自分でお金を稼ぐ為にはまず日本の「洗脳教育」から抜け出さなければならない絶対的な理由。

お疲れ様です、早川です。

さて、今日のテーマは「お金と義務教育」です。

僕達日本人は小学校や中学校などの義務教育で、

全く「お金」について教えられる事がありません。

だから、中学を卒業しても高校を卒業しても、

お金に対する知識や理解なんて無いままですし、

「そもそもお金の価値って何を基準に定められているのか?」

さえ知らない社会人の人も多いですからね。(答えは国の「信頼」)

要は、一部の業界(金融業界など)の人達を除けば、

僕達日本人は「お金の事を知らなすぎる」わけです。

先の通り、そもそも学校はお金の教育を全くする事がありませんからね。

なので、今日は「お金と義務教育」をテーマに、

色々と話していきたいと思います。

今回の話は自分自身の手でお金を稼ぎ、

経済的に自立したいのなら必ず知っておいて欲しい内容になります。

・なぜ、学校で言われた事だけを学んでいては自分でお金を稼げるようにならないのか?

・そもそも、なぜ学校ではお金の教育やビジネスの教育を教えられないのか?

・それを踏まえた上で、自分でお金を稼ぐにはどうするべきなのか?

など、非常に重要な話が「目白押し」になってますので、

ぜひ最後まで目を通していってください。

では、いきましょう。

そもそもなぜ日本に「義務教育」が出来たのか?その驚きの理由と目的について。

で、そもそも日本の義務教育っていうのは、

明治5年に発足された「学制」という制度がその発祥で、

それまでの日本には義務教育というものがありませんでした。

ただ、ある時をキッカケに日本は「学制」という、

今の義務教育の発祥となる制度を導入したんですね。

じゃあ、これはなぜなのか?

それまでになかったものをあえて作るという事は、

必ずそこに何かしらの「目的」や「意図」というものが存在しますから、

この義務教育制度を導入した「目的」は一体何なのか?という事です。

それは、「ペリー来航」という出来事があって、

欧米から「開国しろ」と圧力をかけられたのがキッカケで、

当時の日本が掲げたスローガンにヒントが隠されています。

そのスローガンっていうのが「富国強兵(ふこくきょうへい)」というもの。

これは簡単に言うと、

「日本を経済的に発展(富国)させて軍事力も強化(強兵)しよう」

という意味のスローガンになります。

言い換えるなら、欧米に対抗するための国策として、

日本は「経済」と「政治」を強化しようとしたわけですね。

そこから日本は資本主義社会を掲げ、

「機械が効率良く大量にモノを生み出して経済を発展させていく体制」

を確立し(少数の資本家と多数の労働者の世界)、

軍事力の強化にも力を入れるようになりました。

つまり、

・効率良く大量にモノを生み出してくれる多数の人材(労働者)

・国の為に身を捧げる統率のとれた屈強な兵

を、日本は大量に生み出そうとしたわけです。

そして、効率良く大量にモノを生み出していくには、

時間やルールをしっかり守り、

勝手な行動は謹んで周りと同じような行動をし、

言われた事だけを従順にやっていく人材が必要になりますよね。

主体性があって周りと違う行動をする人材は、

「効率よく大量にモノを生み出していく労働者」

にはあまり適していないからです。

だから、そういった従順な人材が必要になったタイミングで、

「学制(今で言う義務教育)」の制度が導入されたという事・・・

勘の良い方ならもうピンと来ていると思いますが、そうなんです。

日本の義務教育っていうのは元々、

「多数の従順な労働者を生み出す為の洗脳機関」

だったという事です。

富国強兵。日本の義務教育っていうのは元々「多数の従順な労働者を生み出す為の洗脳機関」だった!?

