情報発信にブログを用いる優位性と合理性について。

お疲れ様です、早川です。

僕はこれまで、このブログやメルマガで、

「ブログを用いた情報発信」を主に推奨してきました。

それが、

今現在僕が大きな金額を稼いでいる手法でありながら、

初心者でも今すぐ始める事ができ、

初心者でも大きく稼ぐ事が再現可能なビジネスモデルだからです。

早川は「何」を「どうやって」稼いでるのか?

情報商材アフィリエイトで稼ぐのが想像以上に簡単だった件について。

で、今回のこの記事では、

「そもそも、なぜブログなのか?」

という事をテーマに、話していきたいと思います。

では、いきましょう。

「そもそも、なぜブログなのか?」

僕の、この「ふとブログ」のコンセプトとしては、

「コピーライティング」というスキルを主軸に、

「DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)」という手法を用いて、

そこから長期的に稼ぎ続けるビジネス展開を推奨しています。

「楽してお小遣いレベルのお金を稼ぎたい!」

という人向けではなく、

「苦労してでも、長期的に稼ぎ続ける“本物”になりたい!」

という方を育てていきたいと思っていて、

その為に必要な考え方や情報なども、

このブログで発信しているわけです。

で、やはりそのような「本物」になるのなら、

「ブログを用いた情報発信」って

絶対に欠かせない要素だと思うんです。

僕たちの、このネットビジネス業界で、

少なからず「本物」と言われているような人達は、

もれなく全員「情報発信」を行っています。

理由は単純、やっぱり「それが1番稼げるから」です。

自分の情報発信メディアに人が集まれば、

それだけ自分の情報が多くの人の目に止まり、

自分の好きな商品を好きなタイミングで、

売り込んでいく事だって可能になります。

結局、そのような情報発信メディアを持ち、

多くの人が共感してくれるようになれば、

そこからアフィリエイトを行おうが、

独自コンテンツを売り込んでいこうが、

どちらにせよ稼げるわけです。

それも、僕のようなスキーム(仕組み)を確立すれば、

「半自動的」で稼ぐ事も可能なのです。

僕は1週間ほど旅行に行っていて、

その間は1回もパソコンに触らず

完全放置だった時もあるんですが、

それでも一般的なサラリーマンの給料ぐらいは稼げていました。

で、その大きな要因としては、やっぱり、

「常に検索エンジンからのアクセスがあるから」

という事が挙げられます。

今やTwitterやFacebook、YouTubeなど、

様々なメディアからの集客が可能な時代ですが、

それでも情報発信の集客に最適なのは、

やはり「ブログ」だと僕は考えています。

もちろん、上記で挙げたSNSを活用するのはアリですし、

その効果も非常に高いものである事は僕も分かってます。

実際に僕も上記のSNSを用いて情報発信を行い、

そこから収益化する独自のノウハウも持ってますし、

それをコンサル生に「再現」させているような状況ですから。

ですが、そのノウハウの起点になっているのはやはり「ブログ」ですし、

もし、「情報発信メディアをどれか1つに絞り込め」と言われたら、

迷う事なく「ブログ」を選びます。

現に、僕の情報発信スキームの

「集客の入り口」になっているのはこのブログです。

そして、主にそのブログとメルマガで、

情報発信を行って稼いでいるわけですが、

そのメルマガのリストもその大半は、

このブログで獲得したものになります。

つまり、僕の稼ぎの仕組みは全て、

このブログが中心になっているという事です。

そして、それはブログ以外では成し得ないのです。

その理由は至ってシンプルです。

ブログではできるけどSNSではできない重要な事があるのです。

それは、先ほども軽く触れましたが、

「検索エンジンからの集客」です。

ブログには「検索エンジンからの集客」がある。

僕の、このブログのアクセスの大半は、

検索エンジン経由でのアクセスです。

そして、それは僕のこのブログだけに限らず、

情報発信で稼いでる人達のほとんどが、

「ブログのアクセスの大半が検索エンジンから」

なのです。

逆にいってしまえば、

検索エンジン経由のアクセスがあるからこそ、

稼げているといっても過言ではありません。

なぜなら、TwitterなどのSNSと違って、

検索エンジン経由で訪れるユーザーは、

何かしらの答えを求めてやってくるからです。

例えば、TwitterやFacebookなどを使っている方の大半は、

「暇つぶし」だとかそういった使い方をしています。

