YouTube(アドセンス)の「可能性」と「将来性」。初心者でも今から稼ぐ事は可能か?

お疲れ様です、早川です。

以前、 

「初心者がスムーズに0から大きく稼いでいくには。」

という記事を書いた時に、

「まず、初心者はサイトアフィリかYouTubeから始めるべき。」

だという事をお伝えしてきました。

参考:【重要】アフィリエイト初心者が全くの「0」から月収100万稼ぐための具体的なステップとは。

そこで、「サイトアフィリ」についても、

数多くの相談や質問を受けてたんですが、

それよりも多かったのは「YouTube」についての相談や質問です。

「YouTubeってぶっちゃけどうなんですか?」

というような質問から、

「初心者でもYouTubeで稼げますか?」

といったような相談まで、数多くの声を頂いてるような状態です。

ただ、結論から言うと、YouTubeの可能性や

将来性はバカにできるものではないですし、

初心者でも比較的簡単に稼ぎやすいビジネスモデルです。

そして、初心者がネットビジネスで

大きく稼いでいくための「キッカケ」としても、

最適なビジネスモデルだと思います。

ですから、今回の記事では、その、

「YouTubeを活用した稼ぎ方」

について解説していきたいと思います。

文章がいらない稼ぎ方「YouTubeアドセンス」

まず、簡単に言うとYouTubeは、

文章を書く必要も商品の成約を取る必要もなく、

「動画を投稿するだけで稼げるビジネスモデル」

だというイメージでOKです。

あなたが投稿した動画を視聴者が見て、

広告がクリックされるだけで収益が発生する。

これが、基本的なYouTubeの稼ぎ方で、

この手法を「YouTubeアドセンス」と呼びます。

YouTubeを活用した稼ぎ方は他にもいくつかあるんですが、

代表的なのはこの「YouTubeアドセンス」という手法ですね。

さらには、「動画」はアクセスの奪い合いにもならないので、

YouTubeアドセンスはライバルとの「競合」が発生する事も少ないです。

つまり、初心者が「今から」参入しても、

十分、稼いでいけるという事になりますから、

その点も初心者には嬉しいメリットだと思います。

ただ、僕はこれまでクリック課金型のアドセンス広告で、

稼いでいく手法には「否定的」な意見を持っていました。

世間一般的に「初心者に最もオススメ!」と

言われ続けている「トレンドアフィリエイト」にも、

どちらかと言えば否定的な意見を持っています。

じゃあ、なぜ同じ「クリック課金型広告」でも、

「YouTubeアドセンス」は良くて「トレンドアフィリ」はダメなのか?

