2018年「YouTubeパートナープログラム」の規約が変更された!この影響でYouTubeは稼げなくなる?

お疲れ様です、早川です。

今年も年が明けてからまだ1ヶ月程度ですが、

2018年の2月20日にYouTubeの規約が変更される事が決定しました。

その、YouTubeが変更した規約というのが下記です。

チャンネルの過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間、チャンネル登録者が 1,000 人に到達しないと収益化できない。

2018 年 1 月 16 日、YouTube は YouTube パートナー プログラムの新しい資格要件を発表しました。チャンネルの過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間、チャンネル登録者が 1,000 人に到達すると、このプログラムに参加できるかどうかが審査されます。

引用:https://support.google.com/youtube/answer/72851

というのが今回の規約変更の主な内容です。

つまり、

「チャンネルの過去12ヶ月間の動画の再生回数が4,000時間以上で、

尚且つチャンネルの登録者数が1,000人以上じゃないと収益化できない。」

という事になります。

これまではチャンネルの動画が1万回以上再生されれば、

そのチャンネルを収益化し、稼いでいく事が可能でした。

ただ、今回の規約が適用される2月20日以降は、

・チャンネルの過去12ヶ月間の動画の再生回数が4,000時間以上

・チャンネルの登録者数が1,000人以上

という2つの条件をクリアしないと、

収益化する事ができなくなってしまうわけですね。

よって、これまでは収益化できていたチャンネルも、

2月20日までにこの条件をクリアできていないと、

収益化する事が出来なくなるわけです。

なので、これまでとは打って変わって、

YouTubeにおける収益化までのハードルは上がる事になります。

・今現在、YouTubeを活用して稼いでいる

・もしくは、これからYouTubeを活用して稼いでいこうと思っている

という方にとってはこの「収益化までのハードルの高さ」が、

今回の規約変更による最大のデメリットだと思います。

現に、この規約変更を知ってから、

モチベーションが下がっている方も少なくないのではないでしょうか。

今回の「YouTubeパートナーズプログラム」の規約変更はデメリットばかりではない。

ただ、今回の規約変更はそのようなデメリットばかりではありません。

・今現在、YouTubeを活用して稼いでいる

・もしくは、これからYouTubeを活用して稼いでいこうと思っている

ような方からすれば、メリットも存在します。

それは、今回の規約変更によって確実に参入者が減るという事と、

規約変更で多くのYouTubeチャンネルが収益化できなくなる分、

その収益の大半が優良なチャンネルへと配分される可能性が高いという事です。

メリット1:規約変更の影響で「新規参入者」や「実践者」の大半が撤退していく可能性が高い。

まず、今回の規約変更によって収益化までのハードルが上がるので、

「手軽にYouTubeで稼いでいきたい新規参入者」

「収益化の条件をクリアできていない既存の動画投稿者」

の大半がYouTubeから撤退していくと予想されます。

というのも、YouTubeの動画投稿者の現状は、

「YouTubeをビジネスに活用してガンガン稼ぎまくるぞ!」

というような意識の高い人達ではなく、

「こんな動画でお小遣いが稼げればいいな。」

「稼げるって聞いたからなんとなく動画を投稿してみようかな。」

というようなゆるい感じのユーザーが大半を占めているのが現状です。

これまでのYouTubeはそれだけ気軽に収益化できたので、

必然的にそういった「気軽に稼ぎたい層の人達」も集まっていたわけです。

ただ、今回の規約変更により、

「YouTube動画を気軽に収益化する。」

というような事は難しくなりました。

なぜなら、何の知識もノウハウもないド素人の人が、

ただなんとなくで動画を作成・投稿しただけでは、

・チャンネルの過去12ヶ月間の動画の再生回数が4,000時間以上

・チャンネルの登録者数が1,000人以上

 

という今回の規約で定められた条件をクリアする事は難しいからです。

もちろん、今現在は単なるド素人だったとしても、

YouTubeに対する理解を深め、ノウハウを学び、

そして実践していけばその条件をクリアする事は難しい事ではありません。

ですが、先の通りYouTubeに動画を投稿しているユーザーの大半は、

「ビジネス」としてYouTubeを活用しているのではなく、

「本当にこれでお金が稼げればいいな。」

程度の認識で動画を投稿しているゆるいユーザーが大半なわけです。

そして、そういったゆるい感じの人達は今回の規約変更で、

「YouTubeが気軽に収益化する事ができなくなった。」

と聞けば、間違いなく動画の投稿をやめると思いませんか?