実際、よくよく思い返してみると、

学校には校則という名の謎のルールもあるし、

先生の言う事を聞かない生徒や周りの生徒と違う事をする生徒は、

「変」だと言われる事が多く、とにかく協調性を強いられますよね。

また、やたらと「集団行動」の訓練みたいなのもさせられますし、

皆、同じ時間に学校に来て同じ時間に授業を受け、

同じ時間に昼ご飯を食べて同じ時間に帰ります。

チャイムがなったら皆一斉に席について、

先生の言う事を聞き入れなければなりません。

日本はそういった価値観を幼い頃から植え付ける事で、

ロボットのように従順な労働者を作ろうとした(作っている)わけです。

だから、日本の義務教育の目的っていうのは、

人間的に自立した生徒を育てる事でも、

主体性があってユニークな生徒を育てる事でもありません。

むしろその逆。

主体性なんか「皆無」で協調性のとれた、

言われた事だけを従順にこなす人間を育て上げる事なのです。

そう考えると、

「なぜ学校でお金に対する授業がなかったのか?」

も納得がいきますよね。

単純に「僕達にお金に対する知識を持ってもらっては困るから」です。

協調生の取れた従順な人材を育てたい国からすると、

自分でお金を生み出す方法なんか、

国民は「知らない」方がはるかに「都合が良い」わけですから、

わざわざ都合の悪い情報や知識を学校内で叩き込み、

経済的に自立できる人間を教育する事にメリットはありません。

だから、日本の義務教育だけを受けてきて、

それ以外の情報に触れてこなかった人達は、

「自分でお金を生み出す(稼ぐ)事ができない」

し、

「そのための方法や知識などを全く知らない」

わけです。

先の通り、日本の義務教育は、

それとは真逆の人間を育てる事が目的なわけですからね。

こうやって見てみると、

・日本人はなぜお金についての知識が疎いのか?

・日本人はなぜ会社に雇われる事が正しいと考えるのか?

についても非常に納得がいくと思います。

要は、国が「意図的」にそういった知識や情報を、

僕達に教えないようにしているからに他なりません。

よって、日本人の多くは、

「自分自身で価値を生み出してお金を稼ぐ方法や知識」

を知らなくて当たり前だったのです。

とにかく「ゾッ」とするほど恐ろしい日本の洗脳教育。

なんか、改めてこう文字に起こして見てみると、

「不気味」というか「異様」というか・・(苦笑)、

「義務教育って本当に従順な労働者(ロボット)を育てる機関なんだな。」

と痛感させられますね。

このメールを読んでいるあなたも例外では無いと思いますが、

日本に生まれ育った人の殆どはこの義務教育を受けてきたと思います。

なぜなら、日本ではそれが「義務」だとされているからです。

でも、いざ裏を返して見てみればその義務教育は、

大人にとって都合の良い価値観を無理やり子供に植えつけ、

さもそれが「当たり前」だと錯覚してしまうように、

「洗脳」

している教育機関なわけですから、本当に「ゾッ」としますね。

今の社会は「情報社会」だと言われていて、

個人がネットを駆使して価値を生み出せる時代です。

でも、その為に必要な知識や方法なんかは、

学校では一切教えてくれません。

だから、学校で教えられる知識だけでは、

あなた自身で価値を生み出し、お金を稼ぐ事も難しいわけです。

日本が、

・自殺者数が最も多い国

・過労死で有名な国

・起業後進国

と海外から呼ばれているのも納得だと思いませんか?

アメリカやドイツなんかはそういった教育を、

幼い頃から受けて「起業家」の道を進む事ができます。

そして、日本とは打って変わって、

そういう人を「応援」する人が多いらしいです。

その理由はここまで解説してきた通りです。

海外の教育機関は、

・主体性があってユニークな自立している人材

を育てようとしているのに対し、日本は、

・主体性なんて「皆無」の従順な労働者(ロボット)