それは、

「YouTubeアドセンスは割いた時間や労力を資産化できるから」

になります。

トレンドアフィリエイトは基本的に、

トレンド(流行り)キーワードを扱って、

短い期間でアクセスを集めていく手法になります。

ですから、そのキーワードの旬が過ぎると、

ブログにアクセスも入ってこなくなるわけですから、

継続的に収入を得ようとすると、

常にトレンドを追いかけ続けて、

記事を書き続けなければなりません。

だからこそ、記事を書くのを辞めてしまうと、

その途端、パッタリと収入が途絶える事になるので、

常に作業を続けなければならないわけです。

つまり、自分の時間や労力を引き換えに、

単発的な収入を貰っているようなものなので、

「継続的な収入源を構築する」事が難しく、

それは単なる「時間の無駄」だと思うわけですよ。

ネットビジネス最大の醍醐味っていうのは、

「仕組みを構築すれば半自動的に稼げる事」

です。

それなのに、そのような仕組みを構築できない

ビジネスに時間を割くのは単純に「もったいない」わけです。

自分の時間や労力と引き換えに、

作業した分だけ収入が入ってくるとか、

「労働」と何ら変わりありませんからね。

単純に、これじゃ

「ネットビジネスやってる意味がない。」

とさえ思うわけですよ。

一方で、「YouTubeアドセンス」なら、

YouTubeという媒体上に動画を投稿し、

それを積み重ねていけば積み重ねる分だけ、

「継続的な収入源を構築できる」事になります。

ですから、「半自動的に稼ぐ事」も可能ですし、

その仕組みを構築したまま、

そこで培ったノウハウやスキルを活かして、

情報発信側に回る事も可能になるわけです。

なぜなら、YouTubeアドセンスで

「再生される動画を作成する方法」

をしっかりと身につけていけば、その動画を、

情報発信ブログの「集客の入り口」に活用する事ができるからです。

つまり、多くの人が悩んでしまう「集客」を、

自分の動画からブログに狙った属性のアクセスを

大量に流し込む事で最初からクリアできるわけです。

僕の、YouTubeを活用したマーケティング手法は、

様々な属性ごとに特化したチャンネルを構築する事で、

狙った属性のユーザーを「大量」に集める事が可能になります。

まあ、この辺も後々解説していきますが、

僕が推奨する最終地点はあくまで、

「情報発信側に回って継続的に大きく稼ぎ続ける事」

ですから、

そこも視野に入れるとトレンドアフィリは推奨できませんが、

YouTubeアドセンスは胸を張って推奨できるという事ですね。

要するに「無駄がない」わけです。

YouTubeの「可能性」と「将来性」。

で、YouTubeの公式発表によると、

YouTubeは全インターネット人口の約3分の1を占める

10億人以上のユーザーに利用されており、

1日あたりの動画視聴時間は10億時間、

視聴回数は数十億回にものぼります。

そして、それだけのユーザーのうち約9割が

動画を「見ているだけ」のユーザーだと言われています。

つまり、単純にその残りの1割のユーザーが、

「1日あたりの数十億回もの視聴回数分の利益」

を得ているという事になりますよね。

しかも、これは世界に限った話ではなく、

日本でも「見ているだけのユーザー」が大半を占め、

「ごく一部の人達」がその利益を得ているわけです。

ちなみに、日本のYouTubeユーザーの数は

他のSNSより倍近く多い「5,100万人」。

(Twitterが約2,000万人、Facebookが約2,500万人です。)

つまり、YouTubeアドセンスはYouTubeという巨大な媒体で、

それだけの数のユーザーにアプローチできるという事であり、

それだけ「可能性」があるというになります。

そして、YouTubeで稼いでいくためには、

文章を書く必要も商品を売る必要もなく、 

「ただ、動画を投稿して再生回数を稼ぐだけ」

になるわけですから、

それだけ、初心者の方でも稼いでいくにあたっての、

「難易度も限りなく低い」わけです。

しかも、その動画の活用方法次第では、

別メディアへの誘導する事もできますし、

日本だけでなく世界へ向けて

動画を投稿する事も可能になります。

YouTubeに投稿するのは「文章」ではなく「動画」なわけですから、

工夫1つで世界中の人が見て楽しめる動画を作る事もできるわけです。

ですから、その動画の作り方によっては、

日本だけでなく世界中にアプローチする事も可能になるんですね。

つまり、YouTubeをビジネスに活用する事は、

それだけの「可能性」を秘めているという事であり、

使い方1つでビジネスの「幅」も相当広がっていく事になります。

現に、このような誰でも撮れるような動画でも

「2,800万回」以上も再生されていますし、

このような子供たちがおもちゃのレビューをする動画でも、

再生回数「1億回」以上も再生されています。

YouTubeアドセンスの収益の目安は基本的に

「再生回数×10%」ほどになります。

つまり、100万回再生で「10万円」、

1,000万回再生で「100万円」と、

イメージしてくれれば良いです。

という事は、先ほどの誰でも撮れるような動画1つで、

「280万円」以上も稼ぎ出しているという事であり、

(この動画1つで2,800万回以上再生…。)

先ほどのおもちゃのレビュー動画であれば、

「1,000万円」以上も稼いでいるわけです。

(再生回数1億回以上…。)

ちなみに、この子供達は他にもいくつもの動画を投稿していて、

「推定年収1億円以上」だと言われています。

えげつないですよね(笑)

