YouTubeで稼ぐ系の情報商材はどれがいいの?基本と応用を踏まえて解説。

お疲れ様です、早川です。

以前の記事では、

「初心者が今からYouTubeで稼ぐには。」

という点に着目して、

「YouTubeで稼ぐ具体的なポイントと著作権問題」

について解説してきました。

そして、その記事の中で、

・エビルユーチューバー

・Giga Tube(ギガチューブ)

・YTM∞

の3つが、主に僕自身が胸を張って推奨できる

YouTube教材であるということもお伝えしましたね。

参考:YouTubeアドセンスで稼ぐための3つのポイントと著作権問題の対処法について。

で、この記事を公開したという事と併せて、

まだまだYouTubeが稼ぎやすいという事もあり、 

「どのYouTube教材を購入すればいいんですか?」

という旨の相談が初心者層の方から多く届いているような状態です。

そもそも、僕が推奨している教材が1つではなく、

代表的なので言えば上記の3つほどある事から、

このように迷ってしまっている方も多いんだと思います。

そういった方が予想以上に多かったため、

「これは記事にして公開した方がいいな…。」

と思い、このような記事を書く事にしました。

しかし、ひとえに「どれがいいのか?」と聞かれても、

その人の段階や状況などでも答えは変わってくるので、

一概に「コレ!」とは言えないんですね。

勿論、YouTubeの事を全く知らない方もいれば、

ある程度実践してきている方もいるでしょうし、

そういった状況が違えば推奨できる教材も違ってくるという事です。

ただ単に「YouTubeで稼ぐ系」と言っても、

各ノウハウによっては得られるものは全く違いますし、

得られるものが違えばそれが必要なのかどうかも、

人によって変わってくるわけですからね。

ですから、この記事では、

・エビルユーチューバー

・Giga Tube(ギガチューブ)

・YTM∞

の3つのノウハウを比較していきながら、

「どの教材がどう違ってそこから何を学べるのか?」

という事を徹底的に解説していこうと思います。

…と、その前に、YouTubeで稼いでいく上で、

前提となる2つの稼ぎ方についても先に触れていきますね。

YouTubeで稼ぐ上で前提となる2つの稼ぎ方の違い。

まず、一口に「YouTubeで稼ぐ」と言っても、

・YouTube動画の再生回数に応じた広告費で稼ぐ方法

・YouTube動画から別の媒体に誘導し、収益化していく方法

という2通りの稼ぎ方を挙げることができます。

これらの稼ぎ方の違いは至って単純で、

YouTubeアドセンスのみで稼いでいくのか、

別媒体からの収益も稼いでいくのか、ですね。

もう少しザックリと違いを解説するなら、

・YouTube内だけで稼いでいくのか(基本)

・YouTubeを起点に別媒体で稼いでいくのか(応用)

という違いになります。

そして、YouTubeで稼いでいく上で

「基本」となるのは前者の稼ぎ方。

つまり、「YouTubeアドセンスで稼ぐ方法」です。

基本となるのは動画の再生回数に応じた「YouTubeアドセンス」。

まず、こちらの「YouTubeアドセンスで稼ぐ方法」は、

「YouTubeで稼いでいく上で最も王道的な手法」

だと言えます。

YouTube動画の再生回数を稼ぎ、

広告収入を稼いでいく方法ですね。

その詳しい仕組みについては下記を参考にして頂ければと思いますが、

参考:YouTube(アドセンス)の「可能性」と「将来性」。初心者でも今から稼ぐ事は可能か?

