YouTubeアドセンスで稼ぐための3つのポイントと著作権問題の対処法について。

お疲れ様です、早川です。

前回の記事では、

「YouTubeの可能性や将来性と初心者が得られる多くのメリット」

について解説してきました。

YouTubeを実践していく事によって、

YouTubeは投稿した動画が再生されるだけで収益が発生する。(=「文章」を書く必要も「成約」を取る必要もないので初心者でも稼ぎやすい)

YouTubeは稼ぐまでのハードルが限りなく「低い」。(=初心者でも誰でも稼ぐ事が可能)

YouTubeの作業は日々、資産化できる。(=ここに費やした時間や労力は無駄にならずに不労所得を得ることが可能)

動画には「アクセスを奪い合う」という概念がない。(=初心者が今から参入しても十分稼げる)

YouTube動画は他媒体への「集客の入り口」としても活用できる。(=応用次第で別のキャッシュポイントに繋げることができ、ビジネスの幅が広がる)

YouTubeの日本ユーザー数は約5,000万人、世界だと約10億人という数字。(=それだけの数にアプローチすることができる)

そのうちの大半が「見るだけ」のユーザーである。(=それだけ初心者でも参入の余地があり、稼ぎやすい)

YouTubeで稼ぐ上で特別な機材や編集スキルは必要ない。(=誰でも実践して稼ぐことが可能)

1つの動画作成に長い時間は要さない。(=副業でも本業の合間にコツコツ実践し、作業を積み重ねていく事が可能)

アカウントがあれば誰でも動画を投稿できる。(=老若男女問わず、誰でも実践可能)

顔出し、声出し0でも稼いでいける。(=副業でも会社にバレずに、人知れずひっそりと稼ぐ事が可能)

という数多くのメリットを得る事ができ、

YouTubeの「可能性」や「将来性」についても、

具体的な根拠を交えながら解説しています。

参考:YouTube(アドセンス)の「可能性」と「将来性」。初心者でも今から稼ぐ事は可能か?

