YouTubeにおける著作権保護コンテンツの見分け方と収益無効化の対策。

お疲れ様です、早川です。

これまでこのブログやメルマガの方では度々、

YouTubeアドセンス(アフィリエイト)で稼ぐためのノウハウや、

そのためのポイントについて解説してきました。

そこで、今回は、

「YouTubeを実践しているとよくありがちな収益の無効化」

と、

「その収益の無効化を避けてより効率良く稼いでいくための対策」

について解説していきたいと思います。

では、いきましょう。

YouTubeで稼いでいくにあたって重要な「ポイント」と2つの「方向性」について。

まず、YouTubeで稼いでいくためには基本的に、

・YouTube動画の再生回数を増やして広告収入を稼いでいくか

・YouTube動画から他のメディアへ誘導し、そこ収益化していくか

の2通りの手法がメインになってきます。

その理由や流れについては下記で詳しく解説していますので、

詳細は下記の記事を参考にして頂ければと思いますが、

参考:YouTubeで稼ぐ系の情報商材はどれがいいの?基本と応用を踏まえて解説。

上記のいずれの稼ぎ方にしても動画を作成・投稿し、

その動画が再生される事によって収益が発生する、

もしくは収益が発生するキッカケになります。

よって、再生回数を増やして広告収入を稼いでいくにせよ、

そこから他のメディアへ誘導して収益化していくにせよ、

・いかにその動画を視聴者(ユーザー)に見つけてもらうか。

・いかに視聴者を自分のチャンネル内で「巡回」させていくか。

というのがYouTubeで稼いでいく上で重要なポイントになります。

そのポイントさえ抑えてしまえば初心者だろうが誰だろうが稼げるし、

そのためのノウハウや知識については、

下記の教材の特典として無料で提供しています。

【YTM∞】YouTubeトレンドマーケティングMUGEN(バナナデスク)は詐欺?【特典付きレビュー】

エビルユーチューバー(尾上雄二)は実践しても稼げない?【特典付きレビュー】

ただ、一口に「動画を投稿して稼いでいく」と言っても、

今現在そこには主に2通りの方向性や手法が存在していて、

その2通りの方向性や手法っていうのが、

・自分で1から動画を撮影・編集し、投稿していくのか

・既存の動画を編集し、投稿していくのか

という2通りの方向性になります。

言ってしまえば「オリジナル動画で稼いでいく正攻法」と、

「既存の動画を活用して稼いでいく邪道な方法」という感じですね。

YouTubeで動画を投稿して稼いでいく場合は、

主に上記のどちらかの方向性になるかと思います。

で、自分で1から動画を撮影・編集し、投稿していく方法は、

1つの動画を投稿していくのにそれなりの手間や労力がかかり、

また、それに応じたスキルや機材なんかも必要になってきます。

なので、

「YouTubeで有名になってYouTuberのような影響力を持ちたい!」

というような目的ではなく、ただ単に

「お金稼ぎやビジネス目的でYouTubeを活用していく」

のであれば、

自分で1から動画を撮影・編集し、投稿していくのではなく、

既存の動画を編集し、投稿していく方法の方が個人的にはオススメになります。

なぜなら「全くの初心者の方がでお金を稼ぐ」という事を踏まえた場合、

「再生されるかされないか分からない動画の作成・投稿」

に時間と労力を費やすよりも、

「再生されると分かっている既存の人気動画を作成・投稿」

していく方が、

・動画の作成・投稿に費やしていく時間や労力

・動画の作成・投稿に必要なスキルや機材

の面からすると圧倒的に効率が良いからです。

そうすれば今現在サラリーマンの方でも、

仕事終わりの空いた時間を活用して稼いでいく事が可能ですから、

僕個人的にはこちらの稼ぎ方の方が効率が良いと考えています。

また、初心者の方が100万回再生される動画を

スムーズに作成していく事は難しいですが、

既存の人気動画を編集し、投稿していけば、

「1万回再生の動画を100個投稿していく」

なんて事は余裕で再現可能になります。

前者と後者では難易度に雲泥の差があるにも関わらず、

稼げる収益には変わりはありません。

なので、そういった理由からも僕は

「既存の動画を編集し、投稿していく方法」

の方がお金稼ぎ・ビジネス目的でYouTubeを活用し、

稼いでいくのであればオススメであり、

だからこそ、

・その方法を「著作権の目線から合法的に可能」にするエビルユーチューバー

・その辺りのノウハウから応用まで手広く学べるYTM∞

という教材を推奨し、それぞれの教材の弱点や欠点を、

「特典」という形で補強して多くの人達の手に取ってもらっているわけです。