基本的な収入の目安としては、

「動画の再生回数×10%」

だと思ってくれればいいです。

つまり、当たり前の話なんですが、

動画が再生されればされるほど収益は上がり、

そういった動画を増やせば増やすほど、

それに比例して収益は増えていくわけです。

しかし、逆に言うと、

動画が再生されなければ稼ぐことはできないし、

投稿した動画が違反などで削除されてしまえば、

収益を増やしていく事も難しくなるわけです。

ですから、YouTubeアドセンスで稼いでいく上で、

必ず抑えなければならないポイントとしては、

・いかに再生される動画を作成、投稿するか

・いかにその動画を視聴者(ユーザー)に見つけてもらうか

・いかに視聴者を自分のチャンネルで「巡回」させていくか

・いかにペナルティなどのリスクを回避していくか

が、稼いでいく上で重要なポイントになってきます。

まあ、その辺りの詳しい話についても、

こちらの記事を参考にして頂ければと思いますが、 

参考:YouTubeアドセンスで稼ぐための3つのポイントと著作権問題の対処法について。

上記のポイントさえ抑える事ができれば初心者だろうが誰だろうが

YouTubeアドセンスで稼いでいく事は「可能」になります。

そして、このような王道的な手法ではなく、

YouTubeアドセンス以外で稼いでいく方法が

「YouTube動画から別の媒体に誘導し、収益化していく方法」

になります。

YouTube動画から別の媒体に誘導し、収益化していく方法とは?