を育てようとしているからですね。

現在の日本の「悲惨」な労働環境もこの洗脳教育が1つの原因。

今現在の日本の労働環境は、

お世辞にも「良い」と言えるような状況ではありません。

「日本人は、世界で1番働かされている」

というデータもあり、その労働時間は、

なんとフランスの2倍超だと言われています。

また、膨大な量の仕事を任されて毎月何百時間も残業させられ、

最終的には自ら命を絶ってしまう「過労自殺」も、

日本はめちゃくちゃ多いんですね。

それで、その残業した分の給料も支払われない会社も多いとか・・

ぶっちゃけ、これって本当に「異常」なんですよ。

海外の人達からすればこの日本人の労働環境って、

「驚愕して開いた口が塞がらないレベル」らしいですし、

・周りが皆残業しているから自分も文句を言わずに残業する

・社会人だから嫌な事があってもその会社で身を粉にして働き続ける

・プライベートや家族よりも仕事を優先する

などの考え方も「日本人だけ」の異常な考え方です。

でも、多くの日本人がこのような異常な考え方になってしまい、

「異常」と言われる考え方や労働環境なども、

「当たり前」だと思って受け入れてしまっているのは、

その人が悪いわけではありません。

そのような「都合の良い価値観や考え方」を、

幼い頃から植え付ける日本の教育機関が悪いのです。

僕たち日本人は小学生の頃から、

・「学校を休むのは良くない」

・「風邪を引いても頑張って学校に行く人は偉い」

・「休んでいいのはインフルエンザなどの時だけ」

というような謎の風潮の元で育ちます。

僕自身も、小学校の頃はほとんど休まずに学校に行ってましたし、

それが偉く、当たり前の事だと思ってました。

しかし、日本独自のこのような教育が、

現在の日本の過酷な労働環境の原因に、

なっていることは間違いありません。

なにしろ、「休むことは悪い事」だと、

最低でも9年以上に渡って植えつけられるわけですから、

普通に生きているだけでもその考えはあなたの中に、

深く刷り込まれてしまうからです。

そして、サラリーマンという給料を貰う立場になると、

さらにその風潮は強くなります。

熱が出て会社を休もうと思っても、

「社会人なんだから体調管理は自己責任でやれ」

「給料を貰っているんだから休むなんてあり得ない」 

「お前本当に社会人としての自覚あんの?」

って感じになるのです。

この記事を読んでくれているあなたも、

もしかすると上記のような事を言われた経験があるかもしれません。

僕達は物心ついた子供の頃から、

「休むことは悪い事だ」と教えられて育ってきているので、

例え、熱が出ようがインフルエンザにかかっていようが、

頑張って出社してそれが当然だし、

そうすることが「偉い」ことだと思い込んでいるのです。

でも、これは僕たちが生まれた頃から抱いているものではなくて、

年を重ねて成長していく内に「無意識レベル」で、

知らず知らずの内に植えつけられているものですよね?

学校や会社などで、

「休むのは悪いことだ。」

「周りと違うことをするな。」

と自分が言われたり周りが言われているのを見て、

自然と植えつけられていくものになります。

で、これが俗に言う「プロパガンダ」ってやつなんですね。

僕達は「無意識」のうちに都合のいい価値観を植えつけられてしまっている。

「プロパガンダ」っていうのは簡単に言うと、

「特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する意図を持った宣伝行為の事」

で、これが本当に厄介です。

普通に学校に行き普通に会社に行き、

当たり前に生きているだけで無意識に洗脳されていきます。

自分は当たり前に生きてきて当たり前の考え方を持っているつもりでも、

実は、それはこの「プロパガンダ」によって、

意図的に「洗脳」されているケースも多いのです。

それも、洗脳する側の都合の良いように・・です。

これがこの「プロパガンダ」の怖いところです。

「無意識」に「都合の良い」様に「洗脳」されていくわけです。

例えば、昔のアメリカでは、

・スーパーマンがヒトラーや日本兵をやっつけているポスター

が街中にばら撒かれた事があります。

 

(実際にアメリカで使用されていたポスター…)

このポスターがアメリカでは、

そこら辺の電柱や看板にが貼ってあったわけですね。

じゃあ、そのような光景が当たり前の日常で育ったら、

アメリカの人達はどうなるでしょうか?

小さい頃からそのポスターを見続け、

すくすく育っていけばどうでしょうか?

アメリカの象徴であるスーパーマンが日本兵やヒトラーをやっつけている!

つまり、無意識のうちに「ヒトラーや日本兵=悪者」だと認識し、

「それをやっつけているスーパーマン=アメリカ=正義」

だと、そういう認識を抱いて育っていくわけです。

で、日本には「日本昔話」っていうのがありますよね?

オープニングで子供が竜に乗ってるやつですね。

僕は、あれも一種のプロパガンダだと思っています。

日本昔話の物語って、大体、

「欲のない人が良い思いをする。」

みたいな所がありますよね。

「おむすびころりん」とかはその最たる例で、

欲のない人がネズミから小判をもらい、

欲張りな人はネズミから痛い目にあわされ、

その後欲張りじゃなくなりますよね?