ですが、検索エンジン経由でのユーザーというのは、

GoogleやYahooなどの検索窓にキーワードを入力し、

何かしらの情報を求めてやってくるわけです。

つまり、ブログからの集客とSNSからの集客では、

圧倒的に「訪れるユーザーの質」が違うのです。

さらには、SNSから集客しようとした場合、

こちらから何かしらのアプローチをしなければ、

集客する事はできませんが、ブログは違います。

ブログからの集客の場合、

「勝手に向こうから訪れてくれる」のです。

ですから、検索エンジンからのアクセスは、

そのアクセスの「質と量」が桁違いに高く、

そして多いのです。

検索エンジンからのアクセスは「質と量」が違う。

これはリストにも同じ事が言えますが、

アクセスは量だけを増やせばいいというものでも無いし、

質だけを高めればいいというものでもありません。

例えば、アクセスの量だけあっても質が低ければ、

そこから収益化する事は難しいですし、

逆に、質だけ高めても量が少なければ、

それなりの大きな金額を稼ぐ事は難しいです。

まあ、どちらかというと「質」を意識すべきですが、

ブログを用いる事によって「質と量」の2つを兼ね備えた、

検索エンジンからのアクセスが入ってくるわけです。

「暇つぶし感覚」で見ているSNSのユーザーより、

「わざわざ検索窓にキーワードを入力してまで訪れる」

ユーザーの方が圧倒的に質が高い事は分かりますよね?

TwitterやFacebookといった

限られたプラットフォーム内のユーザーよりも、

GoogleやYahooといった巨大なプラットフォームの方が、

圧倒的にユーザーの量が多い事は分かりますよね?

ですから、そういった所を踏まえると、

検索エンジンからのアクセスが質も高く量も多いので、

「情報発信におけるメディアはブログが最適だ」と言えます。

ブログを用いる事で、「質と量」の2つを兼ね備えたアクセスを、

合理的に集客する事ができるというわけですね。

情報発信はブログとメルマガさえあれば今すぐ可能。

で、僕はそのブログからメルマガに誘導して、

「DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)」

を仕掛ける流れを作っています。

僕が基本的に使っているのはブログとメルマガ

の2つだけなので「やろう。」と思えば

今すぐにでも始める事ができるのです。

独自ブログを開設するのもそんなに手間も掛かりませんし、

わざわざ有料のテンプレートを導入する必要もありません。

僕のこのブログも「Simplicity」という無料テーマなので、

そこらへんはあまり気にする必要は無いと思います。

あとは、そのブログを介して情報発信を行っていけばいいだけです、

そして、その際に重要になってくるのが、

・「どういったコンセプトで臨めばいいのか?」

・「どのようなジャンルで攻めていけばいいのか?」

・「どのような戦略を用いればいいのか?」

といった事であり、これらを確立してから

実践した方が結果は出やすいんですね。

もちろん、実践しながら確立していくのも良いですが、

それでもある程度のコンセプトなどは、

ブログ開設当初から決めといた方が良いです。

また、扱っていく情報や商品のジャンルなども、

それを間違えてしまうだけで稼げなくなってしまいます。

ネット上で売れる商品やそのジャンルっていうのは、

今の段階である程度確立されています。

そういった点を、下記の記事では深く掘り下げ、

ブログを用いて稼いでいくための戦略、

そしてメルマガを用いた「DRM」などを解説していますので、

興味がある場合はぜひ目を通してみてください。

【実績不要】初心者でもすぐに稼げるブログアフィリエイト戦略を暴露します…

DRMと情報発信アフィリエイト、そしてリストとコンテンツ。あなたは結局何をするべきなのか?って話です。

情報発信で稼ぐ為に重要な記事はコチラ。

情報発信で稼げない人にぜひ知ってほしい差別化の重要性と1つの事実。

情報発信で稼ぎたいなら全員から好かれようとするな。

視点によって見える世界が変わる。」 それを用いたビジネス脳の作り方。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

お問い合わせはコチラから気軽に送ってくださいね。

それではまた!

18歳でアフィリエイトを開始、
19歳で独立・起業。学歴・スキル・人脈・経験 全て全くの「0」からどうやって“長期的に稼ぐ本物のスキル”を手に入れたのか?その全貌と秘訣をメルマガにて無料限定公開中!