この手法は動画の再生回数が収益に直結するわけではなく、

動画に集めた視聴者のアクセスを別の媒体に誘導して、

収益化していくイメージです。

その動画に集まった視聴者を

すぐに販売ページに飛ばしていくのか、

リスト化して教育してから売り込むのか、

その戦略や方法は様々になります。

しかし、動画を作成・投稿していく際に、

そういった「仕掛け」を施していく事で、

別の角度から収益化していくという点では同じですね。

ですから、この手法を用いていく場合は、

「動画の再生回数=収益ではない」

という事も1つの特徴になります。

先ほどのYouTubeアドセンスで稼ぐ方法の場合は、

動画の再生回数がそのまま収益に直結してきますが、

この手法では集まったアクセスを別の媒体へ誘導し、

アプローチしていくので例え少ない再生回数でも

大きな収益を稼いでいく事が可能になります。

それに、キャッシュポイントを

アドセンス収益のみに依存していると、

少なからず「リスク」を抱える事になりますから、

この手法はそのリスクを減らす事もできますね。

まあ、今現在はそんな事はありませんが、

仮に、今後YouTubeが規約変更をした場合、

「YouTubeアドセンスの広告単価の大幅な減少」

が起きる可能性だって十分にあるわけです。

YouTube側だってビジネスで運営しているわけですから、

その時の状況や時代の流れによって、

規約を変更させる可能性は十分にあります。

そして、そういった事態が起こった時に、

収益をYouTubeアドセンスのみに依存していると、

「突然、収入が0になってしまった…。」

という最悪な事態にもなりかねないんですね。

繰り返しますが、YouTubeアドセンスは、

上記で踏まえたポイントさえ抑えていけば、

初心者だろうが誰だろうが稼げるのが実情です。

しかし、仮にそのYouTubeアドセンスで稼げて、

脱サラをして独立して生活をしていった場合に、

そういった影響で突然収入が0になれば「最悪」なわけです。

それがまだ若いうちの出来事であれば、

再起する事は可能かもしれませんが、

30〜40代の出来事であれば非常に難しいと思います。

年齢的に再就職する事も難しいでしょうし、

それよりも最悪なのは家族がいた場合です。

YouTubeアドセンスという1つのキャッシュポイントに依存して、

それだけで家族を養っていた場合、

「YouTubeの規約変更1つで家族ごと危険にさらされてしまう」

わけですから。

まあ、これはYouTubeだけでなく、

他のメディアにも言える事なんですが、

そういった1つのメディアに収入を依存していると、

「そのメディアの動向によってあなたの収益は大きく左右される」

という事です。

これが、僕が以前から口うるさく言っている、

「特定のメディア・サービスに依存する事の危険性」

なんですね。

参考:流行りのビジネスと、一生生き残り続けるビジネス。

もちろん、上記で挙げたのは少し極端な例ですが、

過去の様々なメディアの事例を見ると、

十分にあり得てしまう話なわけです。

アメブロだって急な規約変更の影響で、

アフィリエイトに活用する事が出来なくなりましたし、

少し前までSNSの代表格だったmixiやGREE、

モバゲーなんかも今じゃ名前すら聞きません。

ですから、そういったリスクを踏まえて、

そのリスクに備えておいた方がいいのは、

誰の目から見ても明らかだと思います。

その点、YouTube動画から別の媒体に誘導し、

収益化していく方法であれば、

YouTubeアドセンスだけに依存する事もないので、

YouTubeの規約変更などによって大ダメージを受ける事もありません。

そして、そこからリストを獲得していく仕組みを仕掛けていけば、

そのリストに対して好きなようにアプローチしていく事ができますし、

継続的に稼ぎ続ける事も可能になります。

1度獲得したリストは読み手から

解除されない限り一生消える事はありませんからね。

また、この手のノウハウで成約を取っていけば、

アドセンス報酬の何十倍もの報酬単価を獲得する事ができ、

それを既存のアドセンス収益を組み合わせる事ができます。

つまり、再生される動画を作成、投稿する際に、

「視聴者を別の媒体に誘導して収益化する仕掛け」

を施しておけば、

・動画の再生回数に応じたアドセンス報酬

・誘導先の媒体からの成約型報酬

という「2種類の報酬を1つの動画からダブルで獲得」できるわけです。

ですから、投稿していく動画に

このような「仕掛けを施すだけ」で、

・アドセンスより単価の高い報酬を獲得できる

・1つの動画で報酬を「2重取り」していく事ができる

・リストを獲得し、柔軟かつ継続的にアプローチする事ができる

・YouTubeだけに依存せずにリスクの分散にも繋がる

という数々のメリットを得る事ができるんですね。

それも、動画を作成し、投稿する際に、

「簡単な仕掛けを施していくだけ」

ですから、例え同じような動画を投稿するにしても、

このような仕掛けを施しておいた方が「良い」のは間違いありません。

YouTubeを用いた2通りの稼ぎ方に「共通」する重要なポイント。

先ほども解説した通り、YouTubeには、

・YouTube動画の再生回数に応じた広告費で稼ぐ方法

・YouTube動画から別の媒体に誘導し、収益化していく方法

という主に2通りの稼ぎ方があります。

そして、上記の2つは、

・YouTube内だけで稼いでいくのか(基本)

・YouTubeを起点に別媒体でも稼いでいくのか(応用)

というイメージですね。

YouTube内で稼いでいくのがあくまで「基本」、

YouTubeから別媒体へ誘導して稼いでいくのは「応用」だという事です。

つまり、ここで僕が言いたいのは、

基本なくして応用はあり得ないという事。

これら2つの稼ぎ方は投稿した動画が再生される事が基本であり、

いくら投稿する動画に仕掛けを施していこうが、

その動画が再生されなかったらその仕掛けも

最大限効果を発揮する事はできないという事です。

まず、僕の見る限りこの「基本」をおろそかにして、

「応用」で稼げたケースは見た事がありません。

そして、YouTubeで稼げていない方に多いのが、

「基本」を無視して「応用」にばっかり目を向け、

取り組んでいってしまうパターンです。

これは、YouTubeで稼ぐ上で、本当に注意して欲しいポイントです。

上記の2つの稼ぎ方っていうのは、

手法や戦略は異なってくるんですが、

そのどちらにも「共通」する重要な要素が、

「再生される動画を作成し、投稿する」

という事です。

見られる動画を作成し、投稿しなければ、

アドセンスで稼いでいく事もできないし、

そこから別の媒体へ誘導する事もできません。

動画が再生されるからこそ、

広告収入が入ってくるわけですし、

動画が再生されるからこそ、

そこから別の媒体に誘導できるわけですから。

よって、上記2つのどちらで稼いでいくにしろ、

・いかに再生される動画を作成、投稿するか

・いかにその動画を視聴者(ユーザー)に見つけてもらうか

という要素は稼いでいく上で外せないわけです。

こういった基本的な事を無視して、

応用的な手法を取り入れたところで、

結果が出るはずがありませんからね。

YouTubeの「基本」と「応用」と、それぞれの教材の特徴。

ですから、YouTubeで稼いでいくためには、

そのマーケティング手法にこだわる以前に、

・いかに再生される動画を作成、投稿するか

・いかにその動画を視聴者(ユーザー)に見つけてもらうか

を徹底していかないといけないという事。

そういった基本ができるからこそ、

YouTubeアドセンスでも稼げるし、

そこから応用に繋げていく事もできるわけです。

じゃあ、それらを踏まえると、

・YTM∞

・エビルユーチューバー

・Giga Tube(ギガチューブ)

の3つの教材は、

・YTM∞(基本+ちょっとした応用)

・エビルユーチューバー(基本に特化)

・Giga Tube(応用に特化)

という感じで振り分ける事ができます。

つまり、今現在YouTubeに取り組んだ事のない、

もしくは取り組んでいるけど稼げてない場合は、

YTM∞(基本+ちょっとした応用)