つまり、そういうのを小さい頃から見る事で無意識のうちに、

「欲張り=悪者」

だという意識が日本人には植えつけられていくわけです。

ただ、「プロパガンダ」の凄いところは、

このおむすびころりんを例に挙げると、

「欲張りはダメだよ!」と“直接”言わないところです。

アメリカを例に挙げると、

「ヒトラーや日本兵は悪い奴らだ!」

と“直接”言わないところです。

あくまで「無意識」に、相手にその考えを植えつけているのです。

日本っていう国も、このプロパガンダを用いて、

決められたレールの上を歩き、犯罪を犯すことなく、

従順に従ってくれる人材(ロボット)を教育してきました。

この「洗脳教育」のおかげで日本は、

・自殺者数が最も多い国 

・過労死で有名な国

・起業後進国

と海外から呼ばれる国になってしまったのです。

でも、ハッキリ言ってそんな周りなんて関係ない。あなたはあなたの人生を生きていくべき。

ですから、毎日毎日働く事に疑問を持ち、

その現状を打破しようとして、

何かしらの行動を起こしたあなたは本当に素晴らしいと思います。

多くの人はそうやって無意識に植えつけられた考え方や、

価値観に疑問すら抱かずに「当たり前」だと思って、

今でも働き続けているわけですからね。

だから、「副業でお金を稼ぎたい!」とか、

「自分でお金を稼いで今の仕事を退職したい!」とか、

そういう考えは本当は「素晴らしい考え」なのです。 

日本はそういった考えを抱く人を「異端者扱い」する傾向にあります。

でも、それで異端者扱いしてくる様な人は、

総じて日本に洗脳されているような人ですから、

もし、そういう人に何か言われたとしても、

「あ、こいつ洗脳されてますやん(笑)」

みたいに適当に聞き流しといたら良いと思います(笑)

何にせよ、そういう人の意見に耳を傾けても、

そこから得られるものは何一つありませんからね。

ですから、日本の「洗脳教育」に犯される事なく、

自分のやりたい様に生きていって良いんですよ。

あなたの周りがなんと言おうと、

僕はそのあなたの考えを尊重します。

僕の学歴は中卒で中学校も2年生の半ばからあまり行っていません。

でも、この際ハッキリ言わせてもらうと、

この日本の教育機関には「反吐(へど)」が出ます。

国の都合の良いように特定の価値観を植えつけて、

プライベートな時間も満足に与えずに、

「自殺した方が楽なんじゃないか。」

と思わせてしまうほど馬車馬の如く働かせ続ける・・?

普通に考えて、

「どういう神経してんの?あり得ないでしょ。」

って話です。

まともな人間がやる事じゃないですからね、ホント。

でも、残念な事に僕には「国を変える力」なんてありません。

いくらその教育方針に疑問を抱いてようが、

それを変えるような権力や力を持ち合わせてはいないのです。

ただ、僕のブログやメルマガを読んでくれた、

「1人の人間」

の考え方や価値観なら変えていく事ができます。

ですので、今回のこの話を聞いたあなた1人の価値観や、

考え方だけでも良い方向に変わっていったら良いなと思い、

今日はこの話をさせて頂きました。

あなたがこれから自分でお金を稼いで経済的に自立したり、

自分で価値を生み出してビジネスをやっていきたい場合は、

「既に自分で価値を生み出し、稼いでいる人」

が発信している情報などにどんどん触れていかなければなりません。

日本という国そのものがそういった、

「主体性があって経済的に自立できる人材」

とは真逆の人材を育てようとしている以上、

そうしないとあなた自身の手で稼ぐ事は難しいからです。

下記の僕のメルマガ企画では、今後、

そういった質の高い情報をどんどん提供していきます。

「肝心なところからは有料」みたいな姑息な真似も一切ナシ。

僕の実際の体験に基づいた情報やノウハウ、

成功体験や質の高い知識の数々を、

「これでもか。」

というくらい提供していきますので、

ぜひ楽しみにしておいてくださいね。

→早川の公式メールマガジン企画のご案内。

では、今回はこの辺で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

お問い合わせや相談は気軽にコチラからくださいね。

それでは。

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!