まあ、この子供たちが動画を撮って

1から編集してるわけではないでしょうが、

それでもアカウントさえ取得し、

チャンネルを収益化する設定さえすれば、

老若男女問わずに誰でもこのように稼いでいく事ができます。

そして、上記のような動画を撮って投稿するのに、

ネットビジネスの知識だったり、

複雑なマーケティングの知識だったりは不要です。

それでいて、そういった動画を積み重ねれば、

動画が再生されるたびに収益が入ってくるので、

完全な「不労所得の仕組み」になりますよね。

実際、YouTubeからの広告収入のみで

生計を立てている人達も珍らしくありませんし、

月に数百万以上稼ぎ出すユーチューバーも

決して珍らしくありませんからね。

要は、これが「YouTubeの可能性」であり、

それだけの可能性を秘めながらの「参入障壁の低さ」、

そして「再現性の高さ」もYouTubeの魅力ですね。

とは言え、初めてYouTubeアドセンスを

実践する方には様々な懸念点があると思います。

「動画作成って面倒くさいんじゃないの?」とか、

「そもそも撮影用のカメラとか編集スキルとか無いけど…。」とか、

「再生される動画なんて作れる気がしない…。」とか、

「顔出しや声出しは極力したくない…。」とか、、、

いくら初心者にオススメだと言っても、

初めて実践する上での不安だったり、

懸念点っていうのが山積みだと思うんです。

ですから、その辺についても少し触れておきたいと思います。

初心者がYouTubeアドセンスを実践する上での懸念点。

まず、YouTubeに動画を投稿して

稼いでいく上での「動画作成」についてなんですが、

多く初心者の方が懸念する部分としては、

「動画の作成って面倒くさいんじゃないの?」

「結構、時間かかったりするんじゃないの?」

という点だと思います。

もちろん、ユーチューバーの人達のように、

凝った動画を作成していく場合は、

編集作業にそれなりの時間や手間がかかってくる事になります。

しかし、実際のところ、

「ユーチューバーになって有名になりたい!」

とかの目的ではなく、あくまで「お金稼ぎ」として

YouTubeを活用していく場合は、

そういった時間や手間は必要ありません。

なぜなら、

「再生される動画を作成して稼いでいく」

という前提を踏まえると、

「そのような凝った動画を作る必要はない」

からです。

むしろ、YouTubeアドセンスで稼いでいくにあたって、

1つの動画にそれだけの手間や時間をかける事に、

メリットは何1つとしてありません。

そんな効率の悪い事をするよりは、

手間のかからない動画を量産していった方が、

効率よく稼いでいく事ができますからね。

極端な話、100万回再生される動画を1つ作るよりも、

1万回再生される動画を100個作った方が、

労力的に見ても時間的に見ても効率が良いんです。

それに、ぶっちゃけ、再生される動画を作るのには、

簡単な無料ソフトの機能を活用するだけで、

サクサクっと簡単に作れてしまいます。

その作業に慣れてしまえば、

「動画によっては10分程度で作成できる場合」

も多いので、初心者でも心配する必要はありません。

つまり、

「時間と労力をかけずに動画を量産していく」

事によって初心者でも十分稼いでいく事ができるわけですし、

そっちの方が効率も良いという事になります。

「動画撮影専用のカメラや機材は必要なのか?」

これについても、先ほどと同様に、

凝った動画を作成したいのであれば、

それなりの機材などは必要になってくると思います。

しかし、YouTube初心者が稼いでいくために、

そういった専用のカメラや機材などは必要なく、

撮影に関しては「スマホ」で十分事足ります。

ただ、実際のところ、動画なんて、

「わざわざ撮影しなくても」YouTubeで稼ぐ事は可能です。

「動画を作成して投稿する」という事で、

「自分で動画を撮影して投稿しなければいけない」

みたいな固定概念を抱いしまう人がいますが、

そもそもYouTubeで稼いでいく上では、

そんな面倒な事する必要はありません。

「動画を撮影しなくても動画を作成する方法」があるのです。

そして、そういった動画でも余裕で稼げますし、

案外、そういった動画の方が「ウケ」が良かったりするので、

それが再生回数の増加にも繋がってきたりします。

「じゃあ、どうやって動画を作成するのか?」

という点なんですが、これについては、

また後ほど解説していきたいと思います。

「再生される動画なんて作れる気がしない…。」

これも、YouTubeアドセンスを実践するにあたって、

多くの人が懸念してしまう部分なんじゃないかと思います。

「そもそもどんな動画が再生されるのか分からない…。」

「どんな動画を作れば良いのかさっぱり…。」

という点ですね。

ただ、実際のところ、