・エビルユーチューバー(基本に特化)

の2択がオススメになってくるわけですね。

初心者はまず「YTM∞」か「エビルユーチューバー」か。 

ただ、そうは言ってもエビルユーチューバーは、

僕の「特典ありき」以外では初心者の方にオススメする事はできません。

つまり、エビルユーチューバーの「教材のみ」で、

初心者の方が実践するのはやめた方がいいという事です。

それはなぜかと言うと、YTM∞は、

・YouTubeの基本的な知識から解説されている

・動画の作り方や編集の方法を学ぶ事ができる

・どういった動画が効果的に稼げるのかを学ぶ事ができる

・ちょっとした応用のテクニックも学ぶ事ができる

という「基本」を網羅した内容で、

何も知らない初心者の方でも理解できる内容なのに対して、

エビルユーチューバーは、

・既に需要があると分かっている動画を手間暇かけずにピンポイントで量産する方法

・著作権問題というリスクを徹底的に回避する術

というノウハウに偏っている内容なので、 

「YouTubeの基本を知っている前提」

で作成されているノウハウだからです。

つまり、エビルユーチューバーは、

YouTubeの基本的な知識をすでに知っている方前提のノウハウであり、

何も知らない初心者の方がこの教材だけ手に取っても、

スムーズに実践に移していくのが難しいという事です。

だから、そういった点を僕のオリジナル特典で、

完璧に補強して推奨しているわけなんですね。

僕の特典があるからこそ、

何も知らない初心者の方にもオススメできるという事です。

その一方で、YTM∞では、

そういった何も知らない初心者の方でも理解できるように作成されていて、

初心者でも安心して実践していく事ができます。

その代わり、エビルユーチューバーのように、

特定のノウハウに「特化」しているわけではありません。

ですから、1つの動画で荒稼ぎしていくには、

少し足りない部分もあるかと思います。

つまり、これらのノウハウを比較すると、

・YouTubeアドセンスで稼ぐ事に「特化」するならエビルユーチューバー

・YouTubeの幅広い知識を取り入れながらコツコツ稼ぐならYTM∞

という事になります。

エビルユーチューバー(尾上雄二)は実践しても稼げない?【特典付きレビュー】

【YTM∞】YouTubeトレンドマーケティングMUGEN(バナナデスク)は詐欺?【特典付きレビュー】

正直、どちらの教材もそれぞれから

得られるモノっていうのは全く違ってきますから、

どちらも取り入れるのがベストだと思います。

とは言っても、僕の方でエビルユーチューバーの特典には、

何も知らない初心者の方が手に取っても

スムーズに稼いでいけるような特典を付けてますし、

YTM∞の特典には、稼ぐ事に「特化」した、

僕独自のYouTube戦略やノウハウをまとめ、

それを体系化させたものを特典で配布しています。

ですから、初心者の方がどちらを先に手に取ろうが、

十分にその教材のノウハウを活用していけるはずです。

どちらの教材も僕の特典で

そのクオリティを最大限まで高めているので、

正直な話、「教材単体」ではなく、

僕の「特典ありき」でここまで推奨できているわけなんですね。

まあ、これらの特典の内容を全て解説していたら、

めちゃくちゃ長くなってしまいますので、

詳しい内容は上記のレビュー記事を見て欲しいんですが、

どちらのノウハウも再現性が高く、

そして何も知らない初心者の方にも

推奨できるノウハウなのは間違いありません。

(エビルは僕の特典ありきですが。)