少なくとも僕はそういった、

・ゆるい感じでYouTubeを活用していた人達

・軽い気持ちでYouTubeを活用してみようと思っていた人達

の大半は、今回の規約変更により撤退していくと思います。

なぜなら、

「動画を投稿すれば気軽に収益化する事が出来る。」

という、そういった人達がYouTubeを活用してきた、

もしくは活用しようと思っていた第一の理由が、

今回の規約の変更により無くなるからですね。

よって、今回の規約が適用される2月20日以降は、

・新規参入者

・既存の動画投稿者

の大半がYouTubeから撤退していくわけですから、

それだけ、

「あなたの動画が発見され、再生される可能性が高くなる」

という事ですね。

メリット2:YouTubeから得られる収益が大きくなる可能性が高い。

そして、これはあくまで確定しているわけではなく、

この記事を書いている1月30日時点での推測なんですが、

規約変更で多くのYouTubeチャンネルが収益化できなくなる分、

その収益の大半が優良なチャンネルへと配分される可能性が高いです。

つまり、簡単に言うと、

「YouTubeにおける広告収益が増加する可能性がある」

という事ですね。

先の通り、YouTubeはこれまで動画の収益化に対して、

あまり高いハードルを設ける事はありませんでした。

ただ、今回の規約変更によって収益化にある程度のハードルが設けられ、

その影響で収益化できるYouTubeチャンネルが減ってしまえば、

その分、他のチャンネルに配分される1つ1つの広告収益が、

増える可能性だって十分にあるわけです。

現に、YouTubeクリエイターブログにはそれをほのめかすような、

新条件の適用により、コミュニティに貢献しているクリエーターを特定し、より多くの広告収益を分配するための改善につながります。

という記載がされてあります。

つまり、今回の規約変更は、

収益化までのハードルは以前よりは高くなってしまうけど、

そのハードルを乗り越えて収益化する事ができれば、

以前よりも高い収益を得る事が可能になるという事です。

ですので、すでに設けられた条件をクリアし、

しっかりとYouTubeを活用している場合は、

今回の規約変更はむしろメリットの方が大きいかもしれませんね。

設けられた条件をクリアしなければ、YouTubeで稼ぐ事が出来ないわけではない。

そして、まずYouTubeで稼いでいくためには基本的に、

・YouTube動画の再生回数を増やして広告収入を稼いでいくか

・YouTube動画から他のメディアへ誘導し、そこで収益化していくか

という2通りの手法がメインになってきます。

その理由や流れについては下記で詳しく解説していますので、

詳細は下記の記事を参考にして頂ければと思いますが、

参考:YouTubeで稼ぐ系の情報商材はどれがいいの?基本と応用を踏まえて解説。

今回の規約変更により、大きな影響を受けるのは、

・YouTube動画の再生回数を増やして広告収入を稼いでいく

という稼ぎ方“のみ”になります。

つまり、もう1つの稼ぎ方である、

・YouTube動画から他のメディアへ誘導し、そこで収益化していく

という稼ぎ方であれば、今回の規約変更は何の影響もないという事ですね。

この手法であれば、動画の再生回数やチャンネル登録者数に関係なく、

動画に訪れたユーザーを収益化していく事が可能になります。

つまり、

・チャンネルの過去12ヶ月間の動画の再生回数が4,000時間以上なくても

・チャンネルの登録者数が1,000人以上いなくても

稼いでいく事が「可能」だという事です。

というのも、今回の規約変更によって設けられた基準を、

クリアしないと動画からの収益を得る事はできませんが、

「動画を投稿するだけ」

であれば何の審査も必要とせずに誰だって行っていく事ができるからです。

そして、その動画から他のメディアへと誘導し、

その誘導先のメディアで収益化していけば、

今回の規約変更の影響などを受けずに、

YouTubeを活用して稼いでいく事が可能になるわけですね。

まあ、話が逸れてしまうのでこの記事では、

その稼ぎ方について掘り下げて解説していく気はありませんが、

・YouTube動画から他のメディアへ誘導し、そこで収益化していくノウハウ

に興味がある場合は下記の記事を参考にしてみてください。

参考:Giga Tube(ギガチューブ) 尾上雄二は稼げない?評判と実践レビュー【特典付き】

上記の記事ではそのノウハウや戦略について、

掘り下げて解説していますので、

興味があればこれを機にぜひ目を通して頂ければと思います。

2018年「YouTubeパートナープログラム」の規約変更についてのまとめ。

というわけで、2月20日から適用される、

「YouTubeパートナーズプログラムの新規約」

について色々と解説してきましたが、

その中で1つだけ言えるのは今回のこのYouTubeの規約変更により、

着実にしっかりと実践してきた(していく)人達が生き残り、

軽い気持ちでただなんとなく実践してきた(していく)人達は淘汰される。

という事です。

確かに、収益化するまでのハードルは、

以前よりも高くなったかもしれません。

ただ、そのハードルを乗り越える事さえできれば、

よりライバルの少ないメディアで、

より大きな収益を得ていく事ができるわけです。

ですので、僕の個人的な意見としては、

今回の規約変更でネガティブになる必要はないと思います。

現に、僕の元でYouTubeを学んで実践している方は、

上記の理由からむしろ「やる気」になっている方も少なくありませんからね。

ですので、この記事をここまで読み進めてくれたあなたも、

ぜひこれを機に前向きにYouTubeを実践して頂ければと思います。

下記の記事では何の経験もない初心者の方が、

YouTubeで稼いでいく為の情報を提供していますので、

興味があればこちらの記事にも目を通してみてくださいね。

YouTube(アドセンス)の「可能性」と「将来性」。初心者でも今から稼ぐ事は可能か?

YouTubeアドセンスで稼ぐための3つのポイントと著作権問題の対処法について。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

お問い合わせは気軽にコチラからくださいね。

それでは!

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!