「再生される動画」のジャンルや構成、

パターンっていうのはある程度同じです。

つまり、1から自分の頭で考えなくても、

その確立されたジャンルやパターンに沿って、

カチカチと当てはめていくように動画を作れば、

例え初心者だろうが誰だろうが

「再生される動画」は作れるという事です。

それこそ、YouTube上にはすでに、

「めちゃくちゃ再生されている動画」

っていうのが数多くあるわけですし、

1つ1つの動画の再生回数は目視できるわけですから、

リサーチのやり方によっては、

いくらでもノウハウを盗む事ができますよね。

ですから、初心者の方でも心配する必要はありません。

誰でも「再生される動画を作る事は可能」だという事です。

「顔出し声出しは極力したくない…。」

これも、多くの人が抱いている懸念点ですね。

実際、僕の周りの人達なんかもそうですが、

「YouTubeは顔出ししないと稼げない」

と思っている人達が大勢います。

まあ、確かに

「YouTubeで稼ぐ=ユーチューバー」

みたいな感じの風潮はありますし、YouTube上では、

そういう顔出し声出ししている人の方が目立ってたりするので、

「顔出し声出ししないとYouTubeでは稼げない」

というイメージを抱いてしまうのも仕方ありません。

実際、僕の友達もそのほとんどが、

「YouTubeで稼ぐ=顔出し声出し」

みたいなイメージを抱いている人がほとんどです。

しかし、このイメージは間違っていて、

「顔出し0声出し0でもYouTubeで稼いでる人」

っていうのは大勢いますし、

そっちの方がはるかに簡単に稼げたりします。

なぜなら、手間暇かけて顔出し声出しの

1つの凝った動画を作成するよりも、

顔出し声出しなんてせずにすぐに作成できる動画を

量産した方がはるかに簡単で効率が良いからです。

ですから、例え「顔出し声出し」が無理な方でも、

人知れずひっそりと稼ぐ事は可能なんですね。

…というわけで、僕の方に実際に寄せられた、

相談の声や質問などを参考に多くの初心者の方が

抱いてしまいがちな懸念点について触れてきました。

ここまで読んでくれているあなたなら、

もうすでに分かっているとは思いますが、

実は多くの人が抱いている懸念点っていうのは、

その「大半が間違っているもの」だったりします。

実際、YouTubeはそんな懸念点なんて一切抱える必要のない

「超」初心者向けのビジネスモデルなんですね。

それでいて、ここで培った動画作成ノウハウは、

「次」に繋げられるスキルなわけですから、

「アフィリエイトで大きく稼いでいくための1歩目」

にYouTubeは最適だと言えるわけです。

YouTubeの「将来性」。

しかし、だからといってYouTubeも、

1つのメディアに過ぎないわけですから、

そこに「依存」する事は危険です。

僕は、どんなビジネスを実践する際にも、

「一生稼ぎ続ける事のできるビジネス」

である事が重要だと考えていて、

「すぐに稼げなくなるビジネス」

にはあまり打ち込む必要はないと考えています。

なぜなら、いずれ稼げなくなるのであれば、

そのメディアに割いた時間や労力は無駄になり、

「また0からのスタート」を切らないといけなくなるからです。

つまり、特定のメディアやサービスに依存したビジネスは、

いつ稼げなくなるかも分からないので、

そういったビジネスは「危険」だと考えているわけですね。

ただ、この点も、YouTube「だけ」は、

他のSNSやメディアよりも長く生き残り、

伸び続けていくメディアだと思っているので、

「将来性」はバツグンだと考えています。

なぜなら、天下のGoogleの副社長である

ロバート・キンコーという方が、

「90% of traffic will be video」。

つまり、

「ネット上の90%以上のトラフィックがオンラインビデオになるだろう。」

という予言じみた発言を残している事から、

Googleが今後、YouTubeなどの動画媒体に

力を入れていく可能性が高いからです。

もちろん、だからと言ってこの発言を

まるまる鵜呑みにするのはどうかと思います。

しかし、今現在ネットの世界において、

Googleの右に出る会社はありません。

インターネットと言えばGoogleですし、

代表的な検索エンジンと言えばGoogle。

そして、そのGoogleの副社長が、

「今後、動画媒体に力を入れていく。」

と宣言しているわけですから、

今後、動画媒体がメインになるかはさておき、

「YouTubeが無くなる可能性は限りなく低い」

という事が言えるわけです。

それどころか、どんどん加速していく事もありえますよね。

現に、Googleの検索エンジンに何かしらのキーワードを入れると、

サイトよりYouTubeの動画が上位表示されてたりもするわけです。

(YouTube動画が検索上位に…。)