その特典の詳細については、

先ほどのレビュー記事を見て頂ければと思いますが、

とにかく僕は初心者の方がYouTubeで稼いでいくのであれば、

そういった方法を推奨しているという事。

そして、著作権に関する知識が曖昧なまま、

そういった方法を実践していると必ずぶち当たってしまうのが、

「著作権保護動画を投稿した影響による収益の無効化」

です。

つまり、投稿した動画が著作権保護に引っかかってしまい、

その動画からの収益が見込めなくなる、という事ですね。

投稿したYouTube動画に「著作権保護されたコンテンツが含まれています。」と表示され、収益が無効になってしまう。

YouTubeアドセンス(アフィリエイト)を実践していて、

動画を編集してYouTubeに投稿するとその動画に、

「著作権保護されたコンテンツが含まれています。」

と表示され、収益が無効化されてしまう場合があります。

これは、その投稿した動画内に、

著作権に保護されたコンテンツが含まれている場合に表示され、

施工されるYouTube側の対策なんですね。

この状態になってしまうと、

せっかく投稿した動画からの収益が見込めなくなり、

いくら再生回数が増えようが収益が発生しない状態になってしまいます。

まあ、それに対して意義を申し立てる事は可能なんですが、

こういった動画を主に扱って実践していった場合、

扱っていく動画のジャンルや数が増えていくと、

「気付かないうちに収益が無効化されていた…。」

なんて事もあるわけです。

とは言っても、そういった動画を入り口に、

ユーザーが他の動画を視聴してくれれば、

そちらで収益を発生させていく事は可能です。

よって、確実にその動画が「無駄」になったわけではありません。

なので、そういった動画をわざわざ削除する、

なんて事はしなくても良いと思います。

ただ、どうせ動画を作成し、投稿していくのであれば、

その動画からの収益を見込めた方が「良い」のは言うまでもありませんよね。

せっかくなら作成・投稿した動画から収益を見込めた方が良いし、

動画を投稿する度に

「著作権保護されたコンテンツが含まれています。」

と表示され、収益が無効化されてしまうと、

普通に面倒だしモチベーションが上がらないからです。

なので、そういった「著作権保護の対象となる動画(コンテンツ)」を、

編集していく前段階で予め見分ける事ができれば、

そういった「手間」を省略してより多くの収益を見込めるわけなんですね。

「著作権保護されたコンテンツが含まれています。」YouTubeの収益無効化を回避するための動画の見分け方。

ただ実際のところ、

そういった著作権保護の対象となる動画やコンテンツを、

100%の確率で見分ける方法はありません。

著作権というものはそれだけ複雑で、

様々な要素が絡み合ってくるからです。

先ほど触れたエビルユーチューバーであれば、

「こういう動画は違法ではなく、こういう動画は違法になる」

といった著作権の明確な境界線を法律の目線から学び、

それを踏まえた動画作成ノウハウを学べるわけなんですが、

それについては話が逸れてしまうのでレビュー記事の方を参考にして頂ければと。

参考:エビルユーチューバー(尾上雄二)は実践しても稼げない?【特典付きレビュー】

で、いくら100%の確率で

著作権保護の対象となる動画を見分ける事ができなくても、

その「目安」や「参考」にできる様々な要素や「対策」は存在します。

そして、それらを抑えていけば、

より効率よくYouTubeで稼いでいく事が可能になるわけです。

じゃあ、その目安や参考になる要素って何?て話なんですが、

その際の判断基準や参考材料として最も有効なのは、

・動画内で音楽やBGMなどが使われているか?

という要素を基準にしていく事です。

というのも、YouTubeに動画を投稿し、

「著作権保護されたコンテンツが含まれています。」

と記載され収益が無効化されてしまう大半の理由は、

動画内で流れている音楽やBGMが著作権保護されているからです。

そして、YouTubeは人為的ではなく、

「システム」によってそれらを感知していて、

そのシステムは非常に精度が高いです。

動画内で流れている音楽やBGMが例え「数秒」だったとしても、

そのシステムは「感知」していく事が出来るんですね。

ですから、例え投稿したばかりの動画でも、

そのシステムによって「感知」され、

収益が無効化されてしまうケースが多々あるわけです。

YouTubeによる収益無効化を避けるための対策とは?

じゃあ、それを踏まえた上で、

どうすれば収益の無効化を避けていく事が出来るのか?