しかし、初心者がYouTubeアドセンスで稼いでいくには、

「ただ動画を作成して、投稿していけば良い。」

というわけではなく、

「抑えるべきポイントをしっかりと抑えないと稼げない」

のが実際のところです。

なぜなら、抑えるべきポイントを抑えずに、

ただ適当に動画を作成し、投稿したところで、 

「地図を持たずに旅に出かけるようなもの」

ですから、結果が出る事はまずありません。

そして、これからもYouTubeの可能性や

将来性に気づいた人達がどんどん新しく

YouTubeに参入してくる可能性もあるわけです。

そんな中で何のノウハウも知らずに、

ただ動画を作成・投稿していっても、

1円たりとも稼げない事は明らかですよね。

しかし、YouTubeアドセンスで稼げていない人っていうのは、

そのように、その大半が抑えるべきポイントを抑えずに、

ただ動画を作成・投稿していってるような人達です。

要は、何の知識やノウハウも持たずに、

ただ行き当たりばったりで実践してるわけですから、

そりゃ稼げないのは当然です。

ただ、YouTubeは簡単なポイントさえ抑えれば、

初心者だろうが誰だろうが結果を出す事は可能です。

要するに、YouTubeで稼げる人と稼げない人の違いは、

ただ単純に「知ってるか知らないか。」だけの差だったりするんですね。

ですから、今回はその

「YouTubeアドセンスで稼いでいく上で抑えるべきポイント」

について解説していくと共に、

「YouTubeアドセンスを実践する上で必ずぶち当たる壁」

についても解説していきたいと思います。

YouTubeアドセンスで稼いでいく上で抑えるべきポイント。

まず、YouTubeアドセンスで稼ぐためには、

ただ単に動画を作成して投稿するだけでは、

十分な結果を得ることは難しいです。

YouTubeで稼ぐステップとしては、

・動画を作成し、投稿する

・その動画へアクセスを流し込む

というのが基本的なステップで、稼ぐためには、

これら2つの要素をしっかりと抑えなければいけません。

しかし、現状、多くの人は動画を作って投稿すれば、

あとは視聴者が勝手にその動画を見つけてくれると思っています。

要は、その動画へアクセスを流し込む事をせずに、

動画を作成して投稿しているだけという事ですね。

ただ、YouTubeアドセンスの収益は

投稿した動画の数なんかではなく、

「投稿した動画の再生回数」によって決まります。

ですから、

「いかに動画にアクセスを集める事ができるか」

によって、

「YouTubeで稼げるのか稼げないのか」

が決まってくるという事になります。

いくら大量に動画を投稿したところで、

投稿した動画にアクセスが集まらなかったら、

全くと言っていいほど稼ぐ事はできません。

逆に、少しの動画しか投稿してなくても、

それらの動画に十分なアクセスが集まれば、

それだけの収益は得る事ができます。

つまり、YouTubeアドセンスで稼ぐためには、

それだけ「動画へアクセスを流し込む事」が重要になるんですね。

そして、その動画のアクセスアップの方法についてなんですが、

・いかにその動画を視聴者(ユーザー)に見つけてもらうか。

・いかに視聴者を自分のチャンネル内で「巡回」させていくか。

の2つのポイントを徹底して抑えていけば、

大量のアクセスを呼び込む事が可能になります。

つまり、投稿した動画を多くのユーザーに見てもらい、

その1度訪れたユーザーをとにかく逃がさない事で、

1つの動画から最大の再生回数を叩き出す事ができ、

少ない労力で最大の効果を得る事ができるわけです。

実際、YouTubeを見ていると、

同じようなジャンルの同じような動画でも、

・めちゃくちゃ再生されている動画

・全く再生されていない動画

に分かれている事が多々あります。

その原因が、まさしくたった今解説した、

・いかにその動画を視聴者(ユーザー)に見つけてもらうか。

・いかに視聴者を自分のチャンネル内で「巡回」させていくか。

を徹底しているかしていないか、の差なんですね。

基本的にYouTube上で扱っていく

コンテンツは「動画」がメインになってきます。

そして、その「動画」というコンテンツの特性上、

あまりアクセスを奪い合うという概念がありません。

ですから、YouTubeで稼ぐ上では、

ライバルがどうのこうのというよりも、

・いかに再生される動画を作成し、投稿するか。

・いかにその動画を視聴者(ユーザー)に見つけてもらうか。

・いかに視聴者を自分のチャンネル内で「巡回」させていくか。

という3つのポイントさえ抑えていけば、

どんどんと動画の再生回数は伸びていくので、

順調に稼いでいく事が可能になります。

それが初心者だろうが誰だろうが、です。

そして、YouTubeアドセンスで稼げてない方は、

上記のポイントを抑えられていない場合が多いです。

そういった稼げていない人達の大半は、

どんな動画を作成すれば再生されるのか知らなかったり、

どうやってその動画を見つけてもらえばいいのか分からなかったり、

どうやって視聴者を自分のチャンネル内で巡回させるのか知らなかったり、

というパターンがほとんどです。

しかし、それらのポイントは知ってしまえば、

誰でも簡単に抑えていく事はできますし、

そのポイントを抑えつつ動画を作成・投稿していけば、

たとえ、初心者だろうが誰だろうが、

・多くの人に再生される動画を作り、

・その動画にアクセスを流し込み、

・そのアクセスを極力逃がさない

という事が可能になるわけですから、