ですから、この可能性にいち早く気づいた人達は、

すでにYouTubeマーケティングに力を入れていき、

どんどんビジネスにYouTubeを活用していってる状態なんですね。

まあ、今後どうなるかは誰にも分かりませんが、

実際にそういった「Google側の意思」があるのと、

実際にYouTube動画が検索上位に来ている「事実」を踏まえると、

今後、YouTubeが伸びていく事は間違いなさそうです。

YouTubeの「可能性」と「将来性」。まとめ

つまり、ここまで解説したYouTubeのメリットをまとめると、

YouTubeは投稿した動画が再生されるだけで収益が発生する。(=「文章」を書く必要も「成約」を取る必要もないので初心者でも稼ぎやすい)

YouTubeは稼ぐまでのハードルが限りなく「低い」。(=初心者でも誰でも稼ぐ事が可能)

YouTubeの作業は日々、資産化できる。(=ここに費やした時間や労力は無駄にならずに不労所得を得ることが可能)

動画には「アクセスを奪い合う」という概念がない。(=初心者が今から参入しても十分稼げる)

YouTube動画は他媒体への「集客の入り口」としても活用できる。(=応用次第で別のキャッシュポイントに繋げることができ、ビジネスの幅が広がる)

YouTubeの日本ユーザー数は約5,000万人、世界だと約10億人という数字。(=それだけの数にアプローチすることができる)

そして、そのうちの大半が「見るだけ」のユーザーである。(=それだけ初心者でも参入の余地があり、稼ぎやすい)

YouTubeで稼ぐ上で特別な機材や編集スキルは必要ない。(=誰でも実践して稼ぐことが可能)

1つの動画作成に長い時間は要さない。(=副業でも本業の合間にコツコツ実践し、作業を積み重ねていく事が可能)

アカウントがあれば誰でも動画を投稿できる。(=老若男女問わず、誰でも実践可能)

顔出し、声出し0でも稼いでいける。(=副業でも会社にバレずに、人知れずひっそりと稼ぐ事が可能)

という事になります。

まさに、「今からやろう。」と思えば、

すぐに実践を開始できるほどの簡単さで、

それでいてこれだけのメリットがあるわけですから、

「ネットビジネス初心者の1歩目にYouTubeは最適」

だと素直にオススメする事ができます。

しかし、しっかりと稼いでいくためには、

「ただ実践すればいい」というものではありません。

確かに、これだけの可能性や将来性のある媒体で、

動画を投稿するだけで稼いでいけるビジネスですが、

抑えるべきポイントをしっかりと抑えて実践しないと、

「全く動画が再生されない=全く稼げない」

なんて事態に陥ってしまいます。

なぜなら、抑えるべきポイントを抑えずに、

ただ適当に動画を作成し、投稿したところで、

「地図を持たずに旅に出かけるようなもの」

ですから、結果が出る事はまずありません。

そして、これからもYouTubeの可能性や

将来性に気づいた人達がどんどん新しく

YouTubeに参入してくる可能性もあるわけです。

そんな中で何のノウハウも知らずに、

ただ動画を作成・投稿していっても、

1円たりとも稼げない事は明らかですよね。

しかし、YouTubeアドセンスで稼げていない人っていうのは、

そのように、その大半が抑えるべきポイントを抑えずに、

ただ動画を作成・投稿していってるような人達です。

ただ、YouTubeは簡単なポイントさえ抑えれば、

初心者だろうが誰だろうが結果を出す事は可能です。

要するに、YouTubeで稼げる人と稼げない人の違いは、

ただ単純に「知ってるか知らないか。」だけの差だったりするんですね。

「じゃあ、その抑えるべきポイントってなんだよ。」

って感じだと思うので解説していきますが・・・

・・これ以上は少し長くなりすぎるので、

その辺の具体的なポイントやノウハウについては、

また次回、解説していきたいと思います。

それと、次回は、

「YouTubeアドセンスを実践する上で必ずぶち当たる壁」

についても触れていきたいと思います。

参考:YouTubeアドセンスで稼ぐための3つのポイントと著作権問題の対処法について。

ですから、とりあえず今回の記事では、

・YouTubeの「可能性」と「将来性」

・YouTubeアドセンスの「再現性の高さ」と「メリット」

だけ、しっかり頭に入れておいてくださいね。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

お問い合わせは気軽にコチラからくださいね。

それでは!

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!