ですから、YTM∞だけでは稼げないとか、

エビルユーチューバーだけでは稼げないとか、

そんな事は全く無いんですね。

ただ、1つだけ断言できるのが、

こういった基本的な内容を抑えずに、

Giga Tubeのノウハウだけを取り入れても稼げないという事です。

Giga Tube(ギガチューブ)のノウハウは「基本」がある前提のノウハウ。

この、ギガチューブについては、

上記のようなノウハウを抑えた上で、

そういった動画に簡単な仕掛けを施し、

「YouTubeでYouTube系の情報商材を売る」

という仕組みを別口で構築していくのが主なノウハウになります。

つまり、YouTubeに関する基礎的な知識、

そして動画の再生回数を稼ぎ出すノウハウ、

「これらがある前提でのノウハウ」

になりますので、

ギガチューブ単体で稼いでいくのは少し無理があります。

先ほども言った通り、「基本」なくして「応用」はありえませんからね。

ただ、先ほどのYTM∞やエビルユーチューバーと、

このギガチューブを組み合わせて実践していけば、

「YouTubeから大きな金額を稼ぎ出す事は容易」

になります。

なぜなら、このギガチューブでは、

「1件5000〜10000円以上」の報酬を

YouTube動画から稼ぎ出すノウハウを学べるので

「報酬単価がYouTubeアドセンスよりはるかに高い」

からです。

そして、このギガチューブの販売者である尾上さんは、

このノウハウで「成約率10%」ほどは安定して出せています。

つまり、1つの動画から100人の誘導に成功すれば、

そのうちの10人は成約しているという事です。

仮に、動画の再生回数が1万回程度だった場合、

本来ならアドセンス報酬は1,000円ほどですが、

その1万回再生したユーザーのうち、

たった100人の誘導に成功するだけで、

約10万円ほどの報酬を獲得できる事になります。

(報酬額を1万円と仮定した場合。)

要は、この場合だと、

たった1万回の再生回数から得られるリターンが、

アドセンス報酬の100倍ほどの数字だという事です。

そして、その報酬を得るために必要な事は、

作成・投稿していく動画に簡単な仕掛けを施すだけ。

つまり、1つの動画を作成して投稿していくにしても、

このギガチューブのノウハウを取り入れるだけで、

・動画の再生回数に応じたアドセンス報酬

・動画から施した仕掛けから生まれる高額な成約型報酬

の報酬をダブルで獲得していけるわけですから、

単純にギガチューブは取り入れた方が良いのは間違いないと思います。

これは「誰の目から見ても明らか」ですよね。

そして、そんなギガチューブですが、

先ほどのエビルユーチューバーと併せて購入する事で、

10,000円引きで購入する事ができます。

ですから、

「月に数万程度じゃなく、数十万、数百万をYouTubeで稼ぎたい。」

「YouTubeを起点に別のキャッシュポイントを構築しておきたい。」

という場合はどうせならセットで購入した方が「お得」だと思います。

また、僕からセットで購入してくれた場合、

「セット購入限定の手厚い特典」も付けてますので、

そういった詳細も下記のレビュー記事で、

ぜひ、参考にして頂ければ、と思います。

参考:Giga Tube(ギガチューブ) 尾上雄二は稼げない?評判と実践レビュー【特典付き】

まあ、このギガチューブについては、 

「どうせなら取り入れといた方が大きく稼げる」

というのは間違いないですし、

それが先ほども解説したように

「リスクの分散」にも繋がる事を考えると、

非常にオススメする事ができます。

しかし、 

「YouTubeアドセンスで稼ぐ」

という事にのみフォーカスした場合は、

このギガチューブは必ず必要というわけではありません。

というのも、得られるモノが全く違いますからね。

つまり、ここまでの内容をまとめると、

・YouTubeの基礎からちょっとした応用まで幅広い知識を取り入れながらコツコツ稼ぐならYTM∞

【YTM∞】YouTubeトレンドマーケティングMUGEN(バナナデスク)は詐欺?【特典付きレビュー】

・YouTubeアドセンスで「稼ぐ事に特化」するならエビルユーチューバー

エビルユーチューバー(尾上雄二)は実践しても稼げない?【特典付きレビュー】

・YouTubeから報酬を2重取りしてガツンと大きく稼ぐならギガチューブ

Giga Tube(ギガチューブ) 尾上雄二は稼げない?評判と実践レビュー【特典付き】

という事になります。

ですから、今は何の知識もノウハウもないけど、

これから実践してガッツリYouTubeで稼いでいきたい場合は、

エビルユーチューバーとギガチューブのセット購入を

僕の特典付きで購入した方がお得だし賢いと思います。

また、すでにYouTubeアドセンスである程度稼げていて、

さらに収益を大きく伸ばしていきたい場合は

ギガチューブの単品購入という感じですかね。

まあ、上記の各レビューページでは、

それぞれのノウハウの詳細を解説してますので、

ぜひ、それぞれを見比べて吟味してみてください。

また、その際の相談や質問などは、

気軽にコチラからご連絡くださいね。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまた!

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!