必然的にその動画からのアドセンス報酬は上がっていく事になります。

これに特別な知識やスキルが必要なわけでもなく、

「知ってしまえば」誰でも簡単に再現する事ができ、

そして稼いでいく事ができるわけです。

ですから、

「YouTubeアドセンスで稼ぐ人と稼げない人の違い」

っていうのは、ただ単純に、

「知ってるか知らないか。」

だけの差だという事です。

そして、今現在YouTubeアドセンスに取り組んでる人は、

「知らない人」が大半なのが実状です。

そもそも需要のない動画を作ってたり、

アクセスアップの工夫を施してなかったり、

アクセスを逃がさない仕掛けを施してなかったり、

「誰に何をどう教わってそうなったの?笑」

というようなレベルなんですね。

僕の目から見ても「稼げてない」のは明らかで、

そしてそういった実践者が「大半」だという事です。

ですから、上記のポイントさえ抑えていけば、

そういった低レベルのライバルをごぼう抜きにして

稼いでいく事ができるわけですから、

今から参入しても遅いなんて事はありません。

むしろ、今から参入しても「余裕」なので、

「1秒でも早く参入した方が得」

だというわけです。

YouTubeアドセンス実践における「著作権問題」について。

ただ、YouTubeアドセンスを実践していく上で、

多くの人がぶち当たってしまう壁があります。

それが「著作権違反」です。

例えば、何かのドラマや映画、音楽などの動画がそうで、

こういった「著作権を侵害する動画」は、

YouTube側からのペナルティを受ける事になります。

そして、こういったペナルティを受けると、

「チャンネルの停止」や「アカウント剥奪」、

そして「違反動画の削除」などなど、

「YouTube側からの厳しい処置」が下されるんですね。

ですから、先ほどの、

・いかに再生される動画を作成し、投稿するか。

・いかにその動画を視聴者(ユーザー)に見つけてもらうか。

・いかに視聴者を自分のチャンネル内で「巡回」させていくか。

という3つのポイントを抑えても、

その投稿した動画が著作権違反だったら、

「すぐに削除」されてしまうわけです。

YouTubeはこういった「著作権違反」に厳しいですから、

何も知らずに動画を作成し、投稿していると、

「知らないうちに著作権違反を犯してしまっていた…。」

なんて事にもなりかねません。

実際、僕の元にもYouTubeアドセンス実践者から、

この「著作権」についての相談をよく貰います。

それだけ、YouTubeアドセンスで稼いでいく上では、

この「著作権」についてシビアにならないとダメなんですね。

いくら再生される動画を作成し、投稿しようが、

その動画が著作権違反で削除される事によって、

「資産を積み重ねて構築していく事」

ができなくなってしまうわけですから。

という事は、せっかくの「不労所得」も得る事ができず、

「動画を投稿→削除→また動画を投稿→削除→また動画を〜」

という「イタチごっこ状態」になってしまいます。

しかし、そんな「イタチごっこ」を続けてても、

いつまで経っても大きく稼ぐ事はできませんし、

「自由な生活」なんて夢のまた夢です。

投稿しても削除されてまた投稿しても削除されて、

の繰り返しですからね。

そして、そんな事を繰り返していくうちに、

YouTube側から「アカウント凍結」を、

食らってしまうのは目に見えています。

ですから、YouTubeアドセンスで稼いでいくためには、

「著作権侵害を回避する術」

っていうのも知らないとダメなんですね。

YouTubeアドセンス どうやって「著作権侵害」を回避していくか。

ただ、この「著作権侵害を回避する術」についても、

「知ってしまえば誰でも簡単に習得できる」

というのが実際のところです。

1つ簡単な例を挙げると、例えばテレビ番組などの

動画をそのまま投稿する事は「著作権侵害」になります。

しかし、このテレビ番組の一部を切り取って、

「○○○さんが○○について○○と発言!」

という形にしてしまえば、それは著作権の侵害にはなりません。

なぜなら、「事実や事件は著作物にならないから」です。

もちろん、テレビ番組などは著作物になります。

しかし、そのテレビ番組の中で、

「○○○さんが○○について○○と発言した」

という「事実」には著作物にはならず、

そういった動画も著作権侵害にはならないわけです。

現に、YouTubeを見ていると、

「どう考えてもこれ著作権違反じゃね?」

と思ってしまうような動画がゴロゴロありますが、

そういった動画は著作権侵害にならないように、

さきほどのような工夫をしている場合が多いです。

そして、そういった動画の詳細を見てみると、

何年も前にアップロードされていて、

長い間再生され続けてたりします。

つまり、「何も問題がないから長い間削除されてない」わけですよ。

ですから、YouTubeで稼ぐポイントにしろ、

YouTubeで著作権侵害を回避する方法にしろ、

本当にこういった単純なポイントを

「知ってるか知らないか」だけなんですね。

現に、そういった事を「知らない人」は、

著作権に引っかかりまくってアカウント凍結されたり、

YouTube側との「イタチごっこ」を延々と繰り返してたり、

動画が全く再生されずに稼げなかったりするわけですから。

ただ、ここで重要になってくるのが、

「そういった知識を何で学び、どう実践していくのか?」

という事です。

「YouTubeアドセンスで稼ぐために必要な事は分かった。でも具体的にどうすればいいの?

