルティを課せられる可能性も少なくありません。

そうなると、

会社に副業がばれるわペナルティで税金が課せられるわで、

結構「悲惨」な事になってしまいます(苦笑)

ですので、面倒臭がらずにしっかりとやっておいた方が良いですね。

補足:アフィリエイトビジネスを本名で展開してバレるケースもある。

また、アフィリエイトを実践していくとなると、

ブログやFacebook、Twitterなどの、

様々な媒体を活用していく事になると思いますが、

「それらを本名で運用していく事で会社にバレるケース」

というのも少なくありません。

偶然、そのSNSのアカウントが会社の人に見つかったり、

ブログが会社の人に見つかったりすればバレてしまうわけです。

ただ、下記の記事でも解説している通り、

アフィリエイトなどのネットビジネスは「匿名」でも稼げますので、

参考:情報発信ビジネスで顔出しせずに匿名で展開していくメリットとその戦略について。

リアルな知人や会社などにバレたくない場合は、

匿名で実践していった方が良いと思いますね。

自分のブログやSNSのアカウントなんて、

いつ誰が訪れてくるか分かりませんから、

会社にバレたくないのであればその点は徹底すべきです。

まあ、その辺の戦略なんかについては、

上記の記事で詳しく解説していますので、

興味があればぜひ覗いて頂ければと思います。

では、今回はこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お問い合わせや相談は気軽にコチラからくださいね。

それでは!

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!