その対策として有効なのが、

・動画内で流される音楽やBGMは削除し、著作権に引っかからない音楽を使用する。

・画像の中に動画を埋め込んでいる動画を活用していく

・同じジャンルのチャンネルをいくつか構築し、リスクを分散させていく

の3つになります。

では、順を追って解説していきますね。

YouTubeによる収益無効化を避けるための対策1:動画内で流される音楽やBGMは削除し、著作権に引っかからない音楽を使用する。

まず、先ほども触れたとおり投稿した動画に

「著作権保護されたコンテンツが含まれています。」

と記載され収益が無効化されてしまう理由の大半は、

動画内で流れている音楽やBGMが著作権保護されているからです。

よって、投稿していく動画内で音楽やBGMが流れている場合は、

そういった音楽や動画を編集によって削除し、

「YouTube内での使用が許可されている音楽」

を使用していく事をオススメします。

そして、その「YouTube内での使用が許可されている音楽」は、

下記から無料でダウンロードでき、

誰でもYouTube動画に使用していく事ができます。

YouTubeオーディオライブラリ

フリー音楽素材:魔王魂

上記のようなサイトを活用して動画内の音楽やBGMを

「YouTube内での使用が許可されている音楽」

に差し替えて投稿していけば、

システムによる収益の無効化がおおむね避けていく事が可能になります。

YouTubeによる収益無効化を避けるための対策2:画像の中に動画を埋め込んでいる動画を活用していく。

また、システムによる収益無効化の対策としては、

・画像の中に動画を埋め込んでいる動画を活用していく

というのも非常に有効な手段の1つです。

その「画像の中に動画を埋め込んでいる動画」っていうのは、

下記のような動画の事ですね。

上記の動画が著作権的に「良い」のかはともかくとして、

こういった動画はよく「フレーム動画」と呼ばれたりなんかしますが、

こういったフレーム動画はその映像自体を変えていく形になるので、

YouTubeのシステムの探知に引っかかりにくくなるわけですね。

もちろん、だからと言って悪用は厳禁ですが、

こういった動画を活用していく事により、

意図しない収益の無効化を避けていく事が可能になるわけです。

また、このフレーム動画のフレーム(外枠)の部分も上手く活用していけば、

動画内からチャンネル登録やコメントなどを促していく事ができ、

その動画そのものに「オリジナル性」を演出していく事も可能になります。

よって、

「収益無効化の対策」

以外にも活用していくメリットはあるわけですから、

このフレーム動画を活用していくのは非常にアリだと思います。

YouTubeによる収益無効化を避けるための対策3:同じジャンルのチャンネルをいくつか構築し、リスクを分散させていく。

そして、YouTubeで運用していくチャンネルを、

1つではなく複数に分けて運用していくのも非常に有効な手段になります。

というのも、1つのチャンネルに依存して動画を投稿していると、

そのチャンネル内の動画が何かしらのペナルティを受けた場合、

「そのチャンネルそのものがダメージを受けてしまう」

事があるからです。

要は、そのチャンネル内の動画がペナルティを受ける事で、

芋づる式にそのチャンネル内の他の動画もペナルティを受けてしまったり、

それが原因でそのチャンネルを運用する事が出来なくなったりするわけですね。

YouTubeからの収益をそのチャンネルに依存していた場合、

「そのチャンネルが運用できなくなる」

という事は、

「YouTubeからの収益が見込めなくなる」

のと全く同じ事です。

また、今現在はそのチャンネルからの収益が見込めていなくても、

そのチャンネルが育ってきて収益が入ってくるようになった矢先に、

そのチャンネルがペナルティを喰らってしまう可能性も「ない」とは言い切れません。

それがオリジナル動画を投稿していくのではなく、

既存の人気動画を編集して投稿しているのなら「尚更」なわけです。

つまり、こういった1つのチャンネルなどに、

収益を依存させていく事は「リスク」でしかないという事。

よって、チャンネルも1つではなく複数運用して、

リスクも分散させていく事が好ましいという事ですね。

先ほど解説した、

・動画内で流される音楽やBGMは削除し、著作権に引っかからない音楽を使用する。

・画像の中に動画を埋め込んでいる動画を活用していく。

という2つの収益無効化の対策に加え、

このリスクの分散も図っていけば非常に効率良く、

それでいてリスクも最大限回避しながらYouTubeで稼いでいく事が可能になります。

よって、

・今現在YouTubeを活用したビジネスを実践している人

・これからYouTubeを活用して稼いでいきたいと思っている人

はぜひ今回の内容を参考にして頂ければと思います。

また、下記の記事では、

「YouTubeで稼いでいくための3つのポイント」

を解説し、

YouTubeアドセンスで稼ぐための3つのポイントと著作権問題の対処法について。

こちらの記事では、

「初心者の方がYouTubeで稼いでいく動画作成ノウハウと戦略」

に加え、

「各教材の欠点をカバーしつつ収益を最大化させていくオリジナル特典」

についての詳細も解説しています。

【YTM∞】YouTubeトレンドマーケティングMUGEN(バナナデスク)は詐欺?【特典付きレビュー】

エビルユーチューバー(尾上雄二)は実践しても稼げない?【特典付きレビュー】

ですので、

「YouTubeを活用して会社を辞められるくらいガンガン稼ぎ倒したい!」

という場合はぜひこれらの記事も併せて参考にしてみてください。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

お問い合わせは気軽にコチラからくださいね。

それでは!

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!