ここまでYouTubeアドセンスで稼ぐポイントや、

その上で避けては通れない「著作権」について解説してきました。

そして、それらの問題の解決策は、

たとえ初心者だろうが誰だろうが、

ただ単純に「知れば解決できる」という事も。

しかし、現状、YouTubeで稼ぐ系のノウハウや、

高額塾などは数多く打ち出されており、

どれを手にとって実践すればいいのか分からないと思います。

僕自身、数多くのYouTube教材を、

実際に購入して中身を確認してますが、

「正直言って大した事ないノウハウやツール」

なんかも多いと感じています。

中でも、ひどいものなんかは、

具体的なノウハウなど公開せずに、ただ、

「このYouTube教材を売って稼ぎましょう。」

というような教材や塾まで実在する始末です。

正直、

「この教材の販売者はビジネスなめてるだろ。」

と思ってしまうようなものも少なくないのが現状なんですね。

そして、そんなものが

数万〜数十万という高額な値段で販売され、

広まっているわけですから、

「こんなもので学んでたらそりゃ稼げないよな。」

というのが率直な感想です。

「稼げなくて当たり前レベル」の教材や塾が、

そこら辺に蔓延してしまってるわけですから、

そういったものを購入するのは危険なわけです。

しかし、僕自身が実際に購入して、

中身を確認してきたノウハウの中には、 

「お!これなら初心者でもしっかり稼げるぞ。」

というまともなノウハウもありました。

(むしろ無かったらこの業界は相当ヤバイですが。笑)

そして、その中でも僕が最もオススメなのが、

・「YTM∞」

・エビルユーチューバー

の2点になります。

まず、YouTubeアドセンスの基礎の基礎から学び、

手堅いノウハウを学んでいくならこの「YTM∞」。

参考;【YTM∞】YouTubeトレンドマーケティングMUGEN(バナナデスク)は詐欺?【特典付きレビュー】  

そして、より具体的なノウハウを学び、

再生回数を跳ね上げることに「特化」した教材なら、

「エビルユーチューバー」がオススメです。

参考:エビルユーチューバー(尾上雄二)は実践しても稼げない?【特典付きレビュー】

まあ、これら以外にもYouTube系の教材で、

オススメできるものは確かにあるんですが、

「初心者がYouTubeアドセンスで稼ぐなら。」 

という純粋な「再現性」と「収益性」で見ると、

これら2つの教材が最もオススメになります。

そして、これらの2つの教材の違いを軽く説明すると、

「YTM∞」はこれからYouTubeアドセンスを始める方、

「YouTubeの基礎の基礎」から学びたい方にオススメできる

「入門書」のようなイメージですね。

基本的なノウハウからちょっとした応用まで手広く学べて、

初心者でもYouTubeアドセンスで手堅く稼げるノウハウになってます。

一方、「エビルユーチューバー」は、

先ほどの著作権のスキマをかいくぐる手法で、

再生回数を跳ね上げることに「特化」した内容になってます。

著作権の時に例に挙げたようなテクニックを駆使して、

初心者でも合法的に再生回数を跳ね上げることで、

大きな収益を稼ぎ出していくイメージですね。

「王道中の王道」なノウハウではなく、

少し「邪道」で裏ワザチックな要素も含んでいます。

ただ、この「エビルユーチューバー」は、

YouTubeの基礎的な部分については一切触れられていません。

ですから、初心者の方が手に取る場合は、

あくまで「僕の特典ありき」でのオススメになります。

(※弱点を全てカバーして徹底強化しています。)

まあ、それでも、

「動画の再生回数を跳ね上げて稼ぐ」

という点ではエビルユーチューバーは、

他のどんなノウハウよりも評価できる内容だと思っています。

もちろん、どちらのノウハウも取り入れれば、

それが最も望ましいんですが、人によっては、

自分の状況などに適したノウハウを取り入れたい場合もあると思います。

ですから、そういった場合はぜひ、

下記の記事で色々と吟味してみて、

判断してみるのが良いと思います。

参考:【YTM∞】YouTubeトレンドマーケティングMUGEN(バナナデスク)は詐欺?【特典付きレビュー】

参考:エビルユーチューバー(尾上雄二)は実践しても稼げない?【特典付きレビュー】

また、その際、僕にメールをくれれば、

「あなたの状況に応じた的確なアドバイス」

はできると思いますので気軽にコチラからご連絡ください。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは!

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!